永吉 希久子

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/05 16:14
 
アバター
研究者氏名
永吉 希久子
 
ナガヨシ キクコ
eメール
nagayoshim.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/564c32163e87dffb8c6e80338b016714.html
所属
東北大学
部署
大学院文学研究科・文学部 人間科学専攻 行動科学講座 行動科学分野
職名
准教授
学位
博士(人間科学)(大阪大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2011年1月
 - 
2011年2月
大阪大学 非常勤職員
 
2010年8月
 - 
2010年12月
ウメオ大学 客員研究員
 
2010年4月
 - 
2010年7月
追手門学院大学 非常勤講師
 

学歴

 
 
 - 
2010年3月
大阪大学 人間科学研究科 人間科学専攻
 
 
 - 
2005年3月
大阪大学 人間科学部 人間科学専攻
 

論文

 
福祉国家は排外主義を乗り越えるか―福祉愛国主義と社会保障制度
樽本 英樹編
排外主義の国際比較―先進諸国における外国人移民の実態   149-176   2018年9月
日本人の多文化社会に対する意識
永吉 希久子
東北文化研究室紀要   59 35-47   2018年3月   [招待有り]
瀧川裕貴、永吉希久子
the Proceedings of the 2017 IEEE International Conference on Big Data      2017年11月   [査読有り]
永吉希久子
理論と方法   32 114-126   2017年1月   [査読有り]
According to social exclusion theory, exclusion at one dimension causes exclusion at another dimension. Thus, exclusion from social relations is caused by unemployment, exclusion from the labor market, or poverty, material exclusion. This assumpti...
Hilary J. Holbrow, Kikuko Nagayoshi
International Migration Review      2016年1月   [査読有り]
© 2016 Center for Migration Studies, New York, Inc. Scholars argue that institutional arrangements shape migrants' economic integration trajectories, and yet few studies empirically substantiate this. This study identifies employment institutions ...

Misc

 
階層意識研究の現在
永吉 希久子
社会学研究   101 1-10   2018年3月
永吉 希久子
理論と方法   32(1) 97-99   2017年3月
<書評>谷富夫著『民族関係の都市社会学』
永吉希久子
ソシオロジ   61(1) 113-117   2016年6月
福祉意識研究が示す階層意識研究の将来
永吉希久子
社会意識からみた日本―階層意識の新次元      2015年3月
「報告2 RC05 Racism, Nationalism, and Ethnic Relations―ISAから学んだ民族関係研究における量的調査の今後
永吉希久子
社会と調査   (14)    2015年3月

書籍等出版物

 
行動科学の統計学
永吉希久子
共立出版   2016年8月   ISBN:978-4-320-11121-9

講演・口頭発表等

 
日本における外国籍者の所得の規定要因―全国調査データを用いた分析
永吉 希久子
第91回日本社会学会大会   2018年9月15日   
Public Opinion on Nuclear Energy and Voting Behavior: The Political and Social Divisions Over the Energy Issues in Japan After the Fukushima Accident
佐藤 圭一・永吉 希久子
European Consortium for Political Research   2018年8月23日   
Do echo chambers exist on Japanese Twitter?
瀧川 裕貴・永吉 希久子
CeDEM Asia 18   2018年7月12日   
日本型福祉国家における再分配支持の規定要因―公共事業・高齢者福祉・稼働能力者に対する福祉の比較から
永吉 希久子
福祉社会学会第16回大会   2018年6月17日   
Profiles of Netto Uyoku: Online activists of Japanese alt-right
永吉 希久子
International Conference on Multicultural Democracy   2018年5月11日   

競争的資金等の研究課題

 
多文化社会における社会統合についての研究
研究期間: 2009年7月 - 現在
差別意識形成におけるミクロ・マクロ要因の検討
研究期間: 2005年4月 - 現在

社会貢献活動

 
仙台東高校の研究室訪問
【その他】  2011年7月29日
仙台東高校の総合的な学習の時間の一環としての研究室訪問を受け入れ、自分の研究についての話をし、質疑を行った。

その他

 
2011年4月   SSP階層意識研究会
現代日本人の階層意識が25年間でいかに変化してきたのかについて、2011年に収集した大規模調査データをもとに分析を行う。
2011年4月   ISSPデータの二次分析による日本のシティズンシップ意識についての分析
国際比較調査データであるInternational Social Survey Programの2003、2004、2006年のデータの分析を通し、日本人のシティズンシップ意識の特徴を、国際比較の観点から明らかにする。
2011年4月   移民第二世代の教育達成についての研究
日本における移民第二世代の教育達成の状況およびその規定要因を明らかにするため、質問紙調査およびその分析を行う。