山崎 新太郎

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/19 08:20
 
アバター
研究者氏名
山崎 新太郎
 
ヤマサキ シンタロウ
eメール
yamasaki.shintaro.3mkyoto-u.ac.jp
所属
京都大学
部署
防災研究所 斜面災害研究センター
職名
准教授
学位
博士(理学)(京都大学)
その他の所属
徳島地すべり観測所
科研費研究者番号
40584602

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
京都大学防災研究所 准教授
 
2010年4月
 - 
2018年3月
北見工業大学 助教
 
2009年4月
 - 
2010年3月
日本学術振興会 特別研究員PD
 

委員歴

 
2017年
 - 
現在
Landslides editor
 
2016年
 - 
現在
東北地理学会 季刊地理編集委員
 
2015年
 - 
現在
日本地すべり学会誌編集委員
 

論文

 
Yamasaki Shintaro, Tabusa Tomonori, Iwasaki Shunsuke, Hiramatsu Masahiro
PROGRESS IN EARTH AND PLANETARY SCIENCE   4    2017年9月   [査読有り]
Yamasaki Shintaro, Chigira Masahiro, Petley David N.
ENGINEERING GEOLOGY   208 29-38   2016年6月   [査読有り]
Yamasaki Shintaro, Kamai Toshitaka
ENGINEERING GEOLOGY   186 28-33   2015年2月   [査読有り]
Yamasaki Shintaro, Nagata Hidehisa, Kawaguchi Takayuki
LANDSLIDES   11(4) 605-613   2014年8月   [査読有り]
Yamasaki Shintaro, Chigira Masahiro
EARTH SURFACE PROCESSES AND LANDFORMS   36(4) 481-494   2011年4月   [査読有り]

Misc

 
中村 大, 川口 貴之, 渡邊 達也, 川尻 峻三, 山崎 新太郎, 山下 聡
Journal of MMIJ   133(2) 4-11   2017年
<p>Recently it has been found that frost heave phenomena can be seen not also in soil but also in rock. It is obvious, however, that the number of researches on frost heaving in rock is much less than that of researches on frost heaving in soil. I...
田近 淳, 川上 源太郎, 山崎 新太郎
日本地質学会学術大会講演要旨   2016(0)    2016年
本講演は発表キャンセルとなりました.キャンセルされた講演要旨は引用できません.ご注意ください
八木 浩司, 若井 明彦, 山崎 新太郎, 檜垣 大助
日本地理学会発表要旨集   2016(0)    2016年
2015年ネパール・ゴルカ地震にともなってランタン・リルン主稜部で発生した雪崩は,U字谷谷底のランタン集落を埋積するとともに爆風を発生させ周辺集落や森林をなぎ倒した.その後,衛星画像判読,ヘリコプターによる空中からの観察そして現地調査を行った.その結果,ランタンリルン南西面では4月25日の本震以降大規模な雪崩と岩屑雪崩が繰り返し発生していることが明らかとなった.将来的にさらにそれらが継続的に発生することが懸念される.
山崎 新太郎, 八木 浩司, 若井 明彦, 福岡 浩
地質学雑誌   122(9) III-IV   2016年