小松 悟

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/22 16:11
 
アバター
研究者氏名
小松 悟
 
コマツ サトル
eメール
skomatsunagasaki-u.ac.jp
URL
http://www.hss.nagasaki-u.ac.jp/
所属
長崎大学
部署
多文化社会学部
職名
准教授
学位
博士(学術)(広島大学)
科研費研究者番号
80553560

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
長崎大学 多文化社会学部 准教授
 
2015年4月
 - 
現在
長崎大学 大学教育イノベーションセンター 准教授(兼務)
 
2016年4月
 - 
現在
人間文化研究機構総合地球環境学研究所 共同研究員
 
2014年1月
 - 
2014年3月
広島大学 大学院国際協力研究科 特任准教授
 
2013年5月
 - 
2013年12月
広島大学 大学院国際協力研究科 研究員
 

学歴

 
2006年4月
 - 
2009年3月
広島大学 国際協力研究科 開発科学専攻
 

論文

 
Ram Dhital, Yutaka Ito, Shinji Kaneko, Satoru Komatsu, Ryota Mihara, Yuichiro Yoshida
Sustainability   770 1-11   2016年8月   [査読有り]
Johannes Breit, Satoru Komatsu, Shinji Kaneko, Partha Pratim Ghosh
Environment, Development and Sustainability   18(1) 73-94   2016年2月   [査読有り]
環境経営時代における環境政策と企業行動の関係に関する研究
金子慎治、西谷公孝、藤井秀道、小松悟
環境経済・政策研究   8(1) 61-73   2015年3月   [査読有り][招待有り]
Makoto Chikaraishi, Akimasa Fujiwara, Shinji Kaneko, Phetkeo Poumanyvong, Satoru Komatsu, Andrey Kalugin
Technological Forecasting and Social Change      2015年1月   [査読有り]
Kimitaka Nishitani, Shinji Kaneko, Satoru Komatsu, Hidemichi Fujii
Journal of Productivity Analysis   42(3) 355-366   2014年12月   [査読有り]
Satoru Komatsu, Hieu Dinh Ha, Shinji Kaneko
Energy for Sustainable Development   17 572-580   2013年12月   [査読有り]
Satoru Komatsu, Shinji Kaneko, Partha Pratim Ghosh, Akane Morinaga
Energy   61 52-58   2013年11月   [査読有り]
Taro Ohdoko, Satoru Komatsu, Shinji Kaneko
Environmental Economics and Policy Studies   15(3) 309-328   2013年7月   [査読有り]
Does Urbanization Matter for Developing Long-term Climate Scenario?
Shinji Kaneko, Satoru Komatsu, Phetkeo Poumanyvong, Latdaphone Banchongohanith, Makoto Chikaraishi, Akimasa Fujiwara
Global Environmental Research   17(1) 29-38   2013年7月   [査読有り]
Thanh Cong Nguyen, Jackie Robinson, Shinji Kaneko, Satoru Komatsu
Ecological Economics   86 117-128   2013年2月   [査読有り]
Satoru Komatsu, Andrey Kalugin, Shinji Kaneko
Transition Studies Review   19(2) 225-243   2012年10月   [査読有り]
Kimitaka Nishitani, Shinji Kaneko, Hidemichi Fujii, Satoru Komatsu
Journal of Environmental Management   105 121-130   2012年   [査読有り]
Satoru Komatsu, Shinji Kaneko, Partha Pratim Ghosh
Energy Policy   39(7) 4022-4031   2011年   [査読有り]
Satoru Komatsu, Shinji Kaneko, Ram Manohar Shrestha, Partha Pratim Ghosh
Energy for Sustainable Development   15(3) 284-292   2011年   [査読有り]
Kimitaka Nishitani, Shinji Kaneko, Hidemichi Fujii, Satoru Komatsu
Journal of Cleaner Production   19(17-18) 1956-1964   2011年   [査読有り]
Andrey Kalugin, Satoru Komatsu, Shinji Kaneko
Journal of International Development and Cooperation   17(1) 1-16   2011年   [査読有り]
Andrey Kalugin, Satoru Komatsu, Shinji Kaneko, Olena Slozko
Transition Studies Review   17(4) 763-776   2010年   [査読有り]
Economic Evaluation of Drinking Water Supply in Countries in Transition: Case Study of the Russian Federation
Andrey Kalugin, Shinji Kaneko, Satoru Komatsu
Journal of Institute of World Economy and International Relations   56 245-261   2009年   [査読有り]
マルチ・エージェントモデルを用いた牧畜民放牧モデルの構築と牧草地劣化への影響評価−モンゴルを事例として−
小松悟、金子慎治
環境システム論文集   37 227-235   2009年   [査読有り]
平井友子、小松悟、金子慎治
環境情報科学論文集   23 61-66   2009年   [査読有り]
小松悟
国際協力研究誌   14(3) 41-55   2008年   [査読有り]
Satoru Komatsu, Shunji Matsuoka, Katsuya Tanaka
Environmental Systems Research   35 191-198   2007年   [査読有り]
大気汚染と出生体重―ネパールにおける国境封鎖の影響に関する事前調査より
伊藤高弘、伊藤豊、金子慎治、小松悟
国民経済雑誌   217(2) 73-87   2018年2月
Effects of Internal Migration on Residential Energy Consumption and CO2 Emissions in Hanoi
Satoru Komatsu, Hieu Dinh Ha, Shinji Kaneko
Hiroshima University Graduate School for International Development and Cooperation, Development Policy Discussion Paper Series   2(17)    2012年11月
Residential preferences for stable electricity supply and a reduction in air pollution risk: A benefit transfer study using choice modeling in China
Taro Ohdoko, Satoru Komatsu, Shinji Kaneko
Hiroshima University Graduate School for International Development and Cooperation, Development Policy Discussion Paper Series   2(12)    2012年6月
Economy-wide impacts of consumer responses to environmental information disclosure in Tokyo and the other parts of Japan
Masaru Ichihashi, Satoru Komatsu, Shinji Kaneko
Hiroshima University Graduate School for International Development and Cooperation, Development Policy Discussion Paper Series   2(1)    2012年1月
Allocating Costs of Environmental Management among Generations: A Case of Environmental Liabilities in Transition Economies
Satoru Komatsu, Andrey Kalugin, Shinji Kaneko
Hiroshima University Graduate School for International Development and Cooperation, Development Policy Discussion Paper Series   1(7)    2011年12月
Firms' reduction of greenhouse gas emissions and economic performance: analyzing effects through demand and productivity
Kimitaka Nishitani, Shinji Kaneko, Satoru Komatsu Hidemichi Fujii
Hiroshima University Graduate School for International Development and Cooperation, Development Policy Discussion Paper Series   1(1)    2011年10月
バングラデシュの農村電化と持続可能な発展
金子慎治、小松悟
東アジアへの視点   27-41   2010年6月
Benefit Transfers with Latent Class Models: Air Pollution Risk Management of Power Plants in China
Taro Ohdoko, Satoru Komatsu and Shinji Kaneko
Kobe University Graduate School of Economics, Discussion Paper Series   1003    2010年
消費者の属性がレジ袋辞退率に及ぼす効果に関する研究
松井玉、藤倉良、藤倉まなみ、小松悟、金子慎治
人間環境論集   9(2) 39-46   2009年
Estimating Willingness to Pay (WTP) for Rural Water Supply Improvements for Pastureland Conservation in Mongolia
Satoru Komatsu, Shunji Matsuoka, Katsuya Tanaka
Discussion Paper Series (COE for Social Capacity Development for Environmental Management and International Cooperation, Hiroshima University)   9    2007年

書籍等出版物

 
市民生活行動学
金子慎治、小松悟 (担当:分担執筆)
土木計画学研究委員会   2015年3月   
エネルギー経済学
小松悟、金子慎治 (担当:分担執筆)
2014年3月   
Climate Change Mitigation and International Development Cooperation
Shinji Kaneko, Satoru Komatsu, Partha Pratim Ghosh (担当:共著, 範囲:Chapter 10)
Routledge   2012年4月   
Effective Environmental Management in Developing Countries: Assessing Social Capacity Development
Palgrave-Macmillan   2007年   ISBN:023054276X
アジアの都市と水環境
小松悟、豊田知世、金子慎治 (担当:共著, 範囲:第7章2節)
古今書院   2011年   ISBN:978-4-7722-2013-2

講演・口頭発表等

 
The Effects of Internal Migration on Residential Energy Consumption and CO2 Emissions in Hanoi
Satoru Komatsu, Ha Dinh Hieu, Shinji Kaneko
The 9th International Conference on Environmental, Cultural, Economic and Social Sustainability   2013年1月   
バングラデシュ農村部における電力供給改善の便益評価
小松悟、Johannes Breit、金子 慎治、Partha Pratim Ghosh
環境経済・政策学会2012年大会   2012年9月   
Economy-wide impacts of consumer responses to environmental information disclosure in Tokyo and the other parts of Japan
Masaru Ichihashi, Shinji Kaneko, Satoru Komatsu
International Society for Ecological Economics Conference   2012年6月   
Determinants of User Satisfaction of Solar Home Systems in Rural Bangladesh
Satoru Komatsu, Shinji Kaneko, Partha Pratim Ghosh, Akane Morinaga
5th International Conference on Sustainable Energy and Environmental Protection   2012年6月   
都市化が進む途上国都市での、住民移転による家庭部門のエネルギー消費量の評価
小松悟、金子慎治
国際開発学会第22回全国大会   2011年11月   
環境規制に伴う機会費用評価分析‐VOC 排出に着目した国内製造業の7 業種の比較研究‐
藤井秀道、馬奈木俊介、金子慎治、西谷公孝、小松悟
第39 回環境システム研究論文発表会   2011年10月   
How Rural-Urban Migration Affects CO2 Emissions: Evidence from Jakarta, Indonesia
Andrey Kalugin, Satoru Komatsu, Shinji Kaneko
6th Dubrovnik Conference on Sustainable Development of Energy, Water and Environment Systems   2011年9月   
Effects of the reduction of greenhouse gas emissions on the economic performance of firms: an empirical study focusing on demand and productivity
西谷公孝、金子慎治、小松悟、藤井秀道
環境経済・政策学会2011年大会   2011年9月   
Is Export Price of Lao Electricity to Thailand too Cheap? Evaluation of Avoided Costs with and without Environmental Costs
Mouavixay Palee, Shinji Kaneko, Satoru Komatsu
環境経済・政策学会2011年大会   2011年9月   
エコ商品の購買行動に関する研究
金子慎治、小松悟、西谷公孝、藤井秀道
第43回土木計画学研究発表会(春大会)   2011年5月   
バングラデシュ農村部での住居用太陽光発電パッケージの需要の評価
小松悟、金子慎治
国際開発学会第21回全国大会   2010年12月   
太陽光発電パネルの普及に向けた技術開発と国際協力のありかた
金子慎治、小松悟
国際開発学会第21回全国大会   2010年12月   
インフラ円借款事業の温室効果ガス削減効果‐石炭火力発電所を事例とした一考察‐
豊田知世、小松悟、金子慎治、藤倉良
国際開発学会第21回全国大会   2010年12月   
Effects of Urban-Rural Resettlement on Greenhouse Gases Emissions in Hanoi
Shinji Kaneko, Satoru Komatsu and Ha Dinh Hieu
The 7th Scientific Conference of the University of Science-Vietnam National University   2010年11月   
Are microbenefit negligible? Implications of rapid expansion of Solar Home Systems in rural Bangladesh to sustainable development [招待有り]
Satoru Komatsu, Shinji Kaneko, Partha Pratim Ghosh
Electricity Sector and Renewable Energy International Conference   2010年10月   
An empirical study of the firm’s environmental management implementation on environmental performances
西谷公孝、金子慎治、藤井秀道、小松悟
環境経済・政策学会2010年大会   2010年9月   
太陽光発電を利用した分散型農村電化事業による受益者満足度の評価―バングラデシュ農村部での事例―
小松悟、森永茜、金子慎治、Partha Pratim Ghosh
環境経済・政策学会2010年大会   2010年9月   
竹林整備による里山保全の便益評価-広島県東広島市鏡山における事例分析
平井友子、小松悟、金子慎治
第23回環境研究発表会   2009年11月   
マルチ・エージェントモデルを用いた牧畜民放牧モデルの構築と牧草地劣化への影響評価-モンゴルを事例として-
小松悟、金子慎治
第37回環境システム研究論文発表会   2009年10月   
環境メインストリーミング化における環境プロジェクトの意義について―省エネプロジェクトを例にした一考察―
藤倉良、小松悟、金子慎治
環境経済・政策学会2009年大会   2009年9月   
Assessment of the Fuel Switching Policies in Indonesia; Cases of the Kerosene and LPG consumption in the Household Sector
Mohammad Herman Sulistiyo, Adityawarman, Satoru Komatsu, Shinji Kaneko
環境経済・政策学会2009年大会   2009年9月   
Satoru Komatsu, Taro Ohdoko, Shinji Kaneko, Latdaphone Banchongphanith, Tomoyo Toyota, Chunxiao Chen; Accounting for Preference Heterogeneity in Power Supply and Air Quality Improvements in China
Satoru Komatsu, Taro Ohdoko, Shinji Kaneko, Latdaphone Banchongphanith, Tomoyo Toyota, Chunxiao Chen
International Association for Energy Economics, 2nd Asian Conference   2008年11月   
バングラデシュ農村部の電力供給に関する便益評価:電力の安定供給に対する選好構造の比較分析
谷口万里子、小松悟、大床太郎、金子慎治
国際開発学会第19回全国大会   2008年11月   
化学肥料投入と米生産性に関する実証研究:中国湖南省を事例として
豊田知世、金子慎治、Latdaphone Banchongphanith、Chunxiao Chen、小松悟
環境経済・政策学会2008年大会   2008年9月   
電力供給と大気質改善に関する経済評価:クリーンエネルギーに対する選好構造の分析
小松悟、大床太郎、金子慎治、Latdaphone Banchongphanith、豊田知世、Chunxiao Chen
環境経済・政策学会2008年大会   2008年9月   
潜在クラスモデルを用いた、中国における電力供給と大気質改善に対する住民選好の評価
小松悟、大床太郎、金子慎治、Latdaphone Banchongphanith、豊田知世、Chunxiao Chen
国際開発学会第19回全国大会   2008年11月   
潜在クラスモデルを用いた便益移転:中国大気質改善に関する移転性の検証
大床太郎、小松悟、金子慎治、Latdaphone Banchongphanith、豊田知世、Chunxiao Chen
環境経済・政策学会2008年大会   2008年9月   
バングラデシュ農村部の電力供給に関する経済評価:電力の安定供給に対する選好構造の分析
谷口万里子、小松悟、大床太郎、金子慎治
環境経済・政策学会2008年大会   2008年9月   
マルチエージェントモデルを利用した牧民移動モデルの構築と砂漠化対策の評価-モンゴルを事例として-
小松悟、金子慎治
国際開発学会第18回全国大会   2007年11月   
Estimating Benefits for Pastureland Conservation through Water Supply Improvements; Cases of Contingent Valuation Studies in Desertified Area of Mongolia
小松悟、松岡俊二、田中勝也
第35回環境システム研究論文発表会   2007年10月   
井戸建設事業を通じた砂漠化対策の便益の推計-モンゴル・ドンドゴビにおけるCVM調査を事例として
小松悟
国際開発学会第8回春季大会   2007年6月   
砂漠化対処のため政府の能力分析:モンゴル国を事例として
小松悟、松岡俊二
環境経済・政策学会2006年度大会   2006年7月   
砂漠化に影響を与える要因の評価:モンゴルの土地利用における実証分析
小松悟、松岡俊二、田中勝也
国際開発学会第7回春季大会   2006年6月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
インドネシアの金鉱山地域における水銀汚染リスクの低減に関する超学際的研究 研究課題
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究(A)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 榊原 正幸
長期観察データの整備を通じた太陽光発電を利用した農村電化事業の評価
文部科学省: 科学研究費補助金 若手研究(B)
研究期間: 2014年4月 - 2019年3月    代表者: 小松 悟
貧困削減のための小規模分散型システムにおける水・エネルギー・ネクサスの社会的最適化
総合地球環境学研究所: 予備研究
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 金子 慎治
太陽光発電と命の水:無作為化フィールド実験による制度設計
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究(A)
研究期間: 2013年4月 - 2017年3月    代表者: 金子 慎治
スラム化する途上国都市からみたエネルギーアクセスと気候変動対策に関する研究
文部科学省: 科学研究費補助金 若手研究(B)
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 小松 悟
本研究は都市化とスラムの増加が同時に進行するアジア途上国にて、スラムの空間配置や特徴、スラムに居住する住民のエネルギーアクセスや生活実態に関する調査を実施し、スラムの拡大化要因を探る。更にスラムの拡大を放置することがどれだけ経済的損失を生むのか分析する。インドネシア・フィリピン・バングラデシュという発展段階の異なる3カ国の都市部にて、更に各都市、様々なタイプのスラムで実証研究を行うことで、スラム解消に向けた政策提言を行い、都市の持続可能な発展、効果的な気候変動対策を実行するための政策手段を...
太陽光発電技術を利用した多元的便益創出型国際協力モデルの構築
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 金子 慎治
本研究は、コストブレークスルーを狙った技術開発段階の次世代型太陽光発電技術を途上国で市場化するという国際協力モデルをアジア最貧国のひとつであるバングラデシュとわが国の間で設計し、その双方向的かつ多元的な便益創出のメカニズムを解明する。特に、バングラデシュではとりわけ携帯電話の普及と利用との関連に着目しながら便益創出効果を測定し、従前のグリッド電化事業の費用便益分析との比較検討を行い、日本においては新たなR&Dの促進機構による効果を分析し、既存の技術開発・普及ロードマップ(PV2030+)が...
住民移転による都市化が進む途上国でのエネルギーアクセスに関する研究
文部科学省: 科学研究費補助金 スタートアップ
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月    代表者: 小松 悟
都市化が進むアジア途上国にて、住民移転に焦点を当てて住民のエネルギーアクセスの変化を評価することで、都市化がもたらす地球温暖化への影響を測る。アジア4都市にて、農村から都市への移転によるエネルギー消費・CO2排出量へのインパクトを分析する。
アジア地域の低炭素型発展可能性とその評価のための基盤分析調査研究
環境省: 地球環境研究総合推進費
研究期間: 2009年 - 2013年    代表者: 甲斐沼 美紀子
本研究では、アジアにおける都市発展メカニズムに含まれる温室効果ガス排出構造との関係を明らかにし、低炭素社会構築に向けた都市化のあり方を論じる。特に都市規模・都市の産業構造の転換と空間的な都市構造の関係で都市化と温室効果ガス排出構造の関係を分析し、低炭素都市実現のための費用について検討する。
環境経営時代における環境政策と企業行動の関係に関する研究
環境省: 環境経済の政策研究
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 金子 慎治
環境政策を企業がいかに知覚し、経営戦略に反映させ、環境保全取り組みを進めるか、また環境政策が消費者や投資家の行動をどのように変化させ、企業の環境経営にどのような影響を及ぼすかのメカニズムを解明することを目指す。
低炭素社会を設計する国際環境リーダー育成
文部科学省: 科学技術振興調整費
研究期間: 2009年 - 2014年3月    代表者: 藤原 章正
バングラデシュにおける太陽光発電を利用した農村電化事業の評価
日本証券奨学財団: 環境研究
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 金子 慎治
本研究ではバングラデシュにおける農村電化事業に関して、住民の生活改善への貢献度、及び事業継続や拡大にかかる問題点を、住民へのヒヤリング調査により明らかにする。本研究では送電網を利用した電化事業が進まない農村部にとって、太陽光発電事業はクリーンな電力供給と貧困削減を同時に実現できる方法として妥当なものなのかを評価することを目指す。
社会的能力分析手法を利用したモンゴルの砂漠化対処能力の評価
文部科学省: 科学研究費補助金
研究期間: 2006年8月 - 2008年3月    代表者: 小松 悟
マルチ・エージェントモデルを用いた放牧モデルの構築
旭硝子財団: 環境研究
研究期間: 2007年       代表者: 金子 慎治
モンゴルにて、牧草地内の井戸の設置状況の違いによる、牧民の放牧行動の影響を分析し、井戸と牧草地劣化の定性的関係を明らかにしようと試みた.マルチ・エージェントモデルと呼ばれる、シミュレーションモデルで牧民行動をモデル化した結果、牧草地内の井戸の数を減少させた場合,牧草地の劣化面積が増加することを確認した。本研究より途上国のような情報が限られた地域であっても、井戸の配置と牧草地劣化の関係の定性的関係を示すことが可能となった。
モンゴルにおける砂漠化対策の社会経済的評価
住友財団: その他の研究制度
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 松岡 俊二
環境評価手法(コンジョイント分析・仮想評価法)を用いた、途上国での環境対策の便益評価
国際研究
研究期間: 2005年   
中国において、コンジョイント分析を用いて、電力供給改善政策に対する住民の選好分析を行った。離散選択モデルによる推計の結果、電力供給の改善、大気汚染リスクを低減する電力供給改善する政策は、住民の効用改善に寄与することが確認した。
モンゴルにおいて、牧草地保全による便益を、仮想評価法を用いて評価した。井戸供給の改善を行い、利用可能な牧草地を広げることで、家畜が分散化され過放牧が解消する結果、牧草地が保全される可能性があることを示した。
ロシアで水道水の水質向上と、廃工場による土壌汚染に対する対...
社会的環境管理能力の形成と国際協力拠点
文部科学省: 科学技術振興調整費による中核的研究拠点(COE)育成
研究期間: 2004年 - 2008年    代表者: 中越 信和