KOBAYASHI Yasuhiro

J-GLOBAL         Last updated: Dec 25, 2019 at 16:59
 
Avatar
Name
KOBAYASHI Yasuhiro
E-mail
yasuhiro.kobayashimdu.ac.jp
Affiliation
Matsumoto Dental University
Section
Institute for Oral Science
Degree
Ph.D. D.D.S.(Nagasaki University)

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Kim HT, Yin W, Nakamichi Y, Panza P, Grohmann B, Buettner C, Guenther S, Ruppert C, Kobayashi Y, Guenther A, Stainier DYR
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   116(51) 25697-25706   Dec 2019   [Refereed]
Maeda K, Kobayashi Y, Koide M, Uehara S, Okamoto M, Ishihara A, Kayama T, Saito M, Marumo K
International journal of molecular sciences   20(22)    Nov 2019   [Refereed]
Uehara S, Udagawa N, Kobayashi Y
Journal of oral biosciences   61(3) 135-140   Sep 2019   [Refereed]
Ozaki K, Yamada T, Horie T, Ishizaki A, Hiraiwa M, Iezaki T, Park G, Fukasawa K, Kamada H, Tokumura K, Motono M, Kaneda K, Ogawa K, Ochi H, Sato S, Kobayashi Y, Shi YB, Taylor PM, Hinoi E
Science signaling   12(589)    Jul 2019   [Refereed]
Shunsuke Uehara, Nobuyuki Udagawa, Yasuhiro Kobayashi
Cellular and Molecular Life Sciences   75(20) 3683-3692   Jan 2018   [Refereed]
© 2018, The Author(s). Osteoclasts are multinucleated cells responsible for bone resorption. Osteoclasts adhere to the bone surface through integrins and polarize to form actin rings, which are formed by the assembly of podosomes. The area contain...
Yang M, Arai A, Udagawa N, Zhao L, Nishida D, Murakami K, Hiraga T, Takao-Kawabata R, Matsuo K, Komori T, Kobayashi Y, Takahashi N, Isogai Y, Ishizuya T, Yamaguchi A, Mizoguchi T
Journal of bone and mineral research : the official journal of the American Society for Bone and Mineral Research      Jun 2019   [Refereed]
Murakami K, Zhifeng H, Suzuki T, Kobayashi Y, Nakamura Y
Journal of bone and mineral metabolism      Jun 2019   [Refereed]
Yoshioka Y, Yamachika E, Nakanishi M, Ninomiya T, Akashi S, Kondo S, Moritani N, Kobayashi Y, Fujii T, Iida S
Scientific reports   9(1) 8041   May 2019   [Refereed]
Koide M, Kobayashi Y
Journal of bone and mineral metabolism   37(1) 9-17   Jan 2019   [Refereed]
Ochiai N, Nakachi Y, Yokoo T, Ichihara T, Eriksson T, Yonemoto Y, Kato T, Ogata H, Fujimoto N, Kobayashi Y, Udagawa N, Kaku S, Ueki T, Okazaki Y, Takahashi N, Suda T
Communications biology   2 86   2019   [Refereed]

Misc

 
【運動器を構成する骨・軟骨・関節・筋肉・靱帯・腱のトピック】破骨細胞に関する最新のトピック 破骨細胞の骨吸収機能発現におけるWntシグナルの役割
小林 泰浩, 上原 俊介
THE BONE   33(1) 23-28   May 2019
破骨細胞は、骨吸収を司る多核細胞である。破骨細胞がインテグリンを介して骨基質に接着すると、ポドソームがリング状に配列した構造が作られる。これは、アクチンリングあるいはシーリングゾーンと呼ばれる。このように骨吸収を活発に行っている破骨細胞は極性化し、シーリングゾーン、波状縁、基底外側膜と機能的分泌領域といわれる4つの機能領域をもつようになる。本稿では、破骨細胞の極性化に低分子量Gタンパク質がどのように関与するかを紹介し、Wntの非古典的経路がどのように破骨細胞の極性化を調節するかを概説した。...
【Wntシグナルと骨】Wntシグナルによる破骨細胞の制御
小林 泰浩, 上原 俊介, 小出 雅則
Clinical Calcium   29(3) 309-315   Feb 2019
Wntリガンドは,β-力テニンを介する古典経路とそれを介さない非古典経路を活性化する。Wntシグナルに関与する分子の遺伝子変異によって骨代謝疾患が起こることが明らかにされ,骨代謝におけるWnt/β-力テニンシグナルの役割が明らかになってきた。さらに,Wnt阻害因子であるスクレロスチンやDi⊂kkopf-1に対する抗体が骨量増加に有効であることが示されている。また,徐々にではあるが,骨吸収におけるWntシグナルの役割も解明されつつある。本稿では,Wntシグナルによる破骨細胞の分化と骨吸収活性...
骨・運動器領域の基礎研究の国内外の動向
小守 壽文, 宿南 知佐, 小林 泰浩, 池川 志郎
THE BONE   31(4) 433-440   Jan 2018
【骨免疫学の進歩が変える骨関節疾患アプローチ】骨代謝制御因子と骨免疫学 Wntシグナルと骨代謝・骨疾患
小林 泰浩, 山下 照仁
THE BONE   31(2) 157-162   Jul 2017
2001年にLRP5(low-density lipoprotein receptor-related protein 5)が骨粗鬆症を伴う偽神経膠腫症の原因遺伝子であることと、骨硬化症の原因がSOST(sclerostin)であることが報告された。当時は、これらの分子がお互いに結合しWntシグナルの中心として骨代謝を調節することを想像ができなかった。しかし、これらの発見が発端となり、骨代謝や骨疾患おけるWntの役割が解明されてきた。近年、さらに多くのWntシグナルに関与する分子の役割が明...
【骨粗鬆症治療における新しい接点】Wntとスクレロスチンによる骨代謝調節
小林 泰浩, 上原 俊介, 小出 雅則
骨粗鬆症治療   16(1) 21-25   Jan 2017
Wntはさまざまな器官の発達および恒常性を司るサイトカインである。2001年にlow density lipoprotein receptor-related protein 5(LRP5)が骨量を調節することが報告された。LRP5は低比重リポタンパク質受容体ファミリーに属するため、LRP5がWntリガンドの共受容体として機能するという報告は、非常に驚きであった。以来、骨形成および骨吸収に及ぼすWntの役割が精力的に解析されてきた。さらに近年、Wntシグナルに関与する新しい分子が発見され、...
小林 泰浩
医学のあゆみ   247(1) 33-38   Oct 2013
Yasuhiro Kobayashi
Clinical calcium   23 831-838   Jun 2013
Osteoclast differentiation is regulated by receptor activator of NF-κB ligand, colony stimulating factor-1 and osteoprotegerin. These cytokines are derived from osteoblast-lineage cells such as osteoblasts and osteocytes. Wnt has been shown to be ...
小林 泰浩, 前田 和洋, 高橋 直之
細胞工学   32(4) 414-418   2013
小林 泰浩, 上原 俊介
Anti-aging medicine   8(5) 719-725   Oct 2012
小林 泰浩, 前田 和洋, 上原 俊介
細胞   44(7) 274-277   Jun 2012
中道 裕子, 小林 泰浩, 宇田川 信之
The Cell   41(8) 312-315   Aug 2009
小林 泰浩
松本歯学   31(3) 270-274   Dec 2005
SUYAMA KAZUTAKA, KAWASAKI GORO, TOKUHISA MICHIO, ITO MICHIICHIRO, MATSUO TAKEMITSU, YAMABE SHIGERU, YANAMOTO SOUICHI, KUGA YOSHIHIRO, MIZUNO AKIO, KOBAYASHI YASUHIRO, MARUYAMA YOUICHI, KUBOTA ATUSHI
日本口腔診断学会雑誌 = Japanese journal of oral diagnosis/oral medicine   12(1) 93-99   Mar 1999

Research Grants & Projects

 
Study of bone remodeling on experimental tooth movement