那須 民江

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/13 15:27
 
アバター
研究者氏名
那須 民江
 
ナス タミエ
所属
中部大学
職名
特任教授
学位
医学博士(信州大学)
科研費研究者番号
10020794

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
中部大学 生命健康科学部 特任教授
 
2013年11月
 - 
2018年3月
中部大学 生命健康科学部 教授
 
2012年4月
 - 
2013年10月
中部大学 生命健康科学部 客員教授
 
2004年10月
 - 
2012年3月
名古屋大学 大学院医学系研究科 健康社会医学専攻 大学院医学系研究科 健康社会医学専攻 教授
 

委員歴

 
 
 - 
現在
内閣府食品安全委員会委員
 
 
 - 
現在
厚生労働省食品の安全確保推進研究 事前評価委員会委員
 
 
 - 
現在
環境省有害大気汚染物質健康リスク評価作業部会委員
 
 
 - 
現在
日本学術会議連携会員
 
 
 - 
現在
博士課程教育リーディングプログラム プログラムオフィサー
 

受賞

 
2018年6月
環境省 環境保全功労者表彰 環境大臣賞
 
2014年5月
日本衛生学会 学会賞
 
2008年6月
日本産業衛生学会 学会賞
 
1989年5月
日本衛生学会 奨励賞
 

論文

 
The Role of Cholesterol in the Pathogenesis of Hypertention-associated nonalcoholic steatohepatitis. In Cholesterol- Good, Bad and the Heart.
Yuan Y, Naito H, Nakajima T
Intechopen   9 109-124   2018年8月   [査読有り]
Nakajima T, Wang H, Ito Y, Naito H, Wang D, Zhao N, Li H, Qiu X, Xia L, Chen J, Wu Q, Li L, Huang H, Kamijima M
Industrial health   56(4) 300-307   2018年7月   [査読有り]
Azuma K, Endo G, Endo Y, Fukushima T, Hara K, Hori H, Horie S, Horiguchi H, Ichiba M, Ichihara G, Ikeda M, Ishitake T, Ito A, Ito Y, Iwasawa S, Kamijima M, Karita K, Katoh T, Kawai T, Kawamoto T, Kishi R, Kumagai S, Kusaka Y, Matsumoto A, Miyagawa M, Miyauchi H, Morimoto Y, Nagano K, Naito H, Nakajima T, Nomiyama T, Okuda H, Omae K, Sakurai H, Sato K, Sobue T, Suwazono Y, Takebayashi T, Takeshita T, Takeuchi A, Takeuchi A, Tanaka M, Tanaka S, Tsukahara T, Tsunoda M, Ueno S, Ueyama J, Umeda Y, Yamano Y, Yamauchi T, Yano E
Journal of occupational health   60(4) 333-335   2018年7月   [査読有り]
Ait Bamai Y, Miyashita C, Araki A, Nakajima T, Sasaki S, Kishi R
The Science of the total environment   618 1408-1415   2018年3月   [査読有り]
Miyake M, Ito Y, Suzuki H, Tomizawa M, Sato H, Liu M, Okamura A, Nakajima T, Ohtani K, Takino H, Inagaki H, Kamijima M
Toxicology letters   285 27-33   2018年3月   [査読有り]

Misc

 
トリクロロエチレン健康リスク評価作業部会、トリクロロエチレン健康リスク評価作業部会報告書 トリクロロエチレンに係る健康リスク評価について
大気環境学会誌   52(2) 25-57   2017年
六番町駅アスベスト飛散にかかる健康対策等検討会報告書
六番町駅アスベスト飛散にかかる健康対策等検討会
名古屋市交通局      2017年
有機溶剤トリクロロエチレンによる職業性過敏症症候群
Kamizima M,Wang Hailan,Nakajima T
医薬ジャーナル社   19(8) 68-74   2012年
Di(2-ethylhexyl) Phthalate (DEHP)
Identification of research needs to resolve the carcinogenicity of high-priority IARC carcinogens. View full report. IARC Technical publication No. 42   183-195   2010年
Occupational Trichloroethylene Hypersensitivity Syndrome with Human Herpesvirus-6 and Cytomegalovirus Reactivation
Dermatology   1-6   2010年

書籍等出版物

 
New予防医学・公衆衛生学 第3版
南江堂   2012年   
BDEHP-Induced Reproductive and Developmental Toxicity and PPARα in Bisphenol A and Phthalates: Uses, Health Effects and Environmental Risks.Bradley C. Vaughn ed
Nova Science Publisher Inc   2010年   
看護大辞典 第2版
医学書院   2010年   
分子予防環境医学研究会編集 改訂版 分子予防環境医学・有機溶剤中毒
本の泉社   2010年   
内科学書 工業毒中毒
2009年   

講演・口頭発表等

 
トリクロロエチレンによる過敏症症候群(HS)に対する曝露濃度と感受性因子の交互作用
第88回日本衛生学会学術総会   2018年   
降圧剤による高脂肪・高コレステロール食由来肝線維化シグナル系の抑制
第88回日本衛生学会学術総会   2018年   
高血圧及び高脂肪食摂取はラット肝臓Cyp7a1プロモーターのメチル化頻度を増加させる
第88回日本衛生学会学術総会   2018年   
降圧剤は高脂肪・高コレステロール食で誘導される脂肪性肝炎の進行を抑える
袁媛、那須民江
第87回日本衛生学会学術総会   2017年   
解毒酵素の発現抑制が食餌性由来肝線維化進展に重要である
内藤久雄、那須民江
第87回日本衛生学会学術総会   2017年   

Works

 
Identification of Research Needs to Resolve the Carcinogenicity of High-Priority IARC Carcinogens
2009年
トリクロロエチレンによる全身性皮膚-肝障害の環境的・遺伝的発症要因のコホート研究
2009年 - 2011年
社会医学分野に関する学術動向の調査研究
2008年 - 2008年
ディ-ゼル排気ナノ微粒子の健康影響に関する新しいバイオマーカーの開発およびリスク評価に関する研究
2008年 - 2008年
容器・包装品から溶出する化学物質の毒性メカニズムの解明と安全基準策定に関する研究
2008年 - 2010年

競争的資金等の研究課題

 
トリクロロエチレン過敏症症候群(重症薬疹様皮膚肝障害)の発症前診断法開発の試み
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的研究(萌芽))
研究期間: 2018年 - 2019年    代表者: 上島 通浩
非肥満型非アルコール性脂肪性肝炎における胆汁酸の影響
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 北森 一哉
トリクロロエチレンによる全身性皮膚−肝障害はCYP2E1自己抗体により惹起される
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2016年 - 2017年    代表者: 那須 民江
非アルコール性脂肪性肝炎の新たな予防戦略:血圧と栄養管理の重要性に関する研究
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 那須 民江
最新質量分析計による体液中危険ドラッグの検出・同定法の開発及び学際的検討
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 石井 晃