佐々木 幸生

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/17 20:14
 
アバター
研究者氏名
佐々木 幸生
 
ササキ ユキオ
URL
http://sasakilab.org
所属
横浜市立大学大学院 生命医科学研究科
部署
機能構造部門 機能構造科学研究室
職名
准教授
学位
博士(理学)(神戸大学)

プロフィール

神経科学研究者。1993年神戸大学にてプロテインキナーゼC関連の研究で学位取得。製薬会社入社後、血管収縮因子エンドセリンの拮抗薬開発に従事。横浜市大医学部薬理学教室にて神経ガイダンス因子セマフォリンの研究を行った後、米国に留学しRNA結合蛋白質を研究。帰国後、現職にてRNA結合蛋白質と神経回路形成の関連を研究している。

研究分野

 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
横浜市立大学大学院 生命医科学研究科 機能構造部門機能構造科学研究室 准教授
 
2009年9月
 - 
2013年4月
横浜市立大学大学院 医学研究科 分子薬理神経生物学教室 特任准教授
 
2005年8月
 - 
2009年8月
エモリー大学 医学部 細胞生物学科 インストラクター
 
2002年9月
 - 
2005年7月
アルバート・アインシュタイン医科大学 神経科学科 リサーチ・アソシエイト
 
2001年1月
 - 
2002年8月
横浜市立大学 医学部 薬理学教室 講師
 
1997年4月
 - 
2001年1月
横浜市立大学 医学部 薬理学教室 助手
 
1993年4月
 - 
1997年3月
日本チバガイギー株式会社 研究員
 

論文

 
Shumaia Parvin, Renoma Takeda, Yu Sugiura, Makiko Neyazaki, Terukazu Nogi, Yukio Sasaki
Neuroscience Research      2018年9月   [査読有り]
Goshima Y, Yamashita N, Nakamura F, Sasaki Y
Cell adhesion & migration   10(6) 627-640   2016年11月   [査読有り]
Goshima Y, Yamashita N, Nakamura F, Sasaki Y, Cell adhesion & migration, 2016, vol. 10, no. 6, pp. 627-640, 2016
Sasaki Y, Gross C, Xing L, Goshima Y, Bassell GJ
Developmental neurobiology   74 397-406   2014年3月   [査読有り]
Yamashita N, Usui H, Nakamura F, Chen S, Sasaki Y, Hida T, Suto F, Taniguchi M, Takei K, Goshima Y
Nature communications   5 3424   2014年3月   [査読有り]
Yukio Sasaki, Christina Gross, Lei Xing, Yoshio Goshima, Gary J. Bassell
Devel Neurobio   74(4) 481   2014年2月   [査読有り]
Iketani M, Iizuka A, Sengoku K, Kurihara Y, Nakamura F, Sasaki Y, Sato Y, Yamane M, Matsushita M, Nairn AC, Takamatsu K, Goshima Y, Takei K
Developmental neurobiology   73(3) 230-246   2013年3月   [査読有り]
Hida T, Yamashita N, Usui H, Nakamura F, Sasaki Y, Kikuchi A, Goshima Y
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   32(35) 11905-11918   2012年8月   [査読有り]
Goshima Y, Sasaki Y, Yamashita N, Nakamura F
Expert opinion on therapeutic targets   16(9) 933-944   2012年7月   [査読有り]
Han L, Wen Z, Lynn RC, Baudet ML, Holt CE, Sasaki Y, Bassell GJ, Zheng JQ
Molecular brain   4(1) 40   2011年11月   [査読有り]
Yamashita N, Mosinger B, Roy A, Miyazaki M, Ugajin K, Nakamura F, Sasaki Y, Yamaguchi K, Kolattukudy P, Goshima Y
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   31(5) 1773-1779   2011年2月   [査読有り]
Sasaki Y, Welshhans K, Wen Z, Yao J, Xu M, Goshima Y, Zheng JQ, Bassell GJ
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   30(28) 9349-9358   2010年7月   [査読有り]
Uchida Y, Ohshima T, Yamashita N, Ogawara M, Sasaki Y, Nakamura F, Goshima Y
The Journal of biological chemistry   284(40) 27393-27401   2009年10月   [査読有り]
Santangelo PJ, Lifland AW, Curt P, Sasaki Y, Bassell GJ, Lindquist ME, Crowe JE Jr
Nature methods   6(5) 347-349   2009年5月   [査読有り]
Chanxia Li, Gary J. Bassell, Yukio Sasaki
Front Neural Circuits   3 11   2009年   [査読有り]
Li C, Bassell GJ, Sasaki Y, Frontiers in neural circuits, 2009, vol. 3, pp. 11, 2009
Dianna E. Willis, Erna A. van Niekerk, Yukio Sasaki, Mariano Mesngon, Tanuja T. Merianda, Gervan G. Williams, Marvin Kendall, Deanna S. Smith, Gary J. Bassell, Jeffery L. Twiss
J Cell Biol   178(6) 965-980   2007年   [査読有り]
Yao J, Sasaki Y, Wen Z, Bassell GJ, Zheng JQ
Nature neuroscience   9(10) 1265-1273   2006年10月   [査読有り]
Morita A, Yamashita N, Sasaki Y, Uchida Y, Nakajima O, Nakamura F, Yagi T, Taniguchi M, Usui H, Katoh-Semba R, Takei K, Goshima Y
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   26(11) 2971-2980   2006年3月   [査読有り]
Uchida Y, Ohshima T, Sasaki Y, Suzuki H, Yanai S, Yamashita N, Nakamura F, Takei K, Ihara Y, Mikoshiba K, Kolattukudy P, Honnorat J, Goshima Y
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   10(2) 165-179   2005年2月   [査読有り]
Shibakawa Y.S, Sasaki Y, Goshima Y, Echigo N, Kamiya Y, Kurahashi K, Yamada Y, Andoh T.
British Journal of Anaesthesia   95(6) 803-810   2005年   [査読有り]
Chanxia Li, Yukio Sasaki, Kohtaro Takei, Hiroshi Yamamoto, Masayuki Shouji, Yoshinobu Sugiyama, Tadashi Kawakami, Fumio Nakamura, Takeshi Yagi, Toshio Ohshima, Yoshio Goshima
J Neurosci   24(27) 6161-70   2004年
Cheng Q, Sasaki Y, Shoji M, Sugiyama Y, Tanaka H, Nakayama T, Mizuki N, Nakamura F, Takei K, Goshima Y
Molecular and cellular neurosciences   24(3) 632-645   2003年11月   [査読有り]
Endo M, Ohashi K, Sasaki Y, Goshima Y, Niwa R, Uemura T, Mizuno K
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   23(7) 2527-2537   2003年4月   [査読有り]
Endo M, Ohashi K, Sasaki Y, Goshima Y, Niwa R, Uemura T, Mizuno K, The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience, 2003, vol. 23, no. 7, pp. 2527-2537, 2003
Sasaki Y, Cheng C, Uchida Y, Nakajima O, Ohshima T, Yagi T, Taniguchi M, Nakayama T, Kishida R, Kudo Y, Ohno S, Nakamura F, Goshima Y
Neuron   35(5) 907-920   2002年8月   [査読有り]
Yamanashi K, Miyamae T, Sasaki Y, Maeda M, Hirano H, Misu Y, Goshima Y
Neuroscience research   43(3) 231-238   2002年7月   [査読有り]
Goshima Y, Ito T, Sasaki Y, Nakamura F, The Journal of clinical investigation, vol. 109, no. 8, pp. 993-998
109(8) 993-998   2002年4月   [査読有り]
Goshima Y, Ito T, Sasaki Y, Nakamura F, The Journal of clinical investigation, 2002, vol. 109, no. 8, pp. 993-998, 2002
Yoshio Goshima, Takaaki Ito, Yukio Sasaki Fumio Nakamura
J Clin Invest   109(8) 993-8   2002年   [査読有り]
Sugaya Y, Sasaki Y, Goshima Y, Kitahama K, Kusakabe T, Miyamae T, Kato T, Misu Y.
Neuroscience   104(1) 1-14   2001年   [査読有り]
Arai N, Furukawa N, Miyamae T, Goshima Y, Sasaki Y, Ohshima E, Suzuki F, Fujita K, Misu Y.
Neuroscience Letters   299(3) 213-216   2001年   [査読有り]
Aizawa H, Wakatsuki S, Ishii A, Moriyama K, Sasaki Y, Ohashi K, Sekine-Aizawa Y, Sehara-Fujisawa A, Mizuno K, Goshima Y, Yahara I.
Nature Neuroscience   4(4) 367-373   2001年   [査読有り]
Takemoto T, Sasaki Y, Hamajima N, Goshima Y, Nonaka M, Kimura H.
Gene   261(2) 259-267   2000年   [査読有り]
Makatani M, Fujitani Y, Takimoto M, Oda K, Sasaki Y, Hori S, Inui T, Sakaki J, Okada T, Hoshiko K, Yamamura T.
European Journal of Pharmacology   406(1) 139-147   2000年   [査読有り]
Goshima Y, Sasaki Y, Nakayama T, Ito T, Kimura T.
Japanese Journal of Pharmacology   82(4) 273-279   2000年   [査読有り]
Ishii H, Sasaki Y, Goshima Y, Kanai Y, Endou H, Ayusawa D, Ono H, Miyamae T, Misu Y.
Biochimica et Biophysica Acta - Biomembranes   1466(1-2) 61-70   2000年   [査読有り]
Ito T, Kagoshima M, Sasaki Y, Li C, Udaka N, Kitsukawa T, Fujisawa H, Taniguchi M, Yagi T, Kitamura H, Goshima Y.
Mechanisms of Development   97(1-2) 35-45   2000年   [査読有り]
Inui T, Ninomiya H, Sasaki Y, Makatani M, Urade Y, Masaki T, Yamamura T, British journal of pharmacology, vol. 126, no. 4, pp. 893-902
126(4) 893-902   1999年2月   [査読有り]
Inui T, Ninomiya H, Sasaki Y, Makatani M, Urade Y, Masaki T, Yamamura T, British journal of pharmacology, 1999, vol. 126, no. 4, pp. 893-902, 1999
Goshima Y, Furukawa N, Arai N, Miyamae T, Sasaki Y, Hashimoto M, Yamamoto I, Fujita K, Akaike A, Misu Y.
Folia Pharmacologica Japonica   114(SUPPL. 1)    1999年   [査読有り]
Goshima Y, Hori H, Sasaki Y, Yang T, Kagoshima-Maezono M, Li C, Takenaka T, Nakamura F, Takahashi T, Strittmatter S.M, Misu Y, Kawakami T.
Journal of Neurobiology   39(4) 579-589   1999年   [査読有り]
Sasaki Y, Hori S, Oda K, Okada T, Takimoto M.
European Journal of Neuroscience   10(9) 2984-2993   1998年   [査読有り]
Sasaki Y, Fukushima N, Yoshida A, Ueda H.
Cellular and Molecular Neurobiology   18(5) 487-496   1998年   [査読有り]
Murayarna T, Oda H, Sasaki Y, Okada T, Nomura Y.
Life Sciences   62(17-18) 1491-1495   1998年   [査読有り]
Oda H, Murayama T, Sasaki Y, Okada T, Nomura Y.
European Journal of Pharmacology   339(2-3) 253-260   1997年   [査読有り]
Sasaki Y, Takimoto M, Oda K, Früh T, Takai M, Okada T, Hori S.
Journal of Neurochemistry   68(5) 2194-2200   1997年   [査読有り]
Takimoto M, Oda K, Früh T, Takai M, Okada T, Sasaki Y.
American Journal of Physiology - Lung Cellular and Molecular Physiology   271(3 15-3)    1996年   [査読有り]
Ueda H, Miyamae T, Fukushima N, Takeshima H, Fukuda K, Sasaki Y, Misu Y.
Molecular Brain Research   32(1) 166-170   1995年   [査読有り]
Ueda H, Miyamae T, Hayashi C, Watanabe S, Fukushima N, Sasaki Y, Iwamura T, Misu Y.
Journal of Neuroscience   15(11) 7485-7499   1995年   [査読有り]
Asaoka Y, Yoshida K, Sasaki Y, Nishizuka Y, Murakami M, Kudo I, Inoue K.
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   90(2) 716-719   1993年   [査読有り]
Asaoka Y, Yoshida K, Sasaki Y, Nishizuka Y.
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   90(11) 4917-4921   1993年   [査読有り]
Sasaki Y, Asaoka Y, Nishizuka Y.
FEBS Letters   320(1) 47-51   1993年   [査読有り]
Nakamura S, Asaoka Y, Yoshida K, Sasaki Y, Nishizuka Y.
Advances in second messenger and phosphoprotein research   28 171-178   1993年   [査読有り]
Sawano H, Koumoto Y, Ohta K, Sasaki Y, Segawa S.-I, Tachibana H.
FEBS Letters   303(1) 11-14   1992年   [査読有り]
Asaoka Y, Oka M, Yoshida K, Sasaki Y, Nishizuka Y.
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   89(14) 6447-6451   1992年   [査読有り]

Misc

 
佐々木幸生, BASSELL Gary J.
Clin Neurosci   24(8) 950-951   2006年8月
佐々木幸生, 五嶋良郎
月刊メディカル・サイエンス・ダイジェスト   28(13) 525-529   2002年12月
郷司 和男, 佐々木 幸生, 北澤 荘平, 玉田 博, 三宅 秀明, 勝岡 洋治, 中島 元夫
日本泌尿器科學會雜誌   92(2)    2001年2月

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2012年 - 2012年    代表者: 佐々木幸生
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 佐々木幸生
今年度は、成長円錐におけるmRNAとmRNA結合タンパク質の局在変化について解析するために、まずβ-actin mRNAとその結合タンパク質であるzipcode binding protein 1(ZBP1)を例に検討した。大脳皮質神経細胞の分散培養系において、脳由来神経栄養因子(BDNF)刺激により、β-actin mRNAとZBP1の成長円錐への局在は増加した。また、ZBP1のβ-actin mRNA結合制御に必要な396番目のチロシンリン酸化も同時に亢進していた。次に成長円錐における...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2001年 - 2002年    代表者: 中村史雄
Plexin-A4に会合するチロシンリン酸化タンパク質:mycエピトープを付加したPlexin-A4をラット胚17日齢初代大脳皮質培養神経細胞に発現させ、抗myc抗体により免疫沈降した。100kDaのタンパク質がPlexin-A4に会合し、Sema3A刺激後にチロシンリン酸化された。このリン酸化は一過性であり、刺激後数分でピークに達し、その後速やかに減弱する。現在、100kDa分子の同定を行っているが、回収されるタンパク質量が少なく未だ同定に至っていない。Plexin-Aの情報伝達に関与す...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A), 若手研究(B))
研究期間: 2001年 - 2002年    代表者: 佐々木幸生
我々は昨年度、神経回路ガイド分子であるセマフォリン3A (Sema3A)の情報伝達にチロシンキナーゼFynとセリン・トレオニンキナーゼCak5が関与することを報告した。今年度研究を遂行できたのは4〜8月の5ヶ月間であったが、その間の進展を報告する。我々はsema3A(-/-)とfyn(-/-)マウスの解析の結果、これらの遺伝子が大脳皮質第5層錐体細胞の樹状突起の伸長方向を決定するのに重要であることを見出した。このことより、神経軸索だけでなく、樹状突起におけるSema3Aの役割が注目された。...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(C))
研究期間: 2000年 - 2000年    代表者: 中村史雄
Nogo受容体の性質:当初試みたパニング法ではNogo結合蛋白質は得られなかったが、アルカリホスファターゼ(AP)とNogo細胞外領域との融合蛋白質(APNext)をプローブに用いると、マウス胎仔17日大脳皮質由来の培養神経細胞に結合を認めた。別グループによりAPとNogoの融合蛋白質を用いた同様の手法でGPIアンカー型の膜蛋白質がNogo受容体として報告された。この受容体はAPNextにKd=7nM程度の親和性を持つ。しかしGPI部分を取りAP融合にした受容体はNogo全長を発現させたC...