SUEMATSU Noriharu

J-GLOBAL         Last updated: Feb 6, 2018 at 03:18
 
Avatar
Name
SUEMATSU Noriharu
E-mail
suematsuriec.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/5ac7836a81349205d6b88876e7b6f27c.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Research Institute of Electrical Communication Broadband Engineering Division Advanced Wireless Information Technology Advanced Wireless Information Technology
Job title
Professor
Degree
Dr. Eng.(Waseda University)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Oct 2008
 - 
Mar 2010
Kamakura Works, Mitsubishi Electric
 
Sep 1992
 - 
Sep 1993
Visiting Scholar, Department of E.E. Engineering, Leeds University, U.K.
 
Apr 1987
 - 
Sep 2008
三菱電機(株)情報技術総合研究所
 

Education

 
 
 - 
Mar 1987
電気工学専攻 電子情報通信専門分野, Graduate School, Division of Engineering, Waseda University
 
 
 - 
Mar 1985
Electronics and Communication Department, Faculty of Science and Engineering, Waseda University
 

Committee Memberships

 
Jan 2006
 - 
Today
IEEE RFIC Symposium  Steering Committee Member
 
Apr 2010
 - 
Today
エレクトロニクス実装学会  理事
 
Jan 2009
 - 
Mar 2010
IEEE Tokyo Chapter  Executive Committee Member
 
Jan 2005
 - 
Dec 2008
IEEE MTT-S Japan Chapter  Vice Chair
 

Awards & Honors

 
Apr 2009
ETC車載用キーデバイス技術の開発, 文部科学大臣表彰 科学技術賞(開発部門), 文部科学省
Winner: 新庄真太郎,山田敬喜,末松憲治,毛利徳彦,古家壽男
 
Nov 2002
携帯電話用ダイレクトコンバージョン方式受信機の開発・実用化, 第50回電気科学技術奨励賞(オーム技術賞), 財団法人電気科学技術奨励会
Winner: 末松憲治,伊東健治,林亮司
 
Sep 2012
移動体通信用Si-RFIC技術の開発と実用化, 電子情報通信学会 第15回エレクトロニクスソサイエティ賞, 電子情報通信学会
Winner: 末松,下沢,新庄
 
Jun 2015
平成27年度「情報通信月間」東北総合通信局長表彰, 総務省東北総合通信局
 
災害時における緊急重要通信や安否確認などに活用が期待される「簡易な操作で設定が可能な可搬型小型地球局」を開発するなど、災害に強い情報通信技術の確立に多大な貢献をされました。
Mar 1991
Ku帯プリディストーション形等経路リニアライザ,多数キャリヤ入力時におけるSSPAの混変調歪の検討, 電子情報通信学会平成2年度篠原記念学術奨励賞, 電子情報通信学会
 

Published Papers

 
Kohei Akimoto; Suguru Kameda; Mizuki Motoyoshi; Noriharu Suematsu
2017 IEEE Asia Pacific Microwave Conference (APMC)   472-475   Nov 2017
Masafumi Kazuno; Mizuki Motoyoshi; Suguru Kameda; Noriharu Suematsu
2017 IEEE Asia Pacific Microwave Conference (APMC)   918-921   Nov 2017
ワイヤレスインターネット社会を支える高周波集積回路技術
末松憲治 (東北大学)
電子情報通信学会誌   100(9) 902-906   Sep 2017   [Refereed][Invited]
Noriharu Suematsu; Takeo Owada; Tomokazu Koizumi Mizuki Motoyoshi; Suguru Kameda
2017 IEEE International Symposium on Radio-Frequency Integration Technology (RFIT)   217-219   Aug 2017
N. Yoshino, H. Oguma, S. Kameda, N. Suematsu
2017 International Conference on Ubiquitous and Future Networks(ICUFN)      Jul 2017   [Refereed]

Misc

 
災害に強い「頼りになる」無線通信ネットワーク
平明徳 , 亀田卓 , 末松憲治 , 高木直 , 坪内和夫
電子情報通信学会誌   vol.98(No.8) 745-752   Aug 2015
坪内 和夫, 亀田 卓, 平 明徳, 末松 憲治, 高木 直
電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review   Vol. 9(2015)(No. 1) 37-46   Jul 2015

Books etc

 
ソフトウェアで作る無線機の設計法
太郎丸 眞, 阪口 啓, 高田 潤一, 荒木 純道, 眞田 幸俊, 横野 聡, 末松 憲治, 上原 一浩, 藤井 威生, 原田 博司, 宮本 健宏, 小島 浩 (Part:Joint Work)
科学情報出版(株)   Sep 2016   ISBN:978-4-904774-47-2
マイクロ波技術講座第6巻 集積回路と応用
田中 愼一, 中井 信也, 岩田 直高, 板倉 眞, 末松 憲治, 伊藤 康之, 他 (Part:Joint Work, 第5章137頁~163頁)
日刊工業新聞社   Jun 2002   ISBN:4-526-04971-9

Conference Activities & Talks

 
広帯域ダイレクトRFアンダーサンプリング周波数センサにおける受信RF周波数特定法の検討
古市朋之(東北大学) , 本良瑞樹(東北大学) , 亀田卓(東北大学) , 末松憲治(東北大学)
電子情報通信学会マイクロ波研究会(MW)   19 Dec 2017   
位置情報を用いた異種無線システムのネットワーク選択手法
亀田卓(東北大学) , 福留秀基(東北大学) , 末松憲治(東北大学)
電子情報通信学会ソフトウェア無線研究会(SR)   23 Oct 2017   
QZSS/GPS高精度時刻・位置情報を活用したMassive Connect IoT
亀田卓(東北大学) , 小熊博(富山高等専門学校) , 末松憲治(東北大学)
電子情報通信学会無線通信システム研究会(RCS)   19 Oct 2017   
Ultra Low Power Oscillator for Millimeter-wave IoT for Beyond Nyquist Frequency Range
本良瑞樹,亀田卓,末松憲治
RIEC Russia-Japan Joint International Microwave Workshop 2017   18 Oct 2017   
Direct Digital RF technologies for Beyond Nyquist Frequency Range
末松憲治,本良瑞樹,亀田卓
RIEC Russia-Japan Joint International Microwave Workshop 2017   18 Oct 2017   

Association Memberships

 
 

Others

 
Jul 2012   災害時に有効な衛星通信ネットワークの研究開発
被災地においてニーズに応じた衛星回線の円滑な確保を図るため,複数の衛星システムに対応可能とするためのマルチモード地球局技術,地球局の消費電力を低減させるための省電力可搬地球局技術及び衛星回線の収容効率を向上させるための通信帯域最適化制御技術の研究開発を行う。
Apr 2015   高SHF帯ビームフォーミングアンテナ用超小型ダイレクトRFサンプリング受信機の研究開発
従来のRFアナログ回路を多用するヘテロダイン方式やダイレクトコンバージョン方式とは異なるダイレクトRFサンプリング方式を用いる受信機を提案し,世界最高速となる28GHz帯でアンダーサンプリング受信用RF-ICを試作し,複数の異なる信号を所定の位相でビーム合成可能な,ビームフォーミング受信機を開発する。
Oct 2013   Ka/KuデュアルバンドPAA用ビームフォーミング回路の研究開発
Ku 帯の現行システムと,将来のKa 帯の両方システムに対応可能なKa/Ku デュアルバンドVSAT を実現するための,PAA用ビームフォーミング回路を開発する。