武田 洋平

J-GLOBALへ         更新日: 20/01/18 03:37
 
アバター
研究者氏名
武田 洋平
 
タケダ ヨウヘイ
通称等の別名
武田 洋平
URL
http://www.chem.eng.osaka-u.ac.jp/~komaken/members/index.html#takeda
所属
大阪大学
部署
工学研究科 応用化学専攻
職名
准教授
学位
博士(工学)(京都大学)
その他の所属
日越大学
科研費研究者番号
60608785
ORCID ID
orcid.org/0000-0001-9103-4238

プロフィール

2005年4月 早稲田大学理工学部 応用化学科卒業
2009年4月 日本学術振興会特別研究員(DC2)
2010年3月 京都大学大学院工学研究科 材料化学専攻 博士後期課程修了
      京都大学博士(工学)取得
2010年4月 日本学術振興会特別研究員(PD)として,米国マサチューセッツ工科大学化科     
      に留学(Timothy M. Swager教授の研究室)
2011年2月 大阪大学大学院工学研究科附属 高度人材育成センター テニュアトラック助教  
      (応用化学専攻助教 兼任)
2015年3月 テニュアトラック審査合格
2015年4月 大阪大学大学院工学研究科応用化学専攻 准教授
2015年8月 日越大学 (Vietnam Japan University) ナノテクノロジープログラム 非常勤講師(兼任)
2019年6月 東京工業大学 科学技術創成研究所化学生命科学研究所 非常勤講師(兼任)
2019年8月 文部科学省研究振興局 学術調査官(兼任)
      現在に至る

研究分野

 
 

経歴

 
2019年8月
 - 
現在
文部科学省 研究振興局 学術調査官
 
2015年8月
 - 
2019年7月
日越大学 ナノテクノロジーコース 非常勤講師
 
2015年4月
 - 
現在
大阪大学 大学院工学研究科 准教授
 
2011年2月
 - 
2015年3月
大阪大学 大学院工学研究科 助教(テニュアトラック)
 
2010年4月
 - 
2011年1月
京都大学 大学院工学研究科 日本学術振興会特別研究員(PD)
 
2010年4月
 - 
2011年1月
マサチューセッツ工科大学 化学科 博士研究員
 
2009年4月
 - 
2010年3月
京都大学 大学院工学研究科 日本学術振興会特別研究員(DC2)
 

学歴

 
2005年4月
 - 
2010年3月
京都大学 大学院工学研究科 材料化学専攻
 

受賞

 
2018年12月
公益社団法人 有機合成化学協会 平成30年度(第37回)有機合成化学奨励賞 含窒素芳香族化合物の新構築法に基づいた多機能性発光分子の創製
 
2018年9月
パブロンズ Publons Peer Review Awards 2018 (top 1% in Chemistry)
 
2015年7月
大阪大学 第4回大阪大学総長奨励賞(研究部門) 遷移金属触媒によるアジリジンの選択的変換反応の研究
 
2015年2月
公益社団法人 有機合成化学協会 有機合成化学協会 東レ研究企画賞 アジリジンの酸化的付加を鍵とする多様な触媒的変換反応による光学活性アミン化合物の選択的合成法の開発
 
2009年6月
京都大学大学院工学研究科 桂インテックセンター高等研究院 融合ナノ基盤工学研究部門 第二回融合ナノ基盤若手研究者交流会奨励賞 ビス(アルケニル)ジペリジノベンゼンの固体発光特性
 

論文

 
Youhei Takeda, Tetsuya Matsuno, Akhilesh K. Sharma, W. M. C. Sameera, Satoshi Minakata
Chemistry – A European Journal      2019年7月   [査読有り]
Akhilesh K. Sharma, W. M. C. Sameera, Youhei Takeda, Satoshi Minakata
ACS Catalysis   4582   2019年5月   [査読有り]
Przemyslaw Data, Youhei Takeda
Chemistry – An Asian Journal      2019年5月   [査読有り]
Hiroto Omori, Satoru Hiroto, Youhei Takeda, Heike Fliegl, Satoshi Minakata, Hiroshi Shinokubo
Journal of the American Chemical Society      2019年3月   [査読有り]
Przemyslaw Data, Masato Okazaki, Satoshi Minakata, Youhei Takeda
Journal of Materials Chemistry C      2019年   [査読有り]
Pluczyk Sandra, Higginbotham Heather, Data Przemyslaw, Takeda Youhei, Minakata Satoshi
Electrochimica Acta   295 801-809   2019年   [査読有り]
Youhei Takeda, Kaoru Shibuta, Shohei Aoki, Norimitsu Tohnai, Satoshi Minakata
Chemical Science      2019年   [査読有り]
Youhei Takeda, Satoshi Minakata
Organic & Biomolecular Chemistry      2019年   [査読有り]
Yuhei Itai, Yuji Nishii, Patrycja Stachelek, Przemyslaw Data, Youhei Takeda, Satoshi Minakata, Masahiro Miura
The Journal of Organic Chemistry      2018年9月   [査読有り]
Takanori Iwasaki,* Shin Murakami, Youhei Takeda, Gaku Fukuhara, Norimatsu Tohnai, Yumi Yakiyama, Hidehiro Sakurai, Nobuaki Kambe*
Chemistry–A European Journal   25(65) 14817-14825   2019年8月   [査読有り]
The relationship between the photophysical properties and molecular orientation of 1,3,6,8‐tetraalkylpyrenes in the solid state is described herein. The introduction of alkyl groups with different chain structures (in terms of length and branching...
Saika Izumi, Heather F. Higginbotham, Aleksandra Nyga, Patrycja Stachelek, Norimitsu Tohnai, Piotr de Silva, Przemyslaw Data*, Youhei Takeda*, Satoshi Minakata*
Journal of the American Chemical Society      2020年1月   [査読有り]
A new class of thermally activated delayed fluorescent donor–acceptor–donor–acceptor (D–A–D–A) π-conjugated macrocycle comprised of two U-shaped electron-acceptors (dibenzo[a,j]phenazine) and two electron-donors (N,N’-diphenyl-p-phenyelendiamine) ...

Misc

 
武田洋平
生産と技術   68(1) 27-30   2016年1月   [依頼有り]
Takeda, Y.*
J. Phys. Org. Chem.   29(3) 116-117   2015年12月   [依頼有り]
ハロゲン結合,結晶工学からの脱却〜有機合成的展開を求めて
武田洋平,南方聖司
化学   68(8) 68-69   2013年7月   [依頼有り]
武田洋平
Organometallic News      2013年3月   [査読有り][依頼有り]
マルコフニコフ則を覆す?!~逐次的触媒反応によるアルケンの位置選択的水和反応~
武田洋平
化学      2012年1月
2種類の遷移金属触媒を活用することで,複数の触媒サイクルがリレー形式に進行し,ビニルアレーンがマルコフニコフ則に反する高い位置選択性で水和されることが明らかになった.

書籍等出版物

 
Halogenated Heterocycles: Synthesis, Application and Environment, Topics in Heterocyclic Chemistry
Minakata, S.; Takeda, Y.; Hayakawa, J. (担当:共著)
Springer   2012年2月   ISBN:978-3-642-25103-0
Methods and Applications of Cycloaddition Reactions in Organic Syntheses
Minakata, S.; Takeda, Y.; Kiyokawa, K. (担当:共著)
Wiley-VCH   2014年2月   ISBN:978-1-118-29988-3
フラーレン誘導体・内包技術の最前線
武田洋平,南方聖司 (担当:共著)
シーエムシー出版   2014年4月   ISBN:978-4-7813-0937-8
Science of Synthesis: Knowledge Updates 2019/2
Satoshi Minakata, Youhei Takeda (担当:共著)
Georg Thieme Verlag KG   2019年8月   ISBN:978-3132429635

講演・口頭発表等

 
Dibenzo[a,j]phenazine-Cored Twisted Donor-Acceptor-Donor Triads: A Promising Platform for TADF, RTP, and Mechanochromic Luminescence
武田 洋平
The 18th International Symposium on Novel Aromatic Compounds (ISNA-18)   2019年7月23日   
Development of Multi-Photofunctional Organic Molecular Materials Driven by the Discovery of New Reaction and Molecular Scaffold [招待有り]
武田 洋平
東京大学大学院工学研究科 化学生命工学専攻 講演会   2019年7月5日   
新奇な酸化的変換反応に基づく多彩な発光機能分子の創製 [招待有り]
武田 洋平
東京工業大学科学技術創成研究院 化学生命研究所 講演会   2019年6月21日   
Regio- and Stereo-controlled Ring-Opening Cross-Coupling of Aziridines Enabled by Pd Catalysis [招待有り]
Youhei Takeda
日本化学会第99春季年会   2019年3月19日   
Development of Multi-photofunctional Organic Molecular Materials Driven by the Discovery of New Reaction and Molecular Scaffold [招待有り]
Youhei Takeda
第 14 回柴崎研コロキウム   2019年3月4日   
Dibenzo[a,j]phenazine-Cored Donor-Acceptor-Donor Triads as Multifunctional Luminescent Materials [招待有り]
Youhei Takeda
the Pure and Applied Chemistry International Conference 2019 (PACCON 2019)   2019年2月8日   
Conformation-Dictated Regulation of Luminescence Properties of Dibenzo[a,j]phenazine-Cored Twisted Donor-Acceptor-Donor Triads [招待有り]
Youhei Takeda
10th Singapore International Chemistry Conference (SICC10)   2018年12月18日   
Conformation-Dictated Regulation of Luminescent Properties of TADF-Active Twisted Donor-Acceptor-Donor Triads in Solid States
武田 洋平
π-System Figuration European-Japanese Workshop 2018   2018年11月6日   
分子の「動き」をいかす材料開発 [招待有り]
武田 洋平
第8回CSJ化学フェスタ2018   2018年10月24日   
新奇ドナー・アクセプター系π共役分子を活用した次世代発光分子材料の創製 [招待有り]
武田 洋平
筑波大学 数理物質系物質科学セミナー   2018年5月14日   
Dibenzo[a,j]phenazine-Cored Twisted Donor-Acceptor-Donor Systems as Multi-functional Emissive Materials [招待有り]
Youhei Takeda
Mini-Workshop, VNU University of Science   2018年3月28日   
Dibnezo[a,j]phenazines (DBPHZs): Useful Scaffold for Multifunctional Luminescent Materials in Optoelectronics [招待有り]
Youhei Takeda
The 5th Workshop on Organic Electronics and Nanophotonics (WOREN 2018)   2018年2月12日   
新奇反応が拓く次世代発光分子材料の創成と応用 [招待有り]
武田 洋平
岡山大学若手研究者育成事業 第1回講演会   2018年1月24日   
Catalytic Regioselective and Stereospecific Ring-Opening Cross-Coupling of Aziridines: Useful Tools to Build Biologically Relevant Amine Scaffold [招待有り]
Youhei Takeda
The 3rd Afric International Biotechnology & Biomedical Conference (AIBBC C2017)   2017年12月15日   
新奇な酸化的分子変換反応が拓く次世代発光材料の創成 [招待有り]
武田 洋平
島津製作所 講演会   2017年11月9日   
芳香族アミン類の酸化的変換反応による熱活性化遅延蛍光分子の創成 [招待有り]
武田 洋平
ITbM/IGER Chemistry Workshop 2017   2017年11月6日   
分子の捻れ・柔軟性を活用した発光性分子の創成 [招待有り]
武田 洋平
第6回化学フロンティア研究会   2017年8月27日   
ビナフタレンジアミン類の酸化的変換反応開発を基軸とする「個性」溢れる発光性π共役分子の創成 [招待有り]
武田 洋平
第49回構造有機化学若手の会 夏の学校   2017年8月4日   
Synthetic Toolboxes for Constructing Donor-Acceptor-Based Efficient TADF Materials [招待有り]
Youhei Takeda
XXIInd International Krutyn Summer School (IKSS2017) ~State of the Art in Organic-only TADF OLEDs. From Theory to Applications~   2017年5月26日   
Dibenzo[a,j]phenazine-Cored Perpendicularly Twisted Donor-Acceptor-Donor Systems as Value-Added Thermally Activated Delayed Fluorescence (TADF) Materials [招待有り]
Youhei Takeda
The 10th Japan-China Joint Symposium on Functional Supramolecular Architectures   2017年5月17日   
ヘテロ元素の特性が切り拓くユニークなπ共役分子の科学 [招待有り]
武田 洋平
近畿化学協会ヘテロ原子部会 第3回懇話会   2017年2月6日   
炭素—窒素単結合の遷移金属錯体への酸化的付加を鍵とする飽和環状アミン類の変換反応 [招待有り]
武田 洋平
第2回「精密制御反応場」公開シンポジウム   2017年1月25日   
アミン化合物の酸化的変換を起点とする機能性アザヘテロサイクル合成法の開発
武田 洋平
講演会, 早稲田大学理工学術院   2016年12月16日   
Pd-Catalyzed Regioselective and Stereoinvertive Borylative Ring-Opening of Arylaziridines [招待有り]
Youhei Takeda
1st Symposium for Young Chemists on Precisely Designed Catalysts   2016年11月11日   
ジベンゾフェナジンを電子アクセプターとするドナー・アクセプター・ドナー型熱活性化遅延蛍光分子の開発 [招待有り]
武田 洋平
第3回「π造形科学」公開シンポジウム   2016年10月21日   
Aromatic-Fused Diketophosphanyl Compounds: New Entries to Phosphorus-Containing π-Conjugated Functional Materials [招待有り]
Youhei Takeda
16th Baltic Polymer Symposium 2016 (BPS 2016)   2016年9月22日   
ジケトホスファニル骨格を有する新規リン含有機能性π共役分子の創成
武田 洋平
第65回高分子討論会   2016年9月14日   
Syntheses, Properties, and OLED Applications of Novel and Efficient Thermally Activated Delayed Fluorescence (TADF) Molecules based on a U-Shaped D-A-D Scaffold: The Synergy of Chemistry and Physics [招待有り]
Youhei Takeda
MAXIMISING THE RISC: The Inaugural Workshop on Thermally-Activated Delayed Fluorescence   2016年6月16日   
The Recognition and Activation of Organic Compounds by the Utilization of Halogen Bonding in Solution [招待有り]
Youhei Takeda
RESOLV Seminar at Ruhr University Bochum   2016年6月3日   
Development of Novel Phosphorus-containing Functional π-Conjugated Systems [招待有り]
武田 洋平
さくらサイエンスプラン講演会   2015年12月4日   
芳香族アミン類の酸化的変換の新展開 [招待有り]
武田 洋平
セミナー“化学千一夜”「あすの化学への夢を語ろう」   2015年6月19日   
Development of Novel Oxidative Transformations of Aromatic Amines Toward Efficient and Selective Construction of N-Containing π-Conjugated Compounds [招待有り]
Youhei Takeda
CBC Seminar at Nanyang Technological University   2014年10月27日   
Pd/NHC-Catalyzed Enantiospecific and Regioselective Suzuki–Miyaura Cross-Coupling of 2-Arylaziridines with Arylboronic Acids to Construct a Tertiary Stereogenic Center [招待有り]
Youhei Takeda
XXVI International Conference on Organometallic Chemistry (ICOMC 2014) Post-Symposium in Osaka   2014年7月19日   
Development of Novel Oxidative Transformations of Aromatic Amines Toward Selective Construction of N-Containing Conjugated Compounds [招待有り]
Youhei Takeda
Seminar, University of Calgary, Calgary   2013年12月9日   
Development of Novel Oxidative Transformations of Aromatic Amines Toward Selective Construction of N-Containing Conjugated Compounds [招待有り]
Youhei Takeda
Seminar, Massachusetts Institute of Technology   2013年12月5日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
直交性ドナー・アクセプターπ共役システムに基づく励起状態マネージメント
公益財団法人 旭硝子財団: 平成29年度若手継続グラント
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 武田 洋平
外部刺激に応答して多様な発光色へ変幻する分子材料の創成と機能原理の解明
公益財団法人 池谷科学技術振興財団: 単年度研究助成
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 武田 洋平
しなやかな構造変化を機能の鍵とするπ造形
日本学術振興会 科学研究費補助金: 新学術領域研究(研究領域提案型)「π造形科学:電子と構造のダイナミズム制御による新機能創出」公募研究
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 武田 洋平
ハロゲン結合形成を鍵とする触媒反応の遷移状態制御
日本学術振興会 学術研究助成基金助成金: 基盤研究(C)(特設分野研究)「遷移状態制御」
研究期間: 2016年7月 - 2019年3月    代表者: 武田 洋平
塗布型有機ELデバイスへの応用を指向した遅延蛍光ポリマー材料の創成
公益財団法人 関西エネルギー・リサイクル科学研究振興財団: 平成28年度研究助成 エネルギー・リサイクル分野
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 武田 洋平
炭素-窒素単結合の遷移金属錯体への酸化的付加を鍵とする飽和環状アミン類の変換反応
日本学術振興会 科学研究費補助金: 新学術領域研究(研究領域提案型)「高難度物質変換反応の開発を指向した精密制御反応場の創出」公募研究
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 武田 洋平
外部刺激応答性光機能を兼ね備えた「熱活性化遅延蛍光(TADF)材料」の開発
公益財団法人 国際科学技術財団: 2016年 研究助成
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 武田 洋平
有機リン化合物のしなやかな反転特性を活かしたπ造形
日本学術振興会 科学研究費補助金: 新学術領域研究(研究領域提案型)「π造形科学:電子と構造のダイナミズム制御による新機能創出」公募研究
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 武田 洋平
アジリジンの酸化的付加を鍵とする多様な触媒変換反応による光学活性アミン化合物の選択的合成法の開発
公益社団法人 有機合成化学協会: 平成26年度(第27回)有機合成化学協会研究企画賞 研究助成
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 武田 洋平
リン元素を機能発現の鍵とする新規π共役分子の開発
公益財団法人 松籟科学技術振興財団: 第30回(2013年度)研究助成
研究期間: 2014年3月 - 2016年4月    代表者: 武田 洋平

特許

 
US9156938B2 : Compositions, Methods, and Systems Comprising Fluorous-soluble Polymers
Timothy M. Swager, Jeewoo Lim, Youhei Takeda