川本悠紀子

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/31 01:07
 
アバター
研究者氏名
川本悠紀子
 
カワモトユキコ
URL
https://nagoya-u.academia.edu/YukikoKawamoto
所属
名古屋大学
部署
高等研究院
職名
特任助教
学位
Ph.D.(King's College London)

プロフィール

専門:古代ローマ史、なかでも都市・建築・美術をはじめとする文化史、社会史が専門です。対象とする地域は主にイタリア半島(特にローマ、ポンペイ、ヘルクラネウム、スタビアエ、オプロンティス)ですが、小アシア(エフェソス)とブリタニア(バーズ、フィッシュボーン)についても研究しています。近年は、古代ローマ住宅のほかに、古代ローマにおける庭園についても研究を進めており、モノグラフを執筆中です。また、専門ではありませんが碑文のデジタル化に関するプロジェクトEpiDocの日本での情報提供・ワークショップ開催なども行っています。

発掘歴:奈良文化財研究所(平城宮跡)、東京大学(ソンマ・ヴェスヴィアーナ遺跡)、コーネル大学(Casa della Regina Carolina、ポンペイ)


I completed my BA and MA (History) in Japan, where I wrote dissertations on Hanghäuser in Ephesus (BA) and the House of Manander in Pompeii (MA). I was a PhD ERASMUS student at Ludwig-Maximilians Universität München (Klassische Archäologie) in 2012. I was awarded my doctorate (Classics) from King's College London in January 2016 for the thesis entitled 'The Vitruvian Peristyle: A Textual and Archaeological Study'.
I participated in excavations in Nara National Research Institute for Cultural Properties (Heijyo), Missione Archeologica Multidisciplinare Universita di Tokyo (Somma Vesuviana), and in Pompeii (Casa della Regina Carolina). I was awarded the 13th Shiba Ryotaro Fellowship (2009), the Kikawada Foundation Overseas Scholarship (2011), Early Career Researchers Presentation Award from Architectural Institute of Japan (2013), and Rome Award from the British School at Rome (2016/17). I held post-doctoral positions at Doshisha University, the British School at Rome, Osaka City University (non-stipendiary), and Ludwig-Maximilians Universität München. I joined Nagoya University, the Institute for Advanced Research in April 2018. In 2018/19, I will be on research leave at the University of Oxford (Department of Classics and Jesus College).

My main research area is Roman architectural history and architectural structures described in historical texts (Greek and Latin). I am also interested in the sociopolitical history of the late Roman Republic to the early Imperial period. My current research project is on Roman gardens and I am exploring the topic from archaeological and textual evidence. For further details, please visit my academia.edu page.

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
名古屋大学 高等研究院 特任助教
 
2019年6月
 - 
2019年9月
オクスフォード大学 ジーザス・カレッジ Short-term Visiting Fellow
 
2018年10月
 - 
2019年9月
オクスフォード大学 古典学科 客員研究員
 
2017年5月
 - 
2017年10月
Ludwig-Maximilians Universitaet Muenchen Munich Graduate School for Ancient Studies: Distant Worlds Guest Scholar
 
2017年4月
 - 
2018年3月
大阪市立大学 都市文化研究センター 研究員
 

学歴

 
2009年10月
 - 
2016年3月
東京大学大学院 工学系研究科 建築学専攻博士課程単位取得退学
 
2011年10月
 - 
2015年9月
キングス・カレッジ・ロンドン 古典学科 MPhil/PhD
 
2012年10月
 - 
2012年12月
ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン 古典考古学研究所 PhD ERASMUS
 
2009年4月
 - 
2009年9月
上智大学大学院 文学研究科 史学専攻(博士後期課程)
 
2007年4月
 - 
2009年
上智大学大学院 文学研究科 史学専攻(文学修士)
 

委員歴

 
2013年4月
 - 
2014年4月
Current Research in Egyptology XV  開催・実行委員
 
2012年9月
 - 
2013年6月
Identity and Representation in Antiquity (King’s College London)  開催・実行委員(ローマ部門責任者)
 
2011年9月
 - 
2013年4月
Theoretical Roman Archeology Conference 2013  開催・実行委員
 

受賞

 
2016年10月
British School at Rome ローマ賞 Silvae: the Roman gardens depicted in wall paintings
 
2013年11月
日本建築学会大会学術講演会 建築歴史・意匠部門 若手優秀発表
 
2010年
第13回司馬遼太郎フェローシップ
 

論文

 
The Vitruvian Peristyle: A Textual and Archaeological Study
川本悠紀子
Ph.D. thesis submitted to King's College London      2015年9月   [査読有り]
イタリアの古代都市における都市の発展と再生に関する研究
川本悠紀子
東京大学グローバルCOEプログラム 「都市空間の持続再生学の展開」 2009年度年次報告書   560-563   2010年2月   [査読有り]

Misc

 
川本悠紀子
Papers of the British School at Rome   85 349-350   2017年10月
<受賞レポート>The British School at Romeでの研究滞在記
川本悠紀子
かいほう(古代世界研究会)   (132) 4-6   2017年5月   [依頼有り]
川本悠紀子
地中海学会月報   (395) 3-3   2016年12月   [依頼有り]
Peristyles in Greek World
川本悠紀子
日本建築学会大会(九州)学術講演会梗概集   709-710   2016年8月   [査読有り]

書籍等出版物

 
「復元学」の提唱―考証から復元へ―
川本悠紀子 (担当:共著, 範囲:ポンペイにおける庭園の発掘とその復元)
2019年   
刊行予定
中央公論美術出版   2018年1月   ISBN:4805507969
担当:古代ローマ住宅における視覚軸:考古学資料の見地から
山川出版   2016年12月   ISBN:4634640635
担当:オウィディウス 『変身物語』

講演・口頭発表等

 
ポンペイにおける庭園の復元 [招待有り]
川本悠紀子
第四回「復元学」研究会   2018年7月29日   奈良文化財研究所
古代ローマ建築に見られる『ヘレニズム化』
川本悠紀子
『西洋美術史における〈古典〉と〈古典主義〉』   2018年7月14日   
Roman Gardens Represented in Texts and Wall Paintings
川本悠紀子
Roman Archaeology Conference, Theoretical Roman Archaeology Conference 2018   2018年4月12日   
古代ローマの庭園空間とその意匠
川本悠紀子
史学会   2017年11月12日   
古代ローマの庭園のデザイン:壁画・遺構・史料の観点から [招待有り]
川本悠紀子
京都ギリシアローマ美術館公開セミナー   2017年11月5日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
移動と共生:旅行・留学・亡命をめぐるグローバルスタディーズ
名古屋大学: 平成30年度名古屋大学人文学研究科研究プロジェクト経費
研究期間: 2018年6月 - 2019年3月    代表者: 堀江未央
ScanSomma: Examining Subterranean Structures without Excavating
名古屋大学高等研究院: 2018年度YLC共同研究助成
研究期間: 2018年5月 - 2019年3月    代表者: 森島邦博
Roman Archaeology Conference Bursaries
The Roman Society: 
研究期間: 2018年4月 - 2018年4月    代表者: 川本悠紀子
Financial support for the presentation of a paper in the Theoretical Roman Archaeology Conference 2018.
西洋の庭園空間:起源・継承・復元
独立行政法人 科学技術振興機構 : 独立行政法人 科学技術振興機構 「科学技術人材育成のコンソーシアムの構築事業」
研究期間: 2018年4月 - 2023年3月    代表者: 川本悠紀子
古代ローマ住宅における庭園と住環境:Wilhelmina F. Jashemski Papersの資料に基づく考察
公益財団法人 LIXIL住生活財団: 
研究期間: 2016年12月 - 2017年12月    代表者: 川本悠紀子

その他

 
2019年2月   Gardens: History, Reception, and Scientific Analyses
学会詳細はHPをご覧ください

https://sites.google.com/view/european-gardens/conference
2018年9月   Introduction to EpiDoc
内容については下記HPをご覧ください。

https://tei2018.dhii.asia/epidoc_ws