加藤 準治

J-GLOBALへ         更新日: 19/05/08 04:25
 
アバター
研究者氏名
加藤 準治
 
カトウ ジュンジ
eメール
junjikatonagoya-u.jp
URL
http://profs.provost.nagoya-u.ac.jp/view/html/100010137_ja.html
所属
名古屋大学
部署
大学院工学研究科 土木工学専攻 構造・材料工学
職名
教授
科研費研究者番号
00594087

研究分野

 
 

経歴

 
1994年4月
 - 
2002年4月
日本技術開発株式会社
 
2010年6月
 - 
2012年3月
東北大学 大学院工学研究科 助教
 
2012年4月
 - 
2015年12月
東北大学 災害科学国際研究所 助教
 
2015年1月
 - 
2018年3月
東北大学 大学院工学研究科 准教授
 
2018年4月
 - 
現在
名古屋大学 大学院工学研究科 土木工学専攻 構造・材料工学 教授
 

学歴

 
 
 - 
2004年6月
シュトゥットガルト大学 工学研究科 
 
 
 - 
2010年2月
シュトゥットガルト大学 Institute for Structural Mechanics 
 

委員歴

 
2010年9月
 - 
現在
土木学会・応用力学委員会,計算力学小委員会  委員
 
2010年10月
 - 
現在
国際空間シェル学会(IASS)  ワーキンググループWG13/sub-WG委員
 
2011年1月
 - 
現在
非線形CAE協会  連続体力学・基礎研究会講師
 
2010年7月
 - 
現在
日本建築学会・構造最適化の理論と応用小委員会  委員
 
2011年4月
 - 
現在
土木学会  東北支部学術合同調査委員会委員
 

受賞

 
2016年5月
(社)日本計算工学会 日本計算工学会論文賞 弾塑性複合材料のトポロジー最適化における解析的感度の精度検証
受賞者: 加藤準治,干場大也,高瀬慎介,寺田賢二郎,京谷孝史
 
2014年5月
(社)日本計算工学会 日本計算工学会論文賞 コンクリートの破壊力学に基づく等方性損傷モデルの定式化とその性能評価
受賞者: 車谷麻緒,寺田賢二郎,加藤準治,京谷孝史,樫山和男
 
2002年6月
国土交通省中部地方建設局 国土交通省中部地方建設局事務局長賞受賞 「国内最大級プレキャストPC単純T桁橋詳細設計」の業務に対する受賞
 
2001年9月
㈱日本技術開発 技術発表会最優秀賞受賞 国内最大曲率を有するPCTラーメン橋の設計
 
2000年10月
(社)建設コンサルタンツ協会中部支部 建設コンサルタンツ協会技術発表会最優秀賞受賞
 

論文

 
複合材料の弾塑性挙動を考慮したマルチスケールトポロジー最適化
干場大也,小川竣,加藤準治,京谷孝史
日本計算工学会論文   No.20180015   2018年11月   [査読有り]
Jikai Liu, Andrew T. Gaynor, Shikui Chen, Zhan Kang, Krishnan Suresh, Akihiro Takezawa, Lei Li, Junji Kato, Jinyuan Tang, Charlie C. L., Wang, Lin Cheng, Xuan Liang, Albert. C. To
Structural and Multidisciplinary Optimization      2018年   [査読有り]
Micro-Texture design and optimization in hydrodynamic lubrication via two-scale analysis
A. Waseem, I. Temizer, J. Kato, K. Terada
Structural and Multidisciplinary Optimization   (55) 227-248   2017年8月   [査読有り]
Tomohiro Takaki, Junji Kato
Mechanical Engineering Journal      2017年4月   [査読有り]
J. Kato, D. Yachi, K. Terada, T. Kyoya
International Journal of Numerical Methods for Engineering      2017年4月   [査読有り]

Misc

 
複合材料の弾塑性挙動を考慮したマルチスケールトポロジー最適化
干場大也,小川竣,加藤準治,京谷孝史
日本計算工学会論文   No.20180015   2018年11月   [査読有り]
Jikai Liu, Andrew T. Gaynor, Shikui Chen, Zhan Kang, Krishnan Suresh, Akihiro Takezawa, Lei Li, Junji Kato, Jinyuan Tang, Charlie C. L., Wang, Lin Cheng, Xuan Liang, Albert. C. To
Structural and Multidisciplinary Optimization      2018年   [査読有り]
Micro-Texture design and optimization in hydrodynamic lubrication via two-scale analysis
A. Waseem, I. Temizer, J. Kato, K. Terada
Structural and Multidisciplinary Optimization   (55) 227-248   2017年8月   [査読有り]
Tomohiro Takaki, Junji Kato
Mechanical Engineering Journal      2017年4月   [査読有り]
J. Kato, D. Yachi, K. Terada, T. Kyoya
International Journal of Numerical Methods for Engineering      2017年4月   [査読有り]

書籍等出版物

 
例題で学ぶ連続体力学ノート
石井建樹,只野裕一,加藤準治,車谷麻緒 (担当:共著)
森北出版株式会社   2016年5月   ISBN:4627948212
Ekkehard Ramm, Andrea Erhart, Thomas Hettich, Ingrid Bruss, Frédéric Hilchenbach, Junji Kato (担当:分担執筆)
Springer   2011年   ISBN:978-90-481-9808-5

講演・口頭発表等

 
インフィル構造の応力制約付きトポロジー最適化
鎌田 浩基, 加藤 準治, 京谷 孝史
第21回応用力学シンポジウム   2018年5月19日   
2値化を目的としたマルチマテリアルトポロジー最適化の手法検証
渡邉 大貴, 加藤 準治, 京谷 孝史
第21回応用力学シンポジウム   2018年5月19日   
外荷重速度の違いがもたらす最適トポロジーへの影響評価
遠藤 拓真, 加藤 準治, 京谷 孝史
第21回応用力学シンポジウム   2018年5月19日   
曲率の影響を取り除いた結晶性材料のマルチスケール最適設計
小山 礼, 加藤 準治, 京谷 孝史
第21回応用力学シンポジウム   2018年5月19日   
結晶方位を考慮したMPFマルチスケールトポロジー最適化による剛性最大化問題
工藤 寛史, 加藤 準治, 京谷 孝史
第21回応用力学シンポジウム   2018年5月19日   

競争的資金等の研究課題

 
金属積層造形プロセスを再現した最適ミクロ材料-最適制御設計法の新開発(国際共同研究強化)
科学研究費助成事業
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 加藤準治
金属製積層造形の自動進化型最適造形システムの創成
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2017年 - 2020年    代表者: 加藤準治
災害リスク評価のためのマルチステージ破壊シミュレーション手法の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 寺田 賢二郎
高強度・高延性の両立を可能にする次世代金属材料のための多結晶構造最適化
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 加藤 準治
膨潤性岩盤を対象としたマルチスケール・マルチフィジックス岩盤力学の展開
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2016年 - 2019年    代表者: 京谷 孝史

特許

 
3238673 : 予備剪断型弾性支承装置およびその据え付け方法
島津千明,板倉克彦,佐久間幹,寺本義彦,佐藤幸美,加藤準治,清水惣一郎,山下等