太田 成男

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/22 13:12
 
アバター
研究者氏名
太田 成男
 
オオタ シゲオ
URL
http://home.nms.ac.jp/ig/index.html
所属
日本医科大学
学位
薬学博士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
日本医科大学 先端医学研究所 細胞生物学部門(大学院医学研究科加齢科学系細胞生物学分野) 教授
 
1979年
   
 
群馬大学医学部皮膚学教室 助手
 
1980年
   
 
群馬大学医学部皮膚学教室 講師
 
1982年
   
 
スイス,バーゼル大学 バイオセンター 助手
 
1985年
   
 
自治医科大学 第一生化学教室 講師
 

学歴

 
 
 - 
1979年
東京大学大学院 薬学系研究科 
 
 
 - 
1974年
東京大学 理学部 化学科
 

委員歴

 
 
   
 
日本生化学会  評議員
 
2010年
   
 
日本Cell Death学会  理事長
 
2009年
   
 
日本ミトコンドリア学会  理事長
 

論文

 
Kanamaru, T., Kamimura, N., Yokota, T., Nishimaki, K., Katsuya Iuchi, K., Lee H.,; Takami, S., Akashiba, H., Shitaka, Y., Ueda, M., Katsura, KI., Kimura, K., Ohta, S.
Brain Res.   1605 49-58   2015年3月   [査読有り]
Med Gas Res.   4(1) 1-4   2014年11月   [査読有り]
Cell Rep.   7(5) 1691-1703   2014年6月   [査読有り]
J Invest Dermatol.   134(6) 1701-1709   2014年6月   [査読有り]
Intense exercise enhances the hippocampal proliferation of progenitor cells via activating the Flk1 signaling cascade in mice.
J Internal Med. Pharmacol.   173 329-340   2014年   [査読有り]
PLoS One   8(7) 1-10   2013年7月   [査読有り]
Mov Disord.   28(6) 836-839   2013年6月   [査読有り]
Gene Ther.   19(12) 1141-1149   2012年12月   [査読有り]
J Bone Miner Res   27(9) 2015-2023   2012年9月   [査読有り]
Am J Physiol Lung Cell Mol Physiol.   301(4) L415-L426   2011年10月   [査読有り]
Hanaoka, T., Kamimura, N., Yokota, T., Takai, S. Ohta, S.
Med Gas Res.   1(1) 1-9   2011年8月   [査読有り]

Misc

 
Endo J, Sano M, Katayama T, Hishiki T, Shinmura K, Morizane S, Matsuhashi T, Katsumata Y, Zhang Y, Ito H, Nagahata Y, Marchitti S, Nishimaki K, Wolf AM, Nakanishi H, Hattori F, Vasiliou V, Adachi T, Ohsawa I, Taguchi R, Hirabayashi Y, Ohta S, Suematsu M, Ogawa S, Fukuda K.
Circ Res.   105(11) 1118-1127   2010年
Oharazawa H, Igarashi T, Yokota T, Fujii H, Takahashi H, Ohta S and Ohsawa I.
Invest. Ophthalmol. Vis. Sci.   51(1) 487-492   2010年
Matuda S, Takuro Arimura T, Kimura A, Takekura H, Ohta S and Nakano K.
Biochim Biophys Acta   1800(1) 31-39   2010年
Wolf, AM., Asoh, S., Hiranuma, H., Ohsawa, I., Iio, K., Satou, A., Ishikura, M., Ohta, S.
J. Nutr. Biochem.   21(5) 381-389   2010年
Suzuki, Y., Sano, M., Hayashida, K., Ohsawa, I., Ohta, S., Fukuda K.
FEBS Letters   583(13) 2157-2159   2009年

書籍等出版物

 
水素水とサビない身体
太田 成男
2013年11月   
ウォルター先生の水素のはなし
太田 ふみあき (担当:監修)
2013年1月   
ミトコンドリアの新常識
太田 成男
2011年4月   
体が若くなる技術
太田 成男
2010年10月   
ミトコンドリアのちから
新潮社   2007年   
ミトコンドリアと生きる
角川書店   2000年   
ミトコンドリア病とtRNA.「RNA研究の最前線-RNAと蛋白質の複合機能」(志村令郎、渡辺気公綱編)
シュプリンガー・フェアラーク東京.   2000年   
アルツハイマー病とミトコンドリア機能.特集企画「アルツハイマー病をめぐる最近の諸問題」−アルツハイマー病の形態学・生化学・遺伝子学的研究のシンポ7)アルツハイマー病とミトコンドリア機能.−「カレントテラピー」
ライフメディコ社.   2000年   
ミトコンドリア障害とアポトーシス.「アポトーシスと疾患ー中枢神経疾患編」(水野美邦編集)
医薬ジャーナル.)、   1999年   
アポトーシスにおけるミトコンドリアの新たな役割.「アポトーシスの最前線と疾患」
最新医学社.   1999年   

講演・口頭発表等

 
水素水の経口投与によるシスプラチンの副作用軽減
第41回日本臨床分子形態学会総会・学術集会   2009年   
がん細胞のミトコンドリアDNAの体細胞変異によるアポトーシス耐性
日本Cell Death学会   2009年   
水素分子による抗酸化治療・予防医学への可能性
第28回分子病理学研究会   2009年   
ミトコンドリア代謝とがん、アンチエイジング
第9回日本抗加齢医学会総会   2009年   
水素分子による抗酸化治療法・抗酸化予防法の開発
第51回日本基礎老化学会   2009年   

競争的資金等の研究課題

 
抗酸化・ミトコンドリア