兒玉 裕二

J-GLOBALへ         更新日: 18/08/04 08:40
 
アバター
研究者氏名
兒玉 裕二
 
コダマ ユウジ
URL
http://moshiri.lowtem.hokudai.ac.jp/frame2.html
所属
国立極地研究所
部署
国際北極環境研究センター
職名
特任教授
学位
Ph.D.(アラスカ大学)
その他の所属
情報・システム研究機構国立極地研究所

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
情報・システム研究機構 戦略企画本部 上席URA
 
2018年4月
 - 
現在
国立極地研究所 国際北極環境研究センター 特任教授
 
2018年4月
 - 
現在
国立極地研究所 国際・研究企画室 上席URA
 
2017年7月
 - 
2018年3月
情報・システム研究機構 シニアURA
 

学歴

 
1977年4月
 - 
1978年5月
北海道大学 大学院理学研究科 地球物理学専攻
 

委員歴

 
2017年5月
 - 
現在
(公社)日本雪氷学会理事  理事
 
2017年5月
 - 
現在
(公社)日本雪氷学会関東以西支部  支部長
 
2013年4月
 - 
現在
JpGU  PEPS編集委員
 
2015年5月
 - 
2016年12月
Polar Science  Gest Editor
 
2015年
 - 
2016年
SAON  外部評価委員
 

受賞

 
2015年9月
公益社団法人日本雪氷学会 論文賞 Evaluation of updated physical snowpack model SMAP
受賞者: 庭野匡思、青木輝夫、兒玉裕二、山口悟、本吉弘岐、岩田幸良
 

論文

 
NIWANO Masashi(庭野匡思), AOKI Teruo(青木輝夫), KUCHIKI Katsuyuki(朽木勝幸), HOSAKA Masahiro(保坂征宏), KODAMA Yuji(兒玉裕二), YAMAGUCHI Satoru(山口悟), MOTOYOSHI Hiroki(本吉弘岐), IWATA Yukiyoshi(岩田幸良)
Bulletin of Glaciological Research   32(0) 65-78   2014年
The 1D multilayered physical snowpack model Snow Metamorphism and Albedo Process (SMAP), which was originally designed for climate studies, is now updated by incorporating a detailed water movement scheme, realistic snow settlement process and lim...
Seasonal water and energy exchange over tundra region near Tiksi, eastern Siberia
Kodama Y, Ishii Y, Nomura M, Sato N, Yabuki H, Ohata T
WATER RESOURCES IN EXTREME ENVIRONMENTS, PROCEEDINGS   2000(1) 55-59   2000年   [査読有り]
Ohta T, Suzuki K, Kodama Y, Kubota J, Kominami Y, Nakai Y
HYDROLOGICAL PROCESSES   13(14-15) 2383-2394   1999年10月   [査読有り]
Kobayashi D, Ishii Y, Kodama Y
HYDROLOGICAL PROCESSES   13(6) 865-876   1999年4月   [査読有り]
Fujiyoshi Y, Kodama Y, Tsuboki K, Nishimura K, Ono N
JOURNAL OF THE METEOROLOGICAL SOCIETY OF JAPAN   74(3) 281-297   1996年6月   [査読有り]
COMPARISON OF SNOWMELT HYDROGRAPH SEPARATION BY RECESSION ANALYSIS AND BY STREAM TEMPERATURE AND CONDUCTANCE
KOBAYASHI D, KODAMA Y, NOMURA M, ISHII Y, SUZUKI K
TRACERS IN HYDROLOGY   (215) 49-56   1993年   [査読有り]

書籍等出版物

 
北極読本
兒玉 裕二 (担当:分担執筆, 範囲:6 北極域の気象・水象、コラム最近の我が国の北極研究の動向)
成山堂書店   2015年11月   
新版 雪氷辞典
兒玉 裕二 (担当:分担執筆)
古今書院   2014年3月   
(社)日本雪氷学会編「積雪観測ガイドブック」(
兒玉 裕二 (担当:分担執筆, 範囲:広域積雪調査(スノーサーベイ))
朝倉書店   2010年   
土壌呼吸の自動測定
日本土壌肥料学会監修 「続・環境負荷を予測する」博友社   2005年   
局地風の調査、都市気候の調査、放射冷却の調査
竹内均監修地球環境調査計測事典    2002年   
雪氷面への応用例
気象研究ノート「地表面フラックス測定法」塚本・文字編   2001年   
雪氷調査法
北大図書刑行会   1992年   

講演・口頭発表等

 
尾関 俊浩, 荒川 逸人, 八久保 晶弘, 原田 裕介, 岩花 剛, 兒玉 裕二, 中村 一樹, 榊原 大貴, 榊原 健一, 澤柿 教伸, 下山 宏, 杉山 慎, 山野井 克己, 山口 悟, 秋田谷 英次
雪氷研究大会講演要旨集   2017年   
広沢 陽一郎, 青木 輝夫, 庭野 匡思, 的場 澄人, 兒玉 裕二, 谷川 朋範
雪氷研究大会講演要旨集   2017年   
町屋 広和, 森 淳子, 佐藤 篤司, 飯島 慈裕, 矢吹 裕伯, 兒玉 裕二, 荒木田 葉月, 伊勢 武史, 宮崎 真, 斉藤 和之
雪氷研究大会講演要旨集   2015年   
朽木 勝幸, 青木 輝夫, 庭野 匡思, 的場 澄人, 兒玉 裕二
雪氷研究大会講演要旨集   2014年   

Works

 
南極で大気-氷床-海洋相互作用調査
1985年
アラスカ永久凍土地帯の水循環特性と洪水予測
1988年
カナダ東部における酸性の融雪水の流出機構
1990年
Spitsbergen NyAlesundにおける融雪熱収支及び流出の研究
1993年 - 1994年
サハリンチャイボ湾における海氷表面熱収支の観測
1993年

競争的資金等の研究課題

 
シベリア永久凍土地帯におけるエネルギー・水循環と大気・陸面相互作用
北方林地帯における水循環特性と植物生態生理のパラメータ化
JST戦略的創造研究推進制度(研究チーム型) (戦略的基礎研究推進事業:CREST)
研究期間: 2003年 - 2008年