基本情報

所属
筑波大学 システム情報系 准教授
学位
博士(工学)(2011年3月 北海道大学)

研究者番号
80726307
ORCID ID
 https://orcid.org/0000-0001-8162-2060
researchmap会員ID
6000029780

外部リンク

筑波大学で理論混相流体力学(金川)研究室を主宰しております。気泡力学・気泡流・非線形音響の理論的研究に基礎をおき、超音波腫瘍焼灼や造影診断等の医薬分野、ターボ機械領域、地球科学現象等に対する展開に、学生とともに取り組んでおります。また、熱力学(通年3単位)、流体力学(2単位)、応用数学(Fourier解析、1単位)、混相流工学(大学院、分担)の講義、伝熱工学の学生実験を担当しています。

主な受賞歴:

2022年:科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞

2023年:わかしゃち奨励賞

2022年:ターボ機械協会 小宮賞(若手奨励賞)

2022年:筑波大学 若手教員特別奨励賞

2022年:応用物理学会 Highlights papers of 2021

2021年:Featured Atricle, Physics of Fluids

2021年:日本音響学会 粟屋 潔 学術奨励賞

2020年:日本混相流学会 奨励賞

2020年:筑波大学システム情報系 教育貢献賞

2019年:日本機械学会 奨励賞(研究)

2012年:日本機械学会賞(論文)(筆頭著者)

2018年3月以降の金川研の所属学生の受賞は計54件で、修了生の全員が表彰歴を有しております(内5件は筑波大学学長表彰(学修)、内4件は日本機械学会三浦賞、内3件は日本機械学会畠山賞)(2023年1月13日現在)。


代表論文5編(全て責任著者):

Physics of Fluids (2022)   超音波造影気泡の集団としての数理モデル(膜の圧縮性による超音波減衰特性)

Physics of Fluids (2022)  初期気泡径の離散分布が非線形波動に及ぼす影響の理論と計算

Ultrasonics Sonochemistry (2022)  集束超音波による低侵襲腫瘍焼灼の理論と計算

Physics of Fluids (2021) 並進気泡に働く抗力による圧力波への影響の理論的考察

Japanese Journal of Applied Physics (2021)   超音波造影気泡の集団としての非線形音響特性

いずれも、金川研学生との共同研究成果であり、修士修了時までに、ほぼ全員が国際誌への論文掲載を達成できています。2021年3月以降に、国際誌に、責任著者論文の14編が採択・掲載されています(2023年1月2日時点)。


主要な委員歴

  44

主要な受賞

  71

主要な論文

  185

主要なMISC

  9

主要な講演・口頭発表等

  366

担当経験のある科目(授業)

  367

主要な書籍等出版物

  1

主要な共同研究・競争的資金等の研究課題

  25