NAKAZAWA Shizuo

J-GLOBAL         Last updated: Dec 12, 2018 at 03:24
 
Avatar
Name
NAKAZAWA Shizuo
Affiliation
Nara University of Education
Section
Teacher Education Center for the Future Generation
Job title
Associate Professor
Research funding number
80613710

Research Areas

 
 

Published Papers

 
ESDのための教員研修プログラムの現状と課題に関する一考察
中澤静男
ESD研究   (創刊) 5-15   Aug 2018   [Invited]
ESDに取り組む教員に求められる資質能力を明らかにしたうえで、学校現場でESDの取組を適切に行い、指導計画を作成できる実践的能力を育成する教員研修プログラムのあり方を提案した。
陸前高田市文化遺産調査におけるESD教材開発(7)
粂綾香、森本珠美怜、佐野宏一郎、鈴木奈津、濱松佳生、中澤静男
次世代教員養成センター研究紀要 第4号   通(40) 147-152   Mar 2018   [Refereed]
心のケアに焦点を当てた、防災教育を提案した。
ESD子どもキャンプにおける学生の学びの分析
後藤田洋介、粂綾香、中澤静男
次世代教員養成センター研究紀要 第4号   通(40) 85-94   Mar 2018   [Refereed]
平成27年度の開発した「ESDを実践する教員に必要な資質・能力」の観点からESD子どもキャンプの運営に関わった学生がどのような学びを得ることができていたのかを考察した。
ブランド化に着目した世界農業遺産の単元開発- 世界農業遺産「清流長良川の鮎」を事例として -
山方貴順、中澤静男、大西浩明、祐岡武志
次世代教員養成センター研究紀要第4号   通(40) 103-111   Mar 2018   [Refereed]
農業の持続可能性に条件として、経済的価値・環境保全・コミュニティ構築・継続があるが、世界農業遺産「清流長良川の鮎」をこの3つの観点から考察した。
豊かさに焦点を当てた持続可能な社会の創り手を育成する社会科- 小学校5年生社会科「これからの食料生産」を題材に -
大西浩明、山方貴順、祐岡武志、山下欣浩、中澤静男
次世代教員養成センター研究紀要第4号   通(40) 35-44   Mar 2018   [Refereed]
食料生産が包含する「豊かさ」として、従来の生産者にとっての豊かさ、消費者にとっての豊かさに加えて、「地球環境にとっての豊かさ」を提案した。

Misc

 
課題探求型学習(アクティブ・ラーニング)の構想と展開
高橋豪仁・伊藤剛和・神谷友久・古田荘宏・赤沢早人・津本幸雄・赤井悟・中澤静男・青木智史・生田周二・藤田美佳・川野麻衣子・市来百合子・大久保千恵・望月紫帆
次世代教員養成センター研究紀要第2巻   2 335-346   Mar 2016
「茨木市域のまちと農村をつなぐ環境教育の推進」(ビオア)に関する考察
中澤静男
平成27年度「地域活性化を担う環境保全活動の協働取組加速化事業」に係る中間支援業務プロセス検証報告書      Mar 2016   [Invited]
「紀の川(吉野川)流域における地域産業をESDの視点でいかす教材化」(公益社団法人吉野川紀の川源流物語)に関する考察
中澤静男
平成27年度「地域活性化を担う環境保全活動の協働取組加速化事業」に係る中間支援業務プロセス検証報告書      Mar 2016   [Invited]
教員研修プログラムのあり方に関する調査研究 報告書
中澤静男・1人
教員研修プログラムのあり方に関する調査研究 報告書      Mar 2016   [Invited]
佐保に生きる
中澤静男・1名
地域を舞台にしたESD いのちをつなげる教育2014-2015   36-43   Mar 2015

Books etc

 
近江八幡円山地域「ヨシの価値」掘り起こしプロジェクトの考察
中澤静男
一般社団法人コミュニケーションデザイン機構   Mar 2018   
「持続可能な社会の創り手を育てる社会科教育」
中澤静男
東京書籍   Feb 2018   
次期学習指導要領の前分に「持続可能な社会の創り手」の育成が明記されたことから、社会科教育とESD、持続可能な開発目標の関係性についての考察を記した。
「幸せな社会の実現を目指す」『50年後の社会に向けたESDによる人材育成』
中澤静男
教育新聞社   Nov 2017   
ESDでは環境・社会・経済のバランスが重視されているが「人間の基本的ニーズ」に着目した「幸せ」を追求する教育であるべきだろう。
継続的な教員研修を
中澤静男
教育新聞社   Aug 2017   
平成27年度日本/ユネスコパートナーシップ事業において調査したESDを指導できる教員に必要な資質能力とそれを学ぶ場について記した。
Shizuo Nakazawa, Tdashi Izumitani (2名) (Part:Joint Work, pp.84-98)
Routledge   Nov 2016   ISBN:978-1-138-88523-3
文化遺産を通したESD

Conference Activities & Talks

 
世界農業遺産をテーマとしたESD教材開発
中澤静男
日本ESD学会第1回大会   18 Aug 2018   日本ESD学会
SDGsの目標2の持続可能な農業との関連から、世界農業遺産について分析し、論じた。
これからのESDの方向性に関する一考察
中澤静男
日本ESD学会第1回近畿地方研究会   12 Feb 2018   日本ESD学会近畿地方研究会実行委員会
2009年から2014年にかけて実践されたESD優良実践事例を分析し、MDGsとSDGsの目標と関連付けてESDの方向性を論じた。
ESDとボランティア活動の関わり-十津川道普請を通して-
Nakazawa Shizuo
日本国際理解教育学会第24回研究大会   14 Jun 2014   日本国際理解教育学会
Ethical Values and Abilities to be Fostered through Education for Sustainable Development (ESD)
Shizuo Nakazawa
International “Arts for “Peace” Research Symposium   5 May 2014   香港教育学院
ESDで優先すべき学習内容について
中澤静男 1名
日本国際理解教育学会第23回研究大会   6 Jul 2013   日本国際理解教育学会