ISHIDA Megumi

J-GLOBAL         Last updated: Oct 30, 2019 at 09:16
 
Avatar
Name
ISHIDA Megumi
Affiliation
Gifu University
Section
Faculty of Applied Biological Sciences
Degree
Master

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
 
   
 
Former Institution /Organization Forest Experiment Station Silvicultrue Division
 

Published Papers

 
Estimate Average Annual Maximum Snow Depth with the Temperature and the Amount of Precipitation of the Mesh Normal Climatic Data in Toyama Prefecture, Japan. 
Hideharu Aiura,1 Haruki Nakajima, Megumi Ishida
Journal of the Japanese Forest Society   100 174-177   Jul 2018   [Refereed]
Ishigure Y, Hirai K, Kawasaki H
日本森林学会誌   99(3) 99-104   2017   [Refereed]
石榑枝打ちロボット用の枝噛み防止機能があるチェーンソーの開発
Ishida M・Kurogome K・Yayota M・Doi K
日本緑化工学会誌   41(1) 133-138   Aug 2015   [Refereed]
管理放棄されたモウソウ竹林においてタケノコ発生最盛期に竹林を皆伐しヤギを放牧することで竹林の再生が抑制され,草原性植物の多様性が増加することを明らかにした。
Observations onthe seed dispersal of Cycas revoluta by the crow, Corvus macrorhynchos.
Ishida Megumi
The biological magazine Okinawa   23 29-32   Mar 1985   [Refereed]
ソテツは結実時期になると種子が鮮やかな赤色となり花序が水平に展開して上空からよく目立つようになる。慶良間群島では、ソテツの群落が結実期を迎えるとハシブトガラスの群が大挙して飛来し、その種子を盛んに近隣の崖地へと運搬する。ソテツの種子が運ばれる先は、主にソテツの生育に適した断崖で高木性樹種との競合のない環境である。ソテツの種子は大型で重力散布では散布範囲が極めて限定されるが、ハシブトガラスの遊びによって分布域を広げている。
Notes on the distribution of plants in the Ryukyus
Ishikawa A・Ishida M
沖縄生物学会誌   26 31-34   Aug 1988   [Refereed]
メッシュ法を用いて維管束主植物の慶良間群島自志布島の植物分布を調査した。ウエマツソウなど新記種を記録した。
Land Utilization and Distribution of Forest Types in Toyama Prefectur.
Ishida M
富山県林業技術センター研究報告   3 1-9   Mar 1990   [Refereed]
富山県の現存植生図からメッシュデーターを作成し、土地利用と森林の分布状況を示すメッシュマップの作成および富山県に分布する全植生タイプ 63 種の面積集計を行った。
Ishida M
日本林学会誌   73(2) 145-150   Mar 1991   [Refereed]
明るい環境下でしか更新できない樹種は、暗い林床で更新可能な樹種と比較し速い成長速度を持つことを明らかにした。
Ishida M・Kikuzawa K・Asai T・Mizui N・Seiwa K
日本雪氷学会誌   53(1) 45-51   Mar 1991   [Refereed]
富山県下の任意地点の気候値(気温、降水、積雪深)を推定する場合の精度や問題点を明らかにする目的で、気象庁が作成した気候値メッシュファイルと現実の気象観測値の関係について検討した。
Warmth index and forest distribtion in Toyama prefecture.
Ishida M
富山県林業技術センター研究報告   5(1) 1-8   Mar 1991   [Refereed]
現存植生図と気候値メッシュファイルをもちいて、富山県に分布する全植生タイプ 63 種の標高および温量指数の分布範囲を明らかにした。また、植生タイプのグルーピングを行い、ナラ薪炭林、ブナの優占する林など主要な森林タイプの分布範囲を示した。
Ishida M
日本林学会誌   74 337-341   Sep 1992   [Refereed]
成熟したブナ林内に造成された林道土捨て場(1ha)における森林の天然更新について調査した。閉鎖林内に更新稚樹が多く分布していた樹種群(ブナ、イタヤカエデなど)と土捨て場にのみ更新稚樹が分布していた樹種群(ケヤマハンノキ、ウダイカンバ、オノエヤナギなど)がが認められた。後者は前者と比較して伸長成長量が大きく更新林分の上層を形成していた。後者の樹種群は被圧された状態だが持続的な成長を示していた。
Ishida M
日本生態学会誌   43(1) 39-52   Apr 1993   [Refereed]
慶良間群島阿嘉島400haにおいて100m×100mメッシュを用いて維管束植物全種 408種の分布を明らかにした。数量化3類を用いて分布パターンの類型化を行い、スダジイなど日本本島との共通種は島の中心部に、赤道付近の熱帯地域に分布する種は海岸線から島の内部に向かって分布することを明らかにした。
Natural Resources of Main Tree Species in the Secondary Forest of Toyama prefecture 1.Estimated Results
Ishida M
富山県林業技術センター研究報告   8(8) 6-13   Dec 1994   [Refereed]
富山県下の二次林を対象として、約300地点の毎木調査資料をもとに主要樹種の蓄積を推定した。
Ishida M
日本林学会誌   78(78) 410-418   Nov 1996   [Refereed]
天然林内には複数の樹種が生育しているが、それぞれの樹種では固有のサイズ分布を持っている。樹高の頻度分布でみると1.L字型、2.二山型、3.ベル型に大別される。稚樹の耐陰性は 1→2→3の順に高く、明るい環境下での伸長成長の速度は3→2→1の順に速い。コナラ、アカマツなど現在の里山の主要樹種は2、3のタイプであり林内に十分な後継樹が存在していない。
Ishida Megumi
Ecological research   13(2) 171-182   Aug 1998   [Refereed]
ブナ、イタヤカエデ、トチノキ、ウダイカンバなど温帯林主要 12 樹種の更新稚樹を対象として、光環境と伸長成長の関係について調査し、光−成長式を作成した。また、実際の天然更新地の稚樹の成長の資料を用い、それらの式から稚樹の伸長成長がよく推定できることを示した。
Distribution and Dynamics of Beech (Fagus crenata) Forests in Toyama Prefecture.
Ishida M
統計数理   51 59-71   Mar 2003   [Refereed]
富山県の天然林を対象として約300地点の天然林毎木調査資料をもとにブナ林の分布環境と成長の特性について検討した。富山県では、コナラ、アカマツ、ミズナラ、ブナが明瞭な垂直分布帯を形成しており、それらの分布は吉良の温量指数によってよく説明された。4樹種の垂直分布と斜面方位との関係についてみると、いずれの樹種も分布帯の下部で斜面北側に多く標高帯が高くなるに従い南斜面で多く分布する傾向が認められた。ブナ二次林では、いずれも時間の経過とともに森林蓄積およびブナの優占度が増加した。
Stand structure and tree 9 rowth for 28・yearold Fagus crenata Blume and Fagus japonica Maxim. artificial forestsplanted in a warm temperate zone
Ishida M
富山県林業技術センター研究報告   17 14-21   Mar 2004   [Refereed]
県下の暖温帯域で造林された28年生のブナ・イヌブナ人工林 の林分構造と生育状況について調査した。ブナ・イヌブナ人工林ともに天然林と比較して十分に大きな成長量を示していた。ブナでは、大きい個体ほどカミキリムシの穿孔被害を高い頻度で受けていた。イヌブナでは穿孔被害がほとんど認められなかった。
Natural forest in Toyama prefecture and its management -basic -information -.
Ishida M
富山県林業技術センター研究報告   17 1-146   Mar 2004   [Refereed]
行政普及の現場での適用を考慮し、富山県の天然林を管理する上で必要な資料をとりまとめた。
Planting Fagus crenata seedlings at the deforestation spots along Tateyama Alpine route and its results
Ishida M
日本緑化工学会誌   29(4) 503-506   May 2004   [Refereed]
立山のアルペンルート沿線で人為な影響によってブナ林が衰退した箇所で、ブナ林の再生を試みた。林床における光の空間分布を調査し、ブナの光環境と成長の関係から作業方針を決めた。主な作業は、林床に繁茂していたササ類の整理と更新稚樹の刈だし、現地産ブナ苗の植栽であった。保育作業をほとんどしない「植えっぱなし」であったが、植栽ブナの生存率はいずれの地点でも90%を越え、苗高はササの高さを上回った。ブナの苗高は光環境とブナの伸長成長速度から当初推定した値とほぼ一致した。
Ishida Megumi
34(11) 2208-2216   Nov 2004   [Refereed]
Ishida M
雪氷   68(5) 489-496   Sep 2006   [Refereed]
地表面温度の時間変化から積雪期間を推定する計算方法を提案し,富山県の海岸部から標高2800mの範囲の主たる森林で標高と積雪期間の関係を明らかにした。
Current year survival of wild seedlings planted after clear-cutting of a Sugi (Cryptomeria japonica D. Don) artificial forest
Ishida M・Yamamoto A
日本緑化工学会誌   34(2) 395-398   May 2008   [Refereed]
森林の天然更新が遅滞している岐阜大学位山演習林のスギ人工林伐採跡地において,山引き苗を植栽し,苗の当年成長と被圧状態および獣害との関連について調査した。
Kume A. NumataS Watanabe K Honoki H Nakajima H Ishida M
25(4) 821-830   Aug 2011   [Refereed]
Nakajima H&Kume A&Ishida M&Omiya T&Mizoue N
Annals of Forest Science   68(8) 1333-1340   Oct 2011   [Refereed]
北アルプス立山の長期森林モニタリングにおいて実施されている目視による林木の活力度調査法は画像処理による活力度調査と比較し樹木の成長を予測する上で有効な説明変数となることを示した。
Bark-stripping by Sika deer (Cervus nippon keramae) on Aka-jima Island, Kerama Islands, in 1983-1984.
Ishida M
日本緑化工学会誌   39(4) 272-275   Nov 2013   [Refereed]
慶良間群島阿嘉島400haにおいて100m×100mメッシュを用いケラマジカによる樹皮剥皮被害木の分布図を作成し樹種の嗜好性について検討した。
Ishida M
日本森林学会誌   95(5) 275-279   Nov 2013   [Refereed]
大垣市上石津森林公園において発生した林業体験イベント中のスギ落枝による死亡事故の林分状況を調査し同様の事故の再発防止について考察した。
japonica branch, with reference to forest stand characteristics
Nakajima H・Ishida M
334(10) 18-27   Sep 2014   [Refereed]
Ingestive Behavior And Short-termintakerateofcattlegrazingontallgrasses.
YayotaMasato,Kato Aki,Ishida Megumi,Ohtani Shigeru
180 113-120   Oct 2015   [Refereed]

Misc

 
Megumi Ishida, Megumi Ishida
Canadian Journal of Forest Research   34 2208-2216
This paper proposes an automatic thresholding method for the discrimination of sky and canopy elements in color hemispherical photographs taken with a digital camera (Nikon Coolpix 950). The exposures for photography were principally determined on...
Haruki Nakajima, Megumi Ishida
Forest Ecology and Management   334 18-27
© 2014 Elsevier B.V. Most coppice forests in Japan were abandoned in the 1960s for socio-economic reasons. In the last two decades, Quercus crispula and Quercus serrata, the main species in Japanese coppice forests, have suffered mortality from Ja...
Haruki Nakajima, Atsushi Kume, Megumi Ishida, Tohru Ohmiya, Nobuya Mizoue
Annals of Forest Science   68 1333-1340   Dec 2011
Context: In long-term forest monitoring, tree crown condition has been visually rated to diagnose tree vigor and forest condition. However, visual estimates are subjective. A semiautomatic image analysis system, called CROCO, was developed to esti...
Megumi Ishida, Satoshi Naoi, Yasumasa Watanabe, Akinori Tsuzuku, Masaya Aoki
Nihon Ringakkai Shi/Journal of the Japanese Forestry Society   94 188-191
We examined the relationships between actual stem profiles and relative stem profile equations (RSPE) based on Behre's equation derived using the methods of Inoue and Kurokawa in planted forests of Cryptomeria japonica (61∼67 years old) and Chamae...
Atsushi Kume, Atsushi Kume, Satoshi Numata, Koichi Watanabe, Hideharu Honoki, Haruki Nakajima, Megumi Ishida
Ecological Research   24 821-830
The effects of air pollution on the growth of mountain trees were investigated at Buna-daira (1,180 m a.s.l.), about half the way up Mt. Tateyama, located in Japan. Every year, about 1 million tourists are transported by highland buses through the...

Conference Activities & Talks

 
Structure and dynamics of bog vegetation on Midagahara moor in the Northern Alps.
Ishiad M.
Joint Meeting of The 59th Annual Meeting of ESJ& The 5th EAFES International Congress   
Predictingdistribution of dwarf bamboo, Sasa senanensis, using Lidar and color aerial photography
石田仁・芦原雅人・川口泰平
第123回日本森林学会   

Research Grants & Projects

 
Effects of light condition on distribution and shoot extension in regenerated trees of the main tree species in Japanese temperate forest

Patents

 
2005-34100 : 全天下光環境評価法.
ISHIDA Megumi