基本情報

所属
東京大学 史料編纂所 特任助教
(兼任) 総合研究博物館 研究事業協力者
学位
博士(文学)(2010年3月 総合研究大学院大学)
M.Sc. in Archaeological Sciences(2005年7月 University of Bradford)
文学修士(2001年3月 関西大学)
学士(1999年3月 関西大学)

研究者番号
80593657
ORCID ID
 https://orcid.org/0000-0003-2690-0210
J-GLOBAL ID
201101084959653572
Researcher ID
F-9482-2017

外部リンク

東京大学史料編纂所・特任助教
専門は考古科学,文化財科学
1976年千葉県生まれ→大阪府育ち

石器や土器など人工遺物の表面,遺跡の土壌,人骨の歯に付着した歯石に残る植物のデンプンの粒子(デンプン粒)を取り出して,人間がどのような植物をどのようにして食料にかえたのか,その歴史と文化,健康状態を復元する研究をしています。さらに,考古学や植物学の手法を応用して古文書料紙の原材料を分析しており,古文書の紙の研究や文書資料の保存・修理への新たな情報の提供を目指しています。


共同研究・競争的資金等の研究課題

  28

所属学協会

  15

論文

  72

書籍等出版物

  20
  • 渋谷綾子(担当:分担執筆, 範囲:人骨の歯石の残存デンプン粒からみた長江下流域新石器時代の植物食)
    雄山閣  2020年 
  • 渋谷 綾子(担当:分担執筆, 範囲:第五章第六節牙石残留淀粉粒分析)
    文物出版社  2019年12月 (ISBN: 9787501064366) 
  • 渋谷 綾子(担当:分担執筆, 範囲:作物痕跡の残存デンプン粒分析)
    北海道博物館,伊達市噴火湾文化研究所  2019年3月 
  • 渋谷 綾子(担当:分担執筆, 範囲:古文書料紙の起源追跡にむけた混合物分析の方法論発展)
    ミシガン大学出版局fulcrum  2019年3月   査読有り
  • 相良英樹, 粕谷隆(担当:分担執筆, 範囲:菖蒲内開戸遺跡から出土した磨石・石皿の残存デンプン粒分析)
    公益財団法人かながわ考古学財団  2019年2月 

講演・口頭発表等

  79

MISC

  9

学術貢献活動

  2

メディア報道

  2

担当経験のある科目(授業)

  3