大岡 昌博

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/26 15:29
 
アバター
研究者氏名
大岡 昌博
 
オオオカ マサヒロ
URL
http://ns1.ohka.cs.is.nagoya-u.ac.jp/
所属
名古屋大学
部署
大学院情報学研究科  複雑系科学専攻 複雑系計算論
職名
教授
学位
工学博士(名古屋大学)
科研費研究者番号
50233044

経歴

 
1986年4月
 - 
1992年6月
株式会社富士電機総合研究所
 
1992年7月
 - 
1993年3月
名古屋大学 工学部 講師
 
1993年4月
 - 
2003年3月
静岡理工科大学 理工学部 助教授
 
2003年4月
 - 
2007年3月
名古屋大学 大学院情報科学研究科 助教授
 
2003年4月
 - 
2007年3月
名古屋大学 大学院情報科学研究科 複雑系科学専攻 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1986年
名古屋大学 工学研究科 機械工学
 

受賞

 
2017年12月
IEEE 2017 International Symposium on Micro-NanoMechatoronics and Human Science Best paper
受賞者: Yuko Kamishima, Yuya Oizumi, Kenji Sugiman, Masahiro Ohka
 
2017年11月
日本機械学会 日本機械学会創立120周年記念功労表彰
 
2016年4月
Universiti Teknikal Malaysia Melaka Best Paper
 
2016年1月
日本機械学会 日本機械学会フェロー
 
2015年11月
IEEE MHS2015 Best poster
 
2015年10月
IEEE IRIS2015 Best paper
 
2015年10月
Research Innovation Symposium Exposition 2015 Sliver
 
2014年6月
Performance Reliability Design Innovation Exploratory 2013-2014 Champion in College/University Category
 
2011年11月
MHS2011 Best Paper Award
 
受賞論文:N. Rajaei, Y. Kawabe, M. Ohka and T. Miyaoka, Investigation of Conditions Generating Velvet Hand Illusion Toward Tactile Displays
2010年9月
World Automation Congress 2010 Best Paper Award
 
2010年4月
日本機械学会 日本機械学会論文賞
 
2009年7月
ASME ASME 2009 Best Mechatronics Paper
 
2007年4月
The International Conference on Control, Instrumentation and Mechatronics Engineering, 2007 Best Paper Award
 
2007年3月
日本機械学会 機械学会船井賞
 
2006年12月
Universuti Teknologi MARA 講演特別賞,会議名:National Academic Conference 2006/The Enhancement of Human Captital Through Social Science and Technology
 
受賞対象論文:Basic Human-Like Motions of a 21-dof Humanoid Robot for Application in Built-for-human’s Environment
2006年11月
AEM学会 著作賞
 
対象著書:アクチュエータ工学,株式会社養賢堂
2004年
日本機械学会 日本機械学会機素潤滑設計部門 業績賞
 
2002年
日本機械学会 日本機械学会論文賞
 
1998年
日本機械学会 日本機械学会論文賞
 

論文

 
Nader Rajaei, Naoya Aoki, Haruka K. Takahashi, Tetsu Miyaoka, Takanori Kochiyama, Masahiro Ohka, Norihiro Sadato, Ryo Kitada
Human Brain Mapping   12(39) 4787-4801   2018年12月   [査読有り]
Humans are adept at perceiving textures through touch. Previous neuroimaging studies have identified a distributed network of brain regions involved in the tactile perception of texture. However, it remains unclear how nodes in this network contri...
Pseudo-haptics と触覚刺激の複合呈示による硬さ表現能力の向上
横山綾亮,小村啓,坪井 諭之,大岡昌博
日本機械学会論文集   84(868) 1-8   2018年10月   [査読有り]
N. Rajaei, M. Ohka, H. Nomura, H. Komura, S. Matsushita and T. Miyaoka
International Journal of Advanced Robotic Systems   1-10   2016年9月   [査読有り]
Thin Flexible Sheet Handling Using Robotic Hand Equipped with Three-axis Tactile Sensors
K. Sugiman, M.A.M. Jusoh, M. Ohka, H. Yussof, S.C. Abdullah
Procedia Computer Science   76 155-160   2016年1月   [査読有り]
Sensitivity-Enhancing All-in-type Optical Three-axis Tactie Sensor Mounted on Articulated Robotic Fingers
A. Takagi, Y. Yamamoto, M. Ohka, H. Yussof, S.C. Abdullah
Procedia Computer Science   76 95-100   2016年1月   [査読有り]
Finite Element Analysis of Human Tactile Sensing to Differentate Thin Foils Through Comparison Between Vertical & Angled Loads
Mohammad Azzeim bin Mat Jusoh, Masahiro Ohka, Tetsu Miyaoka
Procedia Computer Science   76 40-46   2016年1月   [査読有り]
Comparison of Tactile Discriminations to Verify The Undetectable Region of SUS Foil Thickness
Mohammad Azzeim Bin Mat Jusoh, Masahiro Ohka, and Tetsu Miyaoka
Journal of Telecommunication, Electronic and Computer Engineering (JTEC)   8(7) 83-86   2016年   [査読有り]
Takuya Ikai, Shota Kamiya and Masahiro Ohka
Journal of Computer Science   12(5) 246-254   2016年   [査読有り]
動刺激条件の相違が運動錯覚の誘発と知覚量に及ぼす影響
本多正計,唐川裕之,赤堀晃一,宮岡 徹,大岡昌博
日本バーチャルリアリティ学会論文誌   19(4) 457-466   2014年12月   [査読有り]
卓上型運動錯覚誘発・評価装置の開発
本多正計,唐川裕之,赤堀晃一,宮岡 徹,大岡昌博
日本機械学会論文集   80(820) 1-12   2014年12月   [査読有り]
Advanced Design of Columnar-conical Feeler-type Optical Three-axis Tactile Sensor
Masahiro Ohka, Akihiro Tsunogai, Takashi Kayaba, Sukarnur Che Abdullah, Hanafiah Yussof
Procedia Computer Science   42 17-24   2014年12月   [査読有り]
3D Surface Presentations of Virtual Tilt Pad Using Moment Measurement for Pin-matrix Tactile Display
Satoshi Tsuboi, Masahiro Ohka, Hanafiah Yussof
Procedia Computer Science   42 1-8   2014年12月   [査読有り]
A Basic Study of Hardness Cognition Combining Pseudo-haptics and Distributed Pressure Display
Satoshi Tsuboi, Masahiro Ohka
ICIC Express Letters   8(1) 103-108   2014年1月   [査読有り]
Behavior Control of Robot by Human Finger Direction
Takuya Ikai, Masahiro Ohka, Hanafiah Yussof
Engineering Procedia   41 784-791   2014年   [査読有り]
Investigation of Human Tactile Stochastitc Resonance Depending on Frequency Effect
Kadir Beceren, Masahiro Ohka,Tetsu Miyaoka, Hanafiah Yussof,
International Journal on Smart Sensing and Intelligent Systems   6(5) 2334-2349   2013年12月   [査読有り]
Evaluation of Finger Direction Recognition Method for Behavior Contril of Robot
T. Ikai, M. Ohka, S. Kamiya, H. Yussof and S. C. Abdullah
International Journal on Smart Sensing and Intelligent Systems   6(5) 2308-2333   2013年12月   [査読有り]
Investication of VHI Affected by the Density of Mechanoreceptive Units for Virtual Sensation
N.Rajaei, M.Ohka, T.Miyaoka, Hanafiah Yussof, Ahmad Khushairy Makhtar, Siti Nora Basir
International Journal on Smart Sensing and Intelligent Systems   6(4) 1517-1532   2013年9月   [査読有り]
Object Handling Precision Using Mouse-like Haptic Display Generating Tactile and Force Sensation
Satoshi Tsuboi, Masahiro Ohka, Hanafiah Yussof, Ahmad Khushairy Makhtar, Siti Nora Bashir
International Journal on Smart Sensing and Intelligent Systems, Vol. 6, No. 3   6(6) 810-832   2013年6月   [査読有り]
Kadir Beceren, Masahiro Ohka, Tao Jin, Tetsu Miyaoka, and Hanafiah Yussof
International Journal on Smart Sensing and Intelligent Systems   10 1-7   2013年   [査読有り]
Flexible Active Touch Using 2.5D Display Generating Tactile and Force Sensations
Satoshi Tsuboi and Masahiro Ohka
ICIC Express Letters   6(12) 2995-3000   2012年12月   [査読有り]
Two-axial Piezoelectric Actuator Controller Using Multi-layer Artificial Neural Network Featuring Feedback Connection for Tactile Displays
Masahiro Ohka, Kazuya Esumi, Yasuhiro Sawamoto
Advanced Robotics   26(3-4) 219-232   2012年2月   [査読有り]
Psychophysical Experiments on Velvet Hand Illusion Toward Presenting Virtual Feeling of Material
N. Rajaei, Y. Kawabe, M. Ohka and T. Miyaoka
International Journal of Social Robotics   44(1) 77-84   2012年1月   [査読有り]
Two-hand-arm Manipulation Based on Tri-axial Tactile Data
M. Ohka, S. C. Abdullah, J. Wada1 and H. B. Yussof
International Journal of Social Robotics   4(1) 97-105   2012年1月   [査読有り]
Experiments on Stochastic Resonance Toward Human Mimetic Tactile Data Processing
Masahiro Ohka, Kadir Beceren, Tao Jin, Abdullah Chami, Hanafiah Bin Yussof and Tetsu Miyaoka
International Journal of Social Robotics   4(1) 65-75   2012年1月   [査読有り]
Behavior Control of Robot by Human Finger Direction
Takuya Ikai, Masahiro Ohka, Hanafiah Yussof
Engineering Procedia   41 792-797   2012年   [査読有り]
Naoto Hoshikawa, Masahiro Ohka and Hanafiah Bin Yussof
International Journal on Smart Sensing and Intelligent Systems   4(4) 583-606   2011年12月
Edge Extraction Using Image and Three-axis Tactile Data
Sukarnur Che Abdullah, Takuya Ikai, Yusuke Dosho, Hanafiah Bin Yussof, and Masahiro Ohka
International Journal on Smart Sensing and Intelligent Systems   4(3) 508-526   2011年9月   [査読有り]
Virtual Figure Presentation Using Pressure-Slippage-Generation Tactile Mouse
Yiru Zhou, Xuecheng Yin, and Masahiro Ohka
International Journal on Smart Sensing and Intelligent Systems   4(3) 454-466   2011年9月   [査読有り]
Evaluation of Pressure-Slippage-Generating Tactile Mouse using Edge Presentation
Yiru Zhou, Xuechen Yin and Masahiro Ohka
Journal of Computer Science   7(10) 1448-1457   2011年8月   [査読有り]
Human Capability of Discriminating Relief-like 2D Figures in Tactile Displaying
Masahiro Ohka, Hiroki Yoshino, Tetsu Miyaoka
Robotica   29(4) 527-533   2011年6月   [査読有り]
Object Exploration Using a Three-Axis tactile Sensing Information
S. C. Abdullah, Jiro Wada, Masahiro Ohka and Hanafiah Yussof
Journal of Computer Science   7(4) 499-504   2011年   [査読有り]
Combined Tactile Display Mounted on a Mouse
Yiru Zhou, Cheng-Xue Yin, Masahiro Ohka and Tetsu Miyaoka
International Journal of Computer and Network Security   2(10) 38-42   2010年10月   [査読有り]
Object Handling Using Artificial Tactile Affordance System
Naoto Hoshikawa, Masahiro Ohka and Hanafiah Bin Yussof
International Journal of Computer and Network Security   2(10) 32-37   2010年10月   [査読有り]
Investigation on Velvet Hand Illusion Using Psychophysics and FEM Analysis
M. Ohka, Y. Kawabe, C. Abdullah, R. Nader, H. B. Yussof, and T. Miyaoka
International Journal on Smart Sensing and Intelligent Systems   3(3) 488-503   2010年9月   [査読有り]
Two Methodologies Toward Artificial Tactile Affordance System in Robotics
M. Ohka, N. Hoshikawa, J. Wada, and H. B. Yussof
International Journal on Smart Sensing and Intelligent Systems   3(3) 466-487   2010年9月   [査読有り]
Analysis of Tactile Slippage Control Algorithm for Robotic Hand Performing Grasp-Move-Twist Motions
Hanafiah Yussof, Jiro Wada, Masahiro Ohka
International Journal on Smart Sensing and Intelligent Systems   3(3) 359-375   2010年9月
Sensorization of Robotic Hand Using Optical Three-Axis Tactile Sensor: Evaluation with Grasping and Twisting Motions
Hanafiah Yussof, Jiro Wada and Masahiro Ohka
Journal of Computer Science   6(8) 955-962   2010年8月   [査読有り]
Response of SAI Afferents May Play a Role in the Perception of Velvet Hand Illusion
A. Chami, M. Ohka, Y. Kawabe, H. B. Yussof
Journal of Computer Science   6(8) 934-939   2010年8月   [査読有り]
Design of a Distributed Control System Using a Personal Computer and Micro Control Units for Humanoid Robots
M. Yamano, A. Ochiai, Y. Suzukawa, H. Yussof, M. Ohka, Y. Nasu
Journal of Computer Science   6(8) 880-885   2010年8月   [査読有り]
Analysis of Flexibility in Humanoid Robot Structure Design to Attain Human-Like Motions
Hanafiah Yussof, Mitsuhiro Yamano, Ahmed Jaffer, Masahiro Ohka
Journal of Mechanical Engineering   6(2) 1-25   2009年12月   [査読有り]
*Object Exploration and Manipulation Using a Robotic Finger Equipped with an Optical Three-axis Tactile Sensor
M. Ohka, J. Takata, H. Kobayashi, H. Suzuki, N. Morisawa, and H. B. Yussof
Robotica   27 763-770   2009年9月   [査読有り]
To evaluate our three-axis tactile sensor developed in preceding papers, a tactile sensor is mounted on a robotic finger with 3 degrees of freedom. We develop a dual computer system that possesses two computers to enhance processing speed: one is ...
*Stochastic Resonance Aided Tactile Sensing
M. Ohka & S. Kondo
Robotica   27 633-639   2009年7月   [査読有り][招待有り]
Stochastic resonance (SR) is one of the basic principles intrinsically possessed by any living thing to highly adapt to complicated environments including various disturbances. Although a noise is inevitably mixed by contact with an object and a s...
指先と母指球における楕円状2次元凹凸図形の触運動知覚
吉野裕喜,大岡昌博,宮岡徹
日本機械学会論文集(C編)   75(754) 1698-1704   2009年6月   [査読有り][招待有り]
本論文では,触覚ディスプレイの設計に役立てることを目的として,触運動が皮膚感覚に与える影響を調査する.一連の心理物理実験では,8種類の縦横比の楕円形と円形の凸部を触察して,どちらが円形かを判定する恒常法に基づく実験手順を構成した.指先部と母指球部の感度比較を行った結果,触覚受容器の存在密度に対応して指先部の方が約3.5倍の感度を示した.また,試験片を冷却すると,特定の触覚受容器の感度が低下する性質を利用して,2次元形状を検出している受容器の特定を試みた.その結果,5℃に冷却しても判定精度が...
An Experimental Optical Three-axis Tactile Sensor Featured with Hemispherical Surface
M. Ohka, H. Kobayashi, J. Takata, Y. Mitsuya
Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing   2(5) 860-873   2008年9月   [査読有り]
Tactile Sensing-Based Control Architecture in Multi-Fingered Arm for Object Manipulation
Hanafiah Yussof, Masahiro Ohka, Hirofumi Suzuki, Nobuyuki Morisawa and Jumpei Takata
Engineering Letters, Computer Science and Engineering, Published by: International Association of Engineers   16(2) EL_16_2_09   2008年9月   [査読有り]
Sensing Characteristics of an Experimental CT Tactile Sensor
Y. Sawamoto, M. Ohka, N. Zhu
Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing   2(3) 454-462   2008年7月   [査読有り]
Navigation Strategy by Contact Sensing Interaction for a Biped Humanoid Robo
Hanafiah Yussof, Masahiro Ohka, Mitsuhiro Yamano, Yasuo Nasu
International Journal of Advanced Robotic Systems   5(2) 151-160   2008年6月   [査読有り]
This report presents a basic contact interaction-based navigation strategy for a biped humanoid robot
to support current visual-based navigation. The robot's arms were equipped with force sensors to detect physical
contact with objects. We propose...
半球形光学式三軸触覚センサの開発
大岡昌博,小林弘明, 高田純平,三矢保永
日本機械学会論文集(C編)   74(741) 1477-1484   2008年6月   [査読有り]
三軸触覚センサ搭載ロボットフィンガの開発
大岡昌博,高田純平,小林弘明,鈴木浩史,森澤信之,Hanafiah Bin Yussof
日本機械学会論文集(C編)   74(740) 856-866   2008年5月   [査読有り]
Tactile Sensing-Based Control Architecture in Multi-Fingered Arm for Object Manipulation
Hanafiah Yussof, Masahiro Ohka, Hirofumi Suzukim, Nobuyuki Morisawa and Jumpei Takata
IAENG Engineering Letters, Volume 16 Issue 2   16(2) 236-247   2008年5月   [査読有り]

Misc

 
インフォモーションとトライボロジー-トライボロジーを通じてアクチュエータ・センサネットワークが獲得する環境情報-
大岡昌博,小村啓,矢野智昭
トライボロジスト   63(9) 580-585   2018年9月   [依頼有り]
触覚の確率共鳴のモデル化
大岡昌博
シミュレーション   33(2) 102-108   2014年6月   [依頼有り]
集合型センサ・アクチュエータシステムの知能化/触覚センサと触覚ディスプレイ
大岡昌博
機械の研究   64(11) 907-914   2012年11月   [依頼有り]
複雑系科学が拓く触覚センシング
大岡昌博
基礎心理学研究   27(1) 95-99   2008年9月   [依頼有り]
圧電アクチュエータの基礎と応用/圧電材料の駆動メカニズムと触覚ディスプレイへの応用
大岡昌博
日本バーチャルリアリティ学会誌,Vol. 13, No. 2, pp. 77-82, 平成20年6月   13(2) 77-82   2008年8月   [依頼有り]
仮想接触感を生成する触覚ディスプレイ
大岡昌博,宮岡徹,三矢保永
トライボロジスト   53(2) 100-105   2008年2月
知能機械
大岡昌博
創立110周年記念 機械工学 最近10年のあゆみ,社団法人日本機械学会   152-153   2008年
A Tactile-haptic Display System Using Micro-actuator Array
M. Ohka, K. Kato, T. Fujiwara, S. Matsukawa, Y. Mitusya
Proc. of the 2005 Inter. Sympo. On Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS2005 Micro-Nano COE)   1 23-28   2005年11月   [査読有り]
Sensing Characteristics of an Optical Three-axis Tactile Sensor Mounted on a Multi-fingered Robotic Hand
IEEE/RSJ Inter. Conf. on Intelligent Robots and Systems   1 1959-1964   2005年8月   [査読有り]
Virtual Object Handling Using a Tactile-haptic Display System
The Inter. Conf. on Mechatronics and Automation   1 292-297   2005年7月   [査読有り]
An Optical Three-axis Tactile Sensor Mounted on a Multi-fingered Robotic Hand
Proc. of the 2nd Inter. Conf. on Mechatronics, ICOM'05   615-620   2005年   [査読有り]
Sensing Characteristics of an Optical Three-axis Tactile Sensor Mounted on a Multi-fingered Robotic Hand
The Inter. Conf. on Manufacturing, Machine Design and Tribology   1    2005年   [査読有り]
A Study of a Tactile Sensor Based on Computer Tomography
The Inter. Conf. on Manufacturing, Machine Design and Tribology   1    2005年   [査読有り]
A Basic Study on Design for Optical Three-axis Tactile Sensors Mounted on an Articulated Robot
Eighth Inter. Conf. on Manufacturing and Management   2 1047-1052   2004年   [査読有り]
Multi-modal Haptic Display Featuring with a Fine Array of Stimulus Pins and an Articulated Manipulator
Eighth Inter. Conf. on Manufacturing and Management   2 1053-1058   2004年   [査読有り]
触覚ディスプレイ装置におけるアクチュエータ技術
大岡昌博
日本ロボット学会   21(7) 758-761   2003年   [査読有り][依頼有り]
Mouse Mounted Tactile Displays Featuring an Array of Stimulus Pins
2003 FIRA Congress, Oct. 1 - 3, 2003, Vienna, Austria, (CDROM version, 6 pages)   2003    2003年   [査読有り]
Texture Presentation Capabilities of a High Resolution Tactile Display Mounted on a Mouse
Proc. of the 7th WSEAS International Multiconference on Circuits, Systems, Communications and Computers, (CDROM version, Total 6 pages)   7    2003年   [査読有り]
Figure and Texture Presentation Capabilities of Tactile Displays Featuring an Array of Stimulus Pins Driven by Piezoelectric Bimorph Actuators
The 2003 JSME-ISPS Joint Conf. on Micromechatronics for Information and Precision Equipment,   3(208) 90-91   2003年   [査読有り]
Tactile Virtual Reality Using an Array of Piezoelectric Bimorph Actuators
Proc. of WMC'2001 Third World Manufacturing Congress, (CDROM version, Total 6 pages)   1    2002年   [査読有り]
バーチャルリアリティに利用することを目的として4×6のPZTアクチュエータのアレイにより触覚呈示装置を構成した。被験者による基本形状識別実験を実施した。その結果,二点弁別閾と同程度の触知ピン距離であれば,仮想図形呈示に十分耐えることがわかった。
Surface Texture Presentation Using Tactile Display Featuring an Array of Piezoelectric Bimorph Actuators
Proc. of 2002 Seventh International Pacific Conference on Manufacturing and Management   7 246-251   2002年   [査読有り]
In order to establish a design method for a tactile display device, the authors first developed a matrix-type experimental tactile display device having a 4-by-6 array of stimulus pins using bimorph piezoelectric actuators. Using this tactile disp...
The Duplex Theory of Thickness Discriminations by Touch
Eighteenth Annual Meeting of the International Society for Psychophysics, Rio de Janeiro, RJ, Brazil, October, 22-26   18 474-479   2002年   [査読有り]
触覚センサ・ディスプレイ
大岡昌博
機械の研究   54(11) 1133-1140   2002年   [依頼有り]
知能ロボットのハンドリング性能や,バーチャルリアリティの質を向上するためには,触覚情報の利用が有効である.触覚センサと触覚ディスプレイはそのためのキーパーツである.本論文では,これらの研究動向についてサーベイを行った.まず,触覚センサについては,圧力分布とせん断力分布を同時に検出できる三軸触覚センサが有効であることを論じた.それを実現するための構成法として,円柱-円すい触子形,触子移動形およびCT(Computer Tomography)利用形などを採りあげ,原理や特長などを論じた.続いて...
分布圧覚呈示装置の開発-仮想物体の表面に触れるための技術
大岡昌博
超音波TECHNO   13(2) 25-28   2001年
触覚のバーチャルリアリティに適用することを目的に,ヒトの触覚センシング能力を調べ,最大数百ミクロンの変位を発生し,がた・遊びのないアクチュエータが必要であることを議論した。この仕様に適合させるために,積層形アクチュエータと変位拡大機構を組み合せて圧覚呈示装置を新しく開発した。その装置を用いて進めているテクスチャ呈示について解説した。
滑り感覚閾値計測装置
大岡昌博
静岡理工科大学紀要   9 115-127   2001年   [査読有り][依頼有り]
ヒトの滑り感覚認識機構を解明することを目的に,新しく開発した滑り覚発生装置と心理物理実験手法により滑り覚の閾値を計測する手法について紹介した。表面粗さの異なる試料を被験者に把握させて,心理物理実験法により滑り力の閾値を計測した。また被験者の指と試料の間の摩擦係数を計測した。その結果,摩擦状態が静止摩擦状態から,動摩擦状態へ移行する過渡状態で閾値が顕著に減少することなどがわかった。
Robotic Contour Recognition Using an Associative Model and Haptic
Proc. of World Automation Congress, ISOMA018 (CDROM version, Total 7 pages)   1    2000年   [査読有り]
接触部分の局所形状しか識別できない触覚センシングの不備を緩和するため,アソシアトロンとチェイン符号化法を組み合せる手法を新しく提案した。触覚センサ搭載マニピュレータを用いて輪郭形状を想起する実験を実施した。その結果,約半分の輪郭を追跡するだけで,全体形状を想起することがわかった。
Contour Recognition Using a Robotic Manipulator Equipped with an Optical Three-Axis Tactile Sensor
Proc. of IMEKO-XV (CD-ROM version)   15    1999年   [査読有り]
触運動動作によって物体形状の輪郭を探索する実験を行った。この実験では,触覚センサの中心と物体のエッジ重心が一致するようにマンピュレータを運動させた。エッジの追従精度は,センサ素子間の距離の範囲に収まっており今後の実験を遂行する上で十分な精度であることがわかった
Fine Step-height Recognition Using a Neuron Model and an Optical Three-axis Tactile Sensor
Recent Advances in Circuits and Systems, (Edited by Nikos E. Mastorakis), World Scientific   1    1998年   [査読有り]
Robotic Surface Recognition Using a Human Mimetic Tactile Sensing Model
Proceedings of IEEE RO-MAN'98 (IEEE Inter-national Workshop on Robot and Human Communication)   1 543-549   1998年   [査読有り]
ヒトの表面粗さの知覚に関してこれまで実施してきた実験結果に基づいて,その機構を単一ニューロンモデルにより定式化した。段差を種々の速度で感知するシミュレーションを実施し実験結果と比較した。その結果,段差の移動速度が増大するほど段差を大きく感じる実験結果を本モデルで表現できた。さらに,触覚センサ搭載マニピュレータによる実験によってもこの効果を示すことができた。
Human Tactile Sensation Capability to Discriminate Moving Fine Texture
Proceedings of IEEE RO-MAN'98 (IEEE Inter-national Workshop on Robot and Human Communication)   1 555-560   1998年   [査読有り]
ヒトが感じ取る表面粗さは,指の運動速度に依存していることを確かめるため,前報と同様な装置を用い恒常法の手続きにしたがって段差の主観的等価値を求めた。運動速度が大きくなると,主観的等価値が大きくなることから,速い触運動の方が粗さを大きく感じていることがわかった。
光導波形マイクロ三軸触覚センサ
超音波TECHNO   9(3) 35-38   1997年   [依頼有り]
光導波形マイクロ三軸触覚センサの原理及び開発の経緯などを一般の研究開発者にも分かりやすく紹介した。まず,本触覚センサは,マイクロ化が容易となるために,単純構造を採用し,画像解析により三軸力を計測することを基本方針とすることを述べた。次に,マイクロマシンニングを利用することによって150μmピッチまで小型化できることなどを紹介した。
Tactile Information Processing Mechanisms of Fine Surface Texture Discrimination in Humans: A Study with Ridge Height Discrimination Tasks
Int., Ergonomics Association 13th Triennial Congress of the IEA Vol.7   13 264-266   1997年   [査読有り]
ヒトの表面粗さ識別の機構を調べるためにSUS304表面にエッチングにより微細な畝を形成した試験片を用いて恒常法の手続きに基づいた理物理実験を実施した。閾値は0.2μmとなり,実験2のほうが高い弁別精度を示した。このことから,受容器の神経発射の同期と弁別精度に関連があることがわかった。
Flying Character-istics of Head Sliders When Traveling over Magnetic Surfaces
Int. Conf. on Micro-mechatronics for Information and Precision Equipment (MIPE'97)   1 90-95   1997年   [査読有り]
シーク時の振動を低減するためには,ハードディスクの内外周でのヘッド・スライダの隙間が一定なることが好ましい。本論文では,負圧スライダ,溝付スライダ,テーパ・フラット・スライダなどの動特性を有限要素法により解析した。その結果,負圧スライダのすきま変動が最も少なく,スライダ形状として好ましいことを示した。
Surface Texture Acquisition Using a Robot Manipulator Equipped with an Three-axis Tactile Sensor
The Third ECPD Int. Conf. on Advanced Robotics   3 170-175   1997年   [査読有り]
三軸触覚センサをロボット・マニピュレータに搭載して,金属材料表面の凹凸や摩擦係数を計測した。その結果,本ロボット・マニピュレータが50μmまでの微小な凹凸や,金属平面の±5°程度の傾きを計測できることなどを明らかにした。
Fine Surface-Texture Discrimination Ability Depends on the Number of Mechanoreceptors Participating in the Discrimination Task
3rd Joint Meeting Acoustical Societies of America and JapanVol. 1, No. 4, Pt.2   1(4) 2771   1996年   [査読有り]
ヒトの表面粗さ認識において受容器の密度が認識精度に及ぼす影響を調べた。心理物理実験法として恒常法を採用し,受容器の分布密度が異なる指先部と母指丘により精密研磨紙の面粗さを判定させた。その結果,分布密度と判定精度の間に相関関係があることがわかった。
Derivation of Rarefaction-Modified Reynolds Equation Considering Porosity of Thin Lubricant Film
Proc. of ASME/STLE Joint Tribology Conference 96-TRIB-57   1 1-6   1996年   [査読有り]
分子平均自由行程程度の微小すきまを介した気体潤滑問題において,媒体上の高分子着たい潤滑膜を多孔質材で置換したモデルを導入して修正レイノルズ方程式にその効果を組み入れた。本方程式を磁気ディスクのヘッド媒体インタフェースに適用してシミュレーションを実施した。その結果,圧力こう配が正の場合に多孔質性の影響が増大することなどを示した。
Measurement of Human Tactile Sensation Capability to Discriminate Fine Surface Textures Using Variable Step-height Presentation System
Proc. of 5th IEEE Int. Workshop on Robot and Human Communication   5 274-279   1996年   [査読有り]
ヒトが感じ取る表面粗さは,指の運動速度に依存していることを確かめるため,前報と同様な装置を用い恒常法の手続きにしたがって段差の主観的等価値を求めた。運動速度が大きくなると,主観的等価値が大きくなることから,早い触運動の方が粗さを大きく感じていることがわかった。
Data Conversion Capability of Optical Tactile Sensor Featuring an Array of Pyramidal Projections
Proc. of 1996 IEEE/SICE/RSJ Int. Conf. on Multi-sensor Fusion and Integration for Intelligent Systems   1 573-580   1996年   [査読有り]
ピラミッドアレイ形光導波路と,平面ゴムシートの組み合わせによる三軸触覚センサを用いると,凸シートと凹シートの接触の差によって材料の硬さが評価できる。有限要素法による接触解析を実施しこの現象を明らかにするとともに,実験により数MPaから数百MPaの資料の硬さを判別できることを示した。
触覚センサの技術動向
静岡理工科大学紀要   3 29-42   1995年   [査読有り]
シリコンウェハ,感圧導電ゴム,光導波路,静電容量材料,磁性材料など様々な材料を用いて開発されてきた種々の触覚センサについて解説した。それらの長所短所を議論し,今後の触覚センサ開発の上でどのような設計法が望まれるか検討した。また,触覚情報を用いて対象物体の認識や把握状態を制御するための戦略についても述べた。
三軸触覚センサと認識法
トライボロジスト   40(6) 68-73   1995年   [依頼有り]
シリコンウェハ上に半導体プロセスにて微細なひずみゲージ,スイッチ,温度センサ,アンプを設けてインテリジェント化した触覚センサについて解説した。近年発達してきたマイクロマシン技術を用いることによって,弾性リング及びはり構造式の三軸触覚センサを構成する方法も述べた。さらに,三軸触覚センサが獲得した情報に基づいて把持物体の材質及び形状を認識することがエキスパートシステムによって可能となることについても解説した。
光導波形三軸触覚センサ
光アライアンス   7(6) 13-15   1995年
この報告は,光導波形三軸触覚センサの開発の経緯,ロボットハンドへの適用事例について,一般の研究開発者にも分かりやすくまとめたものである。この中で,光導波形触覚センサの原理,三軸触覚センサへの発展方法とその設計法,平行指ハンドに搭載し物体認識や把握力制御に応用した事例について紹介した。
Design and Implemen-tation of Three-Axis Tactile Sensor Applying Optical Waveguide Plate
Intelligent Autonomous Systems IAS-4 (Edited by U. Rembold et al.), IOS Press   4 327-335   1995年   [査読有り]
光導波路形3軸触覚センサを開発するために行った一連の接触変形解析を行った。その結果得られた設計データに基づいて拡大モデルを設計製作して感度特性を計測した。有限要素報の解析結果と実験結果が比較的よく一致したことから有限要素法を設計ツールとして用いることが可能であることを明らかにした。
A Three-axis Optical Tactile Sensor (FEM Contact Analyses and Sensing Experiments Using a Large-sized Tactile Sensor
Proc.1995 IEEE Int. Conf. on Robotics and Automation   1 817-824   1995年   [査読有り]
有限要素解析を用いてロボット搭載用の触覚センサの設計製作を行った。試作した触覚センサの感度特性を計測して,本触覚センサが設計時の性能を有していることを明らかにした。
Design of Three-dimensional Tactile Sensor Applying Optical Waveguide Plate Based on FEM Contact Analysis and Implementation of Robotic Tactile Sensing System Using Image Data Processing Technique
Proc. of Int. Conf. on Computational Engineering ScienceVol.1   1 1492-1495   1995年   [査読有り]
光導波路形三軸触覚センサを開発するために行った一連の接触変形解析を行った。前報で得られた知見を確認するとともに,ポアソン比νの変化が解析結果に及ぼす影響を検討した結果,ν=0.3と0.5の条件ではわずかに7%の差しかなくこの範囲ではポアソン比の変化を無視できることがわかった。
Tactile Recognition Using Fuzzy Production Rules and Fuzzy Relations for Processing Image Data from Three-Dimensional Tactile Sensors Mounted on a Robot Hand
Proc. First Asian Control Conf.   1 631-634   1994年   [査読有り]
再現性に欠け,認識の結論に曖昧な表現となりがちな触覚認識をロボットに行わせるため,把持によって触覚情報を取得する,ファジィプロダクションシステムによって暫定的な結論を導き入力確信度ベクトルを生成する,入力確信度ベクトルとファジィ関係行列の合成を計算する,といった3つの処理をサイクリックに実施した。ロボットハンドを用いた実験を実施した結果,合成によって得られた出力確信度ベクトルの成分の内で最大の増加を示したものが最終的な結論によく対応することがわかった。
Solution to Elasto-Hydrodynamic Lubrication Problem Arising Between VCR Tape and Head for Using Simplified Influence Coefficients
Proc. of the 1993 JSME Inter. Conf. on Advanced Mechatronics   1 911-916   1993年   [査読有り]
簡略化した影響係数法を用いる計算手法を提案した前報に引き続き,VTRのテープと回転ヘッドの浮上解析を実施した。一連のシミュレーションの結果,圧力と変位の分布が古典的なEHL理論に従うこと,及び本解析手法によって回転ドラム全体に渡る広範囲の領域からヘッド部分の狭い領域まで一括して解析できることなどを明らかにした。
半導体三軸触覚センサ
日本ロボット学会誌   9(9) 904-905   1991年   [査読有り][依頼有り]
通商産業省工業技術院(当時)の大型プロジェクト極限作業ロボットで要素技術として開発した三軸触覚センサ及びそのソフトウェアについて解説した。この三軸触覚センサは弾性リングに発生する周方向応力の分布が,三分力の成分によって異なること利用し,それぞれの分力の成分に対応して4枚のひずみゲージを設けることによってそれらの値を抽出することを原理としている。三軸力分布に基づいて,回転,すべり,転がりの三状態を分離して識別できることや,ばね定数とポアッソン比など物性値を計測できる。
A Tactile Recognition System for Three-Axis Tactile Sensor
Proc. of Sensor 91, Ⅳ   4 287-292   1991年   [査読有り]
三軸触覚センサを指表面に装着したロボットハンドを用いた触覚認識実験についてこれまで実施してきた研究成果をまとめた。本論文では,弾性リング方式三軸触覚センサの原理,特徴量抽出パラメータ,エキスパートシステムの推論エンジンとルールベースについて解説した後,材質と形状認識実験を実施した結果本手法が妥当であることを示した。
Elaboration of a Constitutive Model of Cyclic Plasticity Under Non-proportional Loading
Proc. of Int. Conf. on Computational Mechanics   4 101-104   1986年   [査読有り]
十字サイクルを受ける金属材料の硬化を表すために新しく2階のテンソルによる発展式を定式化し,シミュレーションを実施した。その結果,これまでの構成式で予測できなかった先行する単軸サイクルに直交する単軸サイクルを受ける時に生じる一時的な硬化を,本構成法的式では予測できることなどを明らかにした。
A Constitutive Model of Cyclic Plasticity in Multi-axial Non-Proportional Loading
Transactions of the 8th International Conference on Structural Mechanics in Reactor Technology   L 71-76   1985年   [査読有り]
これまでに行った一連の比例及び非比例繰り返し負荷の実験結果を基礎にして,非比例繰り返し負荷のもとで生ずる硬化挙動を適当な内部状態変数及びその発展式で記述した。続いて,それらの概念を最新の塑性流れ理論に組み入れることによって,繰り返し塑性構成式が合理的に定式化できることを示した。

書籍等出版物

 
狙いどおりの触覚・触感をつくる技術/第2章第4節 触覚の錯覚
大岡昌博,小村啓 (担当:共著)
サイエンス&テクノロジー   2017年11月   
Introduction to Modern Robotics II/Chapter 6 Three-axis Tactile Sensor
Masahiro Ohka, Hanafiah Bin Yussof, Sukarnur Che Abdullah (担当:共著)
iConsept Press Ltd.   2012年   
アクチュエータ研究の最前線
樋口敏郎,大岡昌博・ほか82名 (担当:共著)
エヌ・ティー・エス   2011年8月   
Object-Handling Tasks Based on Active Tactile and Slippage Sensations
Masahiro Ohka, Hanafiah Bin Yussof and Sukarnur Che Abdullah (担当:共著)
In Tech   2011年6月   ISBN:978-953-307-216-6
Optimal Gait Generation in Biped Locomotion of Humanoid Robot to Improve Walking Speed
Hanafiah Yussof, Mitsuhiro Yamano, Yasuo Nasu and Masahiro Ohka (担当:共著)
InTech   2011年2月   ISBN:ISBN 978-953-307-216
触覚認識メカニズムと応用技術-触覚センサ・触覚ディスプレイ,第3章2節(6)3軸触覚センサ
大岡昌博 (担当:共著)
サイエンス&テクノロジー   2010年9月   
Robot Localization and Map Building Optimum Biped Trajectory Planning for Humanoid Robot Navigation in Unseen Environment
H. Yussof and M. Ohka (担当:共著)
In-Tech   2010年8月   
Next-Generation Actuators Leading Breakthrough (Chapter 10 Two-axial Piezoelectric Actuator and Its Motion Control Toward Tactile Display)
Masahiro Ohka (担当:共著)
Springer Velag   2010年1月   
Since tactile displays are enhanced, a parallel typed two-axial micro actuator is composed of two bimorph piezoelectric elements and two small links connected by three joints. A control system for the two-axial actuator is designed on the ba-sis o...
Sensors, Focus on Tactile, Force and Stress Sensors (7. Optical Three-axis Tactile Sensor for Robotic Fingers)
M. Ohka, J. Takata, H. Kobayashi, H. Suzuki, N. Morisawa and H. B. Yussof (担当:共著)
I-Tech   2009年1月   
Encyclopedia of Computer Science and Engineering (Robotic Tactile Sensors)
M. Ohka
Wiley   2009年1月   
Sensors, Focus on Tactile, Force and Stress Sensors (8. Measurement Principles of Optical Three-Axis Tactile Sensor and its Application to Robotic Fingers System)
H. Yussof, J. Takata and M. Ohka (担当:共著)
I-Tech   2009年1月   
Humanoid Robots / Human-like MachinesChapter 6 Developmet of a CORBA-based Humanoid Robot and its Applications
Yasuo Nasu, Genci Capi, Hanafiah Yussof, Mitsuhiro Yamano and Masahiro Ohka (担当:共著)
I-Tech Education and Publishing   2007年7月   
Mobile Robots Perception & NavigationChapter 6 Optical Three-axis Tactile Sensor
Masahiro Ohka
pro literatur Verlag   2007年3月   
Mobile Robots Towards New Applications/Humanoid Robot Navigation Based on Groping Locomotion Algorithm to Avoid an Obstacle
Hanafiah Yussof, Mitsuhiro Yamano, Yasuo Nasu, Masahiro Ohka (担当:共著)
Advanced Robotic Systems International and pro literature Verlag   2006年12月   
アクチュエータ工学/第13章 触覚ディスプレイ装置におけるアクチュエータ技術
大岡昌博 (担当:共著)
養賢堂   2004年   
従来のアクチュエータから先端アクチュエータまでまとめた単行本である.教科書としても使用できるように前半部分は関連する基礎的な物理について,後半は応用についてまとめられている.その中の最終章「第13章 触覚ディスプレイ装置におけるアクチュエータ技術」を執筆した.
挑戦:知能化する機械/4.1 かしこいロボットのための触覚
大岡昌博
養賢堂   1997年   
「4.1かしこいロボットための触覚」を執筆した。その中で,各種の触覚センサの原理,それらの特徴など触覚センサのハードウェアについて述べた後に,生体のセンシング特性を参考にして考案された機械的フィルタリングの除去方法,運動制御信号に基づく形状識別方法,視覚と触覚のセンサフュージョンなど触覚センサの知能化技術について詳説した。最後に,触覚センサ及び触覚情報処理に関する研究について今後の展望を述べた。
マイクロ・オプトメカトロニクス・ハンドブック/4.5 触覚センサ
大岡昌博 (担当:共著)
朝倉書店   1997年   
「4.5触覚センサ」を執筆した。始めに,接触問題を固体力学的観点から論じ,接触に関する物理現象を厳密に計測するために三軸触覚センサが不可欠であることを示した。次に,従来の触覚センサの原理について紹介した後に,シリコンウェハとマイクロマシニング技術によって製作可能な半導体式三軸触覚センサについて詳説した。最後に,触覚センサに関するソフトウェア開発の現状について述べた。

講演・口頭発表等

 
二本の鋼線の速度差運動によるベルベットハンドイリュージョンの強度変化
阿部航平,小村啓,大岡昌博
第23年回日本バーチャルリアリティ学会大会   2018年9月19日   
VHI の数式モデルが予測する錯覚強度の交差検証
渡邉孝裕,阿部航平,小村啓,大岡昌博
第23年回日本バーチャルリアリティ学会大会   2018年9月19日   
運動錯覚とラバーハンドイリュージョンの複合効果の促進法
志村知輝,小村啓,本多正計,大岡昌博
第23年回日本バーチャルリアリティ学会大会   2018年9月19日   
屈曲方向の運動錯覚惹起のために振動刺激を印加する手首の伸筋腱の選定
池田慧,小村啓,本多正計,大岡昌博
第23年回日本バーチャルリアリティ学会大会   2018年9月19日   
運動錯覚のためのアクチュエーション条件
小村啓,久保拓夢,池田 慧,大岡昌博,村瀬文彦,内藤宏
日本機械学会2018年度年次大会   2018年9月9日   
ポケットNIRS によるベルベット錯触の発生メカニズムの解明
大岡昌博,三井雄介,小村啓
日本機械学会2018年度年次大会   2018年9月9日   
ベルベットハンドイリュージョンを生起する2 本の平行線の刺激条件について
小村啓,大岡昌博
日本機械学会2018年度年次大会   2018年9月9日   
弾性拘束型検出素子を装備する三軸触覚センサの高精度化
仙石友彦,髙木亨人,大岡昌博
第36回日本ロボット学会学術講演会   2018年9月4日   
Brain Activation Measuremet of Velvet Hand Illusion Using Pocket NIRS
M. Ohka, Y. Mitsui, and H. Komura
ASME-JSME 2018, Joint Inter. Conf. on Information Storage and Processing Systems and Micromechatronics for Information and Precision Equipment   2018年8月29日   
Stimulation Conditions to Generate Velvet Hand Illusion through a Dot-matrix Display
Hiraku Komura and Masahiro Ohka
2018 IEEE Inter. Conf. on CIVEMSA, Computational Intelligence & Virtual Environments for Measurement Systems and Applications   2018年6月12日   
Research on a Haptic Device's Capability to Enhance the Degree of Kinesthetic Illusion Through Vibro-and-visual Stimulation
Hiraku Komura, Shumpei Yoshida, Tomoki Shimura, Masakazu Honda, and Masahiro Ohka
The 24th International Display Workshops, IDW'17   2017年12月6日   
Finger Direction Recognition Toward Human-and-robot Cooperative Tasks
Kiichi nagai, Haruki Sakabe, and Masahiro Ohka
MHS2017 International Symposium on Micro-Nano Mechatoronics and Human Science (MHS)   2017年12月4日   
Paper handling Task Based on Three-axis Force Distribution of Robotic Fingertips
Yuko Kamishima, Yuya Oizumi, Kenji Sugiman, and Masahiro Ohka
MHS2017 International Symposium on Micro-Nano Mechatoronics and Human Science (MHS)   2017年12月4日   
Vividness control of KI with variations in visual stimulus patterns
Hiraku Komura, Shumpei Yoshida, Tomoki Shimura, Masakazu Honda, and Masahiro Ohka
MHS2017 International Symposium on Micro-Nano Mechatoronics and Human Science (MHS)   2017年12月4日   MHS2017 International Symposium on Micro-Nano Mechatoronics and Human Science (MHS)
Assembly Task Based on Tri-axial Tactile Data Using Loose Grip
Masahiro Ohka, Yuki Aiba, and Yusuke Motegi
2017 IEEE International Symposium on Robotics and Intelligent Sensors (IRIS 2017)   2017年11月5日   
Effects of active or passive touch on perception precision of edge direction using tactile mouse exhibiting convex dot-patterns on the palm
Hiraku Komura, and Masahiro Ohka
2017 IEEE International Symposium on Robotics and Intelligent Sensors (IRIS 2017)   2017年11月5日   
二本のワイヤーの位相差運動がベルベットハンドイリュージョンに及ぼす影響
小村啓,中村俊樹,宮岡徹,大岡昌博
第22回日本バーチャルリアリティ学会大会   2017年9月27日   
ポケットNIRSによるVHI発生時の脳賦活状態の計測
三井雄介,小村啓,松下翔二郎,大岡昌博
第22回日本バーチャルリアリティ学会大会   2017年9月27日   
自由把持状態による環境情報の獲得
大岡昌博,相羽祐生,大泉祐哉,茂木雄介
第35回日本ロボット学会学術講演会   2017年9月11日   
インフォモーション-アクチュエータ・センサネットワークの今後の展開
大岡昌博,矢野智昭
日本機械学会2017年度年次大会   2017年9月3日   
技術と社会の進歩におけるインフォモーション学
矢野智昭,大岡昌博
日本機械学会2017年度年次大会   2017年9月3日   
A Paper Handling Task Using a Robotic Hnad Equipped with Three-axis Tactile Sensors
Yuko Kamihima, Kenji Sugiman, and Masahiro Ohka
7th International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology (ICMDT 2017)   2017年4月19日   
Finger Direction Recognition Toward Human-and-robot Cooperative Tasks
Kiichi Nagai, Haruki Sakabe, Takuya Ikaim and Masahiro Ohka
7th International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology (ICMDT 2017   2017年4月19日   
A Basic Paper Handling Task Experiment Using Tri-axial Tactile Data
Kenji Sugiman, Masahiro Ohka, Mohammad Azzeim Bin Mat Jusoh
2016 IEEE International Symposium on Robotics and Intelligent Sensors (IRIS 2016)   2016年12月17日   
Using Psychophysical Experiment to Investigate Velvet Hand Illusion (VHI) Characteristics for New Tactile Displa
Nader Rajaei & Masahiro Ohka
2016 IEEE International Symposium on Robotics and Intelligent Sensors (IRIS 2016)   2016年12月17日   
Towards Developing an Algorithm in Discriminating Thin Material using Tri-axial Tactile Data from Human Tactile Sensation
Mohammad Azzeim Bin Mat Jusoh, Kenji Sugiman, Masahiro Ohka, Tetsu Miyaoka, Antawati Mohd Lokman
Mohammad Azzeim Bin Mat Jusoh, MHS2016 International Symposium on Micro-Nano Mechatoronics and Human Science (MHS)   2016年11月28日   
ラバーハンドイリュージョンの視覚刺激パターンの変更による運動錯覚の鮮明さの相違
吉田俊平,大岡昌博
第21回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集   2016年9月14日   
ポケットNIRSによるベルベット・ハンド・いる―ジョン発生時の脳賦活状態の計測
大岡昌博,松下翔二郎,齋藤洋典
日本機械学会2016年度年次大会   2016年9月14日   
二本のワイヤーの位相差運動によるベルベットハンドイリュージョンの強度制御
中村俊貴,Nader Rajaei, 宮岡徹,大岡昌博
第21回日本バーチャルリアリティ学会大会   2016年9月14日   
人間機械共調ロボット用オールイン型三軸触覚センサ
髙木亨人,大岡昌博
第34回日本ロボット学会学術講演会   2016年9月7日   
ロボットハンドの指先に作用する三軸触覚情報に基づく把持物体の姿勢制御
相羽祐生,大岡昌博
第34回日本ロボット学会学術講演会   2016年9月7日   
指型三軸触覚センサの指構造の改良
波多野良洋,大岡昌博
第34回日本ロボット学会学術講演会   2016年9月7日   
Comparison of Tactile Discriminations to Verify the Undetectable Region of SUS Foil Thickness
Mohammad Azzeim Bin Mat Jusoh, Masahiro Ohka, Tetsu Miyaoka
The 4th International Conference on Engineering and ICT (ICEI 2016)   2016年4月4日   
Development of Human-finger-sized Three-axis Tactile Sensor Based on Image Data Porcessing
Masahiro Ohka, Ryota Nomura, Hanafiah Yussof, Nur Ismarrbie Zahar
2015 9th International Conference on Sensing Technology   2015年12月8日   
視覚と触覚による人とロボットの協調作業
坂部遥輝,山田貴之,猪飼拓哉,大岡昌博
第58回 自動制御連合講演会   2015年11月14日   
顔の特徴抽出による思考度合いの評価
吉田翔太,猪飼拓哉,大岡昌博
第58回 自動制御連合講演会   2015年11月14日   
Finite Element Analysis of Human Tactile Sensing to Differentiate Thin Foils Through Comparison Between Vertical & Angle Loads
Mohammad Azzeim bin Mat Jusoh, Masahiro Ohka and Tetsu Miyaoka
2015 IEEE International Symposium on Robotics and Intelligent Sensors (IRIS 2015)   2015年10月18日   
Sensitivity-Enhancing All-in-type Optical Three-axis Tactile Sensor Mounted on Articulated Robotic Fingers
A. Takagi, Y. Yamamoto, M. Ohka, H. Yussof, S. C. Abdullah
2015 IEEE International Symposium on Robotics and Intelligent Sensors (IRIS 2015)   2015年10月18日   
Thin Flexible Sheet Handling Using Robotic Hand Equipped with Three-axis Tactile Sensors
K. Sugiman, M. A. M. Husoh, M. Ohka, H. Yussof, S. C. Abdullah
2015 IEEE International Symposium on Robotics and Intelligent Sensors (IRIS 2015)   2015年10月18日   
A Tactile Mouse Capable of Generating Velvet-like Sensation to the Human Palm
Rajaei Nader, Hironaga Nomura, Shojiro Matsushita, Hiraku Komura, Masahiro Ohka and Tetsu Miyaoka
2015 IEEE International Symposium on Robotics and Intelligent Sensors (IRIS 2015)   2015年10月18日   
神経回路モデルによる確率共鳴現象の数値シミュレーション
神戸浩平,大岡昌博
日本機械学会2015年度年次大会   2015年9月13日   
脳波と脳血流計測による触覚の心理物理実験中の集中度の評価
加藤崇平,後藤高彰,大岡昌博
日本機械学会2015年度年次大会   2015年9月13日   
手関節の3つの腱に生じる運動錯覚の鮮明さの相違
加藤祐規,本多正計,宮岡徹,大岡昌博
第20回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集   2015年9月9日   
振動刺激による運動錯覚における右手手関節の進展速度の制御
赤堀晃一,本多正計,宮岡徹,大岡昌博
第20回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集   2015年9月9日   
三軸触覚センサ搭載ハンドロボットによる紙の枚数判別
杉万健次,大岡昌博
第33回日本ロボット学会学術講演会   2015年9月3日   
触覚によるヒトからロボットへの作業指示
大泉祐哉,大岡昌博
第33回日本ロボット学会学術講演会   2015年9月3日   
Maximum Angle Induced by Kinesthetic Illusion under Different Axxelerations of Sinusoidal Vibrostimulation
Koichi Akahori, Masakazu Honda, Tetsu Miyaoka and Masahiro Ohka
6th International Conference on Manufaturing, Machine Design and Tribology (ICMDT 2015)   2015年4月23日   
Determination of the Wrist Tendon Most Conductive to a Vivid Kinesthetic Illusion
Yuki Kato, Masakazu Honda, Tetsu Miyaoka and Masahiro Ohka
6th International Conference on Manufaturing, Machine Design and Tribology (ICMDT 2015)   2015年4月23日   
A Pin-Matrox Type Tactile Mouse for Virtual Smooth Surface Like-Velvet in the Human's Hand
Nader Rajaei, Hironaga Nomura, Syojiro Matsushita, Masahiro Ohka and Tetsu Miyaoka
2015 JSME-IIP/ASME-ISPS Joint conference on Micromechatronics for Information and Precision Equipment (MIPE 2015)   2015年4月14日   
Estimation of Velvet hand Illusion Sensitivity Variation Using Tactile Display and Paired Comparison Method
Syojiro Matsushita, Hironaga Nomura, Nader Rajaei, Masahiro Ohka and Tetsu Miyaoka
2015 JSME-IIP/ASME-ISPS Joint conference on Micromechatronics for Information and Precision Equipment (MIPE 2015)   2015年4月14日   

競争的資金等の研究課題

 
ウェアラブルな運動錯覚利用リハビリテーションシステムの開発
大川情報通信基金: 大川情報通信基金研究助成
研究期間: 2018年11月 - 2019年10月
運動錯覚による革新的リハビリテーション
科学研究費助成事業
研究期間: 2017年6月 - 2019年3月
運動錯覚とラバーハンドイリュージョンの統合効果の解明と制御に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月
触錯覚を利用する新しい触覚インターフェース
人工知能研究振興財団: 人工知能研究振興財団
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月
イリュージョンを利用した三軸触覚ディスプレイ装置の開発
メカトロニクス高度化財団: メカトロニクス高度化財団
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月

特許

 
2006-081528 : 触覚ディスプレイ装置,多自由度アクチュエータ,及びハンドリング装置