中山 真里子

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/05 17:48
 
アバター
研究者氏名
中山 真里子
 
ナカヤマ マリコ
所属
東北大学
職名
講師
学位
博士(文学)(早稲田大学), 修士(MSc, Psychology)(カルガリー大学(カナダ)), 学士(BA, Psychology)(カルガリー大学(カナダ)), 学士(地域文化)(神田外語大学)
科研費研究者番号
40608436

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
東北大学 国際文化研究科言語科学講座 講師
 
2016年4月
 - 
2018年3月
立教大学 現代心理学部 心理学科 特任准教授
 
2016年4月
 - 
2018年3月
立教大学 現代心理学研究科 心理学専攻博士課程前期課程 特任准教授
 
2013年10月
 - 
2016年3月
日本学術振興会  特別研究員 (RPD)
 
2011年4月
 - 
2013年3月
早稲田大学 文学学術院 助手
 

学歴

 
2007年4月
 - 
2013年5月
早稲田大学 文学研究科 博士後期課程 心理学コース
 
2003年9月
 - 
2006年11月
カルガリー大学大学院 修士課程 心理学
 
2001年9月
 - 
2003年7月
カルガリー大学 心理学部 
 
2000年9月
 - 
2001年7月
ブリティッシュコロンビア大学 オカナガン校 心理学部 
 
1992年4月
 - 
1997年3月
神田外語大学 外国語学部 英米語学科
 

受賞

 
2007年6月
Canadian Psychological Association Best Master's thesis (Experimental)
 

論文

 
Is there lexical competition in the recognition of L2 Words for different-script bilinguals? An examination using masked priming with Japanese-English bilinguals
Mariko Nakayama and Stephen Lupker
Journal of Experimental Psychology: Human Perception and Performance      2018年   [査読有り]
Phonologically-based priming in the same-different task with L1 readers
Lupker, S. J., Nakayama, M., & Yoshihara, M.
Journal of Experimental Psychology: Learning, Memory and Cognition      2017年   [査読有り]
Nakayama, M., Itaguchi, Y., & Lupker, S. J.
Bilingualism: Language and Cognition      2017年   [査読有り]
Yoshihara, M., Nakayama, M., Verdonschot, R. G., Hino, Y.
Journal of Experimental Psychology: Human Perception and Performance.      2017年   [査読有り]
Alternating-script priming in Japanese: Are Katakana and Hiragana characters interchangeable?
Perea, M., Nakayama, M., & Lupker, S. J.
Journal of Experimental Psychology: Learning, Memory, and Cognition.      2016年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
The Phonological unit of Japanese Kanji words: Revisited by the masked priming picture naming task.
The 58th annual meeting of the Psychonomic Society, Vancouver, B.C., Canada   2017年11月   
L2-L1 noncognate translation priming effects in episodic recognition and lexical decision tasks: A test of the episodic L2 hypothesis
The 58th annual meeting of the Psychonomic Society, Vancouver, B.C., Canada   2017年11月   
The phonological unit of Japanese Kanji words.
Yoshihara, M., Nakayama, M., Verdonschot, R. G., & Hino, Y.
The 57th annual meeting of the Psychonomic Society, Boston, MA, the U. S. A   2016年11月   
Is there lexical competition in the recognition of L2 words for different-script bilinguals? A masked priming investigation with Japanese-English bilinguals
The 57th annual meeting of the Psychonomic Society, Boston, MA, the U. S. A   2016年11月   
Conceptual and phonological priming in the masked prime same-different task.
Lupker, S. J., Perea, M., & Nakayama, M
The 56th Annual meeting of the Psychonomic Society, Chicago, the U.S.A.   2015年11月   

競争的資金等の研究課題

 
日英バイリンガルの視覚的単語認識:L2表記表象と処理システム詳細の解明
科学研究費補助金 (基盤C)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 中山真里子
日英バイリンガルの視覚的単語認識と語彙表象についての研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 特別研究員奨励費(RPD)
研究期間: 2013年10月 - 2016年3月    代表者: 中山真里子
日英バイリンガルのL2語彙表象:閾下プライミングタスクによる検証
日本学術振興会: 科学研究費補助金(若手B)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 中山真里子
日英バイリンガルの翻訳プライミング効果
早稲田大学: 
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 中山真里子
日英バイリンガルの視覚的単語認識についての研究
日本学術振興会 科学研究費補助金 特別研究員奨励費(DC1): 
研究期間: 2007年4月 - 2011年3月    代表者: 中山 真里子