論文

査読有り
2011年5月

「慢性呼吸器疾患患者の自己効力感と呼吸困難,生活習慣およびコンプライアンスとの関連」

『医学と生物学』
  • 小島重子
  • ,
  • 齋藤文子

第155巻
第5号
開始ページ
278
終了ページ
284
記述言語
日本語
掲載種別
研究論文(学術雑誌)

大学病院外来通院中の慢性呼吸器疾患(CRD)患者78名の自己効力感と呼吸困難、生活習慣、コンプライアンスとの関連を検討した。自己効力感得点は呼吸困難度が軽度な患者ほど有意に高かった。調整自己効力感得点は、食習慣に「気をつけている」患者が「気をつけていない」患者よりも有意に高く、「医師の指示通り正確に薬を使用している」患者が「していない」患者よりも有意に高かった。CRD患者の呼吸困難と自己効力感の関連が示唆されると共に、自己効力感の高い患者は、食習慣に注意を払い、良好なコンプライアンスであることが示された。
総ページ:8

エクスポート
BibTeX RIS