論文

2013年8月

多嚢胞性卵巣症候群に対するクロミフェンを中心とした卵巣刺激による体外受精の治療成績

産婦人科の進歩
  • 竹林 明枝
  • ,
  • 木村 文則
  • ,
  • 清水 良彦
  • ,
  • 高島 明子
  • ,
  • 高橋 顕雅
  • ,
  • 山中 章義
  • ,
  • 高橋 健太郎
  • ,
  • 村上 節

65
3
開始ページ
360
終了ページ
362
記述言語
日本語
掲載種別
研究論文(学術雑誌)
DOI
10.11437/sanpunosinpo.65.360
出版者・発行元
「産婦人科の進歩」編集室

卵巣刺激による体外受精を行った多嚢胞性卵巣症候群19名51周期の成績を刺激法別に比較した。内訳はLong法12周期、Antagonist法8周期、クロミフェン法31周期(Antagonist法併用13周期)であった。平均回収卵数はLong法11.8個、Antagonist法8.88個、クロミフェン法2.68個、受精卵数はそれぞれ6.5個、2.75個、1.33個とクロミフェン法が他の2法に、分割胚数は2.33個、1.62個、0.77個とLong法に比較して有意に少なかった。新鮮胚移植+凍結胚移植(1回目)あたりの妊娠率はLong法62.5%、Antagonist法20.0%、クロミフェン法15.4%とクロミフェン法が低い傾向で、複数の移植を含めた1回採卵あたりの妊娠率はそれぞれ50.0%、12.5%、6.45%とLong法よりも有意に低かった。受精率、分割胚獲得周期数、胚分割率、全胚凍結周期数、新鮮胚移植・新鮮胚盤胞あたりの妊娠率、入院を要する卵巣過剰刺激症候群の発症率には有意差がなかった。

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.11437/sanpunosinpo.65.360
Jamas Url
https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&doc_id=20130806100025&url=http%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F40019776905&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif
Jamas Url
https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&doc_id=20130806100025&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11437%2Fsanpunosinpo.65.360&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_2.gif

エクスポート
BibTeX RIS