ISHII Kenji

J-GLOBAL         Last updated: Oct 9, 2019 at 17:53
 
Avatar
Name
ISHII Kenji
Affiliation
Tokyo Metropolitan Geriatric Hospital and Institute of Gerontology
Job title
Head of Clinic

Research Areas

 
 
  • Clinical internal medicine / Neurology / neuroimaging

Academic & Professional Experience

 
2009
 - 
Today
Team Leader, Team for Neuroimaging Research, Tokyo Metropolitan Institute of Gerontology
 
1990
 - 
Today
Positron Medical Center, Tokyo Metropolitan
 
1990
 - 
2009
Positron Medical Center, Tokyo Metropolitan Institute of Gerontology
 
Mar 1997
 - 
Mar 1999
Visiting Scientist, Clinical Neurology Branch, National Institute of Neurological Disorders and Stroke
 
Jun 1986
 - 
Mar 1990
Staff Neurologist, Department of Neurology, Tokyo Metropolitan Geriatric Hospital
 

Education

 
 
   
 
School of Medicine, Kyoto University
 

Published Papers

 
Kameyama M, Ishibash K, Wagatsuma K, Toyohara J, Ishii K
Annals of nuclear medicine      Aug 2019   [Refereed]
Suzuki Y, Kiyosawa M, Wakakura M, Ishii K
NeuroImage. Clinical   24 101995   Aug 2019   [Refereed]
Ishibashi K, Miura Y, Hirata K, Toyohara J, Ishii K
Clinical nuclear medicine      Jul 2019   [Refereed]
Sato K, Mano T, Matsuda H, Senda M, Ihara R, Suzuki K, Arai H, Ishii K, Ito K, Ikeuchi T, Kuwano R, Toda T, Iwatsubo T, Iwata A, Japanese Alzheimer's Disease Neuroimaging Initiative.
NeuroImage. Clinical   24 101957   Jul 2019   [Refereed]
Tago T, Toyohara J, Harada R, Furumoto S, Okamura N, Kudo Y, Takahashi-Fujigasaki J, Murayama S, Ishii K
Annals of nuclear medicine   33(6) 375-382   Jun 2019   [Refereed]

Misc

 
【認知症の早期発見と進展防止-超早期の介入に向けて】画像診断の進歩
石井 賢二
カレントテラピー   37(8) 755-760   Aug 2019
脳画像診断は認知症の背景病理とその病期を推定するうえで強力なツールとなる。特に変性型認知症疾患では、病態特異的な異常タンパクの蓄積が臨床症状の発現に先行して起こるため、これを画像としてとらえる技術が早期診断や早期介入には欠かせない。本稿では、神経障害を非特異的に画像化する技術として、形態的MRIや脳血流代謝に加え、今後の実用化が期待されるミクログリアイメージング、シナプスイメージングについても述べる。また、病態特異的画像として、アミロイドPETやタウPETについて、最新の知見に基づいて解説...
【脳機能イメージングの最前線】認知症・神経変性疾患 神経変性疾患の脳機能イメージング
石井 賢二
医学のあゆみ   270(9) 739-745   Aug 2019
神経変性疾患の診断に有用な機能画像は、(1)神経障害の局在を反映する画像と、(2)疾患特異的な病態を反映する画像、に大別できる。前者の代表は脳血流SPECTやFDG-PETである。後者は、アミロイドイメージングなどの異常蛋白蓄積を可視化する画像、ドパミン系などの神経伝達機能画像、ミクログリア活性など炎症機序に関連した画像などにさらに分類できる。本稿では、FDG-PETとドパミン系機能画像について述べる。FDG-PETは疾患に特徴的な脳機能低下の分布を感度よく検出できるため、種々の神経変性疾...
[18F]THK-5351-PETで集積を認めたprimary CNS lymphomaの50代女性例
徳本 健太郎, 仙石 錬平, 徳丸 阿耶, 石井 賢二, 高橋 雅道, 成田 善孝, 吉田 朗彦, 村山 繁雄
臨床神経学   59(7) 469-469   Jul 2019
【新しいPETイメージング】アミロイドのPETイメージング
石井 賢二
脳神経内科   91(1) 62-71   Jul 2019
HDAC6イメージングを目的とした18F-標識ツバスタチンA類縁体の標識合成と生物学的評価
多胡 哲郎, 豊原 潤, 石井 賢二
JSMI Report   12(2) 95-95   May 2019

Research Grants & Projects

 
Study on physiology and pathologic physiology of human brain using positron CT and functional MRI