北岡 教英

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/15 11:29
 
アバター
研究者氏名
北岡 教英
 
キタオカ ノリヒデ
URL
https://sites.google.com/site/norihidekitaokashome/
所属
徳島大学
部署
大学院社会産業理工学研究部知能情報系
職名
教授
学位
博士(工学)(豊橋技術科学大学)
その他の所属
名古屋大学

研究分野

 
 

経歴

 
2014年10月
 - 
現在
徳島大学 教授
 
2007年4月
 - 
2014年10月
 名古屋大学・准教授
 
2006年10月
 - 
2007年3月
 名古屋大学・助教授
 
2003年4月
 - 
2006年9月
 豊橋技術科学大学・講師
 
2001年4月
 - 
2003年3月
 豊橋技術科学大学・助手
 
1994年4月
 - 
2001年3月
 株式会社デンソー
 

学歴

 
 
 - 
2000年
豊橋技術科学大学 工学研究科 電子・情報工学専攻
 
 
 - 
1994年
京都大学 工学研究科 情報工学専攻
 
 
 - 
1992年
京都大学 工学部 情報工学科
 

委員歴

 
2014年5月
 - 
2016年4月
電子情報通信学会  音声研究会 副委員長
 
2012年5月
 - 
2014年4月
電子情報通信学会  英文論文誌(D) 幹事
 
2010年5月
 - 
2012年4月
電子情報通信学会  音声研究会 幹事
 
2007年5月
 - 
2011年4月
電子情報通信学会  英文論文誌(D) 編集委員
 
2010年12月
 - 
2010年12月
APSIPA  APSIPA ASC 2010 Technical Organizing Committee (Publication Chair)
 
2010年10月
 - 
2010年10月
International Speech Communication Association  INTERSPEECH 2010 Technical Program Committee
 
2008年4月
 - 
2009年3月
情報処理学会  音声言語情報処理研究会 幹事
 
2006年4月
 - 
2009年3月
情報処理学会  音声言語情報処理研究会 雑音下音声認識評価ワーキンググループ 主査
 
2007年4月
 - 
2008年3月
情報処理学会  音声言語情報処理研究会 運営委員
 
2006年4月
 - 
2007年3月
情報処理学会  音声言語情報処理研究会 幹事
 
2002年4月
 - 
2006年3月
情報処理学会  音声言語情報処理研究会 運営委員
 
2002年1月
 - 
2006年3月
情報処理学会  音声言語情報処理研究会 雑音下音声認識評価ワーキンググループ 委員
 

論文

 
北岡 教英, Shuhei Segawa, Ryota Nishimura, Kazuya Takeda
Acoustical Science and Technology   Vol.39(No.2) 167-170   2018年2月   [査読有り]
Tomoki Hayashi,Masafumi Nishida,Norihide Kitaoka,Tomoki Toda,Kazuya Takeda
IEICE Transactions   101-A(1) 199-210   2018年1月   [査読有り]
西村 良太, 檜垣 美帆, 北岡 教英
知能と情報   30(4) 628-633   2018年
<p>本研究では,Neural Network(NN)の一種である Recurrent Neural Network(RNN)を用いて,異なるメディア間での検索(クロスメディアマッピング)を行う手法を提案する.提案手法を用いることで,例えば楽曲の音楽(楽曲ベクトルの時系列データ)と歌詞(文書ベクトル)との対応付けが可能となり,文書を用いて音楽を検索することが可能となる.本モデルを適用することで,人間同士の対話をモニタリングし,会話内容から適切なBGMを提供する楽曲提案システムなどを実現する...
Selecting Type of Response for Chat-like Spoken Dialogue Systems Based on Acoustic Features of User Utterances
北岡 教英
North Atlantic University Union International Journal of Computers   12 88-91   2018年   [査読有り]
Kengo Ohta,Rikito Marumoto,Ryota Nishimura,Norihide Kitaoka
2017 Asia-Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference, APSIPA ASC 2017, Kuala Lumpur, Malaysia, December 12-15, 2017   1248-1252   2017年12月   [査読有り]
入部 百合絵, 北岡 教英
日本音響学会誌   73(5) 303-310   2017年
Bohan Chen,Norihide Kitaoka,Kazuya Takeda
EURASIP J. Audio, Speech and Music Processing   2016(No.19) 19   2016年11月   [査読有り]
Satoshi Tamura,Hiroshi Ninomiya,Norihide Kitaoka,Shin Osuga,Yurie Iribe,Kazuya Takeda,Satoru Hayamizu
IEICE Transactions   99-D(10) 2444-2451   2016年10月   [査読有り]
<p>Audio-Visual Speech Recognition (AVSR) is one of techniques to enhance robustness of speech recognizer in noisy or real environments. On the other hand, Deep Neural Networks (DNNs) have recently attracted a lot of attentions of researchers in t...
Kitaoka Norihide
IEICE TRANSACTIONS ON INFORMATION AND SYSTEMS   E99D(10) 2422   2016年10月   [査読有り]
Norihide Kitaoka
IEICE Transactions   99-D(10) 2422   2016年   [査読有り]
Xiao Yao,Takatoshi Jitsuhiro,Chiyomi Miyajima,Norihide Kitaoka,Kazuya Takeda
IEEE Signal Process. Lett.   22(10) 1801-1805   2015年10月   [査読有り]
市川 賢, 北岡 教英, 柘植 覚, 武田 一哉, 北 研二
情報処理学会論文誌   Vol.56(No.3) 1003-1012   2015年3月   [査読有り]
テキスト検索に用いられてきた従来の3つの主な検索手法(ベクトル空間モデル,クエリ尤度モデル,適合モデルに基づく手法)に対し統一的な枠組みで改良を加えることで,音声ドキュメント検索における語彙外単語や音声認識誤りに対処する手法を提案し,比較検討を行った.各検索手法に対し,新たな検索質問拡張手法,および音節の3連鎖を単語と同様に扱う検索を単語単位の検索とスコアレベルで組み合わせる手法を提案する.提案手法の有効性をNTCIR-9のSpokenDocタスクで評価した結果,各手法でBaseline手...
Yiyang Li, Chiyomi Miyajima, 北岡 教英, Kazuya Takeda
IEEJ Journal of Industry Applications   Vol.4(No.1) 59-66   2015年1月   [査読有り]
音声対話システムの応答のための有声休止と無音のモデル化
Kengo Ohta, 北岡 教英, Seiichi Nakagawa
North American University Union International Journal of Computers   Vol.8 133-143   2014年7月   [査読有り]
人対人の対話では,談話構造のマーカーや続くフレーズへのヒントとしても有声休止や無声休止は重要で,自由発話の音声認識システムや自然な対話システムの実現のためにそのモデル化が必須である.本論文では有声休止と無声休止を音声対話システムの返答中に入れる方法を提案した.CSJの対話や学会発表音声を分析し,休止挿入をモデル化した.これを旅行案内タスクで,理解しやすさ,自然さ,聞きやすさで主観評価した結果,文間の有声休止は理解しやすさを向上し,自然さを改善することが分かった.
音声ドキュメント検索における種々の検討および線形補間係数を自動決定する検索質問拡張
柘植 覚, 大橋 宏正, 市川 賢, 北岡 教英, 武田 一哉, 北 研二
情報処理学会論文誌   Vol.55(No.6) 1625-1636   2014年7月   [査読有り]
本論文では,2011年に開催されたNTCIR-9ワークショップのコアタスクSpokenDoc内のSDRサブタスクに参加した際に行った音声ドキュメント検索に対する種々の検討を報告する.ベクトル空間モデルによるテキスト検索において,索引語の単位,索引語重みづけ方法,ベクトル空間に射影する音声認識候補数,検索質問拡張方法などの比較を行い,各ベクトル空間で計算される類似度を統合して音声ドキュメント検索を行う手法を提案した.
Yiyang Li, Chiyomi Miyajima, 北岡 教英, Kazuya Takeda
電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌)   Vol.134(No.5) 678-685   2014年5月   [査読有り]
本論文では運転行動信号と周囲環境から類似運転シーンを検索するための類似尺度を提案する.これまでの研究で,ハンドルやアクセル,車速といった運転行動から導出する類似度に基づく運転場面検索システムを提案した.本論文では,運転シーンは,運転行動,運転している車の動き,および周囲の車によって主に特徴づけられるものと仮定し,これらから類似度を導出する方法を提案した.評価の結果,従来の方法よりも提案手法が優れていることが分かった.
北岡 教英, Yuji Kinoshita, Sunao Hara, Chiyomi Miyajima, Kazuya Takeda
人工知能学会論文誌   Vol.29(No.1) 1-10   2014年1月   [査読有り]
情報検索のための対話戦略をグラフ探索問題と考え,誤認識をグラフ探索しながらの対話を通して誤認識を解消する新しい対話戦略を提案した.確認発話なしに誤認識から回復するために,常時複数の理解仮説を保存し,ノードが理解を表すグラフ全体で最適な仮説を探す.この探索において,情報検索の効率性と発話の一貫性の基準を用いる.これは適切な応答の選択にも用いる.以前の方法と比較して効率的で自然な対話が実現できることを示した.
Array,Daisuke Enami,Seiichi Nakagawa
Computer Speech & Language   28(3) 769-787   2014年   [査読有り]
Madoka Miki,Norihide Kitaoka,Chiyomi Miyajima,Takanori Nishino,Kazuya Takeda
EURASIP J. Audio, Speech and Music Processing   2014 2   2014年   [査読有り]
Yusuke Mizuno,Kazunobu Kondo,Takanori Nishino,Norihide Kitaoka,Kazuya Takeda
IEICE Transactions   97-A(3) 784-791   2014年   [査読有り]

Misc

 
清原侃太, 西村良太, 北岡教英
情報科学技術フォーラム講演論文集   17th 237‐238   2018年9月
下笠元暉, 西崎博光, 福田芽衣子, 西村良太, 北岡教英
日本音響学会研究発表会講演論文集(CD-ROM)   2018 ROMBUNNO.1‐R‐10   2018年8月
山本泰暉, 西村良太, 三崎正之, 北岡教英
日本音響学会研究発表会講演論文集(CD-ROM)   2018 ROMBUNNO.1‐R‐21   2018年8月
小橋優矢, 西村良太, 北岡教英
日本音響学会研究発表会講演論文集(CD-ROM)   2018 ROMBUNNO.1‐R‐24   2018年8月
太田健吾, 西村良太, 北岡教英
日本音響学会研究発表会講演論文集(CD-ROM)   2018 ROMBUNNO.2‐8‐7   2018年2月
中川拓磨, 西村良太, 入部百合絵, 石黒祥生, 大須賀晋, 北岡教英
日本音響学会研究発表会講演論文集(CD-ROM)   2018 ROMBUNNO.2‐8‐10   2018年2月
川島愛美, 入部百合絵, 北岡教英
日本音響学会研究発表会講演論文集(CD-ROM)   2018 ROMBUNNO.2‐Q‐36   2018年2月
瀬戸栄地, 西村良太, 北岡教英
日本音響学会研究発表会講演論文集(CD-ROM)   2018 ROMBUNNO.2‐8‐8   2018年2月
梶並和明, 西村良太, 北岡教英
日本音響学会研究発表会講演論文集(CD-ROM)   2018 ROMBUNNO.2‐Q‐14   2018年2月
太田 健吾, 西村 良太, 北岡 教英
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117(368) 1-5   2017年12月
太田健吾, 西村良太, 北岡教英
電子情報通信学会技術研究報告   117(368(SP2017 55-65)) 1‐5   2017年12月
瀬戸 栄地, 西村 良太, 北岡 教英
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117(251) 23-28   2017年10月
瀬戸 栄地, 西村 良太, 北岡 教英
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117(250) 23-28   2017年10月
瀬戸栄地, 西村良太, 北岡教英
電子情報通信学会技術研究報告   117(251(WIT2017 30-50)) 23‐28   2017年10月
入部百合絵, 北岡教英
日本音響学会誌   73(5) 303‐310   2017年5月
中川拓磨, 大須賀晋, 北岡教英
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2017 ROMBUNNO.D‐14‐4   2017年3月
澤田優希, 入部百合絵, 北岡教英
日本音響学会研究発表会講演論文集(CD-ROM)   2017 ROMBUNNO.2‐P‐6   2017年3月
黒川有紀, 入部百合絵, 北岡教英
日本音響学会研究発表会講演論文集(CD-ROM)   2017 ROMBUNNO.1‐Q‐36   2017年3月
太田健吾, 丸本理貴人, 北岡教英
日本音響学会研究発表会講演論文集(CD-ROM)   2017 ROMBUNNO.3‐5‐4   2017年3月
中川拓磨, 北岡教英
日本音響学会研究発表会講演論文集(CD-ROM)   2016 ROMBUNNO.3‐Q‐11   2016年8月

書籍等出版物

 
中川 聖一, 小林 聡, 峯松 信明, 宇津呂 武仁, 秋葉 友良, 北岡 教英, 山本 幹雄, 甲斐 充彦, 山本 一公, 土屋 雅稔 (担当:共著)
コロナ社   2018年8月   ISBN:4339028886
音声言語処理と自然言語処理
コロナ社   2013年3月   
Dereverberation based on spectral subtraction by multi-channel LMS algorithm for hands-free speech recognition
IN-TECH   2012年11月   
A stochastic approach for modeling lane-change trajectories
Springer   2011年   
COMPUTER PROCESSING OF ASIAN SPOKEN LANGUAGES
Consideration Books, c/o The Americas Group, Los Angeles, CA, USA   2010年3月   
メディア情報処理
オーム社   2008年11月   
Speech Recognition
IN-TECH   2008年11月   
韻律と音声言語情報処理
丸善   2006年   
ITSと情報通信技術
裳華房   2003年   

講演・口頭発表等

 
Multi-modal Geometry Tutoring System Using Speech and Touchscreen Figure Tracing
清原 侃太, Ryota Nishimura, 北岡 教英
GCCE2018   2018年10月   
Construction of a Corpus for Elderly Japanese Speech Recognition
Meiko Fukuda, Ryota Nishimura, 北岡 教英, Hiromitsu Nishizaki, 北岡 教英
GCCE2018   2018年10月   
Mapping Acoustic Vector Space and Document Vector Space by RNN-LSTM
Ryota Nishimura, 檜垣 美帆, 北岡 教英
GCCE2018   2018年10月   
Construction of dialog database for development of spoken dialog breakdown detection methods
梶並 和明, Ryota Nishimura, 北岡 教英
ICAICTA-2018   2018年8月   
RNNに基づく音響ベクトル時系列の文書ベクトルへのマッピング
西村 良太, 檜垣 美帆, 北岡 教英
電子情報通信学会技術研究報告   2018年6月   電子情報通信学会
Construction of a corpus of elderly Japanese spech for analysis and recognition [招待有り]
北岡 教英, Yurie Iribe, Hiromitsu Nishizaki
LREC2018   2018年5月   
音声認識における言語モデルへの未知語登録法の検討
西村 良太, 陳 伯翰, 北岡 教英
日本音響学会講演論文集   2018年3月   日本音響学会
単語順を考慮したLSTM-RNN に基づく雑談音声対話システムの応答種別選択
太田 健吾, 西村 良太, 北岡 教英
日本音響学会講演論文集   2018年3月   日本音響学会
自動運転車の操作におけるマルチモーダルインタラクション
中川 拓磨, 西村 良太, 入部 百合絵, 石黒 祥生, 大須賀 晋, 北岡 教英
日本音響学会講演論文集   2018年3月   日本音響学会
高齢者の対話音声から抽出した言語的・音響的特徴に基づく認知症傾向の判別
川島 愛美, 入部 百合絵, 北岡 教英
日本音響学会講演論文集   2018年3月   日本音響学会
音声対話破綻検出手法の開発に向けた対話データベースの構築
瀬戸 栄地, 西村 良太, 北岡 教英
日本音響学会講演論文集   2018年3月   日本音響学会
発話の分散表現に基づく雑談音声対話システムの応答種別選択
太田 健吾, 西村 良太, 北岡 教英
電子情報通信学会技術研究報告   2017年12月   電子情報通信学会
User adaptation of input-response pairs in an example-based dialog system using distributed reporesentations of words
Eichi Seto, 北岡 教英
Proc. ICAICTA2017   2017年8月   
音声・指差し・視線認識を用いた自動運転車とのマルチモーダルインタラクション
中川 拓磨, 大須 賀晋, 北岡 教英
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2017年3月   電子情報通信学会
音響的特徴を利用した高齢者の認知症傾向の分析
黒川 有紀, 入部 百合絵, 北岡 教英
日本音響学会研究発表会講演論文集   2017年3月   日本音響学会
マルチモーダル情報を用いた運転中におけるシステム向け発話の推定
澤田 優希, 入部 百合絵, 北岡 教英
日本音響学会講演論文集   2017年3月   日本音響学会
対話システムとのタスク指向型・非タスク指向型対話における特徴と嗜好の関係分析
冬野 雄三, 北岡 教英
日本音響学会講演論文集   2017年3月   日本音響学会
ユーザ発話の音響情報に基づく雑談対話システムの応答種別選択
太田 健吾, 丸本 理貴人, 北岡 教英
日本音響学会講演論文集   2017年3月   日本音響学会
Example-based spoken chat system which can be cutomized for each user
Eichi Seto, 北岡 教英
5th ASA/ASJ Joint Meeting   2016年11月   
Multimodal control system for autonomous vehicles using speec and gesture recognition
Takuma Nakagawa, 北岡 教英
5th ASA/ASJ Joint Meeting   2016年11月   

担当経験のある科目

 

特許

 
北岡 教英, 赤堀 一郎, 杉浦 恒, 加藤 利文
川本 雅之, 是石 純, 北岡 広宣, 武田 一哉, 北岡 教英, ポンテップ アンキティキル, パニコス ヘラクレス
横井 邦雄, 北岡 教英
宮内 英夫, 尾崎 義隆, 赤堀 一郎, 北岡 教英, 名田 徹
北岡 教英, 赤堀 一郎, 中川 聖一
北岡 教英, 横井 邦雄, 赤堀 一郎, 大野 宏, 宮内 英夫, 尾崎 義隆
北岡 教英, 横井 邦雄, 赤堀 一郎, 大野 宏, 宮内 英夫, 尾崎 義隆