基本情報

所属
金沢工業大学 カウンセリングセンタ- カウンセラー
(兼任) 研究所員
金沢工業大学 心理臨床センタ- 相談員
金沢大学 子どものこころの発達研究センタ- 協力研究員

研究者番号
20447808
J-GLOBAL ID
201101055668681161

外部リンク

2007年末から、静岡県浜松市で約1200組の親子を対象とした出生コホ-ト研究(HBC-Study)の立ち上げと運営に全力を注いで来ました。

【HBC-Study dataを用いた論文例】

Neurodevelopmental Trajectory During Infancy and Diagnosis of Autism Spectrum Disorder as an Outcome at 32 Months of Age.

Association of late-onset postpartum depression of mothers with expressive language development during infancy and early childhood: the HBC study.

Placental pathology predicts infantile physical development during first 18 months in Japanese population: Hamamatsu birth cohort for mothers and children (HBC Study).

Fetal Environment and Glycosylation Status in Neonatal Cord Blood: A Comprehensive Mass Spectrometry-based Glycosylation Analysis.

Maternal postpartum depressive symptoms predict delay in non-verbal communication in 14-month-old infants.

Season of Birth Predicts Emotional and Behavioral Regulation in 18-Month-Old Infants: Hamamatsu Birth Cohort for Mothers and Children (HBC Study).

Fetal Environment and Glycosylation Status in Neonatal Cord Blood: A Comprehensive Mass Spectrometry-based Glycosylation Analysis.

Cohort Profile: Hamamatsu Birth Cohort for Mothers and Children (HBC Study).

Comparison between placental gene expression of 11β-hydroxysteroid dehydrogenases and infantile growth at 10 months of age.

石川県に異動後は、今や小学校高学年となった子供たちの成長を、遠い親戚のような気持ちで見守っています。現在は、研究一辺倒ではなく、教育に8-9割方注力せざるをえない状況にて、学部ではPositive Educationを初年次教育に取り入れた予防教育の試みを始めました。大学生が、卒後も自分で自身のwell-beingを高めていけるよう支援することが、目下の最優先事項です。大学院では臨床心理士/公認心理師の育成に携わるなかで、「基本」の重要性を実感しつつ・・・教授方法を試行錯誤しています。積読状態の大量の書籍は、何年経ってもなかなか減りません(溜息)。

論文

  26

MISC

  33

書籍等出版物

  9

講演・口頭発表等

  38

共同研究・競争的資金等の研究課題

  20

社会貢献活動

  12

メディア報道

  2

その他

  13