岡崎 具樹

J-GLOBALへ         更新日: 18/07/02 19:02
 
アバター
研究者氏名
岡崎 具樹
 
オカザキ トモキ
URL
https://www.e-campus.gr.jp/staffinfo/public/staff/detail/593/93
所属
帝京大学
部署
医学部 生化学教室
職名
主任教授
学位
医学博士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2006年7月
 - 
現在
帝京大学 医学部生化学講座 主任教授
 
1998年4月
 - 
2006年6月
東京大学 医学部腎臓内分泌内科 助教授(准教授)
 

学歴

 
 
 - 
1979年
東京大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
 
 - 
現在
Endocrine Journal  Editor in Chief
 
 
 - 
現在
日本骨代謝学会  評議員
 
 
 - 
現在
日本内分泌学会  幹事
 

受賞

 
2001年
国際骨フォーラム賞
 
1996年
日本内分泌学会研究奨励賞
 

論文

 
Tamamori-Adachi M, Koga A, Susa T, Fujii H, Tsuchiya M, Okinaga H, Hisaki H, Iizuka M, Kitajima S, Okazaki T
Scientific reports   8(1) 9636   2018年6月   [査読有り]
Susa T, Iizuka M, Okinaga H, Tamamori-Adachi M, Okazaki T
Scientific reports   8(1) 9024   2018年6月   [査読有り]
Maeba R, Kojima KI, Nagura M, Komori A, Nishimukai M, Okazaki T, Uchida S
Atherosclerosis   270 102-109   2018年3月   [査読有り]
Masayoshi IIZUKA, Takao SUSA, Mimi TAMAMORI-ADACHI, Hiroko OKINAGA, Tomoki OKAZAKI
Proc. Jpn. Acad., Ser. B 93 (2017)   93 498-510   2017年8月   [査読有り]
ATAT1 is essential for regulation of homeostasis-retaining cellular responses in corticotrophs along hypothalamic-pituitary-adrenal axis.
Nakakura T, Suzuki T, Torii S, Asano-Hoshino A, Nekooki-Machida Y, Tanaka H, Arisawa K, Nishijima Y, Susa T, Okazaki T, Kiuchi Y, Hagiwara H.
Cell Tissue Res.   in press    2017年   [査読有り]
An Excess of CYP24A1, Lack of CaSR, and a Novel lncRNA near the PTH Gene Characterize an Ectopic PTH-Producing Tumor
Kosuke Uchida, Yuji Tanaka, Hitoshi Ichikawa, Masato Watanabe, Sachiyo Mitani, Koji Morita, Hiroko Fujii, Mayumi Ishikawa, Gen Yoshino, Hiroko Okinaga, Genta Nagae, Hiroyuki Aburatani, Yoshifumi Ikeda, Takao Susa, Mimi Tamamori-Adachi, Toshio Fukusato, Hiroshi Uozaki, Tomoki Okazaki, and Masayoshi Iizuka
J. Endocrine Society   1(6)    2017年6月   [査読有り]
Ogawa K, Tamura Y, Yasunaga M, Minami U, Komori A, Okazaki T, Nishimukai M, Hara H, Fujiwara Y.
453 134-140   2016年   [査読有り]
Kuribayashi-Okuma E, Shibata S, Arai S, Ota T, Watanabe S, Hisaki H, Okazaki T, Toda T, Uchida S.
Ther. Apher. Dial.   20(174) 182-OT004893   2016年   [査読有り]
Susa T, Ikaga R, Kajitani T, Iizuka M, Okinaga H, Tamamori-Adachi M, Okazaki T
Journal of cellular physiology   30 1494-1506   2015年7月   [査読有り]
Nishimukai M, Maeba R, Ikuta A, Asakawa N, Kamiya K, Yamada S, Yokota T, Sakakibara M, Tsutsui H, Sakurai T, Takahashi Y, Hui SP, Chiba H, Okazaki T, Hara H
Clinica chimica acta; international journal of clinical chemistry   437 147-154   2014年11月   [査読有り]
Nishimukai M, Maeba R, Yamazaki Y, Nezu T, Sakurai T, Takahashi Y, Hui SP, Chiba H, Okazaki T, Hara H
Journal of lipid research   55 956-965   2014年5月   [査読有り]
Fujii H, Tamamori-Adachi M, Uchida K, Susa T, Nakakura T, Hagiwara H, Iizuka M, Okinaga H, Tanaka Y, Okazaki T
PloS one   9 e110543   2014年   [査読有り]
Iizuka M, Susa T, Takahashi Y, Tamamori-Adachi M, Kajitani T, Okinaga H, Fukusato T, Okazaki T
Cancer science   104 1647-1655   2013年12月   [査読有り]
Mizuno Y, Ninomiya Y, Nakachi Y, Iseki M, Iwasa H, Akita M, Tsukui T, Shimozawa N, Ito C, Toshimori K, Nishimukai M, Hara H, Maeba R, Okazaki T, Alodaib AN, Al Amoudi M, Jacob M, Alkuraya FS, Horai Y, Watanabe M, Motegi H, Wakana S, Noda T, Kurochkin IV, Mizuno Y, Schönbach C, Okazaki Y
PLoS genetics   9 e1003286   2013年   [査読有り]
Hisaki H, Matsuda J, Tadano-Aritomi K, Uchida S, Okinaga H, Miyagawa M, Tamamori-Adachi M, Iizuka M, Okazaki T
American journal of physiology. Renal physiology   303 F1049-59   2012年10月   [査読有り]
Maeba R, Yamazaki Y, Nezu T, Okazaki T
Annals of clinical biochemistry   49 86-93   2012年1月   [査読有り]
Yamada K, Tamamori-Adachi M, Goto I, Iizuka M, Yasukawa T, Aso T, Okazaki T, Kitajima S
The Journal of biological chemistry   286 44057-44066   2011年12月   [査読有り]
Kajitani T, Tamamori-Adachi M, Okinaga H, Chikamori M, Iizuka M, Okazaki T
Biochemical and biophysical research communications   407 472-478   2011年4月   [査読有り]
Nakajima K, Okazaki T, Okamoto T, Kimura H, Takano K, Sato K
Endocrine journal   57 153-159   2010年   [査読有り]
Hisaki H, Okazaki T, Kubota M, Nakane M, Fujimaki T, Nakayama H, Nakagomi T, Tamura A, Masuda H
Neurological research   30 979-984   2008年11月   [査読有り]
Maeba R, Hara H, Ishikawa H, Hayashi S, Yoshimura N, Kusano J, Takeoka Y, Yasuda D, Okazaki T, Kinoshita M, Teramoto T
Journal of nutritional science and vitaminology   54 196-202   2008年6月   [査読有り]
Maeba R, Maeda T, Kinoshita M, Takao K, Takenaka H, Kusano J, Yoshimura N, Takeoka Y, Yasuda D, Okazaki T, Teramoto T
Journal of atherosclerosis and thrombosis   14 12-18   2007年2月   [査読有り]
[PTH-related protein producing tumor].
Okazaki T
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   Suppl 3 317-323   2006年9月   [査読有り]
Makita N, Iiri T, Sato J, Fukumoto S, Okazaki T, Yamazaki K, Obara T, Fujita T
Endocrine journal   53 311-316   2006年6月   [査読有り]
[Asymptomatic hyperparathyroidism].
Okazaki T
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   Suppl 2 10-15   2006年6月   [査読有り]
[Parathyroid hormone--its localization and transcriptional regulation].
Okazaki T
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   63 Suppl 10 284-291   2005年10月   [査読有り]
Yoshida N, Omoto Y, Inoue A, Eguchi H, Kobayashi Y, Kurosumi M, Saji S, Suemasu K, Okazaki T, Nakachi K, Fujita T, Hayashi S
Cancer science   95 496-502   2004年6月   [査読有り]
Okazaki T, Nishimori S, Ogata E, Fujita T
Biochemical and biophysical research communications   304 632-637   2003年5月   [査読有り]
Sekine, N., S. Fukumoto, T. Ishikawa T. Okazaki, and T. Fujita.
Endocrinology   142 3909-3916   2001年   [査読有り]
Gonadotropins stimulate growth of MCF-7 human breast cancer cells by promoting intracellular conversion of adrenal androgens to estrogens.
Tanaka, Y., K. Kuwabara, T. Okazaki, T. Fujita, I. Oizumi, S. Kaiho, and E. Ogata.
Oncology. 59 (Suppl 1):19-23, 2000.   59 (Suppl 1) 19-23   2000年   [査読有り]
T. Okazaki.
Endocrine J. 46: 1-9, 1999   46 1-9   1999年   [査読有り][招待有り]
Nishishita, T., T. Okazaki, T. Ishikawa, T. Igarashi, K. Hata, E. Ogata and T. Fujita
J. Biol. Chem.   273 10901-10907   1998年   [査読有り]
Nishishita, T., T. Okazaki, T. Ishikawa, T. Igarashi, K. Hata, E. Ogata and T. Fujita: A negative vitamin D responsive DNA element in the human parathyroid hormone-related peptide gene binds to vitamin D receptor along with Ku antigen to mediate ...
Okazaki, T., T. Ishikawa, S. Nishimori, T. Igarashi, K. Hata and T. Fujita
J. Biol. Chem.   272 32274-32279   1997年   [査読有り]
Tyrosine kinase dependent expression of TGFβ induced by stretch in mesangial cells.
Hirakata, M., S. Kaname, U. Chung, N. Joki, Y. Hori, M. Noda, Y. Takuwa, T. Okazaki, T. Fujita, T. Katoh and K. Kurokawa
Kidney Int. 51:1028-1036, 1997   51 1028-1036   1997年   [査読有り]
Chung, U., T. Igarashi, T. Nishishita, H. Iwanari, A. Iwamatsu, A. Suwa, T. Mimori, K. Hata, S. Ebisu, E. Ogata, T. Fujita and T. Okazaki:
J. Biol. Chem. 271   271 8593-8598   1996年   [査読有り]
A redox factor protein, ref1, is involved in negative gene regulation by extracellular calcium.
Okazaki, T., U. Chung, T. Nishishita, S. Ebisu, S. Mishiro, S. Xanthoudakis, T. Igarashi and E. Ogata:
J. Biol. Chem.   269 27855-27862   1994年   [査読有り]
Conserved mechanism of negative gene regulation by extracellular calcium-parathyroid hormone gene versus atrial natriuretic polypeptide gene.
Okazaki, T., K. Ando, T. Igarashi, E. Ogata and T. Fujita:
J. Clin. Invest. 89:1268 1273, 1992   89 1268-1273   1992年   [査読有り]
Negative regulatory elements in the human parathyroid hormone gene.
Okazaki T, Zajac JD, Igarashi T, Ogata E, Kronenberg HM
The Journal of biological chemistry   266 21903-21910   1991年11月   [査読有り]
Inherited primary hypothyroidism with thyrotrophin resistance in Japanese cats.
Tanase H, Kudo K, Horikoshi H, Mizushima H, Okazaki T, Ogata E
The Journal of endocrinology   129 245-251   1991年5月   [査読有り]
[Structure and regulation of the expression of the parathyroid hormone gene and processing of the precursors].
Okazaki T, Igarashi T
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   47 2225-2230   1989年10月   [査読有り]
5'-flanking region of the parathyroid hormone gene mediates negative regulation by 1,25-(OH)2 vitamin D3.
Okazaki T, Igarashi T, Kronenberg HM
The Journal of biological chemistry   263 2203-2208   1988年2月   [査読有り]
Variation among mouse ribosomal RNA genes within and between chromosomes.
Sasaki T, Okazaki T, Muramatsu M, Kominami R
Molecular biology and evolution   4 594-601   1987年11月   [査読有り]
Cell-specific expression of the human parathyroid hormone gene in rat pituitary cells.
Igarashi T, Okazaki T, Potter H, Gaz R, Kronenberg HM
Molecular and cellular biology   6 1830-1833   1986年5月   [査読有り]
Structure and expression of the human parathyroid hormone gene.
Kronenberg HM, Igarashi T, Freeman MW, Okazaki T, Brand SJ, Wiren KM, Potts JT Jr
Recent progress in hormone research   42 641-663   1986年   [査読有り]
Propylthiouracil-induced diffuse interstitial pneumonitis.
Miyazono K, Okazaki T, Uchida S, Totsuka Y, Matsumoto T, Ogata E, Terakawa K, Kurihara N, Takeda T
Archives of internal medicine   144 1764-1765   1984年9月   [査読有り]
Ossification of the paravertebral ligaments: a frequent complication of hypoparathyroidism.
Okazaki T, Takuwa Y, Yamamoto M, Matsumoto T, Igarashi T, Kurokawa T, Ogata E
Metabolism: clinical and experimental   33 710-713   1984年8月   [査読有り]
[Mechanism of synthesis, secretion, and metabolism of parathyroid hormones].
Okazaki T, Takuwa Y, Ogata E
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   40 2608-2616   1982年   [査読有り]
[A case of non-Hodgkin's lymphoma with huge splenomegaly, pancreatic pseudocyst, and intracystic bleeding (author's transl)].
Okazaki T, Hirai H, Ozawa K, Shionoya S, Urabe A, Hashimoto Y, Kosaka K
[Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology   22 1595-1602   1981年10月   [査読有り]

Misc

 
ヒト前立腺癌LNCaP細胞における25(OH)D3のビタミンD3活性の評価
諏佐 崇生, 飯塚 眞由, 安達 三美, 岡崎 具樹
日本内分泌学会雑誌   94(1) 369-369   2018年4月
saposin D欠損マウスの過剰飲水行動とGPR19およびAgt1Rの関係
久樹 晴美, 宮川 誠, 安達-玉盛 三美, 内田 俊也, 岡崎 具樹
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [1P-1280]   2017年12月
プロテオミクスの手法を用いたIgA腎症扁桃摘出術の有用性に関する検討
栗林 恵美子, 柴田 茂, 久樹 晴美, 戸田 年総, 藤垣 嘉秀, 岡崎 具樹, 浅川 信一郎, 山崎 ちひろ, 古西 純子, 藤巻 道孝, 内田 俊也
日本腎臓学会誌   59(3) 300-300   2017年4月
ペリリピン4の発現抑制が3T3-L1脂肪細胞の脂肪滴形成および代謝に与える影響
小谷 実祐, 長谷川 千織, 山辺 智代, 岡崎 具樹, 田中 光, 田中 直子
日本薬学会年会要旨集   137年会(3) 119-119   2017年3月
Saposin D欠損マウスの原発性多飲症とadropin その受容体GPR19との関係
久樹 晴美, 只野 桂子[有冨], 宮川 誠, 玉盛 三美[安達], 内田 俊也, 岡崎 具樹
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   89回 [1P-313]   2016年9月

書籍等出版物

 
内分泌代謝科専門医研修ガイドブック
岡崎 具樹 (担当:分担執筆, 範囲:ホルモンの合成、分泌、輸送、代謝ー概論 (1) ペプチドホルモン、アミン系の合成、代謝)
診断と治療社   2018年4月   
副甲状腺・骨代謝疾患マニュアル
岡崎 具樹 (担当:分担執筆, 範囲:PTH作用と合成分泌調節機構)
診断と治療社   2013年3月   
内分泌・糖尿病・代謝内科 内分泌ホルモンのすべて 
岡崎 具樹 (担当:分担執筆, 範囲:副甲状腺ホルモン)
科学評論社   2013年   
老化・寿命のサイエンス  実験医学増刊
岡崎 具樹 (担当:分担執筆, 範囲:個体でみられる細胞老化)
羊土社   2013年   
最新内科学 
岡崎 具樹 (担当:分担執筆, 範囲:各論6章 内分泌疾患 6-2 多発性内分泌腺腫瘍症)
西村書店   2012年7月   
最新内科学
岡崎 具樹 (担当:分担執筆, 範囲:総論4章 各論 7)遺伝学と疾患の分子メカニズム)
西村書店   2012年7月   
ヒトの分子生物学
岡崎 具樹 (担当:共訳, 範囲:血液)
丸善   2006年12月   
内分泌症候群Ⅱ
岡崎 具樹 (担当:分担執筆, 範囲:無症候性副甲状腺機能亢進症)
日本臨床   2006年   
内分泌症候群Ⅲ
岡崎 具樹 (担当:分担執筆, 範囲:x-12 PTHrP産生腫瘍)
日本臨床   2006年   
内分泌学 スタンダード栄養・食物シリーズ 13 
岡崎 具樹 (担当:分担執筆, 範囲:第7章 3−1 解剖生理学)
東京化学同人   2005年9月   
臨床分子内分泌学3
岡崎 具樹 (担当:分担執筆, 範囲:副甲状腺ホルモンの体内分布と発現調節)
日本臨床   2005年   
フォローアップ検査ガイド
岡崎 具樹 (担当:分担執筆, 範囲:尿崩症、抗利尿ホルモン(ADH)不適合分泌症候群、Cushing症候群)
医学書院   2003年   
Annual Review 内分泌・代謝
岡崎 具樹 (担当:分担執筆, 範囲:インシデンタローマ)
中外医学社   2001年   
EBM現代内科学
岡崎 具樹 (担当:分担執筆, 範囲:副甲状腺)
中外医学社   1997年   

講演・口頭発表等

 
RT-PCRの基礎と応用. [招待有り]
岡崎 具樹
第40回組織細胞化学講習会   2015年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
異所性PTH産生腫瘍の副甲状腺特異的新規lncRNAの発現/Ca感知受容体の欠落
文部科学省: 基盤研究(C)(一般))
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 岡崎 具樹
加齢による糖質コルチコイド合成系の変化と老化への影響の解析
文部科学省: 基盤研究(C)(一般)
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 安達三美 (分担者)岡崎具樹
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年 - 2015年    代表者: 岡崎 具樹
本研究では、我々が遭遇した、後腹膜発生PTH産生かつPTHrP非産生の線維性悪性組織球腫(MFH)の症例の摘出腫瘍を用いて、厳格な組織特異的発現をする遺伝子として名高いPTH遺伝子が、その唯一の発現部位の副甲状腺細胞から逸脱して発生するに至った、異所性PTH産生成因を詳細に検討することを主目的とした。これまでの検討から1)腫瘍からは正常者副甲状腺からと匹敵する量のPTHmRNAが発現されていた。2)免疫組織化学的検査から、腫瘍標本からの十分な量のPTH蛋白の発現を確認した。3)副甲状腺発生...
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 岡崎 具樹
PTHrP(副甲状腺ホルモン関連蛋白)が、複数のステロイドホルモンによる転写抑制を受ける際に一部共通したメカニズムが存在する。核内受容体(NR)と、ヘッジホッグシグナル経路、およびPTHrPとERBB2癌遺伝子の相互間に存在するクロストークに関わるプレーヤーを主に転写因子レベルで解析した。
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 岡崎 具樹
代表的な腫瘍随伴症候群である高カルシウム血症の原因の多くを占めるPTHrP遺伝子の転写制御において、核内受容体(NR)ファミリーによる本遺伝子の転写抑制が、多くの種類の核内ホルモンの存在下において普遍的にかつ一部共通した機構によって認められる現象の分子基盤を乳癌細胞、グリオーマ細胞、皮膚ケラチノサイトの株化培養細胞を用いてリアルタイムRT-PCR、ChIp、IP-ウェスタン法を駆使して詳細に検討した。興味あることにこの転写抑制は古典的なステロイドホルモンであるエストロゲン、アンドロゲン、グ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2004年 - 2005年    代表者: 岡崎 具樹
1)ヒト乳癌MCF7細胞において、活性型ビタミンDのみならず、エストロゲン、アンドロゲン、デキサメサゾン、甲状腺ホルモンさらにプロゲステロンもまた、いずれも10nMの濃度で内因性のPTHrP遺伝子の発現を40〜60%抑制した。ホルモン投与後、恒常的にnVDREに集積してくるDNA-PKcsと違い、nVDRE領域を含むクロマチンへのHDAC2の動員は、45-60分を周期とするサイクリックなものであり、この動員はヒストンアセチル化と鏡像関係にあった。2)同様のChlPアッセイにおいて、それぞれ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 1999年 - 2001年    代表者: 岡崎 具樹
PTHrPおよびPTHrP遺伝子に存在する、負のビタミンD反応性配列nVDREを組み込んだレポーター遺伝子の細胞導入実験によって以下の結果を得た。1)クロマチン免疫沈降(ChIP)法を用いて、HDAC2がビタミンD存在下で特異的に、nVDREを含むプロモーター周囲のクロマチンに動員されるのに対しHDAC1はビタミンD非存在下でのみ動員された。2)ビタミンD存在下ではHDAC2だけでなく、VDRもまた、このクロマチン構造をとったプロモーター領域に動員され、この2者の選択的動員がビタミンDによ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1997年 - 1998年    代表者: 岡崎 具樹
1)ヒトPTHrP遺伝子上の負のビタミンD反応性DNA配列(nVDRE_<hPTHrP>)を標識し、成人Tリンパ球MT2細胞核蛋白との間でゲルシフトアッセイ(EMSA)を行った。一方、(positive)VDREとしてオステオポンチン遺伝子のVDRE(VDREmop)を合成し同様のEMSAを行った。競合実験から、この2種のDNAは、異なる組み合わせの核蛋白と結合することがわかった。2)このEMSAの系にVDR及びRXRの抗体を加えた結果、VDREmopにはMT2細胞核蛋白においてVDR-R...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C), 基盤研究(C))
研究期間: 1995年 - 1996年    代表者: 岡崎 具樹
1)ヒト副甲状腺ホルモン(PTH)遺伝子上に存在する負のカルシウム反応性DNA配列(nCaRE)に結合し細胞外液カルシウム(Ca)による遺伝子転写抑制を媒介する核蛋白nCaREBを同定した。nCaREBはレドックスファクター(Ref1)とKu抗原との複合体を含み、ref1蛋白のアミノ端120個までの部分にKu抗原との結合およびnCaREBとしての機能に必要な部分があることが判明した。また、Ku抗原を構成する2つのサブユニット(p70とp86)内にあるref1との結合に必要なコンセンサス配列...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間: 1995年 - 1995年    代表者: 五十嵐 徹也
ヒトPTH遺伝子上の抑制性カルシウム反応性エレメント(nCaRE)に結合する特異的蛋白(nCaREB)、Ref1およびKu抗原は、CaによるPTH遺伝子の転写調節に深く関わっている。このnCaREに酷似した配列が体液量や浸透圧で分泌や合成が影響される心房性ナトリウム利尿ホルモン、アルギニンバソプレッシン、伸展などの影響で分泌が促進するPTHrP、PDGF-B、TGF-β1、ICAM-1などの遺伝子上にも見出されている。そこで細胞の形態変化をもたらすような物理的刺激とnCaRE/nCaREB...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間: 1993年 - 1994年    代表者: 五十嵐 徹也
PTH遺伝子上に存在し、細胞外液Caによる本遺伝子の転写抑制に必要なDNAエレメント(nCaRE、negative Ca responsive element)を用いて、このエレメントに対する特異的な結合が外液Ca濃度依存的に増強する性質を有し、かつ転写抑制を直接的に司る細胞核蛋白nCaREB(nCaRE binding protein)を検出した。その結果、nCaREBは、還元因子ref1(redox factor 1)と、少なくとももう一つの別の核蛋白から構成されることが判った。これら...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間: 1992年 - 1993年    代表者: 岡崎 具樹
生体の細胞外液Ca濃度の恒常性を保つための機構を解明する目的で、外液Ca濃度を感知してnCaREというDNAエレメントを共有する一群の遺伝子の転写を抑制する転写因子を同定した。この核蛋白は、種々の転写因子のDNA結合活性を増強させることが知られていたref1というものであった。しかし、これまで、ref1自体のDNA結合活性については知られていなかった。以下に我々の得た知見を記す。1)大腸菌で大量発現させ精製したref1蛋白は、DNA配列(nCaRE)特異的に結合し、2)ref1発現ベクター...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(B))
研究期間: 1991年 - 1993年    代表者: 尾形 悦郎
副甲状腺ホルモン(PTH)は、生体の細胞外カルシウム(Ca)濃度の恒常性のために重要な役割を担っており、そのために外液CaによるPTH分泌の抑制が厳格に作動している。この抑制を持続的に維持するために、外液CaによるPTH遺伝子の転写抑制が必要となる。この遺伝子発現調節機構に、本遺伝子上流にある短いDNAエレメント(nCaRE)と、種々の組織に普遍的に存在してnCaREと結合する核内転写因子(nCaREB)が関わる。この転写因子nCaREBのクローニングを試み、refl(還元因子)という核蛋...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間: 1991年 - 1992年    代表者: 五十嵐 徹也
これまでの数年にわたる、ラットの潅流実験による血中Ca値と副甲状腺内PTH mRNAレベルとの関係に関する研究(J.Clin.lnvest.83:1053-1056,1989)、モデルラットを用いた慢性腎不全の病態に関する研究(Kidney lnt.39:874-881,1991)、などによって臨床的あるいは生理学的な副甲状腺機能の調節についての基礎的な知見が明らかとなった。これらの結果に基づき、その調節の細胞内メカニズムおよび新たに分かってきた生理的な意義について目覚ましい結果を得ること...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(A))
研究期間: 1987年 - 1990年    代表者: 尾形 悦郎
(1)情報伝達機構の基礎的検討。(a)遺伝子発現調節機構に関する研究:PTH遺伝子は細胞外Ca^<2+>濃度の上昇に伴ってそのmRNAの発現が抑制される。これまでにこの転写制御に必要なDNA配列が遺伝子上流3.5キロ塩基対に存在することを証明した。また種々の培養細胞にはこのDNAと特異的に結合する核内蛋白が存在することもわかった。このDNA配列の存在下においてのみ細胞外Ca^<2+>濃度上昇によるCAT活性の低下がみられた。コンピュ-タ-解析によりANPやバゾプレッシン遺伝子に相同のDNA...