松本 和幸

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/04 16:23
 
アバター
研究者氏名
松本 和幸
 
マツモト カズユキ
所属
徳島大学
部署
大学院社会産業理工学研究部
職名
助教
学位
博士(工学)(徳島大学)
科研費研究者番号
90509754

学歴

 
2008年3月
   
 
徳島大学 大学院工学研究科博士後期課程 修了  
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
International Conference on Natural Language Processing and Information Retrieval  Technical Committees
 
2017年4月
 - 
現在
人工知能学会  正会員
 
2016年
 - 
現在
ヒューマンインタフェース学会  正会員
 
2015年4月
 - 
現在
IEEE International Conference on Computer and Communications  Technical Committees
 
2015年4月
 - 
現在
International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering  Publication Co-chair
 

受賞

 
2018年11月
国立情報学研究所 IDRユーザーフォーラム2018 ドワンゴ賞 Comment Mover's Distanceを用いた類似動画検索
受賞者: 福田 寛公, 松本 和幸, 吉田 稔, 北 研二
 
2018年8月
2nd Technological Competency as Caring in the Health Sciences 2018 Best Poster Presentation 賞 Emotion Recognition from Emoticons using Convolutional Neural Networks
受賞者: 中尾 英俊,デリシャチ ジレラ,松本 和幸,吉田 稔,北 研二
 
2016年12月
Best Paper Award of The 11th International Conference on Natural Language Processing and Knowledge Engineering Ego-state Estimation from Short Texts Based on Sentence Distributed Representation
受賞者: 松本 和幸, 田中 聡, 吉田 稔, 北 研二, 任 福継
 
2016年9月
The 2nd INTERNATIONAL CONFERENCE ON SOFT COMPUTING IN DATA SCIENCE 2016 Best Paper Award of the 2nd INTERNATIONAL CONFERENCE ON SOFT COMPUTING IN DATA SCIENCE 2016 Judgment of Slang based on Character Feature and Feature Expression based on Slang's Context Feature
受賞者: 松本 和幸, 土屋 誠司, 吉田 稔, 北 研二
 
2008年3月
徳島大学 教育研究助成奨励賞
 

論文

 
深層ニューラルネットワークを用いた連続する発言に基づくツイッター利用者の趣味推定
Bando Koji, 松本 和幸, 吉田 稔, 北 研二
International Journal of Machine Learning and Computing   Vol.9(No.2)    2019年4月   [査読有り]
With more and more frequency, users communicate with each other on social media. Many users start on Twitter or Facebook to find friends who have the same hobby. Our study proposes a method to estimate the users interests (hobby) based on tweets o...
Lyric Emotion Estimation Using Word Embedding Learned from Lyric Corpus
松本 和幸, 篠山 学
Proceedings of the 4th IEEE International Conference on Computer and Communications      2018年12月   [査読有り]
Transfer Learning Based on Utterance Emotion Corpus for Lyric Emotion Estimation
松本 和幸, 篠山 学, 吉田 稔, 北 研二, 任 福継
Proceedings of 2018 5th IEEE International Conference on Cloud Computing and Intelligence Systems (CCIS)   704-708   2018年11月   [査読有り]
Modeling Relations Between Profiles and Texts
吉田 稔、松本 和幸、北 研二
Proceedings of the 14th the Asia Information Retrieval Societies Conference (AIRS 2018)   103-109   2018年11月   [査読有り]
ASCII Art Category Classification based on Deep Convolutional Neural Networks
藤澤 日明、松本 和幸、太田 万稀、吉田 稔、北 研二
Proceedings the 2018 5th IEEE International Conference on Cloud Computing and Intelligence Systems (CCIS)   345-349   2018年11月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Time-Series Analysis of Video Comments on Social Media
Kazuyuki Matsumoto, Hayato Shimizu, Minoru Yoshida, Kenji Kita
Worlds largest Science, Technology & Medicine Open Access book publisher   2017年7月   
In this study, we propose a method to detect unfair rating cheat caused by multiple comment postings focusing on time-series analysis of the number of comments. We defined the videos that obtained a lot of comments by unfair cheat as unfair video ...
Artificial Intelligence with Uncertainty
Fuji Ren, Shun Nishide, Kazuyuki Matsumoto, XIN KANG, Duo Feng, Mengjia He
NTS   2017年6月   
情報科学入門
石丸 善康, 伊藤 伸一, 宇野 剛史, 岡村 康弘, 大平 健司, 小野 公輔, 掛井 秀一, 金西 計英, 澤田 麻衣子, 蓮沼 徹, 古屋 S. 玲, 松浦 健二, 松本 和幸, 土岐 順子, 阿部 香織, 山? 紅, 辰巳 丈夫, 勝村 幸博
日経BP社   2017年4月   
The Current State of Performance and Development of Natural Language Processing Required for Humanoid Caring Robots
Kazuyuki Matsumoto
Fukuro Shuppan Publishing   2017年3月   
Natural Language Processing Capabilities Required for Humanoid Nursing Robots
Fuji Ren, Kazuyuki Matsumoto
Fukuro Shuppan Publishing   2017年3月   

講演・口頭発表等

 
深層畳み込みニューラルネットワークによるアスキーアートの分類
太田 万稀, 松本 和幸, 藤澤 日明, 吉田 稔, 北 研二
平成30 年度電気関係学会四国支部連合大会   2018年9月22日   
近年のSNS でのテキストコミュニケーションにおいて,顔文字,絵文字,スタンプといった非言語表現は感情伝達において重要であり,ショートテキストで円滑なコミュニケーションを行う際には欠かせないものとなっている.非言語表現のうち,アスキーアート(ASCII Art; 以下AA)は使用されている文字が特に意味を持たないことが多く,その配置や形状により視覚的に感情や意図を伝達,表現できる.しかし,それ故に使用されている文字を手がかりとした分類が難しい.本研究では,AA を画像化し深層学習を用いて分...
Lyric Emotion Estimation Using Word Embedding Learned from Lyric Corpus
Kazuyuki Matsumoto, Manabu Sasayama
Proceedings of the 4th IEEE International Conference on Computer and Communications   2018年12月   
In searching huge music databases, users typically use title, artist or song writer's name as their search query. When users have only vague search conditions, searching for a song using affective information - that is, emotional impressions of th...
松本 和幸, 藤澤 日明, 吉田 稔, 北 研二
第32回人工知能学会全国大会   2018年6月6日   社団法人 人工知能学会
近年,ソーシャルメディアにおいて数多くの非言語表現が使用されている.そのなかでも,アスキーアート(AA)は,文字を用いた視覚的な技法による表現の一つである.本論文では,文字特徴と画像特徴によるアスキーアート分類手法を比較検討し,アスキーアートのカテゴリ分類に効果的な手法を評価実験により明らかにする.評価実験では,1) 文字頻度,2) 文字重要度,3) 画像特徴量,4) 文字の画像特徴量 の4種類を比較する.この4つの特徴量を用いて,ニューラルネットワークの学習によりカテゴリ分類器を作成する...
Modeling Relations Between Profiles and Texts
Minoru Yoshida, Kazuyuki Matsumoto, Kenji Kita
Proceedings of the 14th the Asia Information Retrieval Societies Conference (AIRS 2018)   2018年11月29日   
歌詞感情コーパスの拡張についての検討
片岡 麻輝, 篠山 学, 松本 和幸
人工知能学会第82回SLUD(言語・音声理解と対話処理)研究会   2018年3月1日   
Lyric emotion estimation can achieve song search which is based on emotions included in the lyrics. Whilst emotion expression dictionary is often referred on emotion estimation tasks, lyric emotions tend to be determined for each phrase. Therefore...

競争的資金等の研究課題

 
科学研究費助成事業
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 吉田 稔
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 松本 和幸
最近の動向や世間一般の意見を探る対象としてSNS 上の個人の発言は有用であるが、辞書に未登
録の俗語が含まれることで解析に失敗し、必要な情報を見逃してしまう可能性がある。俗語の多
くが感性を表現する言葉であるため、評判・意見分析では、俗語の感性辞書は重要である。また、
新しく登場する俗語の多くは、使用されるコミュニティによって使用頻度や意味的な変遷があり、
時間による変化が激しいため、感性とその用法や重要度をその都度変化させていく必要がある。
本研究では、分析目的に応じて自動更新可能な俗語...
科学研究費助成事業
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 任 福継
科学研究費助成事業
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 北 研二
科学研究費助成事業
研究期間: 2010年4月 - 2015年3月    代表者: 任 福継