畑山 満則

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/06 20:06
 
アバター
研究者氏名
畑山 満則
 
ハタヤマ ミチノリ
所属
京都大学
部署
防災研究所 巨大災害研究センター 災害情報システム研究領域
職名
教授
学位
博士(工学)(東京工業大学)

論文

 
吉澤源太郎,多々納裕一,畑山満則
土木学会論文集 D3 (土木計画学)   1(74) 35-49   2018年1月   [査読有り]
吉澤源太郎, 多々納裕一, and 畑山満則. "リスクコミュニケーションを通じた断水災害軽減のための水需要マネジメント." 土木学会論文集 D3 (土木計画学) 74.1 (2018): 35-49.
災害時の断水被害軽減に向けた水需要マネジメントの概念化
吉澤 源太郎,多々納 裕一,畑山 満則
水道協会雑誌   12(86) 2-14   2017年12月   [査読有り]
Evaluation of Evacuation Plan: Taking Account of Responsiveness of Performance to the Uncertainty around Hazards and the Compliance of Evacuees
Nakai F,Mochizuki J,Poledna S,Hatayama M,Kumagai K
15th International Conference on Computers in Urban Planning and Urban Management      2017年7月   [査読有り]
Tsunami evacuation behavior of coastal residents in Kochi Prefecture during the 2014 Iyonada Earthquake.
Sun.Y.,Nakai,F,Yamori,K,Hatayama,M
Natural Hazards(Online).   85(1) 283-299   2017年1月   [査読有り]
Manato Fujimoto,Seigi Matsumoto,J. N. Victorino,Hirohiko Suwa,Yutaka Arakawa,Y. Hou,Julian Webber,Kazuto Yano,Satoshi Tsukamoto,Michinori Hatayama
The 17th International Workshop on Mobile Computing Systems and Applications (ACM HotMobile 2016)      2016年2月   [査読有り]
伊藤恵理,川瀬博,松島信一,畑山満則
日本地震工学会論文集   15(5) 17-30   2015年10月   [査読有り]
地震とそれに伴う津波の被害軽減のための重要な対策の一つとして、地震直後の状況のシミュレーションを行い、その影響を分析し対策立案に活用することが挙げられる。本研究においては、建物被害の津波避難への影響を明らかにするため、強震動の応答解析に基づいて建物被害を予測した上で津波避難シミュレーションを行った。結果として、研究対象地域における現状での避難対策は地区住民全員が無事に避難するには不十分であること、耐震化率を100%まで向上させれば、最大で地区の3.7%の住民をさらに助けることができ、地区の...
被災者と被災企業の断水受忍限度 を考慮した災害時の潜在水需要の 推計
吉澤 源太郎,畑山 満則,多々納 裕一
自然災害科学   1(34) 41-61   2015年5月   [査読有り]
Fuko Nakai,Michinori Hatayama,Katsuya Yamori
Proc. of 48th Hawaii International Conference on System Sciences      2015年1月   [査読有り]
Intelligent Algorithm for Assignment of Agents to Human Strategy in Centralized Multi-agent Coordination.
Reza Nourjou,Stephen F. Smith,Michinori Hatayama,Pedro Szekely
Journal of Software   9(10) 2586-2597   2014年10月   [査読有り]
Problem: Multi-agent coordination is an important issue in the domain of disaster emergency response operations where a team of agents (field units or robots) aims to achieve a joint objective. The responsibility of the Incident Commander (IC) is ...
Simulation of an Organization of Spatial Intelligent Agents in the Visual C#.NET Framework
Nourjou Reza,Michinori Hatayama
International Journal of Computer Theory and Engineering   6(5)    2014年10月   [査読有り]
2014年伊予灘地震における高知県沿岸住民の避難行動に関する調査
孫英英,中居楓子,矢守克也,畑山満則
自然災害科学   33(1) 53-63   2014年5月   [査読有り]
地域ごとの津波避難計画策定を支援する津波避難評価システムの開発
畑山満則,中居楓子,矢守克也
情報処理学会論文誌   55(5) 1498-1508   2014年5月   [査読有り]
Data Model of the Strategic Action Planning and Scheduling Problem in a Disaster Response Team.
Nourjou Reza,Pedro Szekely,Michinori Hatayama,Mohsen Ghafory-Ashtiany,Stephen F. Smith
Journal of Disaster Research   9(3)    2014年4月   [査読有り]
Dynamic Assignment of Geospatial-Temporal Macro Tasks to Agents under Human Strategic Decisions for Centralized Scheduling in Multi-agent Systems
Nourjou Reza,Stephen F. Smith,Michinori Hatayama,Norio Okada,Pedro Szekely
International Journal of Machine Learning and Computing   4(1) 39-46   2014年2月   [査読有り]
地域防災計画における情報伝達の機能的障害の発見手法の開発
畑山満則,安藤恵
情報処理学会論文誌   54(1) 202-212   2013年1月   [査読有り]
Every time a disaster happened, some kinds of problems about sending/receiving and sharing information are reported. One of the important reasons is about functional failure for information transmission, but they cannot be eliminated only by stopg...
Robin R. Murphy,Karen L. Dreger,Sean Newsome,Jesse Rodocker,Brian Slaughter,Richard Smith,Eric Steimle,Tetsuya Kimura,Kenichi Makabe,Kazuyuki Kon,Hisashi Mizumoto,Michinori Hatayama,Fumitoshi Matsuno,Satoshi Tadokoro,Osamu Kawase
Journal of Field Robotics   29(5) 819-831   2012年   [査読有り]
This field report describes two deployments of heterogeneous unmannedmarine vehicle teams at the 2011 Great Eastern Japan Earthquake response and recovery by the Center for Robot-Assisted Search and Rescue (USA) in collaboration with the Internati...
地域コミュニティでの情報システムを用いた安否確認に関する研究
臼井 真人,畑山 満則,福山 薫
地域安全学会論文集(電子ジャーナル)   16(1)    2012年   [査読有り]
We discuss the method for utilizing information system and personal information of residents in preparation for their safety confirmation at the time of disaster. In disaster time, we should work for emergency something without public servant's he...
Nourjou Reza,Hatayama Michinori,Tatano Hirokazu
IEEE International Symposium on Safety, Security, and Rescue Robotics (SSRR)   251-258   2011年   [査読有り]
Earthquake emergency response requires different number of
teams to cooperate with each other and coordinate their
activities to achieve global objectives. Coordination is the
key challenging problem that field teams face in urban
search and r...
湯川 誠太郎,畑山満則,多々納裕一
土木学会論文集D3 (土木計画学)   67(5) I 177-I 188   2011年   [査読有り]
近年我が国では,治水計画規模を超える降雨の発生頻度が増加傾向
にあり,首都圏大規模水害では400
万人以上の要避難者が発生する可能性が指摘されている.このよう
な大規模水害における避難計画を策定
するためには,現状の避難に関わるリスクを定量的に分析し,その
リスクを軽減する代替案を評価する手
法が必要である.一方で,大規模水害避難計画の分析には膨大なネ
ットワーク・避難者を扱う必要がある
ため,歩行者シミュレーションなどの既存の手法を適用することは
適切ではない.そこで本研究では,歩
行者...
災害時で利用される情報システムの障害対策に関する問題点の考察
安藤恵,畑山満則
電子情報通信学会技術研究報告: 信学技報   111(308) 41-46   2011年   [査読有り]
災害時における情報システムの障害分類と分析手法に関する一考察
安藤恵,畑山満則
第10回情報科学技術フォーラム(FIT2011)講演論文集   4 127-132   2011年   [査読有り]
Eishiro Higo,Norio Okada,Michinori Hatayama,Yuling Liu
Proc. of International Conference on Systems, Man and Cybernetics   6084209 3056-3063   2011年   [査読有り]
Tetsushi Kamegawa,Noritaka Sato,Michinori Hatayama,Yojiro Uo,Fumitoshi Matsuno
Journal of Field Robotics   28(6) 977-988   2011年   [査読有り]
CONCEPT OF SPATIAL INTELLIGENT PERSONAL SOFTWARE ASSISTANT FOR TASK ALLOCATION IN SEARCH AND RESCUE OPERATIONS
Reza Nourjou,Michinori Hatayama
Proc. of The Thirteenth International Summer Symposium      2011年   [査読有り]
エージェントベース広域避難シミュレーションシステムの開発−滋賀県姉川・高時川下流域を対象とした事例研究−
畑山満則,湯川誠太郎,枝廣篤,多々納裕一
土木計画学研究・論文集   27(2) 323-330   2010年   [査読有り]
Implementation Technology for a Disaster Response Support System for Local Government
Michinori Hatayama,Shigeru Kakumoto
Journal of Disaster Research   5(6) 677-686   2010年   [査読有り]
Qualitative Evaluation on Social Implementation Process of Integrated GIS to Local Governments And Regional Communities
M. Hatayama
Proc. of 11th Int. Conf. on Computers in Urban Planning and Urban Management      2009年   [査読有り]
Assessment and Revision of Shelter Planning from The Viewpoint of Residents: Model Analysis for Nagata Elementary School Community, Kobe
Wei XU,Norio OKADA,Michinori HATAYAMA,Yukiko TAKEUCHI
Journal of Natural Disaster Science   28(2) 85-90   2008年   [査読有り]
川嶌健一,多々納裕一,畑山満則
土木計画学研究・論文集   23(2) 309-318   2006年   [査読有り]
畑山満則,目黒淳一,瀧口純一,橋詰匠
計測自動制御学会論文集   42(8) 966-988   2006年   [査読有り]
Jun-ichi Meguro,Kiitirou Ishikawa,Takumi Hashizume,Jun-ichi Takiguchi,Itsuki Noda,Michinori Hatayama
Proc. of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS)      2006年   [査読有り]
バングラデシュにおける飲料水のヒ素汚染災害に関する社会環境分析
萩原良巳,坂本麻衣子,福島陽介,萩原清子,酒井彰,山村尊房,畑山満則
地域学研究   36(1) 189-200   2006年   [査読有り]
XU Wei,OKADA Norio,HATAYAMA Michinori,TAKEUCHI Yukiko
Journal of Natural Disaster Science   28(2) 85-90   2006年   [査読有り]
Jun-ichi Meguro,Kiitirou Ishikawa,Yoshiharu Amano,Takumi Hashizume,Jun-ichi Takiguchi,Ryujirou Kurosaki,Michinori Hatayama
Proc. of IEEE Int. Workshop on Safety, Security, and Rescue Robotics   143-150   2005年   [査読有り]
Kiitirou Ishikawa,Jun-ichi Meguro,Michinori Hatayama,Jun-ichi Takiguchi,Ryujirou Kurosaki,Yoshiharu Amano,Takumi Hashizume
Proc. of IEEE Int. Workshop on Safety, Security, and Rescue Robotics      2005年   [査読有り]
目黒淳一,石川貴一朗,畑山満則,瀧口純一,天野嘉春,橋詰匠
計測自動制御学会論文集   41(12) 981-988   2005年   [査読有り]
京都市市街地における水辺再生による防災機能の変化とその担い手としての地域コミュニティの再編成
畑山満則,萩原良巳
地域学研究   35(3) 667-679   2005年   [査読有り]
京都市における高齢者の災害リスク軽減のための施設を核とするコミュニティ形成
畑山満則,萩原良巳
地域学研究   467-480   2004年   [査読有り]
畑山満則,岡田憲夫,河野俊樹
土木計画学研究・論文集      2004年   [査読有り]
都市域における水辺創成による震災リスクの軽減に関する研究
神谷大介,萩原良巳,畑山満則
地域学研究   71-82   2004年   [査読有り]
福島陽介,萩原良巳,畑山満則,萩原清子,山村尊房,酒井彰,神谷大介
環境システム論文集   21-28   2004年   [査読有り]
神谷大介,酒井彰,山村尊房,畑山満則,福島陽介,萩原清子,萩原良巳
環境システム論文集   157-164   2004年   [査読有り]
畑山満則,岡田憲夫,河野俊樹
土木計画学研究・論文集   127-135   2004年   [査読有り]
リスク対応型自治体情報管理システムの開発と防災訓練での実証評価
畑山満則
FIT2003 情報科学技術フォーラム講演論文集      2003年   [査読有り]
Social Resilience and the Tokai Flood of September 11-22, 2000
Hatayama M.,Levy, J,K,Kajitani,Y,Hartmann, J,Tatano H,Okada N
Water Resources Impact   15(6) 18-21   2003年   [査読有り]
畑山満則,土肥規男,小田泰充
土木情報利用技術論文集   65-72   2003年   [査読有り]
神谷大介,萩原良巳,畑山満則
環境システム論文集   67-73   2003年   [査読有り]
畑山満則,寺尾京子,金行方也,萩原良巳
環境システム論文集   387-394   2003年   [査読有り]
リスク対応型自治体情報管理システムの開発と神戸市長田区総合防災訓練での適用実験
畑山満則,角本 繁
地域安全学会論文集   115-160   2003年   [査読有り]
災害時連続運用を考慮した自治体における空間管理型問い合わせ対応支援システムの開発
窪田崇斗,畑山満則
地域安全学会論文集   (4) 275-280   2002年   [査読有り]
児島隆生,松野文俊,畑山満則
GIS-理論と応用   75-83   2002年   [査読有り]
自治体空地管理型業務のための平常時・災害時連続運用対応システムの開発
窪田崇斗,畑山満則
地域安全学会論文集   275-280   2002年   [査読有り]
1999年トルコ地震におけるドゥジェ市の被害実態と復興状況
梶谷義雄,角本繁,林康裕,吉川耕治,畑山満則,臼井真人
地域安全学会論文集   121-126   2002年   [査読有り]
Development of Dynamic Management Spatial-temporal Information System and Application for Census Data - Toward Asian Spatial Temporal GIS (ST-GIS) (2)-
M. Hatayama,S. Kakumoto,H. Kameda
Proceedings of Dynamic and Multi-Dimensional GIS, IAPRS   34(Part2W2,) 123-127   2001年   [査読有り]
災害時での利用を考慮した時空間地理情報システムにおけるデータ構造に関する考察
畑山満則,松野文俊
情報処理学会論文誌:データベース   41(SIG1(TOD5)) 40-53   2000年   [査読有り]
Robust Cooperative Control of Two Two-link Flexible Manipulators on the basis of Quasistatic Equations
F. Matsuno,M. Hatayama
Int. J. Robotics Research   18(4) 414-428   1999年   [査読有り]
畑山満則,松野文俊,角本繁,亀田弘行
GIS-理論と応用   7(2) 25-33   1999年   [査読有り]
A Study about Database Structure of Spatial Temporal Geographic Information System
M. Hatayama,F. Matsuno
Proceedings of Dynamic and Multi-Dimensional GIS, IAPRS   32(Part4W12) 249-253   1999年   [査読有り]
Occasional Data Update and Data Sets Unification Using Spatial-Temporal Data with Implicit Topology Description
S. Kakumoto,M. Hatayama,H. Kameda
Proceedings of Dynamic and Multi-Dimensional GIS, IAPRS   32(Part4W12) 149-154   1999年   [査読有り]
F. Matsuno,M. Hatayama,S. Senda,T. Ishibe,Y. Sakawa
Automatica   32(1) 49-58   1996年   [査読有り]
松野文俊,畑山満則
計測自動制御学会論文誌   32(4) 547-556   1996年   [査読有り]
松野文俊,畑山満則,千田未顕,石邊知明,坂和愛幸
計測自動制御学会論文誌   30(8) 926-935   1994年   [査読有り]

Misc

 
Disaster Risk Information for Land Slide -New Challenge with IT Area-
Michinori Hatayama
6th Annual Conference of the International Society for Integrated Disaster Risk Management (IDRiM 2015) CDROM      2018年
時空間データベースシステムによる随時更新型カーナビゲーションと高精度道路データ応用
角本 繁,吉川 耕司,小笠原 茂宏,畑山 満則
地理情報システム学会講演論文集 CDROM   (Vol.26)    2017年10月
ビッグデータ解析による避難場所同定に関する考察
畑山満則,船越康希
災害情報学会予稿集      2017年10月
非構造格子を用いた浸水シミュレーションにおけるGISの役割
畑山満則,青木和人
地理情報システム学会講演論文集 CDROM   (Vol.26)    2017年10月
災害情報システムにおけるビッグデータの利用
畑山満則
環境技術   46((10) 550-555   2017年10月

書籍等出版物

 
空間情報学
須﨑純一 畑山満則 (担当:共著)
コロナ社   2013年   
グローバル化するITSと国際標準
畑山 満則 (担当:分担執筆)
森北出版   2013年   
自然災害と防災の事典
畑山 満則 (担当:分担執筆)
丸善出版   2011年   
総合防災学への道 
岡田憲夫 萩原良巳 多々納裕一 畑山満則
京都大学学術出版会   2006年3月   ISBN:4876986770
しなやかな社会の創造~災害・危機から生命、生活、事業を守る 
林春男 岩月勝美 浦川豪 大山孝 釜井俊孝 木原洋一 小林健一郎 鈴木進吾 畑山満則 半田隆夫 東田光裕 福岡浩 前田裕二 牧紀男
しなやかな社会の創造~災害・危機から生命、生活、事業を守る pp.1-207   2009年   

講演・口頭発表等

 
Disaster Risk Information for Land Slide -New Challenge with IT Area-
畑山 満則
6th Annual Conference of the International Society for Integrated Disaster Risk Management   2015年10月28日   
対話の共通言語としての津波避難シミュレーションの可能性と限界:高知県黒潮町における津波避難計画づくりの実践を通じた考察
畑山 満則
地区防災計画学会第4回大会 高知県立大学   2018年3月3日   
避難行動のコラボラティブ・モデリングにおける津波避難シミュレーションの役割
畑山 満則
平成29年度京都大学防災研究所研究発表講演会 京都大学防災研究所   2018年2月20日   
時空間データベースシステムによる随時更新型カーナビゲーションと高精度道路データ応用
畑山 満則
地理情報システム学会   2017年10月28日   
非構造格子を用いた浸水シミュレーションにおけるGISの役割
畑山 満則
地理情報システム学会   2017年10月28日   

特許

 
特許4096071 : 図形データ管理方法及び図形データ管理装置
角本 繁,浦山 利博,古戸 孝,山田 博幸,畑山 満則
特許4093296 : 空間情報データ構造に時間要素を付加した時空間情報システムとそのプログラム
亀田弘行,角本繁,畑山満則