川本悠紀子

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/15 17:44
 
アバター
研究者氏名
川本悠紀子
 
カワモトユキコ
URL
https://nagoya-u.academia.edu/YukikoKawamoto
所属
名古屋大学
部署
高等研究院
職名
特任助教
学位
Ph.D.(King's College London)

プロフィール

専門:古代ローマ史、なかでも都市・建築・美術をはじめとする文化史、社会史が専門です。対象とする地域は主にイタリア半島(特にローマ、ポンペイ、ヘルクラネウム、スタビアエ、オプロンティス)ですが、小アシア(エフェソス)とブリタニア(バース、フィッシュボーン)についても研究しています。近年は、古代ローマ住宅のほかに、古代ローマにおける庭園についても研究を進めており、モノグラフを執筆中です。また、専門ではありませんが碑文のデジタル化に関するプロジェクトEpiDocの日本での情報提供・ワークショップ開催なども行っています。

発掘歴:奈良文化財研究所(平城宮跡)、東京大学(ソンマ・ヴェスヴィアーナ遺跡)、コーネル大学(Casa della Regina Carolina、ポンペイ)


I completed my BA and MA (History) in Japan, where I wrote dissertations on Hanghäuser in Ephesus (BA) and the House of Manander in Pompeii (MA). I was a PhD ERASMUS student at Ludwig-Maximilians Universität München (Klassische Archäologie) in 2012. I was awarded my doctorate (Classics) from King's College London in January 2016 for the thesis entitled 'The Vitruvian Peristyle: A Textual and Archaeological Study'.
I participated in excavations in Nara (Heijyo), Somma Vesuviana, and in Pompeii (Casa della Regina Carolina). I held post-doctoral positions in Kyoto, Rome, Osaka, and Munich. In April 2018, I joined Nagoya University, the Institute for Advanced Research.
My main research area is Roman architectural history and architectural structures described in historical texts (Greek and Latin). I am also interested in the sociopolitical history of the late Roman Republic to the early Imperial period. My current research project is on Roman gardens and I am exploring the topic from archaeological and textual evidence. For further details, please visit my academia.edu page.

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
名古屋大学 高等研究院 特任助教
 
2019年6月
 - 
2019年9月
University of Oxford Jesus College Short-term Visiting Fellow
 
2018年10月
 - 
2019年9月
University of Oxford Department of Classics Visiting Academic
 
2017年5月
 - 
2017年10月
Ludwig-Maximilians Universität München Munich Graduate School for Ancient Studies: Distant Worlds Guest Scholar
 
2017年4月
 - 
2018年3月
大阪市立大学 都市文化研究センター 研究員
 

学歴

 
2009年10月
 - 
2016年3月
東京大学大学院 工学系研究科 建築学専攻博士課程単位取得退学
 
2011年10月
 - 
2015年9月
King's College London Department of Classics MPhil/PhD
 
2012年10月
 - 
2012年12月
Ludwig-Maximilians Universität München Institut für Klassische Archäologie PhD ERASMUS
 
2009年4月
 - 
2009年9月
上智大学大学院 文学研究科 史学専攻(博士後期課程)
 
2007年4月
 - 
2009年
上智大学大学院 文学研究科 史学専攻(文学修士)
 

委員歴

 
2013年4月
 - 
2014年4月
Current Research in Egyptology XV  開催・実行委員
 
2012年9月
 - 
2013年6月
Identity and Representation in Antiquity (King’s College London)  開催・実行委員(ローマ部門責任者)
 
2011年9月
 - 
2013年4月
Theoretical Roman Archeology Conference 2013  開催・実行委員
 

受賞

 
2016年10月
British School at Rome ローマ賞 Silvae: the Roman gardens depicted in wall paintings
 
2013年11月
日本建築学会大会学術講演会 建築歴史・意匠部門 若手優秀発表
 
2010年
第13回司馬遼太郎フェローシップ
 

論文

 
The Vitruvian Peristyle: A Textual and Archaeological Study
川本悠紀子
Ph.D. thesis submitted to King's College London      2015年9月   [査読有り]
イタリアの古代都市における都市の発展と再生に関する研究
川本悠紀子
東京大学グローバルCOEプログラム 「都市空間の持続再生学の展開」 2009年度年次報告書   560-563   2010年2月   [査読有り]

Misc

 
川本悠紀子
地中海学会月報   (419)    2019年5月   [依頼有り]
川本悠紀子
Papers of the British School at Rome   85 349-350   2017年10月
<受賞レポート>The British School at Romeでの研究滞在記
川本悠紀子
かいほう(古代世界研究会)   (132) 4-6   2017年5月   [依頼有り]
川本悠紀子
地中海学会月報   (395) 3-3   2016年12月   [依頼有り]
Peristyles in Greek World
川本悠紀子
日本建築学会大会(九州)学術講演会梗概集   709-710   2016年8月   [査読有り]
川本 悠紀子
学術講演梗概集. F-2, 建築歴史・意匠   2011 679-680   2011年7月

書籍等出版物

 
古典主義再考
川本悠紀子 (担当:共著, 範囲:ウィトルウィウスの『建築書』の古代ローマにおける受容)
中央公論美術出版   2020年   
文化遺産と〈復元学〉 遺跡・建築・庭園復元の理論と実践
川本悠紀子 (担当:共著, 範囲:ポンペイにおける庭園の発掘とその復元)
吉川弘文館   2019年11月   ISBN:9784642016629
中央公論美術出版   2018年1月   ISBN:4805507969
担当:古代ローマ住宅における視覚軸:考古学資料の見地から
山川出版   2016年12月   ISBN:4634640635
担当:オウィディウス 『変身物語』

講演・口頭発表等

 
古代ローマの庭園とその植生:史料・壁画・遺構の見地から
川本悠紀子
上智大学史学会大会   2019年11月17日   
Hellenization: Responses of Scipio Africanus and Cato the Elder [招待有り]
川本悠紀子
The 2nd International Conference of Reconciliation and Coexistence in Contact Zones [RCCZ] Research Center   2019年11月8日   Chung Ang University, Korea
Roman Gardens and Medicinal Plants [招待有り]
川本悠紀子
Kyunghee University   2019年11月7日   Kyunghee University, Korea
ポンペイにおける庭園の復元 [招待有り]
川本悠紀子
第四回「復元学」研究会   2018年7月29日   奈良文化財研究所
古代ローマ建築に見られる『ヘレニズム化』
川本悠紀子
『西洋美術史における〈古典〉と〈古典主義〉』   2018年7月14日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
Astronomical Phenomena in Historical Literature
名古屋大学: YLC共同研究助成
研究期間: 2019年6月 - 2020年3月    代表者: 佐野栄俊
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月    代表者: 川本悠紀子
移動と共生:旅行・留学・亡命をめぐるグローバルスタディーズ
名古屋大学: 平成30年度名古屋大学人文学研究科研究プロジェクト経費
研究期間: 2018年6月 - 2019年3月    代表者: 堀江未央
ScanSomma: Examining Subterranean Structures without Excavating
名古屋大学高等研究院: 2018年度YLC共同研究助成
研究期間: 2018年5月 - 2019年3月    代表者: 森島邦博
Roman Archaeology Conference Bursaries
The Roman Society: 
研究期間: 2018年4月 - 2018年4月    代表者: 川本悠紀子
Financial support for the presentation of a paper in the Theoretical Roman Archaeology Conference 2018.

社会貢献活動

 
「新発見! ポンペイ最後の日の真実」
【取材協力, 助言・指導, 情報提供, 運営参加・支援】  TBS  世界ふしぎ発見!  2019年6月29日
BSプレミアム「宇宙からの素粒子で探る 古代ローマとマヤ遺跡」
【取材協力, 助言・指導, 情報提供, 調査担当】  NHK  コズミックフロント☆NEXT   2019年4月4日

その他

 
2019年2月   Gardens: History, Reception, and Scientific Analyses
学会詳細はHPをご覧ください

https://sites.google.com/view/european-gardens/conference
2018年9月   Introduction to EpiDoc
内容については下記HPをご覧ください。

https://tei2018.dhii.asia/epidoc_ws