松尾 一郎

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/22 02:59
 
アバター
研究者氏名
松尾 一郎
 
マツオ イチロウ
所属
群馬大学
職名
教授
学位
博士(農学)(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1992年
 - 
2001年
明治乳業株式会社
 
2001年
 - 
2008年
独立行政法人理化学研究所
 

学歴

 
 
 - 
1992年
横浜市立大学 総合理学研究科 
 
 
 - 
1990年
横浜市立大学 文理学部 化学科
 

委員歴

 
2009年
   
 
日本化学会 2009~関東支部 代議委員
 
2010年
   
 
~関東支部 幹事
 
 
   
 
日本糖質学会
 
 
   
 
 評議委員
 
 
   
 
日本化学会  2009~関東支部 代議委員 2010~関東支部 幹事 2012~関東支部化学教育協議会委員
 

受賞

 
1997年
平成9年度 日本糖質学会 糖質シンポジウムポスター賞
 
2003年
平成15年度 東京糖鎖研究会 グライコ東京奨励賞 
 
2004年
平成16年度 日本糖質学会奨励賞
 
2007年
平成19年度 日本農芸化学 奨励賞
 
2012年
日本化学会関東支部群馬地区地域懇談会ポスター賞
 

Misc

 
T. Suzuki, I. Matsuo, K. Totani, S. Funayama, J. Seino, N. Taniguchi, Y. Ito, S. Hase, “
Anal Biochem.   381(2) 224-232   2008年
N. Kawasaki, Y. Ichikawa, I. Matsuo, K. Totani, N. Matsumoto, Y. Ito, K. Yamamoto
Blood   111(4) 1972-1979   2008年
Takeda Y, Totani K, Matsuo I, Ito Y.
Curr Opin Chem Biol.   13(5/6) 582-591   2009年
Watanabe T, Totani K, Matsuo I, Maruyama J, Kitamoto K, Ito Y.
Glycobiology.   19(8) 834-840   2009年
Funakoshi Y, Negishi Y, Gergen JP, Seino J, Ishii K, Lennarz WJ, Matsuo I, Ito Y, Taniguchi N, Suzuki T.
PLoS One.   5(5)    2010年

書籍等出版物

 
糖鎖化学の基礎と実用化
シーエムシー出版   2010年   
バイオ医薬品開発における糖鎖技術
シーエムシー出版   2011年   
糖鎖の機能開発・応用ハンドブック
NTS   2015年   

講演・口頭発表等

 
ポリミキシンBアナログの合成と構造活性相関
日本化学会第3回関東支部大会   2009年   
ペプチドー生体膜間の相互作用解析に資する環境応答型蛍光性アミノ酸の合成研究
日本化学会第3回関東支部大会   2009年   
Fluorescently labeled glyco-molecule probe for analysis activity of PNGase
25th International Carbohydrate Symposium   2010年   
Interaction analysis of Calreticulin using environment-sensitive fluorescent probe
25th International Carbohydrate Symposium   2010年   
レクチンシャペロンCalreticulinの糖鎖認識能の解析
BIA Symposium 2010   2010年   

競争的資金等の研究課題

 
糖タンパク質糖鎖の合成、糖鎖プローブの合成
科学研究費補助金

特許

 
新規糖供与体及びそれを用いた糖鎖の合成方法
特願2013-103322
消毒剤含浸担体
特願2013-182455号/出願/