長谷 和徳

J-GLOBALへ         更新日: 13/08/27 15:05
 
アバター
研究者氏名
長谷 和徳
 
ハセ カズノリ
所属
首都大学東京
部署
都市教養学部理工学系機械工学コース(大学院理工学研究科機械工学専攻)
職名
教授
学位
博士(工学)(慶應義塾大学)

プロフィール

1991年慶應義塾大学大学院理工学研究科生体医工学専攻修士課程修了.(株)日立製作所企画員,国立身体障害者リハビリテーションセンター研究所流動研究員を経た後,97年慶應義塾大学大学院理工学研究科博士課程修了,博士(工学).同年通産省生命工学工業技術研究所研究員,99年主任研究官,2001年同研究所改組により産業技術総合研究所主任研究員,03年名古屋大学大学院工学研究科機械工学専攻助教授,07年准教授,09年首都大学東京都市教養学部理工学系機械工学コース准教授,12年教授,現在に至る.身体運動の生体力学分析の研究に従事.日本機械学会,日本ロボット学会,日本人類学会,日本人間工学会,バイオメカニズム学会などの会員.

研究分野

 
 

学歴

 
1993年4月
 - 
1997年3月
慶應義塾大学 大学院理工学研究科 生体医工学専攻博士課程
 
1989年4月
 - 
1991年3月
慶應義塾大学 大学院理工学研究科 生体医工学専攻修士課程
 
1985年4月
 - 
1989年3月
慶應義塾大学 理工学部 機械工学科
 

経歴

 
2012年4月
 - 
現在
首都大学東京都市教養学部理工学系 教授
 
2009年4月
 - 
2012年3月
首都大学東京都市教養学部理工学系 准教授
 
2003年4月
 - 
2009年3月
名古屋大学大学院工学研究科機械理工学専攻 助教授/准教授
 
2001年4月
 - 
2003年3月
独立行政法人産業技術総合研究所 主任研究員
 
1999年10月
 - 
2001年3月
通産省工業技術院生命工学工業技術研究所 主任研究官
 
1997年4月
 - 
1999年9月
通産省工業技術院生命工学工業技術研究所 研究員
 
1996年5月
 - 
1997年3月
国立身体障害者リハビリテーションセンター研究所 流動研究員
 
1991年4月
 - 
1993年3月
(株)日立製作所生産技術研究所 企画員
 

受賞

 
2011年11月
バイオメカニズム学会 論文賞
 
2004年6月
日本人間工学会 大島正光賞(学会論文賞)
 
1999年11月
日本人類学会 Anthropological Science論文奨励賞
 
1998年10月
バイオメカニズム学会 奨励賞
 

書籍等出版物

 
高齢者運転適性ハンドブック
長谷和徳 (担当:分担執筆, 範囲:身体・運動機能, pp.53-60)
自動車技術会   2005年   

論文

 
Keiichi Onishi, Youngwoo Kim, Goro Obinata and Kazunori Hase
Journal of Mechanical Science and Technology   27(5) 1341-1350   2013年   [査読有り]
KIM Youngwoo, OYABU Takamasa, OBINATA Goro, HASE Kazunori
IEEE Trans Syst Man Cybern Pt A   42(2) 295-306   2012年3月
KIM Youngwoo, ONISH Keiichi, OBINATA Goro, HASE Kazunori
J Biomech Sci Eng (Web)   7(2) 259-274 (J-STAGE)   2012年
Kim Y, Tagawa Y, Obinata G, Hase K
Biological cybernetics   105(3-4) 269-282   2011年10月   [査読有り]
大日方 五郎, 長谷 和徳
計測と制御 = Journal of the Society of Instrument and Control Engineers   50(1) 10-17   2011年1月   [招待有り]
福住敦, 竹原昭一郎, 長谷和徳, 吉村卓也
日本機械学会論文集C編   77(777) 1686-1695   2011年   [査読有り]
裴艶玲, 金泳佑, 大日方五郎, 長谷和徳
日本機械学会論文集C編   77(781) 3439-3453   2011年   [査読有り]
井上 剛志, 高木 賢太郎, 福岡 慶祐, 長谷 和徳
日本機械学會論文集. C編   76(765) 1372-1379   2010年5月
The purpose of this study is to investigate influences of human's mental workloads on a human-mechanical vibration system. The one-degree-of-freedom mechanical structure involving a human body standing on it is considered. The human body and the m...
吉田 武司, 長谷 和徳, 大日方 五郎, 羽田 昌敏
バイオメカニズム学会誌 = Journal of the Society of Biomechanisms   34(1) 41-52   2010年2月
福田 勝之, 臼井 右, 大日方 五郎, 長谷 和徳, 金 泳佑, 濱田 洋人, 犬塚 保広
自動車技術会論文集   40(3) 913-918   2009年6月

特許

 
特許4210044 : 歩行訓練装置
永田孝夫,堀江徹,坂本浩一,大渕修一,長谷和徳

Misc

 
二宮 彰久, 長谷 和徳, 太田 進, 大日方 五郎, 梶 大介
福祉工学シンポジウム講演論文集   2009 197-200   2009年9月
Pole walking using poles like stocks for ski is believed to be a walking exercise suitable for older adults particularly. The purpose of this study is to analyze effects of pole walking from a biomechanical point of view. For 11 subjects who had c...
長井 力, 溝口 祐司, 大日方 五郎, 長谷 和徳, 島田 洋一, 松永 俊樹, 巖見 武裕, 宮脇 和人
福祉工学シンポジウム講演論文集   2009 121-122   2009年9月
長谷 和徳, 梶 大介, 大日方 五郎
年次大会講演論文集 : JSME annual meeting   2009(7) 277-278   2009年9月
In order to clarify the influence of footwear invented by inspiration from waraji (Japanese traditional sandal) to walking and standing movements, the kinetic and kinematic motion data were analyzed in the previous study of the authors. The purpos...
井上 剛志, 高木 賢太郎, 福岡 慶祐, 長谷 和徳
Dynamics & Design Conference   2009 "425-1"-"425-5"   2009年8月
This study considers the one-degrees-of-freedom platform on which a human stands. The human body and the platform are modeled as a linear two- degrees-of-freedom vibration system. The mass, the viscosity, and the stiffness parameters of human body...

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 長谷和徳
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: 長谷和徳
(1)従来より開発していた歩行運動生成モデルの高度化をはかり,歩容の安定化メカニズムの追加と,モデルに基づく高齢者の加齢に伴う歩行の不安定化の生体力学的要因の分析を行った.ベクトル場による歩容の安定化メカニズムは高次脳機能の学習的運動制御機構を模擬することができ,高齢者歩行では神経伝達特性に代表される運動の巧緻性低下に原因の一つがあると推察された.また,このようなシミュレーション研究の有用性についても議論ができた.(2)呼吸器系,循環器系,運動器系の動態を統合した運動生成モデルを構築し,ペ...