森杉 壽芳

J-GLOBALへ         更新日: 12/07/31 11:03
 
アバター
研究者氏名
森杉 壽芳
 
モリスギ ヒサヨシ
URL
http://www.plan.civil.tohoku.ac.jp/
学位
京都大学工学博士(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
東北大学 大学院経済学研究科 研究員
 
1966年
 - 
1975年
京都大学 助手(工学部)
 
1975年
 - 
1978年
株式会社三菱総合研究所
 
1979年
 - 
1981年
岐阜大学 助教授(工学部)
 
1981年
 - 
1982年
ペンシルバニア大学 客員教授(地域科学)
 

学歴

 
 
 - 
1973年
ペンシルバニア大学大学院 文理大学院 地域学科
 
 
 - 
1966年
京都大学 工学部 土木工学
 

受賞

 
2001年
日本港湾協会企画賞
 
1994年
平成6年度「人間地球系ポスターシンポジウム」優秀ポスター賞
 
1993年
平成5年度「人間地球系ポスターシンポジウム」優秀ポスター賞
 
1989年
土木学会賞論文賞
 

Misc

 
河野達仁, 森杉壽芳, 樋口敦
土木学会論文集   No.807(IV-70) 21-28   2006年
動学的応用一般均衡モデルを用いた自動車関連炭素税政策の導入に伴う市場経済的不便益の計測
武藤慎一,森杉壽芳,上田孝行
環境経済・政策学会年報   (9) 107-118   2004年
Integrated Evaluation of the Mekong River Flood Using Benefit Calculation
So Kazama, Hisa Morisugi, Masaki Sawamoto
Journal of Hydroscience and Hydraulic Engineering   21(2) 85-92   2003年
Hisa Morisugi, Enrique Alarcon, Akio Kishi, Tatsuhito Kono
Infrastructure Planning Review   20(4) 913-922   2003年
岸昭雄,河野達仁,森杉壽芳
土木計画学研究・論文集   20(1) 97-104   2003年

書籍等出版物

 
Economic Evaluation Methods for Road Projects in PIARC Members Countries
PIARC Technical Committee on Economic and Financial Evaluation (C9), 2004   2004年   
Global Road Community II-世界は道路・道路交通にどう取り組んでいるのか-
社団法人日本道路協会   2003年   
NAVINETから見える日本の交通ネットワーク
大成出版社   2003年   
新領域土木工学ハンドブック
朝倉書店   2003年   
みなとの役割と社会経済評価
東洋経済新報社   2001年   

講演・口頭発表等

 
Exact Measurement of Value of Time
社団法人土木学会 第32回土木計画学研究発表会   2005年   
不確実性下における補償テストと費用便益分析指標
社団法人土木学会 第32回土木計画学研究発表会   2005年   
地球温暖化によるカタストロフ・リスクを考慮した動学的一般均衡モデルの構築
環境経済・政策学会2005年大会   2005年   
区画整理の費用便益分析マニュアルの問題点とその解決法
社団法人日本不動産学会平成17年度秋季全国大会学術講演会   2005年   
Quantitative Welfare Analysis of Road Pricing/Toll Pricing –Post Evaluation
International Seminar on Road Pricing with Emphasis on Financing, Regulation and Equity, PIARC 2005   2005年   

Works

 
地球環境政策オプション評価のための環境・資源統合評価モデルの開発に関する研究
2005年 - 2010年
過去の有料道路制度と今後の料金制度
2006年 - 2006年
人流と物流,私用と業務の交通サービスに関する時間価値の観察可能性に関する研究
2005年 - 2005年
時間価値の信頼区間推定と時間価値を内生化した交通需要予測における要因分析
2004年 - 2004年
所得および時間制約に基づく時間価値を内生化した交通需要推計手法の開発
2003年 - 2003年