佐藤 翔輔

J-GLOBALへ         更新日: 18/02/06 03:23
 
アバター
研究者氏名
佐藤 翔輔
 
サトウ シヨウスケ
eメール
ssatoirides.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/e904061316f3965eafa654eb98fb6079.html
所属
東北大学
部署
災害科学国際研究所 情報管理・社会連携部門 災害アーカイブ研究分野
職名
准教授
学位
博士(情報学)(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2009年4月
 - 
2011年3月
日本学術振興会 特別研究員(DC2)
 

学歴

 
 
 - 
2007年3月
京都大学 情報学研究科 社会情報学専攻
 
 
 - 
2003年3月
長岡工業高等専門学校  環境都市工学科
 

受賞

 
2014年2月
地域安全学会 2013年地域安全学会年間優秀論文賞
 
2003年11月
地域安全学会 地域安全学会論文奨励賞
 
2014年7月
日本災害食学会 日本災害食学会 第2回研究発表会 最優秀賞
受賞者: 佐藤美嶺,佐藤翔輔
 
2011年11月
日本自然災害学会 日本自然災害学会学術講演会 学術優秀発表賞
 
2004年11月
土木学会関東支部会新潟会 土木学会関東支部会新潟会 土屋雷蔵賞
 

論文

 
住民による総合防災訓練の経験と実災害における対応-宮城県亘理町における事例-
戸川直希,佐藤翔輔,今村文彦,遠藤匡範
平成29年度土木学会東北支部技術研究発表会講演概要集      2018年3月
津波避難における水平移動と避難誘導サインの視認性に関する検討 -宮城県名取市閖上地区の事例-
馬場亮太,佐藤翔輔,今村文彦
平成29年度土木学会東北支部技術研究発表会講演概要集      2018年3月
気仙沼市における過去の震災伝承の実態把握-津波による人的被害軽減に向けて-
新家杏奈,佐藤翔輔.川島秀一,今村文彦
平成29年度土木学会東北支部技術研究発表会講演概要集      2018年3月
事前の備え・リスク認識・災害伝承と津波避難行動の関係-陸前高田市における事例調査-
佐藤翔輔,今村文彦
平成29年度東北地区災害科学研究集会講演予稿集      2018年1月
災害伝承は津波避難行動を誘引したのか-陸前高田市における質問紙調査を用いた事例分析-
佐藤翔輔,平川雄太,新家杏奈,今村文彦
地域安全学会論文集   31 69-76   2017年11月   [査読有り]

Misc

 
東日本大震災記録のアーカイブの現状と課題
今村文彦,柴山明寛,佐藤翔輔
情報の科学と技術「震災アーカイブ」特集   64(9) 338-342   2014年9月
震災ビッグデータの活用 ~ 2011年東日本大震災での事例と今後の期待
今村文彦,佐藤翔輔
「季刊大林」,特集:ビッグデータ   55 28-34   2014年3月
被災地からの報告,~防災・減災の実践ツールとしての「みんなの防災手帳」
佐藤翔輔
安全と健康      2014年3月
場と時を超える「みちのく震録伝」-東北大学による東日本大震災アーカイブプロジェクト-
今村文彦,佐藤翔輔,柴山明寛
月刊IM(Journal of Image & Information Management)   51(5) 13-15   2013年4月
震災経験を後世に伝える震災アーカイブプロジェクト「みちのく震録伝」
今村文彦,柴山明寛,佐藤翔輔
電子情報通信学会誌   95(10) 921-926   2012年10月

書籍等出版物

 
震災学 Vol.11
佐藤翔輔 (担当:共著, 範囲:東日本大震災 震災遺構の今)
東北学院大学/荒蝦夷   2017年11月   
The 2011 Japan Earthquake and Tsunami: Reconstruction and Restoration
Fumihiko Imamura, Anawat Suppasri, Shosuke Sato, Kei Yamashita (担当:共著, 範囲:The Role of Tsunami Engineering in Building Resilient Communities and Issues to Be Improved After the GEJE)
Springer   2017年7月   
東日本大震災と〈復興〉の生活記録
佐藤翔輔 (担当:共著, 範囲:復興の「ものさし」にみる宮城県内被災者の生活復興過程)
六花出版   2017年3月   
『わかる!取り組む! 災害と防災』第2巻
佐藤翔輔 (担当:共著, 範囲:防災・減災の取り組み4 いまなお生きる先人の知恵)
帝国書院   2017年2月   
災害フィールドワーク論
佐藤翔輔 (担当:共著, 範囲:超広域災害に立ち向かう-東日本大震災での住民参加・組織型フィールドワークの試み-,pp. 78-96)
古今書院   2014年9月   

講演・口頭発表等

 
TRENDREADER(TR)を用いた災害・危機に関する言語資料体の解析
平成20年度第1回災害対応研究会「災害対応をめぐる新しい流れ・試みを紹介する」   2008年4月25日   
危機管理を目的にした状況認識を支援する言語資料解析システム
林春男,竹田百合惠
京都大学ICTイノベーション2010-ネットワークがつなぐ新たな情報学の未来-   2010年2月19日   
災害対応を観る-TRENDREADER(TR)を用いた災害対応情報の抽出-
ワークショップ「災害を観る 7」   2010年3月2日   
平成21年の大雨対応を踏まえた自治体の教訓・課題-内閣府調査の自由回答の分析-
林春男,田村圭子
平成22年度京都大学防災研究所研究発表講演会   2011年2月22日   
2011年東北地方太平洋沖地震に関するウェブ情報のTR解析
八都県市首都直下地震対策研究協議会「第28回月例研究会」   2011年3月18日   

社会貢献活動

 
第15回震災対策技術展
【その他】  2011年2月3日 - 2011年2月4日
出展:TRENDREADER
防災手帳:多賀城市、全戸配布 必要な対策、情報網羅 /岩手
【情報提供】  毎日新聞  2014年3月28日
みやぎ県民大学・第10回東北大学災害制御研究センター公開講座
【その他】  2011年8月27日 - 2011年9月2日
公開講座
被災した宮城沿岸の無形文化財をDB化 東北大
【情報提供】  河北新報  2014年3月21日
メッセナゴヤ2011
【その他】  2011年11月9日 - 2011年11月12日
東北大学防災科学研究拠点より研究成果の出展

その他

 
2008年4月   時系列的に増加するWeb情報を対象にしたキーワード自動検出ソフトウェアの開発
時系列的に増加するWeb情報を対象にしたキーワード自動検出ソフトウェアの開発