土屋 弘行

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/14 16:34
 
アバター
研究者氏名
土屋 弘行
 
ツチヤ ヒロユキ
所属
金沢大学
部署
医薬保健研究域 医学系 医薬保健研究域 医学系
職名
教授
学位
医学博士(金沢大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1989年
 - 
1991年
: 金沢大学医学部 助手 
 
1991年
 - 
1994年
: 金沢大学医学部 講師 
 
1994年
 - 
1999年
: 金沢大学医学部附属病院 講師 
 
1999年
 - 
2001年
: 金沢大学医学部 准教授 
 
2001年
   
 
-: 金沢大学大学院医学系研究科 准教授 
 

学歴

 
 
 - 
1988年
金沢大学 医学研究科 整形外科学
 
 
 - 
1983年
金沢大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
 
   
 
日本整形外科学会  骨軟部腫瘍委員会委員,日本整形外科学会代議員
 
 
   
 
日本創外固定・骨延長学会  幹事
 
 
   
 
中部日本整形災害外科学会  評議員
 
 
   
 
日本イリザロフ法研究会  世話人
 
 
   
 
日本整形外科学会  安全医療推進委員会委員,日本整形外科学会代議員
 

受賞

 
1999年
The Best Poster Exhibition
 
1998年
The Best Poster Exhibition
 
2000年
第5回整形・災害外科優秀論文賞
 
1998年
平成10年度日本整形外科学会・米国整形外科学会Traveling Fellow
 
1999年
第13回北国がん基金受賞
 

論文

 
Shimozaki K, Nakase J, Takata Y, Shima Y, Kitaoka K, Tsuchiya H
Knee surgery, sports traumatology, arthroscopy : official journal of the ESSKA   26(10) 3004-3011   2018年10月   [査読有り]
Ueno T, Kabata T, Kajino Y, Inoue D, Ohmori T, Tsuchiya H
The Journal of arthroplasty   33(10) 3288-3296.e1   2018年10月   [査読有り]
Ohmori T, Kabata T, Kajino Y, Takagi T, Tsuchiya H
The journal of knee surgery   31(8) 705-709   2018年9月   [査読有り]
Sangsin A, Murakami H, Shimizu T, Kato S, Tsuchiya H
Orthopedics   41(5) e727-e730   2018年9月   [査読有り]
Matsubara H, Tsuchiya H
Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association      2018年9月   [査読有り]

Misc

 
整形外科インプラント手術における感染予防戦略 腫瘍脊椎骨全摘術における感染予防戦略
村上 英樹, 出村 諭, 加藤 仁志, 林 寛之, 新村 和也, 土屋 弘行
日本骨・関節感染症学会プログラム・抄録集   41回 56-56   2018年7月
屋外での転倒に伴う橈骨遠位端骨折と気候の関係について
中田 美香, 多田 薫, 山本 大樹, 中嶋 宰大, 松田 匡司, 土屋 弘行
骨折   40(Suppl.) S181-S181   2018年7月
皮膚筋炎による石灰沈着症治療の合併症にて生じた若年性非定型大腿骨骨折の1例
吉谷 純哉, 大森 隆昭, 上岡 顕, 土屋 弘行
骨折   40(Suppl.) S498-S498   2018年7月
超音波ガイド下伝達麻酔による下腿創外固定抜去の試み
濱田 知, 松原 秀憲, 吉田 泰久, 宇賀治 修平, 土屋 弘行
日本整形外科超音波学会学術集会プログラム・抄録集   30回 149-149   2018年7月
膝蓋腱炎モデルラットにおける膝蓋下脂肪体の病理組織学的評価
北川 孝, 中瀬 順介, 高田 泰史, 下崎 研吾, 浅井 一希, 土屋 弘行
日本整形外科スポーツ医学会雑誌   38(3) 266-270   2018年7月
膝蓋腱炎(PT)モデルラットにおける膝蓋下脂肪体(IPFP)の病理組織学的変化を観察することである。9週齢のWistar系雄ラット18匹を対象とした。PT群に対してはコラゲナーゼを、コントロール群(C群)に対しては生理食塩水を、それぞれ20μlずつ膝蓋腱内に投与した。12週時点にて屠殺し膝関節標本に対しHE染色を行ない、IPFPのcellularity、fibrosis、vascularityを各0〜3点と半定量的に評価した。各指標をMann-Whitney U-testを用いて比較・検討...

Works

 
新しい腫瘍自家骨凍結装置の開発
2004年
抗癌剤含有骨セメントの抗腫瘍効果
新しい創外固定の開発と臨床応用
液体窒素処理骨と人工関節による四肢再建術
抗菌創外固定開発

競争的資金等の研究課題

 
骨軟部腫瘍の治療に関する研究
骨延長に関する研究
肺転移形成メカニズムの解明とその治療法の開発