基本情報

所属
Fujitsu Research Institute Economic Research Center Senior Research Associate
学位
学士(教養)(国際基督教大学)
修士(国際関係学)(国際基督教大学)
Ph.D. in International Studies{博士(国際関係学)}(Waseda University(早稲田大学))

J-GLOBAL ID
201101022782117319

外部リンク

CV (履歴書[日本語]): http://goo.gl/CMCNpR
CV (English): http://goo.gl/l1yYmm

所属機関HP:
http://www.fujitsu.com/jp/group/fri/en/economic/people/odaira.html

経歴

  5

論文

  9

書籍等出版物

  3

講演・口頭発表等

  17

所属学協会

  1

その他

  1
  • 自己アピール: 【コミュニケーション能力】:学部時代から大学院までの授業(9割英語開講),論文執筆言語(学士,修士,博士論文は全て英文),英語によるプレゼンテーションスキル(海外での発表を含め,これまでに英語でのプレゼンテーションを数百回行いました),現在の日常での会話(博士後期課程/所属研究プロジェクトの同級生は9割が外国籍)の全てを通じて,英語を使った国際的コミュニケーションスキル(含:英語論文作成能力)が高いといえます. 【交渉・PR力】:博士後期課程時のアジア・フェローシップ(プロジェクト終了までの3年間有給),修士課程時のCOE派遣RAでの最優秀賞(副賞:参加経費全額キャッシュバック),学部時の学士論文に対する最優秀論文賞獲得(平和研究;副賞:研究費贈呈),学部時代の課外活動である新聞部を創部から1年で研究費獲得,2年で予算交付公認団体に育てた実績などから,高い交渉力を持っているといえます. 【時間管理能力】:学部時代から今に至るまで,論文の提出締切を逃したことは一切ありません. 【語学力】: ・英語:上級(上記参照;TOEFL iBT 99点[2008年11月]) ・フランス語:初級(第2外国語として1年間履修;半年間語学留学) ・ロシア語:初級(第3外国語として1年間履修;3週間語学留学) 【留学経験】: ・フランス:語学留学(半年) ・ロシア:語学留学(3週) ・アメリカ:語学研修(2週;テキサス州);学術研修(1週;カリフォルニア州・オレゴン州;オレゴン州立大学等) ・マレーシア:共同研究調査(3週;マレーシア国民大学) ・バングラデシュ:学術交流(2週;ダッカ大学等) ・中国:政府派遣学術交流(2週;北京大学等) ・インドネシア:学術交流(1週;インドネシア大学等) ・韓国:学術交流(1週;延世大学) 【得意分野】: A.専門分野: ・国際政治学/国際関係論 ・安全保障研究 ・紛争解決論 ・平和研究 ・平和構築論 ・交渉学 ・地域統合論 ・環境政策論 ・ODA研究 ・東アジア・東南アジア・南アジア地域研究(特に,北朝鮮・ASEAN・フィリピン・カンボジア・スリランカ) B.これまでの研究テーマ: ・内戦の国際的和平仲介における交渉力の前提としての援助 ・内戦の和平仲介における交渉妥結要因 ・東アジアにおける紛争危機回避メカニズム ・東アジアの国際環境協力 ・エネルギー・環境テクノロジーの動向予測 ・地域統合研究機関の比較研究 ・東南アジアにおける地方・都市部の選挙行動決定要因の比較研究 【課外活動歴】:新聞部部長(学部),研究発表団体(博士後期)