共同研究・競争的資金等の研究課題

2015年4月 - 2018年3月

能力形成を促すパフォーマンス評価の開発と拡張

日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)
  • 松下 佳代
  • ,
  • 小野 和宏
  • ,
  • 平山 朋子
  • ,
  • 斎藤 有吾

課題番号
15H03473
担当区分
研究分担者
配分額
(総額)
10,530,000円
(直接経費)
8,100,000円
(間接経費)
2,430,000円

新潟大学歯学部と藍野大学理学療法学科を主たるフィールドとして、能力(問題解決能力、基本的臨床能力など)を評価するためのパフォーマンス評価(「改良版トリプルジャンプ」と「考えるOSCE-R」)を改訂・実施し、それらのパフォーマンス評価が学生のディープ・アクティブラーニングや能力形成を促していることを、直接評価と間接評価の統合によって、質的・量的に実証した。
また、パフォーマンス評価を科目レベルだけでなくプログラムレベルでの学習成果評価としても用いるための新しい方法としてPEPA(Pivotal Embedded Performance Assessment)を開発した。