阿部 匡伸

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/10 03:18
 
アバター
研究者氏名
阿部 匡伸
 
アベ マサノブ
URL
http://www.a.cs.okayama-u.ac.jp/~abe/
所属
岡山大学
部署
自然科学研究科
職名
教授
学位
博士(工学)(早稲田大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2010年
   
 
- 岡山大学自然科学研究科 教授
 
1984年
 - 
1987年
  日本電信電話公社入社 横須賀電気通信研究所  研究員
 
1989年
   
 
 MIT 客員研究員
 
1991年
 - 
2001年
 NTTヒューマンインタフェース研究所 主任研究員
 
2001年
 - 
2003年
 NTTサイバースペース研究所 グループリーダ
 

学歴

 
 
 - 
1984年
早稲田大学 工学研究科 電気工学
 
 
 - 
1982年
早稲田大学 工学部 
 

委員歴

 
2012年
 - 
2015年
IEEE  Hiroshima Section Vice Chair
 
2010年
 - 
2012年
電子情報通信学会  ライフインテリジェンスとオフィス情報システム研究会 委員長
 

受賞

 
1991年
日本音響学会第8回粟屋潔学術奨励賞受賞
 
1996年
日本音響学会第36回佐藤論文賞受賞
 
2005年
電子情報通信学会第2回情報・システムソサイエティ活動功労賞受賞
 
2006年
日本音響学会第14回技術開発賞受賞
 
2009年
情報処理学会インタラクション2009 ベストペーパー賞
 

Misc

 
Voice conversion through vector quantization
M. Abe, S. Nakamura, K. Shikano, H. Kuwabara
Proc. Int. Conf. on Acoustics, Speech, and Signal Processing (ICASSP) '88   855-858   1988年
A new speech modification method by signal reconstruction
M. Abe, S. Tamura, H. Kuwabara
Proc. Int. Conf. on Acoustics, Speech, and Signal Processing (ICASSP) '89   592-595   1989年
FFTスペクトルからの信号再生法による音声変換手法
阿部匡伸, 田村震一, 桑原尚夫
電子情報通信学会論文誌. D-II   J72-D-II(8) 1180-1186   1989年
M. Abe, S. Nakamura, K. Shikano and H. Kuwabara
Journal of the Acoustical Society of Japan (E)   11(2) 71-78   1990年
Cross-language voice conversion
M. Abe, K. Shikano, H. Kuwabara
Proc. Int. Conf. on Acoustics, Speech, and Signal Processing (ICASSP)'90   345-348   1990年

書籍等出版物

 
Progress in Speech Synthesis: Speaking styles: statistical analysis and synthesis by a text-to-speech system
Springer   1997年   ISBN:0387947019
Recent Progress in Japanese Speech Synthesis
Gordon and Breach Science Publishers   2000年   ISBN:9056990950
ロボット工学ハンドブック 第4編 2.2 音声合成
コロナ社   2005年   ISBN:4-339-04576-4
Spoken Language Systems: Challenges for New Speech Synthesis Applications
Ohmsha/IOS Press   2005年   ISBN:1586035150
情報システムとヒューマンインタフェース
早稲田大学出版部   2010年   ISBN:9784657101099

講演・口頭発表等

 
情報家電連携によるコミュニケーション系サービスの実現方法に関する一検討
画像電子学会、VMA研究会   2008年   
ネットワークロボットにおける携帯電話上の3次元ポリゴン型バーチャルロボットに関する検討
信学会、ネットワークロボット時限研究会   2008年   
ロボットインタフェースを利用した非同期コミュニケーションの保育への適用及びその評価
オフィスインフォメーションシステム研究会   2008年   
キーテレホンシステムのマルチライン機能におけるコミュニケーション管理についての考察
信学会、オフィスインフォメーションシステム研究会   2008年   
滞在地遷移情報からの行動パターン抽出方式の検討
ユビキタスコンピューティングシステム研究会   2008年