兒玉 裕二

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/10 15:20
 
アバター
研究者氏名
兒玉 裕二
 
コダマ ユウジ
URL
http://moshiri.lowtem.hokudai.ac.jp/frame2.html
所属
国立極地研究所
部署
国立極地研究所 国際北極環境研究センター
職名
特任准教授
学位
Ph.D.(アラスカ大学)
その他の所属
情報・システム研究機構

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2017年7月
 - 
現在
情報・システム研究機構 シニアURA
 

学歴

 
1977年4月
 - 
1978年5月
北海道大学 大学院理学研究科 地球物理学専攻
 

委員歴

 
2017年5月
 - 
現在
(公社)日本雪氷学会理事  理事
 
2017年5月
 - 
現在
(公社)日本雪氷学会関東以西支部  支部長
 
2013年4月
 - 
現在
JpGU  PEPS編集委員
 
2015年5月
 - 
2016年12月
Polar Science  Gest Editor
 
2015年
 - 
2016年
SAON  外部評価委員
 

受賞

 
2015年9月
公益社団法人日本雪氷学会 論文賞 Evaluation of updated physical snowpack model SMAP
受賞者: 庭野匡思、青木輝夫、兒玉裕二、山口悟、本吉弘岐、岩田幸良
 

論文

 
Environmental factors regulating winter CO2 flux in snow-covered black forest soil of Interior Alaska
Yongwon Kim, Yuji Kodama, and Gilberto J. Fochesatto
Geochemical Journal   51 1-13   2017年2月   [査読有り]
北海道大学低温科学研究所観測露場の積雪・気象観測データの公開
的場澄人、青木輝夫、庭野匡思、朽木勝幸、兒玉裕二、山口悟
北海道の雪氷   (35)    2016年
Katsuyuki Kuchiki , Teruo Aoki, Masashi Niwano, Sumito Matoba, Yuji Kodama, Kouji Adachi
Journal of Geophysical Research   120(2) 868-882   2015年1月   [査読有り]
Suzuki, K., Liston, G.E., Kodama, Y
J For Res   20(2) 281-292   2015年2月   [査読有り]
北海道の亜高山帯ダケカンバ林の下層チシマザサ ( (Rupr.)Makino & Shibata)の 総生産および蒸散の季節変化に及ぼす環境要因
山口 貴広, 隅田 明洋, 中井 太郎, 山田 雅仁, 兒玉 裕二, 小野 清美, 原 登志彦
低温科学   73 41-56   2015年   [査読有り]
Yongwon Kim, Yuji Kodama, Changsub Shim, Keiji Kushida
Polar Science   8(2) 146-155   2014年6月   [査読有り]
Teppei J. Yasunari, K.-M. Lau, Sarith P. P. Mahanama, Peter R. Colarco, Arlindo M. da Silva, Teruo Aoki, Kazuma Aoki, Naoto Murao, Sadamu Yamagata, Yuji Kodama
SOLA   10 50-56   2014年4月   [査読有り]
Yoshihiro Iijima, Takeshi Ohta, Ayumi Kotani, Alexander N. Fedorov, Yuji Kodama and Trofim C. Maximov
Ecohydrology   7(2) 177-187   2014年4月   [査読有り]
Hong, J., K. Takagi, T. Ohta, and Y. Kodama
Hydrological Processes   28(1) 37-42   2014年1月   [査読有り]
Changes in eco-hydrological systems under recent climate change in eastern Siberia
HIYAMA,T. T.OHTA, A. SUGIMOTO, T.YAMAZAKI, K.OSHIMA, H.YONENOBU, K.YAMAMOTO, A.KOTANI, H.PARK, Y.KODAMA, S.HATTA, A.N.FEDOROV andT.C.MAXIMOV
IAHS Publ. 360, 2013   360 155-160   2013年   [査読有り]
Niwano, M., T. Aoki, K. Kuchiki, M. Hosaka, and Y. Kodama
J. Geophys. Res., doi:10.1029/2011JF002239,   117(F3) 3008-3008   2012年   [査読有り]
Park, H., Y. Iijima, H. Yabuki, T. Ohta, J. Walsh, Y. Kodama, and T. Ohata
J.Gephys. Res.   116(D15) 15102   2011年   [査読有り]
Aoki, Te., K. Kuchiki, M. Niwano, Y. Kodama, M. Hosaka, and T. Tanaka
J. Geophys. Res.   116(D11) 1-22   2011年   [査読有り]
Toda, M., P. Kolari, T. Nakai, Y. Kodama, H. Shibata, T. Yoshida, S. Uemura, A. Sumida, K. Kato, K. Ono, and T. Hara
J. Geophys. Res.   116(G2) 1-14   2011年   [査読有り]
Suzuki,K., Kodama,Y., Nakai,T., Liston,G.E., Yamamoto,K., Ohata,T., Ishii,Y.,
Hydrological Sciences Journal   56(3) 443-467   2011年   [査読有り]
降雨と融雪が重なって生じる融雪洪水の研究-雪面上への模擬降雨散水実験-
石井吉之、中坪俊一、森章一、池田正幸、藤田和之、新堀邦夫、的場澄人、兒玉裕二
北海道大学低温科学研究所技術部技術報告   17 27-30   2011年
大型ライシメーターによる積雪底面流出量の観測
石井吉之、兒玉裕二、新堀邦夫、中坪俊一、藤田和之、池田正幸、森章一
北海道大学低温科学研究所技術部技術報告   16 10-15   2010年
Toda,M., Takata,K., Nishimura,N.,Yamada,M., Miki,N., Nakai,T., Kodama,Y., Uemura,S.,
Ecological Research   26(1) 105-121   2010年   [査読有り]
Nakai,T., Sumida,A., Kodama,Y., Hara,T. and Ohta,T.
Agric. For. Meteorol.   150(9) 1225-1233   2010年   [査読有り]
Tsuyuzaki,S., Kushida,K. and Kodama,Y.:
Climatic Change   93(3/4) 517-525   2009年   [査読有り]
森林樹冠による降雪の遮断蒸発量の評価
久野友靖、兒玉裕二、中井太郎、石川信敬:
北海道の雪氷   28 45-48   2009年
Kuchiki,K., Aoki,T.,Tanikawa,T.,Kodama,Y.
Appl. Optics   48(29) 5567   2009年   [査読有り]
Nakai,T., Sumida,A., Daikoku,K., Matsumoto,K., Iida,S., Park,H., Miyahara,M.,
Boundary-Layer Meteorol.   128(3) 423-443   2008年   [査読有り]
Nakai,T., Sumida,A., Daikoku,K., Matsumoto,K., van der Molen,M.K., Kodama,Y.,
Agric. For. Meteorol.   148(12) 1916-1925   2008年   [査読有り]
Matsumoto,K., Ohta,T., Nakai,T., Kuwada,T., Daikoku,K., Iida,S., Yabuki,H.,
Agric. For. Meteorol.   148(12) 1926-1940   2008年   [査読有り]
Matsumoto,K., Ohta,T., Nakai,T., Kuwada,T., Daikoku,K., Iida,S., Yabuki,H.,
Agric. For. Meteorol.   148(12) 1978-1989   2008年   [査読有り]
Snow Accumulation on evergreen needle-leaved and deciduous broad-leaved trees
Suzuki, K., Kodama, Y., Yamazaki, T., Kosugi, K., Nakai, Y.:
Boreal Environment Research   13 403-416   2008年   [査読有り]
Tripathi, S.K., Sumida, A., Shibata, H., Ono, K., Uemura, S., Kodama, Y., Hara, T.:
Biol. Fertil. Soils   43(2) 237-246   2007年   [査読有り]
Kodama, Y., Yabuki, Y., Sato, N., Nomura, Y., Ishii. Y. and Ohata, T.
Hydrological Processes   21(15) 2028-2037   2007年   [査読有り]
Continuous measurement of soil respiration at a larch forest in Eastern Siberia
Hirano, T., Lopez, L., Kobayashi, Y., Machimura, T., Iwahana, G., Tamura, S., Kodama, Y., Fedrov, A.N., Fukuda, M.
Eds. R. Hatano and G. Guggenberger: Symptom of Environmental Change in Siberian permafrost region. Proceedings of the International Symposium of JSPS Core to Core Program between Hokkaido University and Martin Luther University Halle-Winttenberg   151-157   2006年   [査読有り]
地上マイクロ波放射計を用いた地上積雪観測に基づく積雪量推定衛星アルゴリズム検証
筒井浩行,小池俊雄,Tobias Graf,兒玉裕二,青木輝夫
水工学論文集   50 433-438   2006年   [査読有り]
Nakai, T., van der Molen, M.K., Gash, J.H.C., Kodama, Y.
Agric. For. Metorol.   136(1-2) 19-30   2006年   [査読有り]
Aoki, T., H. Motoyoshi, Y. Kodama, T.J. Yasunari, K. Sugiura, H. Kobayashi
SOLA   2 13-16   2006年   [査読有り]
Comparison of aerodynamic characteristics among boreal, cool-temperate and warm-temperate forests
Nakai, T., Kuwada, T., Kodama, Y., Ohta, T. and Maximov, T.C.
Journal of Agricultural Meteorology   60(5) 689-692   2005年   [査読有り]
Characteristics of roughness parameters in boreal, cool-temperate and warm-temperate forests
Nakai, T., Kuwada, T., Kodama, Y., Ohta, T., and Maximov, T.C.
Proc. of the 6th International Study conference on GEWEX in Asia and GAME, December 3-5, 2004, Kyoto, Japan. GAME CD-ROM Publication   11    2004年
Water balance of a snowy watershed in Hokkadido, Japan
Ishii , Y., Kodama, Y., Nakamura, R. and Ishikawa, N.
Northern Research Basins Water Balance, IAHS Publ.   290 50-64   2004年   [査読有り]
Estimation of annual water balance in Siberian tundra region using a new land surface model
Hirashima, H., T. Ohata, Y. Kodama and H. Yabuki
Northern Research Basins Water Balance, IAHS Publ.   290 41-49   2004年   [査読有り]
Hirashima, H., T. Ohata, Y. Kodama, H. Yabuki, N. Sato, A. Georgiadi
J. Hydromet.   5(3) 373-389   2004年   [査読有り]
Stability of drifting snow-type perennial snow patches
Glazirin, G.E. and Y. Kodama
Bul. Glaciol. Res.   21 1-8   2004年   [査読有り]
Estimating Latent Heat Over a Melting Arctic Snow Cover
Semadeni-Davies, A., Maréchal, D., Bruland, O., Kodama, Y., Sand, K.
Nordic Hydrology   35 175-190   2004年   [査読有り]
Hydrology in Lena River basin –Preliminary results of GAME-Siberia Project
KODAMA Yuji
Tohoku Geophys. Journ. (Sci.Rep. Tohoku Univ., Ser. 5)   36(4), 359-368(4) 359-368   2003年
気候変動下における氷河変動の評価
94 212-215   2003年   [査読有り]
高橋 修平, 榎本 浩之, 亀田 貴雄, 本山 秀明, 古川 晶雄, 兒玉 裕二, 遠藤 辰雄, 大畑 哲夫, 菊地 時夫, 牧野 章汎, 牧野 勤倹
日本雪氷学会誌"雪氷"   60(6) 463-472   1998年
中林宏典, 石川信敬, 児玉裕二
水文・水資源学会誌   11(3) 221-228   1998年
中林 宏典, 石川 信敬, 兒玉 裕二
水文・水資源学会誌   11(3) 221-228   1998年
カムチャッカにおける日ソ共同氷河研究の概要
15 19-26   1997年
カムチャッカ・カレイタ氷河の氷河学的特徴
15 27-36   1997年
カムチャッカ・カレイタ氷河の水文気象特性
15 37-45   1997年
カムチャッカにおけるカレイタ・ウシュコフスキー氷河の水文気象および氷河学観測
低温科学物理篇資料集   55 107-149   1996年
草地と水面の蒸発散量の比較
北海道の農業気象   47 18-24   1995年
スピッツベルゲン,ブレッガー氷河における水文字的観測-流出量,水温,電導度について-
極地研究所シンポジウムプロシーディングス   45-53   1995年
夏期渇水期における流量と水質の日変化
水文過程   9 833-841   1995年
石川信敬, 中谷千春, 児玉裕二, 小林大二
雪氷   56(1) 31-43   1994年
高山帯における夏期の融雪と流出 I -雪渓の融解過程と季節変化-
低温科学   52 25-38   1994年
融雪期における林内放射収支量の推定
低温科学   52 15-24   1994年
カナダ東部,北方針葉樹林地における融雪流出II.-化学物質の流出過程-
低温科学   51,93-108    1993年
カナダ東部、北方針葉樹林における融雪水の流出I-融雪特性と流出応答-
低温科学   51,77-92    1993年
接地境界層の熱的特性における積雪の効果
低温科学   51,63-76    1993年
融雪期における盆地冷却層の解消について
低温科学   51,53-62    1993年
融雪面の短波放射特性について-1988年札幌-
低温科学   51,41-52    1993年
融雪水の積雪内流下の非一様性
京都大学水資源研究センター研究報告   12    1992年
融雪流出の遅れ過程I
低温科学物理編   49    1990年
大雪山ヒサゴ雪渓の水文・気象環境
低温科学物理編資料集   48    1989年
Climate of Dome C
Wendler,G., Y.Kodama and A.Poggi
Antarctic J. U.S. 1982 Review   17(5) 15-19   1983年   [査読有り]
デルタにおける強風
Wendler, G., Y. Kodama and F. Eaton
The Northern Engineer   15(3) 15-19   1983年
南極アデリーランドのカタバ風
Wendler,G., kodama,Y., Poggi,A
Antarctic J.   236-238   1983年
北見山地ウェンシリ岳の雪渓調査II
成瀬廉二、高橋修平、岡野正、兒玉裕二、鴻野繁和
低温科学 物理編   35 23-25   1977年
カナダ東部における酸性の融雪水の流出機構
学術月報   46(4) 348-352
Corrigendum: The GOddard SnoW Impurity Module (GOSWIM) for the NASA GEOS-5 Earth System Model: Preliminary comparisons with observations in Sapporo, Japan
兒玉 裕二
SOLA   12(c1)    2016年   [査読有り]

Misc

 
シベリア水循環
兒玉 裕二
、(社)日本雪氷学会北海道支部設立50周年記念誌   114-117   2009年
用語解説・気候感度
北海道の農業気象   51 23-24   1999年
融雪面の熱収支
日本雪氷学会監修 「雪と氷の事典」朝倉書店   131-141    2005年

書籍等出版物

 
北極読本
兒玉 裕二 (担当:分担執筆, 範囲:6 北極域の気象・水象、コラム最近の我が国の北極研究の動向)
成山堂書店   2015年11月   
新版 雪氷辞典
兒玉 裕二 (担当:分担執筆)
古今書院   2014年3月   
(社)日本雪氷学会編「積雪観測ガイドブック」(
兒玉 裕二 (担当:分担執筆, 範囲:広域積雪調査(スノーサーベイ))
朝倉書店   2010年   
雪氷調査法
北大図書刑行会   1992年   
雪氷面への応用例
気象研究ノート「地表面フラックス測定法」塚本・文字編   2001年   

Works

 
南極で大気-氷床-海洋相互作用調査
1985年
アラスカ永久凍土地帯の水循環特性と洪水予測
1988年
カナダ東部における酸性の融雪水の流出機構
1990年
Spitsbergen NyAlesundにおける融雪熱収支及び流出の研究
1993年 - 1994年
サハリンチャイボ湾における海氷表面熱収支の観測
1993年

競争的資金等の研究課題

 
シベリア永久凍土地帯におけるエネルギー・水循環と大気・陸面相互作用
北方林地帯における水循環特性と植物生態生理のパラメータ化
JST戦略的創造研究推進制度(研究チーム型) (戦略的基礎研究推進事業:CREST)
研究期間: 2003年 - 2008年