浦西 勉

J-GLOBALへ         更新日: 18/03/16 03:15
 
アバター
研究者氏名
浦西 勉
 
ウラニシ ツトム
所属
龍谷大学
部署
文学部 歴史学科 文化遺産学専攻
職名
教授
学位
博士(文学)(龍谷大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
奈良県立民俗博物館主任学芸員
 
 
   
 
奈良県教育委員会文化財保存課課長補佐
 

学歴

 
 
 - 
1980年
龍谷大学 歴史・人類学研究科 
 

委員歴

 
 
   
 
奈良市文化財保護審議委員
 
 
   
 
大和高田市文化財保護審議委員
 
 
   
 
桜井市文化財保護審議委員
 
 
   
 
近畿民俗学会  理事
 

受賞

 
2001年
博物館功労賞
 

論文

 
吉野町龍門地区の中世の宮座
浦西勉
吉野町龍門上田家報告書      2005年
宮座の新研究ー奈良県都祁地域の中世宮座の形態ー
浦西勉
朝枝先生還暦記念論文集      2004年
大和における宮座の覚え書き
浦西勉
宗教民俗論の展開と課題      2002年
口承文芸「語り」の場と神仏習合の文学の可能性
浦西勉
龍谷大学国文学論叢   88から100   2002年
「大和のおける明応八年の法華寺村の一断面から-荘園体制から幕藩体制移行期の地域社会の宗教文化の動向-」
龍谷史壇135号   (龍谷史壇135号) 61-94   [査読有り]

Misc

 
吉野町龍門地区の中世の宮座
浦西勉
吉野町龍門上田家報告書      2005年
宮座の新研究ー奈良県都祁地域の中世宮座の形態ー
浦西勉
朝枝先生還暦記念論文集      2004年
大和における宮座の覚え書き
浦西勉
宗教民俗論の展開と課題      2002年
口承文芸「語り」の場と神仏習合の文学の可能性
浦西勉
龍谷大学国文学論叢   88から100   2002年
「大和のおける明応八年の法華寺村の一断面から-荘園体制から幕藩体制移行期の地域社会の宗教文化の動向-」
龍谷史壇135号   (龍谷史壇135号) 61-94   [査読有り]

書籍等出版物

 
仏教と宮座の研究ー仏教伝承文化論考ー
自照社出版   2010年   
大和の伝承文化・奈良県史(12)
名著出版   1986年   

競争的資金等の研究課題

 
地域宗教史・民間伝承文化論・仏教伝承文化
地域社会に残る宗教文化・伝承文化の文化史的研究