TERAMOTO TAEKO

J-GLOBAL         Last updated: Nov 5, 2018 at 19:41
 
Avatar
Name
TERAMOTO TAEKO
Affiliation
Kaichi International University
Section
Graduate School of Health Care Sciences

Research Areas

 
 

Misc

 
KIKUSHIMA Masahiro, TERAMOTO Taeko, SHIBAHARA Yoshiyuki
Japan Journal of Educational Technology   41(4) 427-437   2018
<p>An educational program for developing undergraduates' critical thinking including skills and knowledge as well as attitudes was implemented and evaluated. The program consisted of the following two steps. Step 1: seminars using textbooks aiming...
寺本 妙子
小児看護   40(9) 1204-1206   Aug 2017
Nagayoshi,M., Hirose,T., Toju,K., Suzuki,S., Okamitsu,M., Teramoto,T., Omori,T., Kawamura,A., and Takeo,N.
European Journal of Oncology Nursing   28 28-34   2017   [Refereed]
TERAMOTO Taeko
The bulletin of Kaichi International University   16(0) 55-66   2017
Psychoeducational program for promoting nurturance in undergraduates, based on Nursing Child Assessment Satellite Training (NCAST) was evaluated. This program consisted of lectures and group-work, as well as practical training conducted in a paren...
Teramoto Taeko
The bulletin of Kaichi International University   15(0) 137-142   2016
Teramoto Taeko
The bulletin of Kaichi International University   15(0) 143-154   2016
TERAMOTO Taeko, SHIBAHARA Yoshiyuki
The bulletin of Nihonbashi Gakkan University   14(0) 61-73   2015
This preliminary study explored the sense of incongruity regarding current child-rearing styles, which is felt by middle-aged and elderly women engaged in parent-child support activities in the community. Narratives gained through semi-structured ...
TERAMOTO Taeko
The bulletin of Nihonbashi Gakkan University   14(0) 25-35   2015
A psychoeducational program for promoting attitude toward nurturing the next generation, based on the Nursing Child Assessment Satellite Training (NCAST) was evaluated. University students (N = 18) participated in a program that used NCAST materia...
親準備性促進ツールとしてのNCAST教材の有用性
寺本 妙子, 廣瀬 たい子
乳幼児医学・心理学研究   22(1) 64-65   Jun 2013
網膜芽細胞腫の乳幼児と母親の母子相互作用に影響を及ぼす母親の心理的要因
永吉 美智枝, 廣瀬 たい子, 丸 光惠, 寺本 妙子, 河村 秋, 岡光 基子, 秋田 深雪, 日野 亜紀子
小児がん看護   6 15-25   Sep 2011
網膜芽細胞腫の乳幼児とその母親について、母子相互作用と母親の心理について育児ストレス・不安・抑うつ・気分の特徴を明らかにし、母子相互作用と各要因間の関連性を検討することを目的とした。網膜芽細胞腫の乳幼児とその母親8組を対象に2ヵ月間の間隔をあけて2回の調査を実施し、その結果について健康な乳幼児とその母親と比較した。母子相互作用は遊び場面を日本語版NCATS、母親の心理は日本版PSI、新版STAI、日本版CES-D scale、日本版POMS短縮版を用いて調査し、統計学的分析とハイリスク得点...
OKAMITSU Motoko, HIROSE Taiko, TERAMOTO Taeko, OMORI Takahide, KUSANAGI Miho, SUZUKI Kayoko, KAWAMURA Aki
The journal of child health   70(3) 350-357   May 2011
育児支援の実践および研究に利用可能な親子相互作用アセスメントツールとして開発された、日本語版NCAFSの信頼性の検討を行うことを目的とした。研究参加への承諾が得られた健康な乳児およびその母親221組を対象とし、質問紙調査および食事場面の観察を用いて調査を行った。原版NCAFSとの比較を行ったところ、総合得点および下位尺度の平均値および標準偏差値において、わずかな差が認められたのみであった。日本語版NCAFSについて、信頼性係数(KR-20)を算出した結果、0.71〜0.81と内部一貫性は高...
Teramoto, T., Hirose, T., & Bakeman, R.
Journal of Medical and Dental Sciences   57 209-220   Dec 2010   [Refereed]
網膜芽細胞腫の乳幼児をもつ母親の育児ストレス
永吉 美智枝, 丸 光惠, 寺本 妙子, 河村 秋, 岡光 基子, 秋田 深雪, 日野 亜紀子
小児がん   47(プログラム・総会号) 274-274   Dec 2010
河村 秋, 寺本 妙子, 大森 貴秀
Japanese journal of medical and psychological study of infants   18(1) 45-56   2009
大橋 優紀子, 廣瀬 たい子, 寺本 妙子
Journal of the Ochanomizu Association for Academic Nursing   3(1) 16-26   Nov 2008
TERAMOTO Taeko, HIROSE Taiko, MIKUNI Kumi, SHIRAKAWA Sonoko, TAKAHASHI Izumi, HIRAMATSU Mayumi, YAMAZAKI Michiko, KUSANAGI Miho, OKAMITSU Motoko, OHASHI Yukiko, SUZUKI Kayoko, MURASE Kimiko, SAITO Sakae, SONOBE Mami, OMORI Takahide
The journal of child health   67(5) 706-713   Sep 2008
寺本 妙子, 廣瀬 たい子
Japanese journal of medical and psychological study of infants   17(1) 61-68   2008
Hirose, T., Teramoto, T., Saitoh, S., et al.
Pediatrics International   49 950-958   Dec 2007   [Refereed]
ダウン症候群をもつ児とその母親へのNCATSを用いた育児支援
岡光 基子, 寺本 妙子, 廣瀬 たい子
乳幼児医学・心理学研究   15(1) 56-57   Dec 2006
乳幼児精神保健・看護への誘い 発達と母子相互作用,育児ストレス 早期介入研究の評価を通じて
寺本 妙子
小児看護   29(10) 1396-1400   Sep 2006
TAKAHASHI Izumi, HIRAMATSU Mayumi, OMORI Takahide, HIROSE Taiko, TERAMOTO Taeko, SAITO Sakae, OKAMITSU Motoko, YAMASAKI Michiko, SAWADA Kazumi, HASHIMOTO Shigeko, KOBAYASHI Hideko
The journal of child health   65(4) 547-555   Jul 2006
乳幼児の睡眠覚醒リズムと食事および母親の睡眠 生後3ヵ月から17ヵ月までの縦断調査
高橋 泉, 平松 真由美, 大森 貴秀, 廣瀬 たい子, 寺本 妙子, 斉藤 早香枝, 岡光 基子, 山崎 道子, 澤田 和美, 橋本 重子, 小林 秀子
小児保健研究   65(4) 547-555   Jul 2006
この研究の目的は,乳幼児の月齢にともなう睡眠の変化の実態と乳幼児の睡眠と食事および母親の睡眠との関連を明らかにすることである.対象は,33名の専業主婦とその第一子である.母親が,15分ごとに子どもの睡眠覚醒リズム,食事,泣きについて1週間記録した.結果は, 1)3〜4ヵ月で昼間に比べ夜間の睡眠時間は約2倍になっていた.総睡眠時間は先行研究よりも1〜2時間短くなっていた. 2)9〜10ヵ月と15〜17ヵ月では,3〜4ヵ月に比べると夜間および総睡眠時間の短縮が認められた. 3)就寝時刻の遅れは...
乳幼児精神保健・看護への誘い 米国ワシントン州における低出生体重児に対する公的支援システム
寺本 妙子, 廣瀬 たい子, Kovalesky Andrea, Kang Rebecca, 澤田 和美, 臼井 雅美
小児看護   29(6) 781-783   Jun 2006
TERAMOTO Taeko, HIROSE Taiko, SAITO Sakae, MIKUNI Kumi, OKAMITSU Motoko, SONOBE Mami, SHIRAKAWA Sonoko, TANAKA Katsue, OMORI Takahide, SAWADA Kazumi, HASHIMOTO Shigeko, KOBAYASHI Hideko
The journal of child health   65(3) 439-447   May 2006
親子相互作用の円滑化に必要な親子双方の役割についてK.Barnardが提唱したBarnardモデルに基づいて,親子相互作用を良好化するための「育児支援プログラム」を試みた.このプログラムの主な内容は,親子相互作用のアセスメント尺度である「NCATS」と「NCAFS」の項目を利用して,母親の行動の良い点についてフィードバックを返すというものであった.本プログラムの効果について母親の育児ストレスおよび子どもの発達という観点から評価した結果,育児ストレスの低減,ならびに言語の表出面を中心とする子...
HIRAMATSU Mayumi, TAKAHASHI Izumi, OMORI Takahide, TERAMOTO Taeko, HIROSE Taiko, MIKUNI Hisami, SONOBE Mami, TANAKA Katue, KUSANAGI Miho, SHINOGI Eri, SHIRAKAWA Sonoko
The journal of child health   65(3) 415-423   May 2006
本研究は,乳児の睡眠リズムと母親の育児ストレスの関連を検討することにより,今後の母子への早期介入支援に資することを目的とし,対象は第1子を出産した専業主婦とその子ども43組であった.3〜4ヵ月および9〜10ヵ月時の子どもの睡眠時間や夜間睡眠中の覚醒回数と母親の育児ストレスとの間に関連性が見られた.1ヵ月健診,3ヵ月健診時等,早期に子どもの睡眠リズムや母親の育児ストレスに注目し支援を行うことの必要性が示唆された(著者抄録)
母親の社会的ネットワークと母子相互作用,子どもの発達,育児ストレスに関する研究
園部 真美, 白川 園子, 廣瀬 たい子, 寺本 妙子, 高橋 泉, 平松 真由美, 斉藤 早香枝, 山崎 道子, 三国 久美, 岡光 基子
小児保健研究   65(3) 405-414   May 2006
本研究では,東京近郊および札幌において,生後3ヵ月から18ヵ月までの児とその母親について追跡調査し,母親のもつネットワークと母子相互作用,子どもの発達,育児ストレスとの関連を検討した.個人・専門ネットワークの数とNCATS下位尺度との間には子どもの月年齢により正の相関が負の相関より多く認められた.乳児期後期(以下Time2)における個人ネットワークの多さは,子どもの「言語(理解)」,「食事」の発達と正の相関があり,1歳中期(以下Time3)の専門ネットワークの多さは子どもの「社会性(対成人...
乳幼児精神保健・看護への誘い 低出生体重児の育児支援のあり方を考える 米国ワシントン州,コロラド州の調査から
廣瀬 たい子, 寺本 妙子, 三国 久美, 斉藤 早香枝, 岡光 基子, 大橋 優紀子, 草薙 美穂
小児看護   29(4) 513-515   Apr 2006
米国における低出生体重児に対する支援システム ワシントン州とコロラド州における調査から
寺本 妙子, 廣瀬 たい子, Kovalesky Andrea, Kang Rebecca, Barnard Kathryn
周産期医学   35(7) 997-1000   Jul 2005
育児支援研究における一事例の検討
平松 真由美, 廣瀬 たい子, 寺本 妙子, 岡光 基子, 高橋 泉, 白川 園子
乳幼児医学・心理学研究   13(1) 60-61   Dec 2004
米国における育児支援 ワシントン州とコロラド州における調査から
廣瀬 たい子, 寺本 妙子
周産期医学   34(12) 1903-1905   Dec 2004
育児支援研究の過程で難聴が発見された一事例の報告
岡光 基子, 広瀬 たい子, 平松 真由美, 小林 秀子, 高橋 泉, 寺本 妙子, 山崎 道子, 斎藤 早香枝
乳幼児医学・心理学研究   12(1) 62-63   Dec 2003
A preliminary study on evaluation of interpersonal relationships between a child with severe multi-handicap and a teacher in the teaching situation.
Teramoto, T. and Kobayashi, M.
The National Institute of Special Education NISE Bulletin   7 1-9   Mar 2003   [Refereed]