石川 憲洋

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/01 03:12
 
アバター
研究者氏名
石川 憲洋
 
イシカワ ノリヒロ
所属
駒澤大学
部署
グローバル・メディア・スタディーズ学部グローバル・メディア学科
職名
教授
学位
学士(京都大学), 修士(京都大学), 博士(情報学)(京都大学)
科研費研究者番号
30584502

研究分野

 
 

経歴

 
2010年4月
 - 
現在
駒澤大学 グローバル・メディア・スタディーズ学部 グローバル・メディア学科 教授
 
2010年4月
 - 
現在
駒澤大学 グローバル・メディア・スタディーズ学部 グローバル・メディア学科 教授
 
2011年4月
   
 
静岡大学創造科学技術大学院 客員教授
 
2011年4月
   
 
静岡大学創造科学技術大学院 客員教授
 

受賞

 
2003年
平成15年度情報処理学会業績賞 第3世代移動通信網に適用するモバイルインターネットプロトコルの研究開発と標準化
 

論文

 
◎加藤剛史 石川憲洋 吉田尚史
情報処理学会論文誌   59(2) 392-403   2018年2月   [査読有り]
従来のPCやスマートフォンに加えて,情報家電やセンサ,ウェアラブル端末など,様々なデバイスが通信機能を搭載しネットワーク化され始めている.本研究では異なるネットワークに属する複数のデバイスどうしがアドホックにネットワークを構築する仕組みとして非構造化P2P/オーバレイネットワークに着目し,そのセキュリティ方式について検討した.情報家電やセンサなど多種多様なデバイスがネットワーク化されると,認証や暗号化のための電子証明書の登録や再配布が困難であったり,特定のGW装置などを経由したアクセスのみ...
松前 恵環
情報処理   55(11) 1261-1268   2014年10月   [査読有り][招待有り]
スマートフォン,タブレット端末,ウェアラブルデバイスなどのコンシューマデバイスの動向について述べる. 特に,フィーチャーフォンからスマートフォンへの移行は,サービス事業者,携帯電話事業者,携帯端末メーカのビジネス戦略に大きな影響を及ぼしている.一方で,個人が所有するさまざまなデバイスから大量のパーソナルデータがインターネット上で収集され,ビッグデータ解析技術の進展により,さまざまな分野で利活用を図る動きが急速に進展している.パーソナルデータを含むプライバシーを技術的に保護することは困難な面...
Proceedings of THE IEEE   101(11) 2355-2366   2013年11月   [査読有り][招待有り]
Overlay networking is one of the most suitable technologies for communications among home appliances, home gateways (HGWs), mobile phones, and cloud servers over such heterogeneous networks. Metadata is also an important technology for describing ...
情報処理   53(10) 1047-1050   2012年9月   [査読有り][招待有り]
過去10年のコンシューマデバイス及びサービスの発展に基づき,大きな変革期を迎えている業界の主要な課題として,(1) フィーチャーフォンからスマートフォンへの移行,(2)コンシューマデバイスの多様化,(3)デジタルコンテンツ配信サービスの世界展開,(4)ソーシャルメディアとその社会的影響,を取り上げ,その現状と今後の展望について述べた。
吉田尚文 松原大悟 石橋直樹 斎藤信男 竹井光 堀口賞一
情報処理学会論文誌(トランザクション)コンシューマ・デバイス&システム   2(1) 28-37   2012年3月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Woodhead Publishing, Elsevier   2015年4月   ISBN:9781782421191
Mobile Peer-to-Peer Computing for Next Generation Distributed Environments: Advanced Conceptual and Algorithmic Applications
IGI Global   2009年5月   
無線技術とその応用【1】 モバイルマルチメディア(中野博隆編)
丸善   2004年3月   
IPv6時代のインターネットプロトコル詳解(インターネットプロトコル詳解編集委員会編)
2003年9月   
新版移動通信ハンドブック(斉藤忠夫・立川敬二共編)
オーム社   2000年11月   

講演・口頭発表等

 
― International Workshop pn Mobile Peer-to-Peer Computing,IEEE Percom (MP2P'4, MP2P'6, MP2P'7, MP2P'8, MP2P'10) 等
プログラム委員(TPC member)
Takeshi Kato
2017 IEEE 6th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE 2017)   2017年10月24日   IEEE
Management of OSGi Device Using PUCC Protocols and Metadata
Takeshi Kato, Daigo Matsubara, Naofumi Yoshida
4th IEEE International Workshop on Consumer Devices and Systems   2016年6月10日   IEEE
current home network standards are not unified, and many incompatible standards have been developed for each type of home device. To resolve that issue, a home gateway is widely used for interconnecting with various home devices, which comply with...
10th IEEE International Conference on Networking, Architecture and Storage (NAS 2015)   2015年8月   IEEE
S. Saito, Y. Tsuchiya
3rd IEEE International Workshop on Consumer Devices and Systems (CDS 2015)   2015年7月   IEEE

競争的資金等の研究課題

 
NTTドコモ共同研究
*: 
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月
NTTドコモ共同研究
*: *
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月