論文

査読有り
2014年8月

「利根・荒川流域における古墳群の形成」

地方史研究

64
4
開始ページ
4
終了ページ
7
記述言語
日本語
掲載種別
研究論文(学術雑誌)
出版者・発行元
地方史研究協議会

これまで調査をおこなってきた羽生市域の古墳調査を踏まえて、利根川と荒川流域に形成された古墳群の歴史的展開についてまとめた。6世紀の中ごろを境に、利根川流域における開発がいったん終息し、その後は荒川流域に移ることを指摘し、その要因として地質学等で指摘されている6世紀代における自然災害が影響を与えている可能性を述べた。

エクスポート
BibTeX RIS