可知直毅

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/20 17:58
 
アバター
研究者氏名
可知直毅
 
カチナオキ
URL
http://www.biol.se.tmu.ac.jp/plantecol/
所属
首都大学東京
部署
理学研究科
職名
教授
学位
博士(理学)(東京大学)
科研費研究者番号
30124340

研究分野

 
 

経歴

 
1978年4月
 - 
1989年3月
国立公害研究所 陸生生物生態研究室 研究員
 
1989年4月
 - 
1990年6月
国立公害研究所 陸生生物生態研究室 主任研究員
 
1990年7月
 - 
1992年8月
国立環境研究所 森林減少・砂漠化研究チーム 主任研究員
 
1992年8月
 - 
1995年6月
国立環境研究所 森林減少・砂漠化研究チーム 総合研究官
 
1995年7月
 - 
2000年3月
東京都立大学 理学研究科 助教授
 
2000年4月
 - 
2006年3月
東京都立大学 理学研究科 教授
 
2006年4月
 - 
現在
首都大学東京 理工学研究科 教授
 

学歴

 
1972年4月
 - 
1974年3月
東京大学 教養学部 
 
1974年4月
 - 
1976年3月
東京大学 理学部 生物学科
 
1976年4月
 - 
1978年3月
東京大学大学院 理学系研究科 生物学専攻
 
1983年5月
   
 
理学博士(東京大学)  
 

委員歴

 
2018年3月
 - 
現在
日本生態学会  理事
 
2017年4月
 - 
現在
東京都環境審議会  委員
 
2016年3月
 - 
2018年3月
日本生態学会  会長
 
2011年
 - 
2014年
東京都  小笠原父島ノヤギ排除検討会座長
 
2011年
 - 
現在
環境省  小笠原世界自然遺産地域科学委員会委員
 
2007年
 - 
現在
林野庁  小笠原諸島森林生態系保護地域保全管理委員会アドバイザー
 
1997年4月
 - 
現在
国際環境研究協会  編集委員
 
2011年1月
 - 
2013年12月
日本生態学会  Ecological Research編集委員長
 
2009年1月
 - 
2013年12月
日本生態学会  常任委員
 
2009年4月
 - 
2011年3月
日本植物学会  評議員
 
2011年
   
 
環境省  経済社会における生物多様性の保全等の促進に関する検討会座長
 
2008年1月
 - 
2010年12月
日本生態学会  関東地区会長
 
2007年1月
 - 
2009年12月
種生物学会  会長
 
2008年
 - 
2009年
環境省  物多様性企業活動ガイドライン検討会座長
 
2008年
 - 
2009年
独)大学評価・学位授与機構  国立大学教育研究評価委員会専門委員
 
2007年
 - 
2009年
学術振興会  科学研究費委員会第1段審査委員
 
2002年4月
 - 
2005年3月
日本熱帯生態学会  評議員
 

論文

 
Facilitation of management plan development via spatial classification of areas invaded by alien invasive plant
Osawa, T., Akasaka, M. & Kachi, N.
Biological Invasions   in press    2019年   [査読有り]
南硫黄島自然環境調査の概略
鈴木 創, 天野和明, 朱宮丈晴, 川上和人, 堀越和夫, 金子 隆, 佐々木哲朗, 加賀芳恵, 堀越 宙, 高嶺春夫, 山田鉄也, 可知直毅, 小泉恵祐, 中野秀人
Ogasawara Research   44 (FY2017) 1-65   2018年7月
Preliminary Report on unnoticed establishment of Pheidole parva Mayr Complex (Insecta: Hymenoptera: Formicidae: Myrmicinae) in the Ogasawara Islands: A potential risk to native ground-dwelling invertebrates
Yamamoto, A., Matsumoto, T., Kobayashi, H., Osawa, T., Kachi, N. & Eguchi, K.
Taiwanese Journal of Entomological Studies   3 53-59   2018年   [査読有り]
Soil erosion alters soil chemical properties and limits grassland plant establishment on an oceanic island even after goat eradication
Hata, K., Osawa, T., Hiradate, S. & Kachi, N.
Restoration Ecology   27 333-342   2018年   [査読有り]
Distance- and densisity-dependent leaf dynamics of seedlings of a tropical rainforest tree
Numata, S., Kachi, N., Okuda, T. & Manokaran, N.
Oecologia   185 213-220   2017年   [査読有り]
Effects of the vertical distribution of a root-feeding insect (Anomala cuprea) on the yield, mortality, and size structure of Lolium perenne populations at different plant densities
Tsunoda, T., Kachi, N. & Suzuki, J-I.
Botany   95 37-44   2017年   [査読有り]
Belowground herbivory decreases shoot water content and biomass of Lolium perenne seedlings under nutrient-poor conditions
Tsunoda, T., Kachi, N. & Suzuki, J-I.
Botany   95 29-36   2017年   [査読有り]
Hosaka, N., Kachi, N., Kudoh, H., Stuefer, J.F. & Whigham, D.
Plant Ecology   217 471-480   2016年   [査読有り]
研究活動は観光資源になり得るか?日本の世界自然遺産地における 学術研究活動の役割
沼田真也・可知直毅・保坂哲朗
観光科学研究   9 119-124   2016年   [査読有り]
Hata, K., Kawakami, K. & Kachi, N.
Science of the Total Environment   545-546 372-380   2016年   [査読有り]
Osawa, T., Hata, K. & Kachi, N.
Weed Research   56 168-178   2016年   [査読有り]
Hata, K., Kawakami, K. & Kachi, N.
Pacific Science   69 445-460   2015年   [査読有り]
Hiradate, S., Morita, S., Hata, K.,Osawa, T., Sugai, K. & Kachi, N.
Catena   133 495-502   2015年   [査読有り]
Fine-scale distribution of aboveground biomass of herbaceous vegetation and soil nutrients on an oceanic island after goat eradication are correlated with grazing damage and seabird nesting
Hata, K., Kohri, M., Morita, S., Hiradate, S. & Kachi, N.
Pacific Conservation Biology   20 344-353   2014年   [査読有り]
Sakata, T., Nakano, T. & Kachi, N.
Ecological Research   30 163-171   2014年   [査読有り]
Tsunoda, T., Kachi, N. & Suzuki, J-I.
Plant and Soil   384 347-362   2014年   [査読有り]
Tsunoda, T., Kachi, N. & Suzuki, J-I.
Ecological Research   29 351-355   2014年   [査読有り]
Suzuki, R.O. & Kachi, N.
Plant Species Biology   29 217-224   2014年   [査読有り]
Tsunoda, T., Kachi, N. & Suzuki, J-I.
Botany   92 737-741   2014年   [査読有り]
Tsunoda, T, Kachi, N. & Suzuki, J-I.
PLOS ONE   DOI: 10.1371/journal.pone.0100    2014年   [査読有り]
Hata, K., Kohri, M., Morita, S., Hiradate, S. & Kachi, N.
ecosystem   17(6) 1082-1094   2014年   [査読有り]
Nishitani, S., Nakamua, T. & Kachi, N.
Botany   91 715-721   2013年   [査読有り]
Suzuki, S.N., Kachi, N. & Suzuki, J-I.
Journal of Forest Research   18 130-148   2013年   [査読有り]
Takayama, K.、Kudoh, H. & Kachi, N.
Pacific Science   67 591-597   2013年   [査読有り]
Suzuki Satoshi N., Kachi Naoki, Suzuki Jun-Ichirou
Ecological research   27(5) 893-901   2012年9月
HATA Kenji, KATO Hidetoshi, KACHI Naoki
Journal of forest research   17(2) 208-212   2012年4月
Hagiwara Yousuke, Kachi Naoki, Suzuki Jun-Ichirou
Journal of plant research   125(1) 77-83   2012年1月
KAGAYA MITSUKO, TANI TAKASHI, KACHI NAOKI
Plant species biology   26(1) 66-72   2011年1月
Hagiwara, Y., Kachi, N. & Suzuki, J-I.
Annuals of Botany   106 173-181   2010年   [査読有り]
Effects of the duration and inorganic nitrogen composition of a nutrient-rich patch on soil exploration by the plants of Lolium perenne in a heterogeneous environment
Nakamura, R., Kachi, N. & Suzuki, J-I.
Plant Signaling & Behavior   5 543-544   2010年   [査読有り]
Suzuki Satoshi N., Kachi Naoki, Suzuki Jun-Ichirou
Ecological research   24(6) 1371-1379   2009年11月
Suzuki Ryo O., Numata Shinya, Okuda Toshinori, SUPARDI Md. Noor Nur, KACHI Naoki
Journal of plant research   122(1) 81-93   2009年1月
Kagaya, M., Tani, T. & Kachi, N.
American Journal of Botany   96 1808-1813   2009年   [査読有り]
Suzuki, R. O., Numata,S., Okuda,T., Nur Supardi MD Noor & Kachi, N.
Journal of Plant Research   122 81-93   2009年   [査読有り]
Nakamura Ryoji, Kachi Naoki, Suzuki Jun-Ichirou
Journal of plant research   121(6) 547-557   2008年11月
KAGAYA MITSUKO, TANI TAKASHI, KACHI NAOKI
Plant species biology   23(1) 47-50   2008年4月
Nakamura, R., Kachi, N. & Suzuki, J-I.
Botany   86 1260-1265   2008年   [査読有り]
Hagiwara, Y., Kachi, N. & Suzuki, J-I.
Botany   86 1111-1116   2008年   [査読有り]
Hydrochory as a determinant of genetic distribution of seeds within Hibiscus moscheutos (Malvaceae) populations
Shimamura, R., Kachi, N., Kudoh, H. & Whigham, D. F.
American Journal of Botany   197 219-228   2008年   [査読有り]
MISHIO MASAKO, KAWAKUBO NOBUMITSU, KACHI NAOKI
Plant species biology   22(2) 117-124   2007年8月
Sakata Tsuyoshi, Kachi Naoki, Yokoi Yota
Polar science   1(1) 55-62   2007年8月
To evaluate the effects of low atmospheric pressure on leaf photosynthesis, we compared the photosynthesis of identical leaves of Fagus crenata at lowland (0 m a.s.l.) and at highland (2360 m a.s.l.). At the high altitude, the atmospheric pressure...
Canopy gap dynamics of two different forest stands in a Malaysian lowland rain forest
Numata, S., Yasuda, M., Okuda, T. Kachi, N. & Nur Supardi, Md. Noor
Journal of Tropical Forest Science   18 109-116   2006年   [査読有り]
A 19-year study of dynamics of an alien species, Bischofia javanica, on a subtropical oceanic island
Hata, K., Suzuki, J-I., Kachi, N., Yamamura, Y.
Pacific Science   60 455-470   2006年   [査読有り]
Suzuki, R. O., Suzuki, J-I., H. & Kachi, N.
Annals of Botany   96 1009-1017   2005年   [査読有り]
Kagaya, M., Tani, T. & Kachi, N.
Canadian Journal of Botany   83 329-334   2005年   [査読有り]
Visitation of a specialist pollen feeder Althaeus hibisci Olivier (Coleoptera: Bruchidae) to flowers of Hibiscus moscheutos L. (Malvaceae)
Shimamura, R., Kachi, N., Kudoh, H. & Whigham, F. D.
Journal of the Torrey Botanical Society   132 197-203   2005年   [査読有り]
The ecological significance of clonal growth in the understory tree, Pawpaw (Asimina triloba)
Hosaka, N., Gomez, S., Kachi, N., Stuefer, J. F. & Whigham, D. F.
Northeastern Naturalist   12 11-22   2005年   [査読有り]
Numata Shinya, Kachi Naoki, Okuda Toshinori, MANOKARAN N.
Journal of plant research   117(1) 19-25   2004年2月
Tani, T., Kudoh, H. & Kachi, N.
Plant and Soil   255 227-237   2003年   [査読有り]
Leaf herbivory and defenses of Dipterocarp seedlings in the Pasoh forest reserve
Numata, S., Kachi, N., Okuda, T. & Manokaran, N.
Pasoh: Ecology of a Lowland Rain Forest in Southeast Asia.(ed. by Okuda, T., Manokaran, N., Matsumoto, Y., Niiyama, K, Thomas, S. C. & Ashoton, P. S.)   Springer(Tokyo) 495-505   2003年   [査読有り]
Suzuki, R. O., Kudoh, H. & Kachi, N.
Journal of Ecology   91 114-125   2003年   [査読有り]
Temporal and spatial patterns of mass flowerings on the Malay peninsula
Numata, S., Yasuda, M., Okuda, T., Kachi, N. & Nur Supardi Md. Noor
American Journal of Botany   90 1025-1031   2003年   [査読有り]
KUDOH HIROSHI, KACHI NAOKI, KAWANO SHOICHI, ISHIGURI YOSHIO
Plant species biology   17(2) 101-107   2002年8月
OZAWA MAYUMI, KUDOH HIROSHI, KACHI NAOKI
Plant species biology   16(3) 237-239   2001年12月
Tani, T., Kudoh, H. & Kachi, N.
Annals of Botany   88 393-402   2001年   [査読有り]
Ishikawa Shin-Ichi, Kachi Naoki
Ecological research   15(3) 241-247   2000年9月
Nagamitsu, T., Ichikawa, S., Ozawa, M., Shimamura, R., Kachi, N. & Tsumura, Y.
International Journal of Plant Sciences   162 155-159   2000年   [査読有り]
Numata, S., Kachi, N., Okuda, T. & Manokaran, N.
Tropics   9 237-243   2000年   [査読有り]
Numata, S., Kachi, N., Okuda, T. & Manokaran, N.
Journal of Tropical Ecology   15 695-700   1999年   [査読有り]
Nishitani, S., Takada, T. & Kachi, N.
Plant Ecology   141 179-189   1999年   [査読有り]
Yasuda, M., Matsumoto, J., Osada, N., Ichikawa, S., Kachi, N., Tani, M., Okuda, T. , Furukawa, A., Nik, A. R. and Manokaran, N.
Journal of Tropical Ecology   15 437-449   1999年   [査読有り]
Heterogeneity of light availability and its effects on simulated carbon gain of tree leaves in a small gap and the understory in a tropical rain forest
Tang, Y-H., Kachi, N., Furukawa, A. & Awang, M.
Biotropica   31 268-278   1999年   [査読有り]
Equilibrium status of species diversity and composition in lowland dipterocarp forest in Peninsular Malaysia
Okuda, T., Kachi, N. & Manokaran, N.
Global Environmental Research   3 81-91   1998年   [査読有り]
Shoot population dynamics of Carex kobomugi on a coastal sand dune in relation to its zonal distribution
Ishikawa, S-I. and Kachi, N.
Australian Journal of Botany   46 111-121   1998年   [査読有り]
Water use and leaf structure of evergreen shrub Eurya emarginata (Theaceae) and E. japonica in coastal and inland habitats
Mishio, M. & Kachi, N.
Australian Journal of Botany   46 135-142   1998年   [査読有り]
Okuda, T., Kachi, N., Yap, S. K. & Manokaran, N.
Plant Ecology   131 155-171   1997年   [査読有り]
Tang, Y-H. & Kachi, N.
Journal of Forest Ecology and Management   97 85-90   1997年   [査読有り]
Tang, Y-H., Kachi, N., Furukawa, A. & Awang, M.
Forest Ecology and Management   89 205-211   1996年   [査読有り]
Geographical variation in seed weight of Plantago asiatica L.
Mariko, S. Nakano, T., Bekku, Y. & Kachi, N.
Bulletin of the Sugadaira Montane Research Center   13 1-8   1996年   [査読有り]
Effects of herbivory on seedling establishment of Dryobalanops aromatica (Dipterocarpaceae) in a plantation forest in Peninsular Malaysia
Kachi, N., Okuda, T. & Yap, S. K.
Journal of Tropical Forest Science   8(59) 70   1995年   [査読有り]
MARIKO SHIGERU, KACHI NAOKI
Plant species biology   10(2) 103-110   1995年
We examined seed germination of Lobelia boninensis Koidz. (Campanulaceae) in incubators and its seed production in a greenhouse. This monocarpic perennial is an endemic and endangered species in the Miscanthus boninensis vegetation on coastal clif...
NISHITANI SATOMI, TAKADA TAKENORI, KACHI NAOKI
Plant species biology   10(3) 127-135   1995年
The aim of the present study was to evaluate the fitness consequences of resource allocation balance between seeds and vegetative propagules in an understory herb, Syneilesis palmata. Based on field censuses, transition matrices were constructed t...
Spatial Pattern of adult trees and seedling survivorship in Pentaspadon motleyi Hook, f. in a lowland rain forest in Peninsular Malaysia
Okuda, T., Kachi, N., Yap, S. K. & Manokaran, N.
Journal of Tropical Forest Science   7 475-489   1994年   [査読有り]
Spatial pattern of saplings and adult trees of canopy- and sub-canopy-forming species in a lowland rain forest in Peninsular Malaysia
Okuda, T., Kachi, N., Yap, S. K. & Manokaran, N.
Biodiversity-Its Complexity and Role. (ed. M. Yasuno, M. M. Watanabe)   Global Environmental Forum(Japan) 99-110   1994年   [査読有り]
Mariko Shigeru, KACHI Naoki, ISHIKAWA Shin-ichi, FURUKAWA Akio
Ecological research   7(3) 225-233   1992年12月
Root and shoot activity of two grasses with contrasted growth rates in response to low nutrient availability and temperature
Kachi, N. & Rorison., I. H.
Plant Root Growth - An Ecological Perspectives (ed. D. Atkinson)   Blackwell(Oxford) 147-159   1991年   [査読有り]
Kachi Naoki
Ecological Research   5(2) p185-194   1990年8月
Kachi Naoki, Hirose Tadaki
Ecological Research   5(1) p143-152   1990年4月
Effects of nutrient depletion on growth and on the capacity of roots to absorb nitrogen in Holcus lanatus and Festuca ovina at warm and cool temperatures
Kachi, N. & Rorison, I. H.
New Phytologist   115 531-537   1990年   [査読有り]
Evolution of size-dependent reproduction in biennial plants: a demographic approach
Kachi, N.
Biological Approaches and Evolutionary Trends in Plants (ed. S. Kawano)   Academic Press(London) 367-385   1989年   [査読有り]
Optimal partitioning between roots and shoot in plants with contrasted growth rates in response to nitrogen availability and temperature
Kachi, N. & Rorison, I. H.
Functional Ecology   3 549-559   1989年   [査読有り]
Graphical analysis of the life history evolution of Oenothera glazioviana Micheli. Oecologia
Hirose, T. & N. Kachi
Oecologia   68 490-495   1986年   [査読有り]
A stochastic model for describing revegetation following forest cutting: an application of remote sensing
Kachi, N., Y. Yasuoka, T. Totsuka, & K. Suzuki
Ecological Modeling   32 105-117   1986年   [査読有り]
Population dynamics of Oenothera glazioviana in a sand dune system with special reference to the adaptive significance of size-dependent reproduction
Kachi, N. & T. Hirose
Journal of Ecology   73 887-901   1985年   [査読有り]
Limiting nutrients for plant growth in coastal sand dune soils
Kachi, N. & T. Hirose
Journal of Ecology   71 937-944   1983年   [査読有り]
Bolting induction in Oenothera erythrosepala Borbas in relation to vernalization, photoperiod, and rosette size
Kachi, N. & T. Hirose
Oecologia   60 6-9   1983年   [査読有り]
Critical plant size for flowering in biennials with special reference to their distribution in a sand dune system
Hirose, T. & N. Kachi
Oecologia   55 281-284   1982年   [査読有り]
Multivariate approaches to the plant communities related with edaphic factors in the dune system at Azigaura, Ibaraki Pref. II. Ordination
Kachi, N. & T. Hirose
Japanese Journal of Ecology   29 359-368   1979年   [査読有り]
Multivariate approaches to the plant communities related with edaphic factors in the dune system at Azigaura, Ibaraki Pref. I. Association-analysis
Kachi, N. & T. Hirose
Japanese Journal of Ecology   29 17-27   1979年   [査読有り]

Misc

 
世界自然遺産「小笠原」の自然とその保全
可知直毅
理科教室   60(2月号) 1-6   2017年
ノヤギ駆除後の媒島の草地植生の地上部バイオマス-土壌の化学特性-環境要因との関係
畑 憲治, 郡 麻里, 森田沙綾香, 平舘俊太郎, 可知直毅
小笠原研究年報   38 75-85   2015年
世界遺産の森から島から 独自に進化する固有植物
可知直毅
2015.3.4. 朝日小学生新聞      2015年
外来種駆除 思わぬ結果:新たな生態系異変招く
可知直毅
2014.7.24. 読売新聞夕刊(取材協力)      2014年
世界遺産の森から島から 非常事態!兄島に外来種のトカゲ侵入
可知直毅
2014.6.25. 朝日小学生新聞.      2014年
西島のトクサバモクマオウが優占する森林におけるトクサバモクマオウ駆除前後の土壌含水量の時間変化
畑 憲治, 川上和人, 可知直毅
小笠原研究   40 1-9   2014年
世界遺産の森から島から 独自の進化をとげた生き物たち
可知直毅
2014.4.9. 朝日小学生新聞      2014年
首都大学東京における小笠原研究
可知直毅
首都大学東京同窓会・会報   9 21   2013年
コメント:若手研究者の多様なキャリアパスと学会のキャリア支援
可知直毅
日本生態学会関東地区会会報   60 11-11   2012年
畑 憲治, 可知 直毅
日本生態学会誌   61(2) 227-232   2011年7月
The Ogasawara (Bonin) Islands have been inscribed in the World natural heritage list in 2011
Ishida, A. & Kachi, N.
DIWPA News Letter   25 6-7   2011年
伊豆諸島と小笠原諸島の特徴:島の成立過程と自然環境、生物相の概観.東京都の島の植物と生物多様性ー伊豆諸島から小笠原までー
可知直毅
日本植物学会   6-13   2011年
畑 憲治, 可知 直毅
小笠原研究年報   0(35) 23-28   2011年
聟島列島媒島において、野生化ヤギ駆除後直後から9年間の草本植生の種構成の変化を記載した。2002年に植生調査を実施した50 箇所の地点(20×20 m)において、2011年7月に同様の調査を実施した。調査地点あたりの出現植物種数は、9年間で増加した一方で、全調査地点で出現した種数は変化しなかった。多くの植物種の出現頻度(出現した調査地点数/50地点)は、9年間で増加する傾向にあった。この傾向は、特に木本種に強く、これは長期的な森林植生への遷移の可能性を示唆する。一方で、外来植物の出現頻度も...
畑 憲治, 加藤 英寿, 可知 直毅
小笠原研究   35 1-14   2010年3月
To quantify litterfall in forests invaded by the alien woody species Casuarina equisetifolia in the Bonin Islands, the amount of annual litterfall and its seasonal changes at forested sites dominated by C. equisetifolia (n = 30 sites) were compare...
畑 憲治, 加藤 英寿, 可知 直毅
小笠原研究   34 33-50   2009年3月
On the Bonin (Ogasawara) Islands, thick litter accumulation of an alien woody species, Casuarina equisetifolia is observed under its dense canopy. This observation suggests that the thick litter accumulation could prevent establishment of seedling...
藤沼 潤一, 畑 憲治, 可知 直毅
小笠原研究年報   31 19-29   2008年3月
母島南崎において、モクマオウを対象として、薬剤注入(ラウンドアップ・マックスロード)による枯殺実験を行なった。6つに分けたサイズクラスごとに薬剤量と枯死率の関係を調べた。薬剤処理から約1ヶ月後に、個体ごとに枯葉率を調査し、枯葉率により枯死を判定した。薬剤注入量を独立変数、モクマオウの枯死の有無を従属変数としてロジステイック回帰分析を行った。枯葉率90%以上を枯死の判定基準とした場合、胸高直径7.6cm以下のサイズクラスを除いて、薬剤注入量により個体の枯死の有無が説明され、個体が枯死にいたる...
加藤 英寿, 堀越 和夫, 朱宮 丈晴, 天野 和明, 宗像 充, 加藤 朗子, 苅部 治紀, 中野 秀人, 可知 直毅
小笠原研究   33 1-29   2008年3月
2007年6月、東京都環境局と首都大学東京は南硫黄島自然環境調査を実施した。南硫黄島で山頂部を含む上陸調査が行われたのは1982年以来25年ぶり、史上3回目である。その厳しく危険な自然環境故に、調査時の安全確保が最大の課題となったが、現地情報がほとんど無い中での計画立案はほとんど手探りの状態で、準備も困難を極めた。また貴重な手つかずの自然を守るため、調査隊が南硫黄島に外来生物を持ち込まない、そして南硫黄島の生物を持ち出して父島などに放さないための対策にも細心の注意を払った。幸いにして今回の...
畑 憲治, 鈴木 準一郎, 可知 直毅
小笠原研究   32 1-8   2007年3月
小笠原諸島媒島にて、23年間の植生の変化を航空写真を用いて定量的に評価した。1978年、1991年、2003年の航空写真から森林、草地、裸地の面積の変化を調べた。この間、媒島の植生は、野生化ヤギによる食害と踏圧およびヤギ排除によるそれらからの開放を経験した。草地が島全体に占める割合は、23年間で66.3%から69.0%に、裸地が占める割合は7.0%から15.5%に増加した。1978年から1991年にかけて、草地の一部が裸地に変化した。その結果、草地の面積は減少し、裸地の面積は増加した。19...
畑 憲治, 可知 直毅, 市河 三英
小笠原研究年報   29 7-17   2006年3月
聟島列島媒島において、野生化したヤギ(ノヤギ)排除後に侵入した外来樹種ギンネムの出現パターンに対する、ギンネムの種子散布能力、ギンネムが侵入した環境における他種の出現パターンや環境要因との関係を明らかにした。島全体を含む地域的な空間スケールにおけるギンネムの出現は、ギンネムの種子散布様式の制限をうけ、侵入をうけた群落の構造や種組成には依存しなかった。一方で、個々のギンネム群落の拡大過程を反映する局所的な空間スケールにおけるギンネムの出現は、ギンネムの種子散布能力だけでなく、草本群落の構造や...

書籍等出版物

 
奄美群島の野生植物と栽培植物(鹿児島大学生物多様性研究会編)
可知直毅 (担当:分担執筆, 範囲:世界自然遺産地域の価値とその保全─小笠原諸島から学ぶ─[pp.129-137])
南方新社   2018年   
世界自然遺産「小笠原」の自然とその保全. 理科教室 2月号 60 [pp.1-6]
可知直毅
本の泉社   2017年   
植物学の百科事典 日本植物学会(編)
可知直毅 (担当:分担執筆, 範囲:生活史と生活史戦略[pp252-253], r, K戦略と植物の3戦略[pp.254-555], ハビタットとニッチ[pp.158-159])
丸善出版   2016年   
ひかげの植物はなぜ生きていけるの? 「理科好きな子に育つ ふしぎのお話365」
可知直毅 (担当:分担執筆)
誠文堂新光社   2014年   
エコロジー講座6「世界遺産の自然の恵み」(日本生態学会編 増澤武弘・澤田 均・小南陽亮責任編集)
可知直毅 (担当:分担執筆, 範囲:海と時間の恵み:小笠原)
文一総合出版   2013年   
日本の「国境問題」現場から考える(岩下明裕編)別冊「環」
可知直毅 (担当:分担執筆, 範囲:生態学から見た小笠原)
藤原書店   2012年   
生物(高等学校理科用教科書)
可知直毅 (担当:分担執筆)
東京書籍   2012年   
生物基礎(高等学校理科用教科書)
可知直毅 (担当:分担執筆)
東京書籍   2011年   
生物多様性民間参画ガイドライン(環境省自然保護局編)
可知直毅 (担当:分担執筆)
成山堂書店   2009年   
生物II(高等学校理科用教科書)
可知直毅 (担当:分担執筆)
東京書籍   2009年   
植物生態学(寺島一郎・彦坂幸毅・竹中明夫・大崎 満・大原 雅・可知直毅・甲山隆司・露崎・北山兼弘・小池孝良著)
可知直毅 (担当:共著, 範囲:第6章「生活史の進化と個体群動態」第7章「密度効果と個体間相互作用」)
朝倉書店   2007年   
新編理科総合B(高等学校理科用教科書)
可知直毅 (担当:分担執筆)
東京書籍   2004年   
理科総合B歴史としてみる自然(高等学校理科用教科書)
可知直毅 (担当:分担執筆)
東京書籍   2004年   
新訂基礎生物学(岩槻邦男・石川統編)
可知直毅 (担当:分担執筆, 範囲:第11章「生物の集団とその生活」)
放送大学教育振興会   2003年   
態学事典(巌佐庸・松本忠夫・菊沢喜八郎/日本生態学会編)
可知直毅 (担当:分担執筆)
共立出版   2003年   
光と水と植物のかたち(種生物学会編/村岡裕由・可知直毅責任編集)
可知直毅 (担当:編者)
文一総合出版   2003年   
外来種ハンドブック(日本生態学会編/村上興正・鷲谷いづみ監修)
可知直毅 (担当:分担執筆)
地人書館   2002年   
植物生態生理学(ラルヒャー著)
可知直毅 (担当:分担執筆, 範囲:第2章3節〜5節)
シュプリンガー東京   1999年   
根の事典(森田・編)
可知直毅 (担当:分担執筆)
博友社   1998年   
地球環境の行方ー熱帯林の減少ー(環境庁地球環境部編)
可知直毅 (担当:分担執筆)
中央法規出版   1996年   

講演・口頭発表等

 
はじめに:生態系の持続可能性とNovel ecosystem. 自由集会W16:生態系機能の持続可能性:外来生物に起因する土壌環境の劣化に伴う生態系の変化
可知直毅
日本生態学会第66回大会   2019年3月16日   
自由集会W16:生態系機能の持続可能性:外来生物に起因する土壌環境の劣化に伴う生態系の変化
可知直毅
日本生態学会第66回大会   2019年3月16日   
放浪しながら切り拓いた軌跡 
可知直毅
首都大学東京理学研究科生命科学専攻主催 最終講義   2019年3月14日   
小笠原のフィールド研究と研究者の社会的責任
可知直毅
日本生態学会関東地区会 第39回関東地区生態学関係修士論文発表会   2019年3月10日   
23年間の小笠原研究を振り返る 
可知直毅
日本島嶼学会/小笠原研究委員会共催 小笠原ミニシンポジウム「小笠原の自然と文化と歴史:研究者に期待されること」   2019年3月7日   
南硫黄島の自然の魅力を思い知れ
可知直毅
南硫黄島:東京の原生自然環境保全地域 冒険・発見・最後の秘境!   2019年1月13日   
再訪:一回繁殖型草本の生活史戦略 〜これまでの種生物学シンポジウムを振り返りつつ〜
可知直毅
第50回種生物学シンポジウム   2018年12月7日   
小笠原の自然の価値とその保全
可知直毅
オープンユニバーシティ特別公開講座「世界自然遺産の小笠原を知る楽しみ~首都大学東京の小笠原研究50年~」   2018年10月23日   
世界自然遺産小笠原の自然の価値と保全の取組み~私たちは何を守ろうとしているのか~ [招待有り]
可知直毅
第752回 浅草寺仏教文化講座   2018年7月19日   
「ヒアリ」に学ぶ、離島における外来種侵入防止対策のあり方
可知直毅
おかん研プロデュース講演会vol.22   2018年3月25日   

競争的資金等の研究課題

 
生態系機能の持続可能性:外来生物に起因する土壌環境の劣化に伴う生態系の変化
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 可知直毅
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 可知直毅
絶滅危惧植物の繁殖成功に配慮した域内保全手法の開発
環境省: 環境研究総合推進費(受託研究, 森林総合研究所)
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 可知直毅
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 可知直毅
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 可知直毅
1「窒素固定植物は土壌に十分な窒素がある時でも窒素固定システムを働かせており、結果として窒素濃度を高めたりすることで何らかのメリットを得ている」という仮説に基づき、「全窒素獲得量に占める窒素固定由来窒素含量の割合には系統間変異がある」という予測を検証するため、以下の栽培実験を実施した。2根粒菌を接種したミヤコグサ13野生系統を人工気象室内で栽培し、展葉から30日目における窒素獲得量と15N含量から窒素固定量を推定し、これらの値から算出される各系統の窒素固定寄与率(%Ndfa)を比較した。3...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 加藤英寿
小笠原諸島南硫黄島は国内で最も謎に満ちた地であり、山頂部を含めた学術調査は過去2回実施されただけである。そこで2007年6月に東京都との合同で南硫黄島自然環境調査を25年ぶりに実施し、生物多様性の現状を把握すると共に、植物の集団遺伝学的・分子系統学的解析に基づく種分化過程の推定などを試みた。その結果、小笠原諸島に広く分布する種の場合、南硫黄島個体群は遺伝的に大きく分化していることなどが明らかとなった。
脆弱な海洋島をモデルとした外来種の生物多様性への影響とその緩和に関する研究
環境省: 地球環境研究推進費
研究期間: 2005年 - 2009年    代表者: 大河内 勇
小笠原諸島における侵略外来植物の影響メカニズムの解明とその管理手法に関する研究
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2005年 - 2005年    代表者: 可知直毅
親ラメットと遺伝的に同一の子ラメットを栄養繁殖によって作り出すクローナル植物の個体群では、空間的・生理的に独立したラメットと遺伝的個体が一致するとは限らない。そこで、クローナル植物の個体群動態を検討するためには、動物の個体群動態研究と同様に、ラメット個体群中に何個体の遺伝的個体が存在するかを推定する必要がある。しかし、多年生植物の個体群動態の研究は、分子マーカーによる遺伝的個体の識別が容易になった現在も、ほとんど進んでいない。それは、調査対象としたラメット群に遺伝的個体が何個体存在するかは...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2003年 - 2005年    代表者: 可知直毅
1.小笠原では野生化したヤギの食害により、多くの固有植物が激減あるいは絶滅した。植生が破壊された後、本来はウラジロエノキ林から乾性低木林へと遷移するが,窒素固定能をもつ外来種のギンネムが侵入した場合は,土壌の冨栄養化が促進され,在来種より競争力のある外来種が占領する森林に遷移する可能性がある。また、植生回復のために他島の個体群から植物を導入すると,その島にもともと生育していた植物との間で浸透性交雑が生じ、植物集団の遺伝子構造や形態・生態的な特性が失われる危険性が可能性が高い。本研究の目的は...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2001年 - 2003年    代表者: 青木繁伸
1.帰化植物オオブタクサの生長および菌根形成に対する窒素態比の影響解析群馬県内の分布北限で、低温環境である水上町に自生するオオブタクサ個体群と、南部の伊勢崎市の個体群より採取した実生個体を、異なる土壌窒素態比下で栽培して、生長解析および菌根形成率の計測を行った。その結果、前年までの同等の実験により得られ結果と同様に、水上に自生するオオブタクサは、伊勢崎のオオブタクサよりも相対生長速度が遅いことが確認された。これらの結果は、栽培時の気温や日照条件など年ごとに変化する環境要因によらず、水上のオ...

その他

 
2018年6月   小笠原諸島返還50周年特集・第二夜「小笠原諸島、その魅力と自然
6月27日22:00からのTBSラジオ番組「荻上チキ・Session-22」”小笠原諸島返還50周年特集・第二夜「小笠原諸島、その魅力と自然」石原俊×可知直毅×鈴木創×荻上チキ”に出演し、小笠原の自然について話した。