田仲 康博

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/22 03:07
 
アバター
研究者氏名
田仲 康博
 
タナカ, ヤスヒロ
eメール
ytanakaicu.ac.jp
所属
国際基督教大学
部署
教養学部アーツ・サイエンス学科
職名
教授
学位
博士, 修士(University of Wisconsin-Madison), 学士, 学士(琉球大学)
科研費研究者番号
90407180

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
季刊『人間思想』 編集委員
 
2012年5月
 - 
現在
沖縄大学地域研究所 研究員
 
2011年4月
 - 
現在
法政大学沖縄研究所 研究員
 
2010年4月
 - 
現在
早稲田大学琉球・沖縄研究所 研究員
 
2010年4月
 - 
2015年3月
国際基督教大学 上級准教授
 

学歴

 
1981年1月
 - 
1995年5月
University of Wisconsin-Madison Graduate School, Department of Sociology Theory, Sociology of Knowledge, Historical Sociology
 
1979年9月
 - 
1980年12月
University of Wyoming Faculty of Sociology Department of Sociology
 
1972年4月
 - 
1976年3月
琉球大学 法学部 法政学科
 

論文

 
冷戦を超えるために
田仲 康博
けーし風   1(70)    2011年3月
「解放区」の記憶―コザ暴動四〇年
田仲 康博
リプレーザ   2(3)    2010年12月
他者の眼差し: 「南島論」をめぐって
田仲 康博
日本研究のフロンティア   pp. 27-38   2009年3月
帰ってきた沖縄の子ら
田仲 康博
日本研究のフロンティア   pp. 7-22   2008年3月
赤いゴーヤー/黄色いゴーヤー
田仲 康博
写真0年 沖縄      2007年3月

Misc

 
憲法と沖縄
信濃毎日新聞      2017年5月
インタビュー記事
菅沼文乃『〈老い〉の営みの社会学—沖縄都市部の老年者たち』森話社
週刊 読書人      2017年5月
薬師院仁志『ポピュリズムー世界を覆い尽くす「魔物」の正体』新潮社
東京新聞      2017年5月
ヴォーリズの夢?
現代思想      2016年11月   [依頼有り]
デイヴィッド・ライアン『スノーデン・ショック』
週刊 読書人      2016年6月

書籍等出版物

 
コミュニティ事典
伊藤守他 (担当:共著)
春風社   2017年6月   
よくわかるヘルスコミュニケーション
ミネルヴァ書房   2016年9月   
占領者のまなざし―沖縄/日本/米国の戦後
田仲康博編 (担当:編者)
せりか書房   2013年12月   ISBN:978-4-7967-0328-4
メディア・リテラシーの現在-公害/環境問題から読み解く
池田理知子、田仲康博他 (担当:共著, 範囲:41-58, 215-241)
せりか書房   2013年5月   ISBN:978-4-7795-0613-0
現代社会学事典
弘文堂   2012年12月   

講演・口頭発表等

 
沖縄から未来を考える [招待有り]
非核・平和学習会   2017年1月28日   西東京市
沖縄の今:土人発言が意味するもの [招待有り]
M&R 研究会   2016年12月4日   M&R 研究会 実行委員会
差別の構造: 沖縄は何を問いかけているのか [招待有り]
かわさき市民アカデミー・特別講演   2016年11月6日   川崎市生涯学習プラザ
沖縄とアイデンティティ・ポリティクス [招待有り]
連続ティーチイン沖縄   2016年10月30日   連続ティーチイン沖縄運営会議
風景の裂け目から考える [招待有り]
京都自由大学   2016年7月15日   京都自由大学実行委員会

担当経験のある科目

 

Works

 
沖縄イニシアティヴを読む
その他   2000年5月
イメージの誘惑
その他   2000年5月
9.11テロ後 衝撃波の行方
その他   2002年9月
要塞町・アメリカの内と外
その他   2003年4月
アジアをつなぐー境界をつなぐ女たち1984-2012、沖縄のアーティスト
花城郁子   芸術活動   2012年11月 - 2013年1月
花城郁子氏の展示(インスタレーション)に私が撮影した沖縄の風景写真を提供した。

競争的資金等の研究課題

 
報道テレビの研究: テクスト分析を中心に
早稲田大学メディア・シティズンシップ研究所: 
研究期間: 2011年11月 - 2014年3月
文化の社会学: 「文化」概念の刷新に向けて
東京大学情報学環: 
研究期間: 2005年4月 - 2006年12月
研究会の成果は、佐藤健二・吉見俊哉編『文化の社会学』有斐閣、2007年として出版。
監視社会研究
関西学院大学: 共同研究
研究期間: 2004年4月 - 2006年3月    代表者: 阿部潔