辻 一徳

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/24 20:49
 
アバター
研究者氏名
辻 一徳
 
ツジ モトノリ
eメール
motonorimolfunction.com
URL
http://www.molfunction.com/tsuji_jp/
所属
分子機能研究所
職名
代表
学位
薬学博士(主査:首藤紘一教授、柴崎正勝教授、福山透教授、長野哲雄教授、小田嶋和徳助教授)(東京大学)
その他の所属
東京医科歯科大学
科研費研究者番号
90772591
ORCID ID
0000-0003-0734-0334

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 非常勤講師
 
2003年7月
 - 
現在
分子機能研究所 代表
 
2008年12月
 - 
2014年9月
保土谷化学工業株式会社 研究開発部 主任研究員
 
2007年6月
 - 
2007年8月
千葉大学 大学院医学研究院 招聘研究員(非常勤) 兼務
 
2001年4月
 - 
2003年6月
株式会社医薬分子設計研究所 創薬研究部 研究員
 
1999年9月
 - 
2001年3月
株式会社医薬分子設計研究所(東京大学薬学部医薬分子設計学)留学兼務
 
1998年4月
 - 
2001年3月
医薬品副作用被害救済・研究振興調査機構 研究員
 
1998年4月
 - 
2001年3月
東京大学 分子細胞生物学研究所(生体有機化学研究分野) 研究員
 
1997年6月
 - 
2001年3月
東京大学 大学院薬学系研究科・薬学部(薬化学) 教務補佐員・研究員
 

学歴

 
1992年4月
 - 
1997年5月
東京大学 大学院薬学系研究科 薬学専攻(薬化学)
 
1990年4月
 - 
1992年3月
九州大学 大学院農学研究科 農芸化学専攻 修士課程(農業薬剤化学)
 
1986年4月
 - 
1990年3月
九州共立大学 工学部 環境化学科 学士課程(生態化学)
 

論文

 
Antagonist-Perturbation Mechanism for Activation Function-2 Fixed Motifs: Active Conformation and Docking Mode of Retinoid X Receptor Antagonists
Motonori Tsuji*
J. Comput. Aided Mol. Des.   31 577-585   2017年6月   [査読有り]
Identifying the Receptor Subtype Selectivity of Retinoid X and Retinoic Acid Receptors via Quantum Mechanics
Motonori Tsuji*, Koichi Shudo, Hiroyuki Kagechika
FEBS Open Bio.   7 391-396   2017年2月   [査読有り]
Motonori Tsuji*
J. Mol. Graph. Model.   62 262-275   2015年11月   [査読有り]
Motonori Tsuji*, Koichi Shudo, Hiroyuki Kagechika
J. Comput. Aided Mol. Des.   29 975-988   2015年10月   [査読有り]
Motonori Tsuji*
J. Struct. Biol.   185 355-365   2014年3月   [査読有り]
ChemInform Abstract: A Remote Substituent Can Determine Magnitude of Facial Selectivity in Benzobicyclo[2.2.2]octatrienes
Tomohiko Ohwada, Motonori Tsuji, Iwao Okamoto, Koichi Shudo
ChemInform.   27    2010年7月   [査読有り]
ChemInform Abstract: Polyenylidene Thiazolidine Derivatives with Retinoidal Activities.
Toshihiko Tashima, Hiroyuki Kagechika, Motonori Tsuji, Hiroshi Fukasawa, Emiko Kawachi, Yuichi Hashimoto, Koichi Shudo
ChemInform.   29    2010年5月   [査読有り]
構造ベース創薬支援システム、HMHCおよびDSHCの開発
辻一徳*
Mol. Sci.   1 NP004   2007年6月   [招待有り]
Motonori Tsuji*
J. Org. Chem.   69(12) 4063-4074   2004年5月   [査読有り]
Motonori Tsuji*
J. Org. Chem.   68(25) 9589-9597   2003年11月   [査読有り]
Motonori Tsuji, Yukiko Koiso, Hiroyasu Takahashi, Yuichi Hashimoto, Yasuyuki Endo
Biol. Pharm. Bull.   23(4) 513-516   2000年4月   [査読有り]
Masayuki Ebisawa, Hiroki Umemiya, Kiminori Ohta, Hiroshi Fukasawa, Emiko Kawachi, Ghislaine Christoffel, Hinrich Gronemeyer, Motonori Tsuji, Yuichi Hashimoto, Koichi Shudo, Hiroyuki Kagechika
Chem. Pharm. Bull.   47(12) 1778-1786   1999年12月   [査読有り]
Yasuyuki Endo, Kyoko Yaguchi, Motonori Tsuji, Kentaro Yamaguchi, Koichi Shudo
Chem. Pharm. Bull.   47(5) 699-701   1999年5月   [査読有り]
Toru Iijima, Yasuyuki Endo, Motonori Tsuji, Emiko Kawachi, Hiroyuki Kagechika, Koichi Shudo
Chem. Pharm. Bull.   47(3) 398-404   1999年3月   [査読有り]
Kiminori Ohta, Motonori Tsuji, Emiko Kawachi, Hiroshi Fukasawa, Yuichi Hashimoto, Koichi Shudo, Hiroyuki Kagechika
Biol. Pharm. Bull.   21(5) 544-546   1998年5月   [査読有り]
ビシクロおよびスピロオレフィンの反応面選択性を決定する軌道相互作用
辻一徳*
東京大学   1-172   1998年3月   [査読有り]
有機化学反応における立体選択性の本質の理解ひいては精密な有機合成に有効な反応理論の開発を目的に、立体的に等価な低分子化合物をモデル化合物として反応面選択性を検証した。本実験で得た反応面選択性はこれまでに提唱されているいずれの理論でも説明が不可能であったことから、計算化学を駆使した論理を展開し、これまでに報告されているいずれの実験結果とも矛盾しない説明モデルを完成させた。
Motonori Tsuji, Tomohiko Ohwada, Koichi Shudo
Tetrahedron Lett.   39(5/6) 403-406   1998年1月   [査読有り]
Toshihiko Tashima, Hiroyuki Kagechika, Motonori Tsuji, Hiroshi Fukasawa, Emiko Kawachi, Yuichi Hashimoto, Koichi Shudo
Chem. Pharm. Bull.   45(11) 1805-1813   1997年11月   [査読有り]
Motonori Tsuji, Tomohiko Ohwada, Koichi Shudo
Tetrahedron Lett.   38(38) 6693-6696   1997年9月   [査読有り]

Misc

 
有機合成化学者のための論理的ドラッグデザイン
辻一徳*
分子機能研究所紀要   1-9   2006年9月

書籍等出版物

 
Docking Study with HyperChemマニュアル2
辻一徳*
分子機能研究所   2018年2月   ISBN:987-4-9902513-5-2
AutoDock Vinaを用いたインシリコスクリーニングとDocking Study with HyperChemを用いた高精度ドッキングスクリーニングについての方法論解説。
Homology Modeling Professional for HyperChemマニュアル2
辻一徳*
分子機能研究所   2018年2月   ISBN:978-4-9902513-4-5
生体高分子システム立体構造精密化における全系量子力学計算実施についての方法論解説。
AutoDock Vina In Silico Screenings Interface
Motonori Tsuji*
Institute of Molecular Function   2018年2月   
Docking Study with HyperChemの優れたGUI環境を利用して、AutoDock Vinaでインシリコスクリーニングを実施するための化合物データベース整備、各種ファイル準備、実行、閲覧、ヒット絞り込みを達成できるソフト。
コード:約2万行
Homology Modeling Professional for HyperChem, Rev. H1
Motonori Tsuji*
Institute of Molecular Function   2018年2月   
独自開発高精度アミノ酸配列二次構造予測と立体構造予測技術を搭載し、立体構造未知のアミノ酸配列からタンパク立体構造をホモロジーモデリングするとともに、生体高分子(タンパクや核酸)システム立体構造を計算化学的に精密化、分子動力学シミュレーションによる生体高分子システム分子動力学反応座標解析まで実施でき、フラグメント分子軌道法による全系量子力学計算プログラムと連携できるソフト
コード:約40万行、ヘルプ(欧文):579頁
ONIOM Interface for Receptor, Rev. H1
Motonori Tsuji*
Institute of Molecular Function   2018年2月   
統合分子設計ソフトHyperChemに読み込んだ生体高分子システム-リガンド複合体構造に対して量子化学計算ソフトGaussian に搭載されるQM(量子力学)/ MM(分子力学)計算ONIOM法を世界で唯一全自動で実行でき、Gaussianジョブ結果をHyperChemにフィードバックして更なるモデリングに利用できるソフト
コード:約2万行、ヘルプ(欧文):31頁
Gaussian Interface for HyperChem, Rev. H1
Motonori Tsuji*
Institute of Molecular Function   2018年2月   
統合分子設計ソフトHyperChemに読み込んだ生体高分子システム立体構造中に含まれる低分子化合物を量子化学計算ソフトGaussianで自動計算し、Gaussianジョブ結果をHyperChemにフィードバックして更なるモデリングに利用できるソフト
コード:約2万行、ヘルプ(欧文):32頁
Virtual Screening System Rev. H1
Motonori Tsuji*
Institute of Molecular Function   2018年2月   
Docking Study with HyperChemを疑似クラスター化したバーチャルスクリーニングシステム。無数の低分子化合物を全自動でドッキングシミュレーションし、リード化合物を提示するソフト
コード:約30万行、ヘルプ(欧文):451頁
Docking Study with HyperChem, Rev. H1
Motonori Tsuji*
Institute of Molecular Function   2018年2月   
低分子化合物の平面構造データベースから安定配座を発生させて電荷等を配備した三次元構造データベースを全自動で構築するとともに、自動予測された生体高分子(タンパクや核酸)のリガンド結合部位に低分子化合物を全自動でフレキシブルにドッキングシミュレーションし、安定複合体構造を提示するソフト
コード:約30万行、ヘルプ(欧文):451頁
Gaussian Interface for HyperChem, Rev. G1.2
Motonori Tsuji*
Institute of Molecular Function   2017年4月   
ONIOM Interface for Receptor, Rev. G1.2
Motonori Tsuji*
Institute of Molecular Function   2017年4月   
Homology Modeling Professional for HyperChem, Rev. G1.2
Motonori Tsuji*
Institute of Molecular Function   2017年4月   
Homology Modeling Professional for HyperChem, Rev. G1.1
Motonori Tsuji*
Institute of Molecular Function   2016年3月   
ONIOM Interface for Receptor, Rev. G1.1
Motonori Tsuji*
Institute of Molecular Function   2016年3月   
Gaussian Interface for HyperChem, Rev. G1.1
Motonori Tsuji*
Institute of Molecular Function   2016年3月   
Docking Study with HyperChem, Rev. G1.1
Motonori Tsuji*
Institute of Molecular Function   2016年3月   
Virtual Screening System, Rev. G1.1
Motonori Tsuji*
Institute of Molecular Function   2016年3月   
Gaussian Interface for HyperChem, Rev. G1
Motonori Tsuji*
Institute of Molecular Function   2015年1月   
ONIOM Interface for Receptor, Rev. G1
Motonori Tsuji*
Institute of Molecular Function   2015年1月   
Homology Modeling Professional for HyperChem, Rev. G1
Motonori Tsuji*
Institute of Molecular Function   2015年1月   
Docking Study with HyperChem, Rev. G1
Motonori Tsuji*
Institute of Molecular Function   2015年1月   

講演・口頭発表等

 
インシリコ創薬システム、Docking Study with HyperChem (DSHC)とHomology Modeling Professional for HyperChem (HMHC)による創薬基盤技術の高度化
辻一徳*(分子機能研)
日本コンピュータ化学会2018春季年会   2018年6月   
AF-2固定モチーフ摂動メカニズム:レチノイドXレセプターアンタゴニストの活性コンフォメーションとドッキングモード
辻一徳*(分子機能研)
日本薬学会第138回年会   2018年3月   
ドッキング、QM/MM、全系量子力学計算によるレチノイドのレセプターサブタイプ選択性識別:ATRAは内因性RXRリガンドとして作用する
辻一徳*(分子機能研、東京医科歯科大)、首藤紘一(日本医薬情報センター)、影近弘之(東京医科歯科大)
第28回日本レチノイド研究会学術集会   2017年11月19日   
ヘリックス3三点初期結合仮説:核内受容体リガンド結合領域におけるリガンド補足メカニズムとAF-2フォールディング過程の理解
辻一徳*(分子機能研)
日本薬学会第137回年会   2017年3月   
ビシクロ系における最高被占分子軌道の幾何学的依存:ビシクロオレフィンの反応面選択性の起源
辻一徳*(分子機能研)
日本薬学会第136回年会   2016年3月   
核内受容体リガンド結合領域正準構造に関わる局所モチーフ構造とその機能
辻一徳*(分子機能研)
日本薬学会第135回年会   2015年3月   
構造ベース創薬支援システム(Virtual Screening System、Docking Study with HyperChem、Homology Modeling for HyperChem、ONIOM Interface for Receptor、Gaussian Interface for HyperChem)
辻一徳*(分子機能研)、 et al
第8回日本蛋白質科学会年   2008年6月   
構造ベース創薬支援システム
辻一徳*(分子機能研)、 et al
日本薬学会第128年会   2008年3月   
反応面選択性を支配する軌道相互作用理論、核内レセプターリガンド結合領域正準フォールドに関わる局所モチーフ理論、核内レセプターリガンド認識におけるドライビングフォース、そして構造ベース創薬支援システムの開発 [招待有り]
辻一徳*(分子機能研)
企業研究会招待講演   2008年1月   
構造ベース創薬支援システム
辻一徳*(分子機能研)、 et al
第45回日本生物物理学会   2007年12月   
構造ベース創薬支援システム
辻一徳*(分子機能研)、 et al
第30回日本分子生物学年会・第80回日本生化学会大会合同大会   2007年11月   
構造ベース創薬支援システム
辻一徳*(分子機能研)、 et al
日本薬学会第127回年会   2007年3月   
構造ベース創薬支援システム
辻一徳*(分子機能研)、 et al
日本分子生物学会2006フォーラム   2006年12月   
構造ベース創薬支援システム
辻一徳*(分子機能研)、 et al
日本コンピュータ化学会   2006年6月   
核内レチノイド受容体に作用するピリミジンカルボン酸
太田公規、辻一徳、河内恵美子、深澤弘志、影近弘之(東大院薬); 橋本祐一(東大分生研)
日本薬学会第120回年会   2000年3月   
Novel Diphenylamine Derivatives with Potent Retinoid Synergistic Activity
Kiminori Ohta, Motonori Tsuji, Emiko Kawachi, Hiroshi Fukasawa, Yuichi Hashimoto, Koichi Shudo, Hiroyuki Kagechika(東大院薬)
216th ACS National Meeting   1998年8月   
Novel Retinoids Having a Thiazolidinedione Group
Masayuki Ebisawa, Toshihiko Tashima, Motonori Tsuji, Hiroshi Fukasawa, Emiko Kawachi, Yuichi Hashimoto, Koichi Shudo, Hiroyuki Kagechika(東大院薬)
216th ACS National Meeting   1998年8月   
新規レチノイド制御化合物の創製
太田公規、辻一徳、河内恵美子、深澤弘志、影近弘之、首藤紘一(東大院薬); 橋本祐一(東大分生研)
日本薬学会第118回年会   1998年3月   
Diels-Alderジエンのπ面選択性
辻一徳*、大和田智彦、首藤紘一(東大院薬)
日本薬学会第117回年会   1997年3月   
ビシクロ[2.2.2]オクテンにおけるπ面選択性へのシクロプロパン環の効果
辻一徳*、大和田智彦、内山真伸、首藤紘一(東大院薬); 山口健太郎(千葉大分析)
日本薬学会第116回年会   1996年3月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
コンピュータ分子設計法の高度化とその有効性の実験的(核内レセプターリガンドの設計による)検証研究
医薬品副作用被害救済・研究振興調査機構: 
研究期間: 1998年4月 - 2001年3月    代表者: 橋本祐一教授
東京大学分子細胞生物学研究所研究員(医薬品副作用被害救済・研究振興調査機構研究員)として本プロジェクトに参画し、有機合成化学を主体としたリード化合物探索合成研究に携わった。また、本プロジェクトの共同研究機関である株式会社医薬分子設計研究所所属時(2001年4月 – 2002年3月)には、アナログ合成やランダム合成に代わり得る論理的薬物設計技術の高度化とその検証研究を東京大学と共同で実施し、プロジェクト達成に貢献した。

特許

 
特開2007-299125 : 生体高分子における相互作用部位の予測方法
辻一徳*
生体高分子(タンパク、核酸および糖)立体構造の座標情報のみから当該生体高分子が外部因子(リガンド、基質、補酵素、薬物、他の生体高分子、金属原子や水分子など)と相互作用し得る部位(基質結合部位、リガンド結合部位や生体高分子間相互作用部位など)の予測および当該部位におけるリガンドスキャッフォルドおよびファーマコフォア予測に関する方法論と、得られた予測情報を利用した生体高分子-リガンドや生体高分子-生体高分子ドッキングシミュレーション、バーチャルスクリーニングやde novo分子設計などの分子重...
特開WO2012102137 : ヒダントイン誘導体を含有する電荷制御剤及びそれを用いた負帯電トナー
Ikuo Kimura, Motonori Tsuji, Masaya Tojo, Masashi Asakai
担当部分:ヒダントイン誘導体の分子設計、機能予測、構造機能相関解析および探索合成、実験項の一部執筆.
特開WO2014077288 : 環状フェノール硫化物、それを用いた電荷制御剤および重合トナー
Masaki Okubo, Motonori Tsuji, Masashi Asakai, Masaya Tojo, Masami Ito, Takeshi Yamamoto, Tetsuya Yoshida
担当部分:チアカリックスアレーン誘導体の分子設計、機能予測、構造機能相関解析および探索合成、実験項の一部執筆.
特開WO2013129015 : ピリジンジカルボン酸誘導体を含有する電荷制御剤及びそれを用いたトナー
Ikuo Kimura, Motonori Tsuji, Masaya Tojo, Masashi Asakai
担当部分:ピリジンジカルボン酸誘導体の分子設計、機能予測、構造機能相関解析および探索合成、実験項の一部執筆.
特開WO2013179536 : 有機エレクトロルミネッセンス素子
Makoto Nagaoka, Shuichi Hayashi, Motonori Tsuji, Yoshikazu Aoki
担当部分:フタル酸誘導体の分子設計、機能予測、構造機能相関解析および探索合成、実験項の一部執筆.
特開WO2015046214 : 電荷制御剤及びそれを持ちたトナー
Masaki Okubo, Ikuo Kimura, Masami Ito, Motonori Tsuji, Takeshi Yamamoto, Masaya Tojo, Masashi Asakai, Tetsuya Yoshida
担当部分:フタルイミド誘導体の分子設計、機能予測、構造機能相関解析および探索合成、実験項の一部執筆.
特願2014-120386 : 電荷制御剤及びそれを用いたトナー
Motonori Tsuji, Tatsuya Yoshida, Masaya Asakai, Masaya Tojo, Jyunn Watanabe, Hideyuki Otsuka, Shusaku Ebisui, Masaki Okubo
担当部分:ピペラジン誘導体の分子設計、機能予測、構造機能相関解析および探索合成、実験項の一部執筆.
特開WO2014017298 : 電荷制御剤及びそれを用いたトナー
Masaki Okubo, Motonori Tsuji, Masashi Asakai, Masaya Tojo, Masami Ito
担当部分:アダマンタンジカルボン酸誘導体の分子設計、機能予測、構造機能相関解析および探索合成、実験項の一部執筆.
特許6263059 : 電荷制御剤及びそれを用いたトナー
Masaki Okubo, Masami Ito, Motonori Tsuji, Masashi Asakai, Tatsuya Yoshida
担当部分:アミノピペリジン誘導体の分子設計、機能予測、構造機能相関解析および探索合成、実験項の一部執筆.