唐澤 太輔

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/20 19:32
 
アバター
研究者氏名
唐澤 太輔
 
カラサワ タイスケ
eメール
karasawa-taisukead.ryukoku.ac.jp
URL
http://rcwbc.ryukoku.ac.jp/
所属
龍谷大学
部署
世界仏教文化研究センター
職名
博士研究員
学位
博士(学術)(早稲田大学)

プロフィール

1978年、兵庫県神戸市生まれ。2002年3月、慶応義塾大学文学部卒業。2012年7月、早稲田大学大学院社会科学研究科・博士後期課程修了(博士〔学術〕)。日本学術振興会特別研究員(DC-2〔哲学・倫理学〕)、早稲田大学社会科学総合学術院・助手、助教を経て、現在、龍谷大学世界仏教文化研究センター(国際研究部門)博士研究員。専門は、哲学・倫理学、文化人類学、華厳思想の研究、南方熊楠研究。

研究分野

 
 

経歴

 
2015年5月
 - 
現在
龍谷大学世界仏教文化研究センター 国際研究部門 博士研究員
 
2018年4月
 - 
現在
龍谷大学 留学生別科 非常勤講師
 
2017年4月
 - 
現在
龍谷大学 文学部 非常勤講師
 
2016年5月
 - 
現在
龍谷エクステンションセンター(REC) 講師
 
2016年4月
 - 
現在
京都大学人文科学研究所 「環世界の人文学」 共同研究員
 
2016年4月
 - 
現在
東洋大学 国際哲学研究センター 客員研究員
 
2010年4月
 - 
現在
NPOくびき野カレッジ天地びと 兼任講師
 
2008年4月
 - 
現在
NPO頸城野郷土資料室 学術研究員
 
2015年4月
 - 
2017年3月
早稲田大学 国際言語文化研究所 招聘研究員
 
2013年4月
 - 
2015年3月
早稲田大学 社会科学総合学術院 助教
 
2013年4月
 - 
2016年3月
東洋大学 「エコフィロソフィ」学際研究イニシアティブ 客員研究員
 
2011年4月
 - 
2013年3月
早稲田大学 社会科学総合学術院 助手
 
2009年4月
 - 
2011年3月
日本学術振興会特別研究員(DC-2)
 
2008年10月
 - 
2010年3月
第1回 南方熊楠研究助成事業研究者
 

学歴

 
2007年4月
 - 
2012年7月
早稲田大学大学院 社会科学研究科 地球社会論専攻 生命倫理学研究 博士後期課程
 
2005年4月
 - 
2007年3月
早稲田大学大学院 社会科学研究科 地球社会論専攻 生命倫理学研究 修士課程
 
1998年4月
 - 
2002年3月
慶應義塾大学 文学部 人間関係学科
 

委員歴

 
2016年4月
 - 
現在
龍谷大学世界仏教文化研究センターE-journal  編集委員
 
2016年4月
 - 
現在
NPO頸城野郷土資料室  学術研究部 研究紀要 編集委員
 
2015年8月
 - 
現在
南方熊楠研究会  『熊楠研究』編集委員
 

受賞

 
2010年3月
早稲田大学 2009年度・小野梓記念学術賞
 
2009年1月
中外日報 第5回涙骨賞、最優秀賞 「ひらめきと創造的活動のプロセス―南方熊楠の「やりあて」に関する考察を中心に―」
 
2007年11月
(財)北野生涯教育振興会・第29回懸賞論文『心の絆・命を紡ぐ』、佳作 「共感が生まれるとき」
 
2007年10月
(財)神道文化会60周年記念事業 「神道と生命倫理」、入選、題名「『産霊』と生命の始まりに関する一考察―再生医療における受精卵の取扱いを中心に―」
 

論文

 
唐澤 太輔
「エコ・フィロソフィ」研究   (12) 25-38   2018年3月   [招待有り]
唐澤 太輔
南方熊楠 開かれる巨人      2017年11月   [招待有り]
【特別対談】
安藤礼二×唐澤太輔「南方曼陀羅、その哲学を構築する」同時収録
唐澤 太輔
頸城野郷土資料室学術研究部研究紀要   2(8) 1-22   2017年11月   [査読有り]
唐澤 太輔
河出文庫『南方熊楠―近代神仙譚―』(佐藤春夫著)      2017年11月   [招待有り]
唐澤 太輔
中外日報      2017年11月   [招待有り]
唐澤 太輔
「エコ・フィロソフィ」研究   (11) 35-45   2017年3月   [招待有り]
南方熊楠の心霊研究と身心変容体験―那智隠栖期を中心に―
唐澤 太輔
身心変容技法研究   (6) 198-206   2017年3月   [招待有り]
唐澤 太輔
『夢と表象―眠りとこころの比較文化史―』、荒木浩編、勉誠出版   508-530   2017年1月   [査読有り]
聖地を去るということ―南方熊楠をめぐって―
唐澤 太輔
『祈りと再生のコスモロジー』(成文堂)   159-177   2016年10月   [招待有り]
唐澤 太輔
「エコ・フィロソフィ」研究   10 35-52   2016年3月   [招待有り]
This paper clarifies, from the view point of depth psychology, why Kumagusu Minakata (1867-1941) experienced supernatural phenomena a lot of times at Mt. Nach, and how “Human Personality and Its Survival of Bodily Death” had impact on him.

Misc

 
唐澤 太輔
頸城野郷土資料室研究学術部研究紀要   Forum27 1-6   2018年6月
【書評】『熊楠と猫』(杉山和也、志村真幸、岸本 昌也、伊藤慎吾編、共和国、2018年)
唐澤 太輔
図書新聞   (3356) 6   2018年6月   [依頼有り]
Art Review 展覧会評
唐澤 太輔
KUMAGUSU WORKS   (51) 26-29   2018年4月   [依頼有り]
「野生展―飼いならされない感覚と思考―」(21_21 DESIGN SIGHT)、「南方熊楠―100年早かった智の人―」(国立科学博物館)の展覧会評。
唐澤 太輔
龍谷大学世界仏教文化研究センター2017年度研究活動報告書   107-136   2018年3月
【翻訳】唐澤太輔、亀山隆彦
沼田智秀書籍優秀賞受賞記念講演会 (2017 年 10 月 9 日開催)ローター・レダローゼ博士(ハイデルベルグ大学・ハイデルベルク科学アカデミー主任教授)による講演原稿の和訳。
唐澤 太輔
京都新聞      2018年1月   [依頼有り]
NHKラジオ深夜便『南方熊楠生誕150年を記念して』
唐澤 太輔
   2017年6月
ラジオ出演NHKラジオ第一 25:05~25:50
龍谷大学世界仏教文化研究センター特別上映会『ブラジル仏教:TRÊS JOIAS』コーディネーター
唐澤 太輔
   2017年6月
龍谷大学 響都ホール校友会館
「世界が驚いた論文を生んだ至純な好奇心」
唐澤 太輔
歴史街道(平成29年7月号)   66-69   2017年6月   [依頼有り]
書評『南方熊楠―複眼の学問構想―』(松居竜五著)
唐澤 太輔
図書新聞      2017年6月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
Lexicon 現代人類学
奥野克巳・石倉敏明(編) (担当:分担執筆, 範囲:粘菌、暗黙知と夢)
以文社   2018年2月   ISBN:4753103447
唐澤 太輔
中央公論新社   2015年4月   ISBN:4121023153
唐澤 太輔
ヌース出版   2015年2月   ISBN:490246215X
唐澤 太輔
勉誠出版   2014年4月   ISBN:4585220763
南方熊楠大事典
田村義也、松居竜五(編) (担当:分担執筆, 範囲:夢、オカルティズムの項目)
勉誠出版   2012年1月   ISBN:978-4-585-20008-6
石塚 正英, 工藤 豊, 石川 伊織, 唐澤 太輔 (担当:共著, 範囲:第2章、第5章)
社会評論社   2011年2月   ISBN:4784517057
NPO頸城野郷土資料室 くびき野文化事典
頸城野郷土資料室(編) (担当:分担執筆, 範囲:「裏日本」に関する全33項目)
社会評論社   2010年6月   ISBN:978-4784517046
哲学カフェ傑作選 第1集 ―50のテーマで世界を探る明快定義集―
ロゴスドン編集部(編) (担当:分担執筆, 範囲:生命、情報、人間、場)
ヌース出版   2009年9月   ISBN:978-4902462098

講演・口頭発表等

 
南方熊楠は「猶太教の曼陀羅」で何を表現しようとしたか―セフィロトの樹との比較―
唐澤 太輔
第45回比較思想学会大会   2018年6月16日   比較思想学会
熊楠の図と思想 [招待有り]
唐澤 太輔
Kulb Zukunft 第138回月例会   2018年2月28日   Kulb Zukunft
唐澤 太輔
人類知のポリリズム―華厳思想の可能性―   2018年2月11日   龍谷大学世界仏教研究センター
発表①唐澤太輔(本会コーディネーター)、発表②野呂靖(龍谷大学文学部准教授)、発表③亀山隆彦、講演①河合俊雄(京都大学こころの未来研究センター教授)、講演②中沢新一(明治大学野生の科学研究所所長)
南方熊楠 その人生と思想 [招待有り]
唐澤 太輔
京都SKYシニア大学   2018年1月23日   
「裏日本」文化⑩―養蚕信仰と馬娘婚姻譚―
唐澤 太輔
頸城野郷土資料室 くびき野カレッジ天地びと   2017年12月9日   
唐澤 太輔
岸和田健老大学   2017年11月28日   
唐澤 太輔
reading club vol.2 熊楠とアート 第3章   2017年10月14日   ART HOSTEL kumagusuku
唐澤 太輔
龍谷大学世界仏教文化研究センター公開研究会   2017年9月28日   龍谷大学世界仏教文化研究センター
生誕150年 名言でたどる南方熊楠の人生 [招待有り]
唐澤 太輔
Klub Zukunft 第132回月例会   2017年8月23日   Kulb Zukunft
「裏日本」文化⑨―媽祖信仰と日本海―
唐澤 太輔
第14期・NPO頸城野郷土資料室「くびき野カレッジ天地びと」講義   2017年8月12日   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
21_21 DESIGN SIGHT「野生展―飼いならされない感覚と思考―」(「脳の中の森―南方熊楠の発見―」のセクションにおける学術協力)
唐澤 太輔   その他   2017年10月 - 2018年2月
唐澤 太輔   その他   2017年9月 - 2017年10月
龍谷大学世界仏教文化研究センター公開研究会
【ポスター制作】媽祖信仰と文化
唐澤 太輔   その他   2017年4月
世界仏教文化研究センター学術講演会
唐澤 太輔   Webサービス   2016年11月 - 2018年3月
レイアウト、コンテンツ企画・編集・校正等。

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究)
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 唐澤 太輔
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 松居竜五
◎唐澤太輔:研究分担者
仏教と聖地に関する総合的研究 -聖なる表象とは何か-
龍谷大学仏教文化研究所: 共同研究プロジェクト
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 楠淳證
◎唐澤太輔:研究分担者
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 唐澤 太輔
南方熊楠が多大な影響を受けた、Human Personality and Its Survival of Bodily Death Vol. 1 & 2とその著者であるフレデリック・マイヤーズ(1843-1901)について研究を行った。ケンブリッジ大学図書館において、英国心霊現象研究協会のメンバーリストの調査を行った。それによって、日本人初の同会の会員やマイヤーズの住んでいた場所などを発見することができた。
日本学術振興会: 特別研究員研究奨励費
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月    代表者: 唐澤 太輔
南方熊楠の「やりあて」を可能たらしめている場の研究を中心に行った。その場が「南方曼陀羅」における「理不思議」という領域であることを明らかにした。自己と他者との境界・区別が曖昧になる領域を、両者をつなぐ「通路」として捉え、その場に立ち、他者と交感し、さらに再び自己へと戻ることが、「やりあて」を可能にする条件の一つという結論を導き出した。
研究課題 南方熊楠の「夢」と「やりあて」の研究
早稲田大学: 平成23年特定課題研究助成
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 唐澤 太輔
熊楠がなぜこれほどまでに夢にこだわり続けたのか、また「やりあて」を可能たらしめている「場」とは何かを考察し明らかにした。そして、統合失調症者に見られる様々な症状を比較対象とし(熊楠自身、統合失調症にかなり親和性のある気質の持ち主であった)、いわば「人間学的・精神病理学」の見地から研究を行った(成果は2012年7月博士学位論文に反映させた)。
南方熊楠顕彰館: 第1回 南方熊楠研究助成事業
研究期間: 2008年10月 - 2010年3月    代表者: 唐澤 太輔
本研究では、現在出版・刊行されている南方熊楠の日記・書簡・論考から、彼による夢の記述を全てサンプリングして、データベース化した。本研究によって、これまでの民俗学者・博物学者「南方熊楠」という人物像に、「夢」の採集者という新たな一面を付け加えることになった。

社会貢献活動

 
【講師】  京都出町柳GACCOH  2017年5月20日 - 2017年7月22日
NPO頸城野郷土資料室 公開講座
【講師, 企画】  NPO頸城野郷土資料室  2010年 - 現在
アートイベント「前田耕平アワー夜のまんだらぼ」ゲストトーカー
【出演】  2016年11月11日 - 2016年11月20日
11月11日(金)「オープニング 熊鎮祭」17:00~21:00、前田耕平×矢津吉隆(クマグスク代表)×唐澤太輔(南方熊楠研究者)
11月14日(月)「事 こと コト」18:30~21:00、前田耕平×矢津吉隆(クマグスク代表)×唐澤太輔(南方熊楠研究者)×京大生ラボメンバー
11月19日(土)「メモランダム(熊楠の予記)」19:00~21:00、前田耕平×矢津吉隆(クマグスク代表)×唐澤太輔(南方熊楠研究者)×志村真幸(南方熊楠研究者)
11月20日(日)「クロージングパーティー熊祓い」...

その他

 
【世界仏教文化研究センターにおける研究・業務】
1, センターのホームページの製作(コンテンツ企画、素案、デザイン、更新等)。
2, センター研究活動報告書、ニューズレター等の執筆・編集。
3, E-Journal "Journal of World Buddhist Cultures"の執筆要領、内規等の作成、レイアウト、編集・校正作業。
4, 公開研究会の企画、コーディネート。
5, プロシーディングスの作成。
6, センター主催の講演会、シンポジウムの準備等。
7, 「南方曼陀羅」と華厳思想に関する研究。
【南方熊楠とアートの接点の探究】
1, 夢や粘菌など〈中間〉領域の考察。
2, 南方熊楠による「やりあて」(熊楠の造語。発見、発明、的中)のプロセスの研究。