YAMASHITA Michitoshi

J-GLOBAL         Last updated: Mar 26, 2019 at 03:56
 
Avatar
Name
YAMASHITA Michitoshi
Affiliation
Fukushima Medical University
Section
Hospital Pediatric Surgery
Job title
Clinician

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Mizoribine as Sole Immunosuppressive Agent in Islet Xenotransplantation Models:A Candidate Immunosuppressant Causing no Adverse Effects on Islets.
YAMASHITA,Mitsutoshi*;SAITO,Takuro*;ISE,Kazuya*;ISHII,Sho*; SATO,Yoshihiro*;SAITO,Takaharu;OSHIBE,Ikuro*;SHIMIZU,Hirofumi*;KENJO,Akira*;KIMURA,Takashi*;GOTOH,Mitsukazu*
Cell Translpantation   21(2-3) 535-545   2012   [Refereed]
小腸閉鎖症を合併した腹壁破裂に回腸瘻を造設し、sutureless closureを施行した1症例
山下 方俊, 伊勢 一哉, 清水 裕史, 石井 証, 後藤 満一
日本小児外科学会雑誌   49(1) 35-38   Feb 2013
症例は日齢0の男児。在胎37週2日、2,090gで出生。腹壁破裂と回腸末端に3ヶ所の離断型閉鎖を認めた。幽門から閉鎖部位までが35cmと短腸で、腸管浮腫を認め、口径差による縫合不全や術後の吻合部狭窄を回避するため一期的吻合は行わず、回腸瘻を造設した。腹壁破裂に対しては、回腸瘻の作成部位とその管理に留意し、臍帯被覆による一期的閉鎖を施行した。術後は合併症なく経過良好であった。小腸閉鎖症を合併した腹壁破裂の治療は、病態により治療が困難になることが予想される。治療の選択肢は多岐にわたるが、合併症...
山下 方俊, 伊勢 一哉, 清水 裕史, 石井 証, 後藤 満一
日本小児外科学会雑誌 = Journal of the Japanese Society of Pediatric Surgery   49(1) 35-38   Feb 2013
症例は日齢 0 の男児.在胎37 週 2 日,2,090 g で出生.腹壁破裂と回腸末端に 3 か所の離断型閉鎖を認めた.幽門から閉鎖部位までが 35 cm と短腸で,腸管浮腫を認め,口径差による縫合不全や術後の吻合部狭窄を回避するため一期的吻合は行わず,回腸瘻を造設した.腹壁破裂に対しては,回腸瘻の作成部位とその管理に留意し,臍帯被覆による一期的閉鎖を施行した.術後は合併症なく経過良好であった.小腸閉鎖症を合併した腹壁破裂の治療は,病態により治療が困難になることが予想される.治療の選択肢...
伊勢 一哉, 山下 方俊, 石井 証, 清水 裕史, 佐野 秀樹, 菊田 敦, 後藤 満一
日本外科学会雑誌   114(2)    Mar 2013
回盲部腫瘤で発見された新生児虫垂炎の1例
齋藤 敬弘, 伊勢 一哉, 山下 方俊, 川原 義典, 星野 豊, 後藤 満一
日本小児外科学会雑誌   49(4) 948-953   Jun 2013
腹部腫瘤で発見された、新生児期発症の虫垂炎の1例を経験した。症例は日齢22の男児。発熱と嘔吐、腹部の膨隆にて発症。感染性腸炎の診断にて抗生物質を投与されたが、症状は軽快せず。腹部骨盤CT検査にて腸管拡張および回盲部に腫瘤像を認めた。重複腸管による腸閉塞を疑い、日齢36、開腹手術を施行した。腹腔内を検索すると、回盲部周囲に膿瘍を認めた。穿孔性虫垂炎を疑い虫垂を検索するも、虫垂は溶解し確認できなかった。虫垂根部と思われる部位の盲腸壁を縫合し、ドレーンを挿入し閉腹した。術後経過は良好で術後14日...

Misc

 
小腸閉鎖症を合併した腹壁破裂に回腸瘻を造設し,sutureless closure を施行した1症例
山下方俊*,伊勢一哉*,清水裕史*,石井 証*,後藤満一*
日本小児外科学会雑誌   1(49) 35-38   2013
Surgical closure of the larynx for intractable aspiration pneumonia: cannula-free care and minimizing the risk of developing trachea?innominate artery fistula.
Ise, Kazuya*; Kano, M; Yamashita, Michitoshi*, Ishii, Show*; Shimizu, Hirofumi*; Nakayama, Kei*; Gotoh, Mitsukazu*.
Pediatric Surgery International   31(10) 987-990   2015
Surgical closure of the larynx for intractable aspiration pneumonia: cannula-free care and minimizing the risk of developing trachea?innominate artery fistula.
Ise, Kazuya*; Kano, M; Yamashita, Michitoshi*, Ishii, Show*; Shimizu, Hirofumi*; Nakayama, Kei*; Gotoh, Mitsukazu*.
Pediatric Surgery International   31(10) 987-990   2015

Conference Activities & Talks

 
小児便秘症に対する小建中湯の効果
山下 方俊
第50回日本小児外科学会学術集会   2013   
小児便秘症に対する小建中湯の効果
山下 方俊
第1回平成25年度ふくしま東洋医学交流会   2013   
当科で経験した噴門形成術~Boerema-Filler 法~
山下 方俊
第1回福島県療育医療懇話会   2013   
リスク症例に対する腹腔鏡下噴門形成術の術式選択
山下 方俊
第114回日本外科学会定期学術集会   2014   
小建中湯の小児便秘症に対する効果
山下 方俊
第128回県北漢方医学研究会   2014