SATOU Akira

J-GLOBAL         Last updated: Apr 24, 2018 at 18:49
 
Avatar
Name
SATOU Akira
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/9fc8ae69656fec6e05361d381f7cef14.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Research Institute of Electrical Communication Broadband Engineering Division Ultra-Broadband Signal Processing
Job title
Assistant Professor
Degree
博士(University of Aizu)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2010
 - 
Today
Assistant Professor, 東北大学電気通信研究所
 
Apr 2008
 - 
Mar 2010
Assistant Lecturer, 会津大学
 

Education

 
 
 - 
Mar 2008
コンピュータシステム学専攻, コンピュータ理工学研究科, University of Aizu
 
 
 - 
Mar 2003
ハードウェア学科, Faculty of Computer Science and Technology, University of Aizu
 

Awards & Honors

 
Aug 2016
Best Poster Award, IEEE NANO 2016
 
Jun 2014
Outstanding Invited Talk, RJUS TeraTech-14
 
Jun 2013
研究奨励賞, みやぎ産業科学振興基金
 
Nov 2011
Young Researcher Award, TeraNano 2011: 1st International Symposium on Terahertz Nanoscience
 

Published Papers

 
直列アレイ化とレンズ集積による非対称二重格子ゲート高電子移動度トランジスタのテラヘルツ波受光効率向上
細谷友崇, 糟谷文月, 谷口弘樹, 渡辺隆之, 末光哲也, 尾辻泰一, 瀧田佑馬, 伊藤弘昌, 南出泰亜, 石橋忠夫, 清水誠, 佐藤昭
信学技報      Dec 2016
Current-injection terahertz lasing in graphene-channel field effect transistors
G. Tamamushi, T. Watanabe, A. Dubinov, T. Suemitsu, A. Satou, M. Ryzhii, V. Ryzhii, and T. Otsuji
WINDS16: 2016 International Workshop on Innovative Nanoscale Devices and Systems      Dec 2016   [Refereed]
V. Mitin, V. Ryzhii, M. Ryzhii, A. Satou, T. Otsuji, M. S. Shur
Int. J. High Speed Electron. Sys.   25(3&4) 1640019-1-1640019-7   Dec 2016   [Refereed]
A. Satou and K. Narahara
Int. J. High Speed Electron. Sys.   25(3&4) 1640024-1-1640024-10   Dec 2016   [Refereed]
InP HEMT and graphene FET for optical to sub-THz carrier frequency conversion
A. Satou, K. Sugawara, G. Tamamushi, T. Watanabe, A. Dobroiu, T. Suemitsu, H. Fukidome, M. Suemitsu, V. Ryzhii, K. Iwatsuki, S. Kuwano, J. Kani, J. Terada, and T. Otsuji
RJUSE: 5th Russia-Japan-USA-Europe Symposium on Fundamental & Applied Problems of Terahertz Devices & Technologies      Oct 2016   [Refereed]

Misc

 
Akira Satou, Otsuji Taiichi
Journal of the Imaging Society of Japan   53(1) 53-60   2014

Books etc

 
グラフェンの最先端技術と拡がる応用 ―グラフェンの材料科学、成長・合成技術、各種デバイス応用―
佐藤 昭 (Part:Supervisor, 第6章4節 グラフェンの非平衡キャリアダイナミクスとテラヘルツレーザー応用)
フロンティア出版   Jul 2012   
グラフェンが拓く材料の新領域―物性・作製法から実用化まで―
佐藤 昭 (Part:Editor, 第4章 プラズモニクス、レーザ応用)
エヌ・ティー・エス   Jun 2012   

Conference Activities & Talks

 
直列アレイ化とレンズ集積による非対称二重格子ゲート高電子移動度トランジスタのテラヘルツ波受光効率向上
細谷友崇, 糟谷文月, 谷口弘樹, 渡辺隆之, 末光哲也, 尾辻泰一, 瀧田佑馬, 伊藤弘昌, 南出泰亜, 石橋忠夫, 清水誠, 佐藤昭
信学会電子デバイス研究会   19 Dec 2016   
Current-injection terahertz lasing in graphene-channel field effect transistors
G. Tamamushi, T. Watanabe, A. Dubinov, T. Suemitsu, A. Satou, M. Ryzhii, V. Ryzhii, and T. Otsuji
WINDS16: 2016 International Workshop on Innovative Nanoscale Devices and Systems   4 Dec 2016   
InP HEMT and graphene FET for optical to sub-THz carrier frequency conversion
A. Satou, K. Sugawara, G. Tamamushi, T. Watanabe, A. Dobroiu, T. Suemitsu, H. Fukidome, M. Suemitsu, V. Ryzhii, K. Iwatsuki, S. Kuwano, J. Kani, J. Terada, and T. Otsuji
RJUSE: 5th Russia-Japan-USA-Europe Symposium on Fundamental & Applied Problems of Terahertz Devices & Technologies   31 Oct 2016   
Numerical characterization of Dyakonov-Shur instability in gated two-dimensional electron systems
A. Satou and K. Narahara
RJUSE: 5th Russia-Japan-USA-Europe Symposium on Fundamental & Applied Problems of Terahertz Devices & Technologies   31 Oct 2016   
Array configuration and silicon-lens integration of asymmetric dual-grating-gate HEMT for improvement of light coupling efficiency
F. Kasuya, H. Taniguchi, T. Watanabe, T. Suemitsu, T. Otsuji, T. Ishibashi, M. Shimizu, Y. Takida, H. Ito, H. Minamide, and A. Satou
RJUSE: 5th Russia-Japan-USA-Europe Symposium on Fundamental & Applied Problems of Terahertz Devices & Technologies   31 Oct 2016   

Others

 
May 2016   5G時代に対応した大容量・低遅延・シームレスな光/ミリ波変換デバイスの開発と実証評価
ミリ波帯の高周波と光周波数を相互に変換可能なキャリアコンバータ技術の研究開発を行う。本受託研究では、ミリ波帯に対応した高効率E/O変調モジュールの開発を行い、シームレスなキャリア周波数の変換を実現する。高い機械振動に対応したミリ波帯ビーム制御技術の開発を行い、高い環境耐性を実現する。これらの技術を用いたキャリアコンバータユニットを開発し、自動車へ実装し、車載適用の実証検証を実施する。 また、将来のさらなる大容量化を想定し、高精度 AM モード多重用高精度マルチプレクサ/デマルチプレクサ、光源用波長変換デバイス、光電子融合ミキサの研究開発も並行して実施する。
Aug 2015   二次元プラズモンを利用した超高速近距離テラヘルツ無線用光源・検出デバイスの開発
本研究は、サブTHz~THz帯を利用して100~1000 mの近距離を100 Gbit/s級超高速無線伝送を実現し得る送信・受信デバイス・プロトタイプを開発・実証することを目的とする。周波数可変で室温動作可能なmW級出力のコヒーレント単一波長サブTHz~THz光源、高速データ変調されたサブTHz~THz変調波の高速コヒーレント検波を実用レベルで実証・実現する。
Jul 2015   超高速テラヘルツ無線通信を目指したプラズモニックテラヘルツ波エミッタ・ディテクタの研究
本研究では、二次元(2D)プラズモン共鳴を活用した、非対称二重回折格子ゲート構造を有するTHz波エミッタ・ディテクタにおけるプラズモン不安定性の研究を行なう。2つのプラズモン不安定性の同時発現で期待される強調的非線形相互作用(正帰還)の効果を理論的に解明、実験的に実証し、その発現とデバイス構造・材料パラメータの相関を定量的に明らかにする。
May 2008   バンド間光励起によるグラフェン内非平衡キャリア
グラフェンにおける光学フォノンが高いエネルギーを有していることを利用して、近赤外/中赤外光をグラフェンに照射し、遠赤外/THz周波数領域に相当する低いキャリアエネルギーにおいてキャリア反転分布を起こさせ、遠赤外/THz光を放射するレーザーとして活用することが考えられている。このようなデバイスにおいて、低温下での音響フォノン、キャリア再結合/自然放射過程を考慮した際のキャリア分布の解析を行なった。キャリアの運動論的方程式にこれらの過程を組み込み、数値解析的に解くことにより、キャリアの非平衡分布を計算した。この解析により、音響フォノン、再結合/自然放射過程が相互作用によってキャリアのエネルギーがゼロになる付近では反転分布は起こらず、> 5 meV の領域において反転分布が起こることが示された。
Dec 2006   二次元電子系におけるプラズマ波のコンタクトによる減衰
運動論的方程式に基づいてHEMTチャネルの二次元電子ガスにおけるプラズマ波のコンピュータシミュレーションを行ない、そのような系においてプラズマ波が急激に減衰することを発見した。そして減衰定数を計算することにより、この減衰は、電子の速度分布によってプラズマ波がずれ、さらには電子がコンタクトに抜け出てチャネル内のプラズマ波の復元力が弱まることにより起こることを突き止めた。