増田 公明

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/25 09:48
 
アバター
研究者氏名
増田 公明
eメール
kmasudaisee.nagoya-u.ac.jp
URL
http://www.isee.nagoya-u.ac.jp/~kmasuda/index.html
学位
理学博士(早稲田大学)

経歴

 
 
   
 
名古屋大学 宇宙地球環境研究所 基盤研究部門 宇宙線研究部 准教授
 
1997年4月
 - 
2007年3月
名古屋大学 太陽地球環境研究所 第三部門 助教授
 
2007年4月
 - 
2015年9月
名古屋大学 太陽地球環境研究所 太陽圏環境 准教授
 
2015年10月
 - 
現在
名古屋大学 宇宙地球環境研究所 基盤研究部門 宇宙線研究部 准教授
 

学歴

 
1977年4月
 - 
1981年3月
早稲田大学 理工学研究科 物理学及応用物理学専攻
 

Misc

 
F. Miyake, A. Suzuki, K. Masuda, K. Horiuchi, H. Motoyama, H. Matsuzaki, Y. Motizuki, K. Takahashi and Y. Nakai
Geophysical Research Letters   42 84-89   2015年1月   [査読有り]
F. Miyake, K. Masuda, M. Hakozaki, T. Nakamura, F. Tokanai, K. Kato, K. Kimura, T. Mitsutani
Radiocarbon   56(3) 1189-1194   2014年   [査読有り]
F. Miyake, K. Masuda and T. Nakamura
Nature Communications   4 1748   2013年4月   [査読有り]
F. Miyake, K. Masuda, T. Nakamura
J. Geophys. Res. Space Physics   118 7483-7487   2013年   [査読有り]
K. Nagaya, K. Kitazawa, F. Miyake, K. Masuda, Y. Muraki, T. Nakamura, H. Miyahara, H. Matsuzaki
Solar Physics   280 232-236   2012年9月   [査読有り]

書籍等出版物

 
新しい地球学
渡邊誠一郎,檜山哲哉,安成哲三,他 (担当:共著)
名古屋大学出版会   2008年3月   
太陽-地球-生命圏をシームレスな一つのシステム(相互作用系)としてとらえ,その過去から現在に至るダイナミックな変動を把握する,これからの地球学のためのテキスト。

講演・口頭発表等

 
Rapid increase in cosmic-ray intensity in the past from tree rings
K. Masuda
Annual Meeting of Astronomical Society of Japan   2013年3月20日   Astronomical Society of Japan
炭素14と宇宙線変動 -奈良時代の異変-
増田公明
名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム   2013年1月16日   名古屋大学年代測定総合研究センター
C14測定によるAD775年宇宙線増加の現象を紹介し,その原因に関する議論を行った。
宇宙線による雲凝縮核生成の室内検証実験
増田公明,伊澤雄貴,さこ隆志,伊藤好孝,松見豊,中山智喜,草野完也
地球惑星科学連合大会 2012年大会   2012年5月20日   
Formation of cloud nuclei by atmospheric cosmic rays
K. Masuda
Intern. Workshop High energy Geophysics 2011   2011年10月27日   

競争的資金等の研究課題

 
過去三千年の宇宙線異常増加とその地球環境への影響
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年4月 - 現在    代表者: 増田公明
宇宙線による雲核生成と気候への影響に関する検証実験
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 増田公明
宇宙線が地球大気中の雲生成に寄与して,気候変動に影響を与えるという仮説を室内実験によって検証する。
放射性炭素測定の精密化による過去千年の太陽活動変遷の研究
科学研究費助成事業
研究期間: 2002年4月 - 2005年3月    代表者: 増田 公明
年輪中の放射性炭素の測定による過去の太陽活動の研究
科学研究費助成事業
研究期間: 2000年4月 - 2002年3月    代表者: 増田 公明
液体アルゴンカロリメータを用いた1GeV/n重イオンの核種弁別法
科学研究費助成事業
研究期間: 1997年4月 - 2000年3月    代表者: 増田 公明