森 直香

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/16 13:29
 
アバター
研究者氏名
森 直香
 
モリ ナオカ
eメール
naokamoriu-shizuoka-ken.ac.jp
所属
静岡県立大学
部署
国際関係学部 国際言語文化学科
職名
講師
学位
文学博士(スペイン国立バリャドリード大学)
科研費研究者番号
60611829

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
2011年
スペイン国立バリャドリード大学 スペイン文学科 スペイン文学
 
 
 - 
1999年
京都外国語大学 外国語学研究科 イスパニア語学専攻
 
 
 - 
1995年
南山大学 外国語学部 イスパニヤ学科
 

委員歴

 
2017年5月
 - 
現在
CANELA(日本・スペイン・ラテンアメリカ学会)  会計
 
2010年
 - 
現在
京都イスパニア学研究会  編集委員
 
2013年5月
 - 
2014年4月
CANELA(日本・スペイン・ラテンアメリカ学会)  会計
 

論文

 
法廷通訳の仕事に関する実態調査-2012年と2017年の調査から―
森直香・水野かほる・高畑幸・坂巻静佳
比較文化研究   (131) 1-11   2018年   [査読有り]
La visión trágica del mundo en las obras inéditas de juventud de Federico García Lorca (フェデリコ・ガルシア・ロルカの青年時代の未刊行の作品群における悲劇的世界観)
森 直香
Cuadernos CANELA,   (28) 21-38   2017年   [査読有り]
ロルカの死と日本における作品解釈
森 直香
REHK (Revista de Estudios Hispánicos de Kioto)   (16) 161-174   2016年   [査読有り]
Murakami Haruki y España(村上春樹とスペイン)
森 直香
Kokoro: Revista para la difusión de la cultura japonesa   (16) 2-12   2014年   [査読有り][招待有り]
日本におけるフェデリコ・ガルシア・ロルカ作品の初期受容概観
森 直香
スペイン現代史   (21) 25-37   2012年   [査読有り]

Misc

 
2017 法廷通訳の仕事に関する調査報告書
高畑幸、水野かほる、津田守、坂巻静佳、森直香
   2017年
フェデリコ・ガルシア・ロルカの青年時代の未刊の戯曲『愛について。動物たちの戯曲』『亡霊たち』『エホバ』(翻訳)
ガルシア・ロルカ
国際関係・比較文化研究   14(2) 1-21   2016年
法廷通訳人の仕事に関する実態調査
高畑幸、水野かほる、津田守、坂巻静佳、森直香
国際関係・比較文化研究   12(1) 177-189   2013年
ロルカ・青年時代の未刊の戯曲『観念的小コメディア』『魂の戯曲』『魂の演劇―霊的生活の風景―』(翻訳)
ガルシア・ロルカ
スペイン学   (14) 141-151   2012年
2012 法廷通訳の仕事に関する調査報告書
高畑幸、水野かほる、津田守、坂巻静佳、森直香
   2012年

書籍等出版物

 
Hagoromo: versión española (羽衣:スペイン語版)
Sayaka Suzuki y Maki Nakao (担当:共訳)
Universidad Provincial de Shizuoka   2018年   
トピックスで学ぶスペイン語世界(改訂版)
坂東省二、森直香、ダニエル・キンテロ (担当:編者)
白水社   2017年   
裁判員裁判時代の法廷通訳人
津田守・水野かほる編 (担当:単訳, 範囲:マリア・イサベル・アルコネロ・グティエレス「スペインにおけるリーガル通訳翻訳、司法通訳翻訳、公認通訳翻訳」(共訳). フアン=ミゲル・オルテガ・エラエス「通訳者の資格試験をめぐって-スペインにおける司法・警察通訳サービスの下請けの問題を中心に-」(単訳))
大阪大学出版会   2016年   
マドリードとカスティーリャを知るための60章
川成洋、下山静香編 (担当:共著, 範囲:バリャドリード-ミゲル・デリーベスが描いたカスティーリャの首都―、バリャドリード近郊のワイン産業)
明石書店   2014年   
La tragedia del vivir: dolor y mal en la literatura hispánica
Ricardo de la Fuente Ballesteros, Jesús Pérez Magallón y Francisco Estévez (eds.) (担当:共著, 範囲:Japón y la muerte de Lorca: la creación de imagen trágica (日本とロルカの死-悲劇的イメージの創造‐)
Editorial Verdelís   2014年   

講演・口頭発表等

 
Tratamiento la figura y la obra de Lorca en la prensa española durante la última década del franquismo: el caso de la revista Triunfo(フランコ政権後期におけるメディアのロルカ像と作品評価:雑誌Triunfoの事例)
森 直香
Simposio conmemorativo 150 años de relaciones diplomáticas entre España y Japón “España y Japón en un mundo cambiante”   2018年10月27日   
El texto literario como recurso turístico: el Pinar de Miho (Miho no Matsubara) y la leyenda del Vestido alado (Hagoromo) (オンライン発表、観光資源としての文学:三保の松原と羽衣伝説
鈴木さやか、森 直香
la Asociación Iberoamericana de Literatura y Ecocrítica   2018年6月22日   
Blancanieves de Berger (2012) a la luz de la teoría de la adaptación( アダプテーション理論の見地から分析するベルヘル『ブランカニエベス』(2012年))
森 直香
日本・スペイン・ラテンアメリカ学会 (CANELA)   2018年5月26日   
法廷通訳の仕事に関する実態調査-2012年と2017年の調査から-
水野かほる(発表者)、森直香(発表者)、高畑幸、坂巻静佳
日本比較文化学会第39回全国大会   2017年5月20日   
フェデリコ・ガルシア・ロルカ(1898~1936)の日本における受容研究
森 直香
静岡県立大学広域ヨーロッパ研究センター2016年度第4回研究会   2017年1月24日   

Works

 
「ロルカと闘牛」「フェデリコ・ガルシア・ロルカ」(用語解説)『スペイン文化事典』川成洋、坂東省次ほか編、丸善ブックス、2010年、pp. 334-335、pp. 446-447。
2010年
「アデライダ・ガルシア=モラレス『エル・スール』」(書評)『日本イスパニア学会会報』第15号、2009年8月31日、pp. 14-15。
2009年
「光の影の地アンダルシアに生まれた『血の婚礼』とロルカ」(エッセイ)、アトリエ・ダンカンプロデュース公演『血の婚礼』パンフレット(台本・演出 白井晃、出演 森山未來、江波杏子ほか)、pp. 16-17、2007年5月。
2007年
「フェデリコ・ガルシア・ロルカと二つのスペイン」(講演録)、『イスパニア図書』第10号、2007年秋、pp. 197 – 207.
2007年
「劇作家フェデリコ・ガルシア・ロルカと二つのスペイン」天理大学国際文化学部ヨーロッパ・アメリカ学科講演会、コメンテーター近藤豊、コーディネーター片倉充造、2007年1月24日、於 天理大学第一会議室。
2007年

競争的資金等の研究課題

 
フェデリコ・ガルシア・ロルカの戯曲
研究期間: 1997年   
日本におけるスペイン文学の受容
研究期間: 2002年