松尾 一郎

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/18 02:59
 
アバター
研究者氏名
松尾 一郎
 
マツオ イチロウ
所属
群馬大学
職名
教授
学位
博士(農学)(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1992年
 - 
2001年
明治乳業株式会社
 
2001年
 - 
2008年
独立行政法人理化学研究所
 

学歴

 
 
 - 
1992年
横浜市立大学 総合理学研究科 
 
 
 - 
1990年
横浜市立大学 文理学部 化学科
 

委員歴

 
2009年
   
 
日本化学会 2009~関東支部 代議委員
 
2010年
   
 
~関東支部 幹事
 
 
   
 
日本糖質学会
 
 
   
 
 評議委員
 
 
   
 
日本化学会  2009~関東支部 代議委員 2010~関東支部 幹事 2012~関東支部化学教育協議会委員
 

受賞

 
1997年
平成9年度 日本糖質学会 糖質シンポジウムポスター賞
 
2003年
平成15年度 東京糖鎖研究会 グライコ東京奨励賞 
 
2004年
平成16年度 日本糖質学会奨励賞
 
2007年
平成19年度 日本農芸化学 奨励賞
 
2012年
日本化学会関東支部群馬地区地域懇談会ポスター賞
 

Misc

 
Dual-gradient high-performance liquid chromatography for identification of cytosolic high-mannose-type free glycans
T. Suzuki, I. Matsuo, K. Totani, S. Funayama, J. Seino, N. Taniguchi, Y. Ito, S. Hase, “
Anal Biochem.   381(2) 224-232   2008年
The sugar-binding ability of ERGIC-53 is enhanced by its interaction with MCFD2
N. Kawasaki, Y. Ichikawa, I. Matsuo, K. Totani, N. Matsumoto, Y. Ito, K. Yamamoto
Blood   111(4) 1972-1979   2008年
Promiscuous activity of ER glucosidase II discovered through donor specificity analysis of UGGT.
Miyagawa A, Totani K, Matsuo I, Ito Y.
Biochem Biophys Res Commun.   403(3-4) 322-328   2010年
Heterologous Expression, Purification, and Characterization of an α-Mannosidase Belonging to Glycoside Hydrolase Family 99 of Shewanella amazonensis
Kana MATSUDA, Yuma KURAKATA, Takatsugu MIYAZAKI, Ichiro MATSUO, Yukishige ITO, Atsushi NISHIKAWA and Takashi TONOZUKA
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   75(4) 797-799   2011年
Systematic synthesis of ER related N-linked sugar chains in glycoprotein for understanding of glycoprotein quality control
Ichiro Matsuo
The Bulletin of Yokohama City University Natural Science   61(1,2,3) 161-177   2011年

書籍等出版物

 
糖鎖化学の基礎と実用化
シーエムシー出版   2010年   
バイオ医薬品開発における糖鎖技術
シーエムシー出版   2011年   
糖鎖の機能開発・応用ハンドブック
NTS   2015年   

講演・口頭発表等

 
アミノメトキシベンズアミドを蛍光団とする抗菌性ペプチドと脂質膜との相互作用
第4回日本化学会関東支部大会   2010年   
生理活性ペプチドのイメージングを目指した芳香族アミノ酸の標識合成
第47回アイソトープ・放射線研究会   2010年   
細胞内Peptide-N-Glycanase解析のための糖鎖分子プローブの合成
平成22年度日本生化学会関東支部例会   2010年   
水酸基の反転反応を利用したCRTリガンド糖鎖の合成
平成22年度日本生化学会関東支部例会   2010年   
合成糖鎖を用いたレクチンシャペロンCRT変異株の解析
日本農芸化学会2010年度大会   2010年   

競争的資金等の研究課題

 
糖タンパク質糖鎖の合成、糖鎖プローブの合成
科学研究費補助金

特許

 
消毒剤含浸担体
特願2013-182455号/出願/
新規糖供与体及びそれを用いた糖鎖の合成方法
特願2013-103322