谷 綾子

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/16 12:49
 
アバター
研究者氏名
谷 綾子
 
タニ アヤコ
所属
龍谷大学
部署
理工学部 数理情報学科
職名
講師
学位
文学博士(九州大学), 文学修士(University of Leicester), 文学修士(九州大学), 文学学士(九州大学)

プロフィール

言語教育研究センター

学歴

 
 
 - 
2013年
九州大学大学院 英語学・英文学専修 言語・文学専攻
 
 
 - 
2008年
レスター大学 ヴィクトリア朝研究 ヴィクトリア朝研究
 
 
 - 
2006年
九州大学大学院 英語学・英文学専修 言語・文学専攻
 
 
 - 
2004年
九州大学 文学部 人文学科
 

論文

 
書評 Memoirs of Victrorian Working-Class Women: The Hard Way Up
谷 綾子
ディケンズ・フェロウシップ日本支部年報   (41) 88-92   2018年11月   [査読有り][招待有り]
Casaubon's Children: Rebellion against the Father in Middlemarch
谷 綾子
ジョージ・エリオット研究   (19) 53-63   2017年11月   [査読有り]
書評 Dickens, Religion and Society
谷 綾子
ディケンズ・フェロウシップ日本支部年報   (39) 59-63   2016年11月   [査読有り][招待有り]
Adam Bedeにおける自己実現の旅
谷 綾子
ジョージ・エリオット研究   (18) 21-34   2016年   [査読有り]
『破滅の町』からの脱出ーSilas MarnerとThe Old Curiosity Shopにおける二人の子どもたち
谷 綾子
龍谷紀要   36(2) 111-118   2015年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
Middlemarchにおける父への反逆-Casaubonの子どもたち
谷 綾子
日本英文学会関西支部 第10回大会   2015年12月   
シンポジウム 『アダム・ビード』再読 [招待有り]
谷 綾子
日本ジョージ・エリオット協会 第19回全国大会   2015年11月   
合評 Charles Dickens and "Boz": The Birth of the Industiral-Age Author
ディケンズ・フェロウシップ日本支部 平成25年度秋季総会   2013年   
Daniel Derondaにおける分身のテーマ-Grandcourtの死とGwendolenの再生
第16回日本ジョージ・エリオット協会全国大会   2012年   
Bleak House - 腐敗に働きかける神意
第62回日本英文学会九州支部   2009年   

Works

 
『にゃん蔵』 (短編小説)
谷 綾子   芸術活動   2017年 - 2017年