上浦 基

J-GLOBALへ         更新日: 18/04/04 10:41
 
アバター
研究者氏名
上浦 基
URL
http://kamiura.link/
学位
博士(理学)(神戸大学大学院)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
東京電機大学 理工学部理工学科 情報システムデザイン学系 助教(A)
 
2003年9月
 - 
2006年3月
神戸総合医療専門学校 講師
 
2007年6月
 - 
2008年3月
神戸大学大学院 理学研究科 技術補佐員
 
2008年4月
 - 
2011年3月
東京理科大学 理工学部経営工学科 助教
 
2010年4月
 - 
2015年3月
東北大学電気通信研究所 共同研究員
 

学歴

 
2002年4月
 - 
2007年3月
神戸大学大学院 自然科学研究科 地球惑星システム科学
 

委員歴

 
2012年1月
 - 
現在
公益社団法人計測自動制御学会  システムインテグレーション部門共創システム部会幹事
 
2012年1月
 - 
2015年12月
公益社団法人計測自動制御学会  SI部門共創システム部会 広報委員
 
2011年1月
 - 
現在
公益社団法人計測自動制御学会  SI部門共創システム部会運営委員
 
2011年1月
 - 
現在
公益社団法人計測自動制御学会  システムインテグレーション部門共創システム部会運営委員
 
2012年1月
 - 
2015年12月
公益社団法人計測自動制御学会  システムインテグレーション部門共創システム部会広報委員
 

受賞

 
2009年8月
9th International Conference on Computing Anticipatory Systems Best Paper Award (9th CASYS, Belgium)
 
2011年12月
公益社団法人 計測自動制御学会 優秀講演賞 (SI2011, 計測自動制御学会)
 
2013年6月
一般社団法人 人工知能学会 優秀賞 (第27回全国大会, 人工知能学会)
 
2016年12月
公益社団法人 計測自動制御学会 優秀講演賞 (SI2016, 計測自動制御学会)
 

論文

 
Optimism in the face of uncertainty supported by a statistically-designed multi-armed bandit algorithm
Moto Kamiura & Kohei Sano
Biosystems   160 25-32   2017年8月   [査読有り]
ゼロ金利下で量的緩和政策は有効か?-ニューケインジアンDGEモデルによる「信用創造の罠」の分析-
井上智洋,品川俊介,都築栄司,上浦基
早稲田大学現代政治経済研究所ワーキングペーパー Jシリーズ   J1403 1-24   2014年7月
上浦 基
計測自動制御学会論文集   49(1) 190-196   2013年1月   [査読有り]
Abduction as Incomplete Parameter Estimation
triple C - Cognition, Communication, Co-operation   9(2) 494-501   2011年   [査読有り]

Misc

 
Mixture distribution of conversions on an electronic commerce web site
The Proceedings of Artificial Life and Robotics 2017   718-720   2017年1月
Development and evaluation of Snazzy QR-code generator
Fukiko Ishikawa, Moto Kamiura
Proceesings of the Twenty-First International Symposium on Artificial Life and Robotics 2016      2016年1月
Jaccard matrix supporting calculations of nonlinear correlation
Proceesings of the Twenty-First International Symposium on Artificial Life and Robotics 2016   616-618   2016年1月
AIP Conference Proceedings   1648 580008   2015年4月
Analysis of used car market based on web scraping
Hiroki Takano, Yu Murata
Proceedings of the Twentieth International Symposium on Artificial Life and Robotics 2015   853-857   2015年1月

書籍等出版物

 
複雑性の本質:観測由来ヘテラルキー
郡司 ペギオ-幸夫 (担当:共著)
共立出版   2006年5月   ISBN:4320034511

講演・口頭発表等

 
弱い同型性に対する表現としての結合写像系
上浦 基,郡司 ペギオ-幸夫
第4回計測自動制御学会SI部門講演会   2003年12月19日   
Active Coupling based on Observational Heterarchy
Moto Kamiura and Yukio-Pegio Gunji
8th World Multi-Conference on Systemics, Cybernetics and Informatics   2004年7月18日   
Active Coupling based on Pre-functor
Moto Kamiura and Yukio-Pegio Gunji
Dynamic Ontology   2004年9月8日   
写像の動的変化に由来するオン-オフ間欠性
上浦 基,郡司 ペギオ-幸夫
第5回計測自動制御学会SI部門講演会   2004年12月17日   
On-Off Intermittency on Energy Fluctuation Network Derived from Asynchronous and Finite Time Intervals
Moto Kamiura and Yukio-Pegio Gunji
International Conference on Computing Anticipatory Systems   2005年8月8日   

Works

 
弱い同型性に対する表現としての結合写像系
上浦 基,郡司 ペギオ-幸夫   その他   2003年12月
写像の動的変化に由来するオン-オフ間欠性
上浦 基,郡司 ペギオ-幸夫   その他   2004年12月
リアクティブコリミットに基づくシステム-環境間相互作用
上浦 基,郡司 ペギオ-幸夫   その他   2005年12月
入出力先行過程と共創の数理
その他   2011年12月
アブダクティブ推論に基づく市場変動モデルと認知実験の構成
上浦 基・村田 結   その他   2012年12月

競争的資金等の研究課題

 
物理過程と記号処理過程の動的階層構造に基づく一般力学系の拡張
笹川科学研究助成金: 
研究期間: 2007年4月 - 2008年3月
生命にとっての情報・推論・計算の解明と工学的応用の検討
東北大学電気通信研究所共同プロジェクト研究: 
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月
アブダクティブ推論に基づく株価暴落の数理モデルと仮想市場を用いた認知実験の構成
独立行政法人日本学術振興会: 若手研究(B)
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月