徳永 敦士

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/25 15:05
 
アバター
研究者氏名
徳永 敦士
 
トクナガ アツシ
所属
宇部工業高等専門学校
部署
機械工学科
職名
准教授

研究分野

 
 

委員歴

 
2019年4月
 - 
現在
日本機械学会  第97期熱工学部門広報委員
 
2018年6月
 - 
2018年6月
日本機械学会  第23回動力・エネルギー技術シンポジウム実行委員会
 

論文

 
徳永敦士,鶴田隆治
日本機械学会論文集   84(865) 18-00149   2018年9月   [査読有り]
徳永敦士, 長山暁子, 鶴田隆治
日本機械学会論文集B編 Vol. 77 ,No. 774 ,pp.324-333   77(774) 324-333   2011年2月   [査読有り]
徳永敦士, 長山暁子, 鶴田隆治
日本機械学会論文集B編 Vol. 76 ,No. 771 ,pp.1901-1907   76(771) 1901-1907   2010年11月   [査読有り]
Energy accommodation coefficients of reflecting molecules at non-equilibrium condensing surface
Atsushi Tokunaga, Gyoko Nagayama, Takaharu Tsuruta
Proceedings of The 4th International Forum on Heat Transfer, USB, Paper No. IFHT2016-2039      2016年11月   [査読有り]
Condensation Heat Transfer Characteristics on A Micro-structured Surface With Wettability Gradient
Atsushi TOKUNAGA, Masaki Mizutani, Gyoko Nagayama, Takaharu Tsuruta
Proceedings of The 15th International Heat Transfer Conference, USB, Paper No. IHTC15-9033(12pages)      2014年8月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
非平衡系の気液界面における反射分子の衝突挙動とエネルギー適応係数
徳永敦士,鶴田隆治
第56回 日本伝熱シンポジウム   2019年5月29日   
逆温度勾配現象における反射分子の適応に関する分子動力学的研究
徳永敦士,鶴田隆治
日本機械学会 熱工学コンファレンス2018   2018年10月20日   
Effect of Wettability Gradient on Condensation Heat Transfer Coefficient
Atsushi TOKUNAGA, Satoru ISHIBASHI and Takaharu TSURUTA
The ninth JSME-KSME Thermal and Engineering Conference   2017年   
マイクロ複合伝熱面の凝縮熱伝達に及ぼす濡れ性勾配の影響
徳永敦士,石橋暁,鶴田隆治
第54回日本伝熱シンポジウム   2017年   
“Energy Accommodation Coefficients of Reflecting Molecules at Non-equilibrium Condensing Surface”
Atsushi TOKUNAGA, Gyoko Nagayama, Takaharu Tsuruta
The Fourth International Forum on Heat Transfer   2016年   
“濡れ性勾配を有するマイクロ複合伝熱面における凝縮熱伝達率の測定”
徳永敦士,平野貴憲,長山暁子,鶴田隆治
第52回日本伝熱学会伝熱シンポジウム   2015年   
濡れ性こう配を有するマイクロ構造複合伝熱面上の凝縮熱伝達
徳永敦士,水谷政樹,長山暁子,鶴田隆治
第51回日本伝熱学会伝熱シンポジウム   2014年   
Condensation Heat Transfer Characteristics on A Microstructured Surface With Wettability Gradient
Atsushi TOKUNAGA, Masaki Mizutani, Gyoko Nagayama, Takaharu Tsuruta
International Heat Transfer Conference   2014年   
濡れ性勾配を有するマイクロ複合伝熱面における凝縮熱伝達
水谷政樹,徳永敦士,長山暁子,鶴田隆治
日本機械学会九州支部鹿児島講演会   2013年   
“Condensation Heat Transfer on A Micro-structured Surface with Hydrophobic and Hydrophilic Patterns”
Masaki Mizutani, Gyoko Nagayama, Takaharu Tsuruta
the Eleventh International Conference on Nanochannels, Microchannels and Minichannels   2013年   
Condensation Heat Transfer on A Micro-structured Surface with Hydrophobic and Hydrophilic Patterns
Atsushi Tokunaga, Shota Yamawaki, Gyoko Nagayama and Takaharu Tsuruta
the Eighth KSME-JSME Thermal and Fluids Engineering Conference   2012年   
徳永敦士, 山脇将太, 長山暁子, 鶴田隆治
日本伝熱シンポジウム講演論文集(CD-ROM)   2012年   
徳永敦士, 長山暁子, 鶴田隆治
日本機械学会年次大会講演論文集   2011年9月10日   
山脇将太, 徳永敦士, 長山暁子, 鶴田隆治
日本伝熱シンポジウム講演論文集(CD-ROM)   2011年   
徳永敦士, 長山暁子, 鶴田隆治
日本伝熱シンポジウム講演論文集(CD-ROM)   2011年   
徳永敦士, 長山暁子, 鶴田隆治
日本機械学会熱工学コンファレンス講演論文集   2010年10月29日   
徳永敦士, 長山暁子, 鶴田隆治
日本伝熱シンポジウム講演論文集(CD-ROM)   2010年   
徳永敦士, 長山暁子, 鶴田隆治
日本機械学会熱工学コンファレンス講演論文集   2009年11月6日   
徳永敦士, 鶴田隆治, 長山暁子
日本伝熱シンポジウム講演論文集(CD-ROM)   2008年   

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科学研究費(基盤研究(C))
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月    代表者: 徳永 敦士
日本学術振興会: 科学研究費(若手研究(B))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 徳永 敦士
日本学術振興会: 科学研究費(研究活動スタート支援)
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 徳永 敦士
MEMS技術の発展とともに,熱工学の分野においてもマイクロ・ナノスケールの伝熱促進技術の開発が求められている.これまでに,気液界面抵抗を評価するために滴状凝縮実験を行い,伝熱に最も貢献する液滴半径が7ミクロン程度であることを明らかにした.すなわち,凝縮面がこれらの液滴によって覆われれば,極めて高い熱輸送能力を得ることが出来る.そこで,凝縮面上の液滴半径を人為的に制限する機能性伝熱面を製作することを計画した.伝熱面にはシリコンウエハを用い,親水面として1ミクロンの酸化膜をプラズマCVDにより...